スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視聴者を洗脳する大メディアは現代版ナチス。国民は抗議すべき(かず)

どうすれば視聴者を制作陣が意図した方向に誘導出来るのか。どうすれば視聴者に制作陣の思惑通りの考えや感情を抱かせる事が出来るのか。
それを念頭に置いたシナリオ作り、番組演出、番組編集を各放送局、各制作会社は常に行っています。
要は視聴者を効果的に洗脳出来る方法は何なのかを考え、それを実行している訳です。
放送業界や映像産業がやっている事は、ナチスの情報操作と大差ありません。
 
またフジが!有村架純主演ドラマで震災被災者を激怒させる演出に批判が殺到
『1月18日に放送されたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)第1話のあるシーンが、視聴者の間で問題となっている。
「本編の中で、ヒロインの有村架純が病院を訪れるシーンがあったのですが、そこに放射能科と書かれた場所が一瞬、写りこんだのです。放射線を用いた診断や治療を行う放射“線”科ならば珍しくありませんが、実際の病院で放射能科というのは聞いたことがありません。なぜこんな間違いをしたのかと、視聴者の間で疑問が出ています」(テレビ誌記者)
 ドラマを観ていた視聴者の中には、「放射能科ってあり得ないだろ」「わざとだな」「フジテレビは、福島への風評被害に貢献してる」と怒りの声をあげている人も少なくない。
 フジテレビ側の単純なミスにも思えるが、“放射能に汚染されている日本”という勝手なイメージを意図的に刷り込むためだった可能性もあるという。
「このような演出は今回が初めてではありません。フジは過去にも、同じスタッフで製作したドラマ『最高の離婚』で、登場人物の名刺アドレスに『tsunami-lucky』(津波ラッキー)と、まるで津波を喜んでいるかのようなメッセージを入れています。そしてどちらのドラマも、ストーリーに震災を絡めているため、今回の『放射能科』という表現もただの偶然ではないでしょう」』
http://www.asagei.com/excerpt/51402
 
(追記)
太一さんのコメント
『津波ラッキーとか、おそらく日本人に恨みを持つ民族がやったんでしょうけど、日本のテレビがそういう民族の言いなりになって日本人を差別するというのが今の日本の現状ですね。それを黙って見ていて、支配されるがままの国民って一体何なんでしょうか?奴隷根性の塊というか。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本人のテレビ漬けは「視聴者を洗脳」「情報操作」の「成果」

昨日はレスいただきありがとうございます。
また書き込ませていただきます。

今回の一連の記事も、面白く一気に読ませていただきました。

「視聴者を洗脳」「情報操作」の「成果」は、日本人の大部分にマスコミ、中でもNHKや朝日新聞の言うことが「権威」を持って受け入れられていることだと思います。
私の上司も、ミーティング等で事ある毎に「今朝の(昨日の)朝日で、NHKのニュースでこう言っていた」などと、NHKや朝日を引き合いに出します。
昨日も申しあげました通り、電車の中でも未だに新聞、中でも朝日や日経を読み耽る「ビジネスマン」が少なくありません。

それだけでなく年末年始は「紅白」だけでなく「箱根駅伝」も皆見ており、この二つとも高視聴率を誇っています。
私は年末年始の貴重な時間を長時間もテレビに縛られたくないので、両方とも見ていません。。。

しかし、いくらエンタテインメント・スポーツ番組とはいえ大部分の人たちが一斉に「なびく」が如く一つの番組を見ており、これもまた「視聴者を洗脳」「情報操作」の「成果」だと思います。
かつ、日本人が「羊」のごとく大人しくマスメディアに、そして「支配者」に従うことの表れであり、日本人が何の疑いもなくマスコミや「支配者」を、そして「権威」を盲目的に信じることにも繋がっていると思います。
まさに「支配されるがままの国民」であり「奴隷根性の塊」であるとも思います。

フジドラマの、「放射能科」もまた、「JAP18」や「LITTLE BOY」の「反省」と「教訓」はどこへ行ったのかと思います。
日本人もまた、「放射能」に「過剰反応」し過ぎだと思いますが。。。

この一週間、テレビを騒がせている事は「SMAP」「ベッキー」「大雪」「スキーバス」「廃棄食品転売」「甘利大臣」です。
これらから、マスメディアの視点は実に「東京中心」「日本中心」であり、まさに「内向き」であることがわかります。
SMAPの「謝罪」放送は紅白並みの視聴率を達成し、一連の騒動は海外に伝わり国会にも取り沙汰されたようですね。
実に恥ずかしい限りですが、私はSMAPの件には興味ありませんし、「謝罪」放送も見ていませんが。。。
それでもSMAPの件は、各メディアがジャニーズの「スポークスマン」でしかないことを改めて曝け出してくれました。

また、地デジ化で地方によっては見られなくなったチャンネル・系列が出たようですが、見られなくなっても生命に支障はありませんし、むしろ日本人は「テレビを見過ぎ」だと思います。

コメント有難うございます

>成田あいるさん
>ミーティング等で事ある毎に「今朝の(昨日の)朝日で、NHKのニュースでこう言っていた」などと、NHKや朝日を引き合いに出します。

僕はそういう手合いに我慢出来ない幼稚な性格なので、オブラートに包んで私見を述べますね(苦笑)。
まあ、社会に出て働く以上、聞き流すスキルを身に付ける事も重要なのですが。

>電車の中でも未だに新聞、中でも朝日や日経を読み耽る「ビジネスマン」が少なくありません。

新聞の発行部数は減少傾向にあると言っても、まだまだ影響力を有していますからね。外国権力の犬と化した朝日などのレイシズム新聞社は本来なら潰れていて当然なのですが、考える事、行動する事を放棄した国民ばかりなので、未だに存続しています。本当に情けない。

>年末年始は「紅白」だけでなく「箱根駅伝」

僕は元々紅白歌合戦に興味がなく、視聴する習慣が無かったので毎年視聴しません。箱根駅伝は10代まではよく視聴していましたが、最近は箱根駅伝に対する興味が失せたのと、番組内で流れる箱根駅伝の歴史を紹介するVTRに、「先の戦争の所為で箱根駅伝が開催出来ず、それに泣いた人々が居る」という主旨の、戦勝国やレイシストなら歓迎するだろう、大東亜戦争否定話を挿入するようになったので、現在は視聴していません。

>フジドラマの、「放射能科」もまた、「JAP18」や「LITTLE BOY」の「反省」と「教訓」はどこへ行ったのかと思います。

差別主義メディアは反省しません。外国権力やレイシストに服従して、日本人を差別・虐待し、反抗する人間を弾圧するのが仕事ですから。

>国会にも取り沙汰されたようですね。

前の記事(http://3498893.blog.fc2.com/blog-entry-159.html)で言及しましたが、もし批判するのなら、質問に対して回答せざるを得ない立場にいる首相ではなく、政策とは無関係の質問をする議員に対してです。首相が回答を拒否したり、質問を批判しようものなら、国会がこんな下らない事で紛糾する可能性がありますし、メディアは首相を非難したり、首相の印象を悪くする報道をするでしょう。
また、議員に対してSMAPなど芸能に関する質問をして、回答を引き出すメディアこそ批判されて当然です。こんな事、どんなに馬鹿な人間でも分かる事だと思うのですが。

>見られなくなっても生命に支障はありませんし、むしろ日本人は「テレビを見過ぎ」だと思います。

気象情報を確認する為、災害時に情報を得る為にテレビを視聴するのならまだしも、それ以外でテレビから情報を得ようとすると碌な事がありません。
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。