スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆」~リベラル・平和主義者を名乗る日本の極右レイシストたち(太一)

あけましておめでとうございます。
 
昨年をあらわす一文字を選ぶとすれば、「逆」です。これは以前にも書いたことがありますが、日本においてはほぼ毎年「逆」がふさわしい。おそらく今年もそうでしょう。
 
いつも述べているように、日本でリベラルを自称する人達が実際には差別主義者であり、極右的な思想を持っている。そして日本で右翼だネトウヨだとレッテルを貼られている人達が、実際に世界基準で見ればリベラルに近い。
言論権力から右翼のレッテルを貼られている西村幸祐氏も、自分は実はリベラルに近いと発言していますが、まさにその通りです。
日本ではこうした矛盾した言論空間が続いています。まとめますと、
 
A メディア権力、学会・法曹権力などの自称リベラル・自称平和主義者の立場
・中国共産党のナチス並の民族浄化や軍事侵略を擁護
・韓国等の日本人差別を擁護
・差別主義的観点から、日本には他国と同じ権利を持ちことを許さない
・犯罪被害者の人権を軽視
 
B 我々、西村幸祐氏、安倍首相など、右翼とレッテルを貼られている側の立場
・中国共産党のナチス並の民族浄化や軍事侵略に批判的
・韓国等の日本人差別に批判的
・平等の観点から、日本に他国と同じ平等な権利を持つことを求める
・犯罪被害者の人権を重視
 
どこをどう見ても、Aの自称リベラルが実はレイシスト・極右であり、Bがリベラル・平和主義者です。
 
にもかかわらず、日本ではA側がマイクを独占し、絶対権力を握っているため、Aに都合のいい、嘘の言葉の定義、印象操作が国民にも強要されています。
そうした言論強制から、我々日本国民は自由になるべきです。
嘘は嘘だと、王様は裸だと勇気を持って訴えるべきです。
 
 
メディア権力というのは世界で徒党を組んでいる側面があり、海外メディアも日本については日本のレイシズムメディアの情報を鵜呑みにするケース(元々敗戦国日本への差別意識があるために飛びつきやすい)が多いのですが、そうした色眼鏡のない自由な海外の論者が、実際に私に近いことを発言しています。
 
 
米国人学者「安倍氏は全く右翼に当てはまらない。むしろリベラル。」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48781612.html
 
========================
キンモンス教授はとくに米側の一部評者の「日本は憲法9条を改正すると軍国主義になる」という趣旨の主張をレイシズム(人種差別主義)に等しいと断ずる。
 
「自国の防衛をも制約する世界でも類例のない9条の規定を保たないと、日本人は侵略戦争を始める、という示唆は、日本人が世界でも例のない好戦的な遺伝子を持っていると主張するに等しい。日本人の間にもこの主張があるのは奇異な限りだ」
=========================
 
 
日本人の中にも日本人を差別するレイシストがいる。そしてそれに乗っかる欧米人がいる。
私がこれまで何度も言ってきたことです。
 
この記事に関する、かずさんのコメントもご紹介します。
 
記事===========================
「普通の意味なら米国を含め、どの国でもナショナリストではない政府の長はいない。だが安倍首相にはその言葉の負の意味だけを押し出してレッテルを貼る。オバマ大統領をナショナリストとは決して呼ばない。偏向といわざるをえない」
===========================
 
(かずさん)
これも同感です。これこそレイシズムです。
 
大半の日本国民が怖気づいて反論すらできない事に付け込み、欲求不満を解消する為、そして戦勝国としての地位や権益、自国や自分達の陣営に有利な秩序を維持する為に、日本に悪の大国、安倍政権に極右歴史修正主義独裁政権というレッテルを貼ってヘイトをぶつける。まさにレイシズムです。特定アジアや日本のリベナチも全く同じ。
 
記事===========================
最近でも「日本会議が日本の政治を支配する」「日本政府は言論を弾圧している」「日本の改憲の動きは軍国主義の復活だ」「安倍首相は1930年代への復帰を狙う」など、ゆがんだ報道や論評が横行する。
============================
 
(かずさん)
日本のレイシズムメディアと米国(海外)のレイシズムメディアが結託している証拠、日本のレイシズムメディアが垂れ流すヘイトをジャーナリズムなき米国(海外)のレイシズムメディアがそのまま垂れ流し、日本に対するいじめを煽っている証拠です。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

マスコミ不信による貧困JK炎上問題の論点をすり替えて市民を叩くメディアのファシズム(太一)

NHKで貧困JK特集というものがあったそうで、当初興味はありませんでしたが、マスコミの強引なやり方に対する批判の声に対して、メディアが必死にバッシングする様子を見て、あ然としました。
 
以下はそうした市民バッシング記事の一部です。
 
「貧困たたき」の背景は? NHK報道めぐりネット炎上
http://www.asahi.com/articles/ASJ9954L1J99UTIL03Z.html
 
貧困女子高生騒動 「相対的貧困」への無理解も原因
http://www.news-postseven.com/archives/20160909_446737.html
 
貧困女子高生の炎上 「算数力の劣化が一因」と数学者
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2395314?ver=video_q
 
的外れな市民叩き、ネット叩きの数々。
 
今回の炎上は、本人ではなく「マスコミに対する不信感」からの批判が出ている訳ですが、それを知っていて隠蔽しようとしているのか、もしくは知らないで言っているのか、その両方なのかは分かりませんが、このメディアによる的外れで執拗な一般市民バッシングについては、強い疑問を呈さずにはいられません。
 
しかもその内容も、「批判する連中は皆頭が悪い」という「差別」を含んだものです。まさに本末転倒です。
 
それもこんなに的外れなバッシングを凝りもせずここまで何度もしつこく繰り返しているのは、自分達のゴリ押しが通用せずに逆に批判されていることがよほど悔しく、気が収まらないのでしょう。
 
ネットにおける本人に対する疑問の声も、あくまでも「なぜマスコミはこの人物だけを取り上げるのか、この人物を象徴にしようとするのか」という点の疑問が大きい訳です(その原点を忘れて本人を叩いている人間は、マスコミの論点ずらしの罠にまんまとハマっているだけです)。
 
これは例の「SEALS」騒動と根は全く同じです。「マスコミのゴリ押しは信用しない」というのが、ネットからの批判の中心な訳です。
 
現に思想と何も関係ない若手芸能人でさえ、「ゴリ押し」というだけでかなりのバッシングを受けます。例えば武井咲など、可哀想なくらいバッシングされていました。それは本人ではなく、全てメディアのゴリ押しが原因です。
 
それがシールズやこの貧困JKのように、「思想の押しつけ」に関わるゴリ押しとなると、それは批判がさらに強まるのは当然です。
 
今回の”貧困JK”は、SEALS程自発的ではないだけに、この炎上はまさに「メディアによる被害」と言えます。しかもなぜ選ばれたか分かりませんが、顔まで晒されてしまいました。メディアによる被害者がまた1人増えたということです。
 
そのように全ての原因はマスコミ自身にあるにも関わらず、それを認めたくないがために、批判する一般市民に当たり散らす現在のメディアの報道は、年々質が低下していると言わざるを得ません。
 
それどころか、都合の悪い情報を全て隠蔽し、敵を作って当たり散らす、まさにファシズムそのものです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

自分を守り、選手(矢面に立つ人)を見捨てる日本人(太一)

サッカーでよく「中東の笛」と言われますが、またこのようなことが起きました。
 
=====================
日本サッカー協会 浅野の“幻のゴール”でAFCに抗議文提出
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/01/kiji/K20160901013276730.html
 
>後半32分にはFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)のシュートがゴールラインを割ったかに見えたものの、得点と認めらなかった。テレビ中継の映像では明らかにゴールラインを越えていただけに、スタジアムは騒然。
>この日の試合ではカタール人が主審を務め、UAEの勝ち越しゴールはPKによるもの。日本の選手がペナルティエリア内で倒されてもファウルと取らないなど不可解な判定も多く、試合後のハリルホジッチ監督(64)も「本当にひどい試合」「審判の笛の吹き方は受け入れがたい」と不満を口にしていた。
======================
 
あらかじめ断っておきますが、私はそれほど「サッカー熱」がありません。仮にW杯に行けないとしても、それほどショックもありません。
 
しかしこのような日本に不利な判定が起こるために、日本人の「潔さ信仰」「恥の文化」に怒りを覚えます。
特に選手や監督などをバッシングする日本国民に対しては強い怒りを覚えます。
そのような日本人に、矢面に立っている選手や監督を批判する資格などありません。
責任はそういう日本人の側にあるからです。
 
 
「いつまでも判定にとやかく言うのはみっともない」
 
のような、日本人特有の、格好付け、恥の文化、潔さ信仰。
 
このような空気が日本国内にあるために、激しく抗議したいと思う日本人もその空気を恐れ、激しい抗議を継続しにくくなります。
 
日本以外の、例えばサッカー大国イタリアでは、日韓W杯で韓国で韓国有利の誤審で敗戦した際に、大勢のイタリア人が、
 
「審判に死を!」
 
と大合唱していました。
 
イタリア人はこのようにして、自国選手を守っているのです。
ここまでされれば、審判だって身の危険を感じ、次の時には少しは加減するかも知れません。
 
このようなことが日本人にできるでしょうか?
日本人は選手を守らずに、自分達が「恥」をかかないように、自分達ばかり守ろうとしているのです。
イタリア人と日本人、どちらが「最低」だと思いますか?
私は日本人こそが最低だと思いますが。
 
 
また日本には変則的な潔さ信仰もあります。
 
「そもそも日本代表のプレーも悪かった。判定を敗戦の言い訳にはできない。」
 
こういうのを「論理の飛躍」と言います。
「そもそも」などと言っていますが、こちらこそ言わせてもらいます。
 
「そもそもプレーの質と判定は関係ない。」
 
さらに言えば、
 
「プレーの質を、誤審の言い訳にはできない。」
 
ということです。
「ヨーロッパのトップリーグやW杯のベスト8以上のレベルでないと正確な判定のできない審判」など、審判失格です。だいたいアジア予選にそんなレベルの試合など存在しません。
 
日本人は、自分達の評判を守るために、選手を守らない。それどころか見捨てる。
そういう姿勢が選手に過大な負担をかけているということをまず反省すべきです。
そうすれば、W杯予選敗退した際に、その原因が日本国民自身にあることが分かるはずです。
 
敗退の責任を、選手や監督に押し付けるべきではありません。
 
それこそ「潔く」、日本人自身が責任を認めるべきではないでしょうか?
 
 
そしてこれは、サッカー以外のスポーツ、野球の国際試合や、オリンピックの競技(先日のリオでも色々ありました)などに当てはまるのはもちろん、大した抗議活動もせずに政府の外交に文句ばかり言っている国民にも該当する問題です。
 
根は同じです。
日本人のほぼ全ての問題に関係してきます。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

事実を隠蔽し情報操作で人命を政治利用する人権の敵・リテラ(太一)

私が以前住んでいた相模原市で(私の住んでいた場所からはかなり遠い場所ですが)、痛ましい事件が起きました。こういう事件が起こるとそれをすぐに政治利用しようとする鬼畜以下の人間が現れるものですが、案の定と言ってもいい鬼畜が現れました。
 
やはりリテラでした。
 
 
障がい者大量殺害、相模原事件の容疑者はネトウヨ?
安倍首相、百田尚樹、橋下徹、Kギルバートらをフォロー
http://lite-ra.com/2016/07/post-2447.html
 
相変わらずネトウヨなどというレッテル差別用語を連呼している差別主義は健在ですが、それ以外にも早速様々な問題が含まれています。
 
まずこの植松という容疑者は、田原総一朗と津田大介もフォローしていました。
リテラ笑はその事実を隠蔽し、あたかも植松が安倍首相や百田氏のファンであるかのような記載をしています。「?」と書いて誤魔化しているつもりでしょうが、これまでの記載からもその意図は明白です。
 
またこの植松はそもそも1000人以上をフォロー(ツイッターをやっている人なら、これがかなり多いフォロー数であることは分かると思います)し、さらにフォローしているアカウントの中に、外国人のアカウントがかなり多いのです。
その上自己紹介欄に「Love&Peace」と書いていて、どちらかと言うと保守系と真逆の、外国かぶれの自称リベラルに近い雰囲気を感じます。
 
だからと言って、このようなおぞましい事件を起こした人間を、早々に軽々しく特定の思想だと決めつけるような愚行は、まともな人間であればしないものです。被害者の人命のことを考えれば尚更です。
 
それを、数多くのフォローの中から、都合の悪いものは隠蔽し、都合のいいわずかなものだけを抽出して、あたかも特定の思想のせいだと騒ぐのは、あまりに悪質だと言わざるを得ません。
 
リテラ笑が思想差別に凝り固まった、いかに狂ったサイトであるかが分かります。
 
このリテラ笑のような人命軽視、人権無視で差別主義者の鬼畜に対し、我々市民はもっと厳しい目を向け、抗議しなければいけません。それがまともな民主主義国家の国民の義務です。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

リテラ(笑)の権威・権力の犬ぶりに絶句(太一)

<リテラ(笑)の権威・権力の犬ぶりに絶句>
 
当ブログでは、朝日その他新聞やテレビ局のような、主に「一般国民を洗脳すること」を目的に巧妙な情報操作を繰り返す大手メディアを中心に批判しています。危険性が高いからこそ、それが嘘八百だということを示していきたいからです。
 
一方で、一般国民が読んだ瞬間に軽蔑するような幼稚な記載をしているものも存在します。そのうちの1つがリテラです。以前にも述べましたが、当ブログではリテラ(笑)と呼称します。
 
 
報ステ、国谷のギャラクシー賞受賞でネトウヨ=安倍応援団が「偏向報道大賞」と攻撃! その権力の犬ぶりに絶句
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0604/ltr_160604_1477430362.html
 
 
まずタイトルにいきなり「ネトウヨ」などという差別レッテル用語を書く始末。
この時点でもはや記事でもないし、メディアとも呼べません。
単なる感情的で幼稚な罵言雑言です。
 
しかもこれ、今回だけたまたまだと思ったら大間違いです。
毎回のようにこの差別レッテル用語を繰り返し書いているんです。
別に特に愚かな記事を1つ抜粋した訳ではないんです。毎回この次元というか、もっと酷いのも数多く存在するくらいです。
 
一般市民をひたすら差別し攻撃するものが、メディアと呼べますか?
まさに狂った差別主義者そのものです。
 
軽蔑してもしきれないし、失笑してもしきれない程の存在ですね。
 
 
そしてもう1つ驚くべきことは、こんな差別丸出しの罵言雑言を、ポータルサイトでありながら掲載しているbiglobeの見識のなさ。
恥ずかしくないんでしょうか?
 
 
それから、その内容も100%的外れというか、完全に180度逆のことを言っています。
奴等がネトウヨとレッテルを貼って差別する対象は、おそらくネットを中心にメディアを批判している一般市民のことでしょうが、そうした一般市民は実社会で巨大メディアによって言論の自由を委縮させられ、ネットで巨大権力に対して抵抗している、まさに「反権力」を絵に書いたような人達です。
 
またこの件で言えばその一般市民たちは、ギャラクシー賞などという、「権威」らしきものを批判している訳です。
 
つまりリテラ(笑)が差別迫害しようとしている一般市民は、「反権力」「反権威」な訳です。
一方、巨大メディア権力のファシズム支配に都合の悪い批判者を差別し、ひたすら攻撃し、弾圧しようとするリテラ(笑)こそが、権力の犬であり、権威の犬であることは、どこをどう見ても明白です。
 
 
このリテラ(笑)がその暴言を読ませたい対象は、自分達(ネットで「パヨク」などと呼ばれている幼稚な層)と、あと自分達に批判的な市民。それだけが対象でしょう。都合の悪い相手を罵倒して自分達の溜飲を下げるオナニーと、弾圧したい市民にたいして直接暴言を吐き、不快な気持ちにさせることだけを目的にしている。
 
朝日やテレビ局などの巨大メディアは、「どちらにも属さない大多数の家畜国民」を洗脳することも大きな目的にしているため、見出しに気を付けていることが多い訳ですが、そういう「目的」もなく、リテラ(笑)はただ敵に暴言を吐いて不快にさせ、自分達がオナニーする、というだけのことを繰り返しています。
 
つまり巨大メディアは、内心では幼稚な言葉を使って罵倒したくでも、何とか信用を失わないために、表向きは社会人として最低限のマナーを守るふりをしている一方、リテラ(笑)はそのむき出しで幼稚な本音をそのまま口汚く発散するという、社会人として、いや普通の人間としての最低限のラインをとっくに踏み外している訳です。幼稚園児でもある程度は我慢するでしょう。リテラ(笑)はそれ以下の精神年齢です。
 
「しばき隊のネット版」という感じですね。荒れ狂うネオナチそのものです。
 
 
前に津田大介がツイッターでリテラ(笑)を引用したら、すぐに「それを引用したら信用が一気に落ちますよ」と批判されていました。もはや津田に信用も何もない訳ですが、かつては一応中立ぶったりしていた人間も、これを引用した途端にこれまで形だけでも保ってきたものが全て台無しになる、という次元のものですね、リテラ(笑)は。
 
 
<権威主義の愚かさとチャップリンの対比>
 
かのチャップリンが、最初にアカデミー賞を獲得した際、そのオスカー像を無造作に、自宅のドアを止める道具として使っていたそうです。チャップリンは、
 
「少数の人間が決めた賞など価値はない。私は大衆の支持を得たい」
 
と言ったそうです。
 
 
私はあらゆる「賞」の類に、あまり価値を置きません。アカデミー賞もノーベル賞も皆、少数者が内輪の論理で決めたもので、それで世の中の「価値感」を少数者の思うままに決めようとし、大多数の一般大衆に押し付けようとする傾向には、常に批判的に見ています。
 
多くの人は、そうした賞を得ることで、「権威」を得ることができるから、物凄く喜び、大衆の支持以上に権威の賞を得たがる人も多いくらいです。特に日本の有名人には多い気がします。それもなぜか白人の賞ばかりなのは、有色人種に対する人種差別意識が強いのでしょう。
 
それに引き換え、チャップリンの対応は、まさに本質を見極めた見事なものです。
大衆なら信用できる、というものではありませんが、少なくても閉鎖的な少数者による権威よりは、多様な視点が存在することだけは間違いありません。
 
チャップリンと言えば、反戦平和を訴えた左翼系の人物と見なされています。それは事実かも知れませんが、ただ少なくても、「今日の日本の左翼系」とは全く逆です。
 
なぜなら、チャップリンはその主張によって、一度ハリウッドを追放されているからです。追放されるようなことを主張したのは、「反権力」である証拠です。
 
一方日本の左翼系は逆に「追放する側」、つまり「権力」側です。彼らは巨大メディアや学会や司法を支配し、都合の悪い発言をする人を追放するファシズム権力を有しています。
どこをどう見ても、100%「権力」です。
 
 
私はチャップリンを100%支持している訳ではありませんし、むしろ批判的に見ている側面もありますが、彼がその時本当に反権力を貫き、権威主義に陥らなかったという意味では、やはり筋の通った人物だと認めざるを得ません。
 
 
アカデミー賞やノーベル賞などの世界の賞も信用に値しませんが、特に狭い世界に引き籠って内輪の論理に走り易い日本の賞は、さらに閉鎖的で、全く信用に値しません。
 
以下はかずさんによる、ギャラクシー賞と放送批評懇談会に関する記載ですが、まさに閉鎖的な内輪の論理で自作自演を繰り返し、その価値観を一般市民に押し付けようとしている。
 
 
=======================
ギャラクシー賞って要は米国のピューリッツァー賞を真似た劣化版であり、ギャラクシー賞を主催する放送批評懇談会は、放送局が金を出し、放送権力の犬どもが審議委員に名を連ねるBPOと全く同じです。

『放送批評懇談会(英文表記:ASSOCIATION OF BROADCAST CRITICS 略称:放懇)は、1963年(昭和38年)、「放送に関する批評活動を通じて、放送文化の振興を図り、放送の発展に寄与すること」を目的として、放送評論家、メディア研究者などが設立した自主独立の団体です。
 任意団体として活動してきましたが、2005年5月2日付けで、特定非営利活動法人(NPO)となりました。
 デジタル化で放送の環境が激変している時代のなかで、放送と視聴者市民を結ぶ橋渡しとしての仕事を充実させたいと考えています。
 現在、放送批評懇談会の「正会員」は、放送評論家、メディア研究者、ジャーナリスト、放送局OB・OGなどを中心に200名近くを数えます。NPOへの切り替えを期に、視聴者・市民のみなさんのさらなる参加を期待するところです。
 また、放送局、制作会社をはじめ放送関係団体や企業に「維持会員」となっていただいており、その数は100社・団体を超えています。
 会の運営は、維持会員の会費を柱に、会の自主事業からの収入(「GALAC」の広告収入・売り上げ、ギャラクシー賞の参加料、シンポジウムの参加料その他)、正会員の会費などで支えられています。』
http://www.houkon.jp/houkon/index.html
 
 
正会員・名誉会員
http://www.houkon.jp/houkon/member_sei.html
維持会員(一部の制作会社&芸能プロダクションと多数の放送局)
http://www.houkon.jp/houkon/member_iji.html
 
==================================
 
こんなものを盾に、批判する市民を差別攻撃するリテラ(笑)が、ますます
 
「権威・権力の犬」
 
であることは明白です。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。