スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏見や差別に自ら反論しない無責任な日本人(かず)

僕には日本人の無責任さ、他力本願丸出しの卑怯さが理解出来ません。
 
《zak女の雄叫び お題は「士」》「神風特攻隊」と「自爆テロ」を同一視するな!!
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/zkj-news/news/20151120/zkj1511201140001-n1.htm
 
>日本では特攻隊員たちの犠牲を「無駄死」とする声も
 
どう評価するかは人それぞれですが、結果だけを見て評価を下したり、ある側面だけを見て全てを分かったような気になる人間は、非常に視野が狭い上に差別的だと僕は思います。
 
>彼らの死の上に現在の日本の平和と繁栄があることを思えば、「自爆テロ」と同一視するような報道には怒りを覚える。
>ネット上でも、「こういうところで使われるのは複雑」「悲しい」などの言葉が踊った。自分たちの祖父らが冒涜(ぼうとく)されているように感じるのだと思う。同感だ。
>国はテロの未然防止に万全を期すとともに、誤った解釈の用語が海外で乱用されている現状を国際社会に訴えていくことも必要ではないか。
 
怒りを覚えるのであれば、悲しいのであれば、尚更率先して反論すべきです。何故、自ら反論しようとしないのでしょうか。
特に、産経新聞社というマスコミに勤めていながら、率先して反論する努力をせず、旗振り役になろうともしないこの記者の姿勢を疑います。
 
だから僕は何回も言っています。「日本人の敵は日本人」だと。
この表現が気に入らないのであれば、こう考えてください。「自分の敵は自分」だと。
これを理解した上で実行に移す事が出来ないうちは、残念ながらどう足掻いても問題は解決しません。自分の首を絞めるのが大好きな究極のマゾヒストで、尚且つ日本という国や国民が、これ以上窮地に陥ろうがどうでもいいという卑劣漢だというのであれば、それでもいいと思いますよ。

日本の自称反戦平和主義者はテロリスト同然(かず)

【痛快!テキサス親父】パリ同時多発テロで「安倍批判」とは… 術中にハマった一部メディアや識者
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151120/dms1511201140008-n1.htm
 
>日本の友人によると、今回のテロを受けて、日本の一部メディアや識者が「日本もテロの標的になった。安倍晋三首相が『この困難な時に、日本はフランスとともにあります』と発言したからだ」と批判しているらしい。あきれ果てるぜ。
 
そういう暴言の事を「批判」とは表現しませんし、こんな暴言を吐く人間の事を「識者」とは言いません。
百歩譲って「非難」ですが、「ヘイトスピーチ」と表現するのが適切ですね。根拠が無いどころか個人的感情、もっと言えば私怨が源になった発言ですから、ヘイトスピーチ(憎悪表現)という言葉以外に適合する言葉が思い浮かびません。
こういうヘイトスピーカーの事を、識者ではなく「人間の屑」と言います。
 
>安倍首相の発言は、人間として当たり前のお見舞いの言葉だ。こんな時に沈黙しろというのか? その一部メディアや識者の主張こそ、テロリストの恫喝工作、分断工作にはまった、腰抜けたちの言い分だ。自分だけが良ければいいのか。情けないぜ。
 
はい。この人達は自分さえ良ければそれで良いんです。
だって、他者の権利を侵害し、他者の善意を踏みにじるだけでなく、人命を踏み台にして権力を、いや、この国全てを掌握しようと躍起になってきた怪物ですから。
自分が気に入らない事、自分にとって都合の悪い事だけでなく、事件事故など世の中の出来事は全て「安倍のせいだ!」「ネトウヨが悪い!」と喚き立てる異常者なので、テロ事件を利用する事に何の躊躇いもありません。
良心の欠片もない人達なので、自分が気に入らない人間が亡くなったら狂喜乱舞しますし、もしかすると自分の手柄の様に振る舞う狂人も居るかも知れません。
 
僕はこういう人達の事を、犯罪者やテロリスト、そして悪辣な権力者、独裁者だと思っています。こういう人達は権力や権威を笠に着たり、美名を盾に取っているので、どれだけ他人を侮辱しようが、権利を侵害しようが、暴力を振るおうが、余程の事でない限り逮捕される事はなく、また訴訟を起こされる事もないからです。
こういう鬼畜を、日本国民は絶対に許してはいけません。

ネトウヨというレッテル貼りは人種差別と変わらない(かず)

マスコミによる思想差別を把握する為、というか半ば怖いもの見たさで、グーグルのニュース検索で「ネトウヨ」と検索してみたところ、ネットマスコミからテレビに至るまで、言語に絶するぐらい酷過ぎる差別記事が大量に検出されました。
こんな差別主義丸出しの鬼畜が、二十歳をとうに過ぎた「日本の大人」であり、権力を握って絶大な影響力を行使して、ヘイトスピーチを撒き散らしながら国民を弾圧しているという事に、戦慄が走ります。
こういう悪質極まりない差別を異常だと感じない日本国民にも。
 
僕は「ネトウヨ」という低劣極まりないレッテル貼りや、それに対する「私はネトウヨの様な野蛮な連中とは違う!」という自己弁護は、「人種差別(=レイシズム)」と完全に同質のものであり、同じ思考回路や精神構造でなければ、この様なレッテル貼りや自己弁護は出来ないものだと考えています。
 
一応、幾つかピックアップしてリンクを貼ります。
 
IQが低い子どもはネトウヨになる?知能と人種差別の関連性が判明(健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/ビジネスジャーナル)
http://biz-journal.jp/2015/09/post_11657.html
 
“ネトウヨ”の実態にせまる(BS日テレ/読売新聞)
『ネット世論が政治や社会にどんな影響を与えているのか。ソーシャルメディアと政治の関係は。“ネトウヨ”を生み出した背景と、その実態などについて、立教大学の逢坂巌氏とブロガーの山本一郎氏に聞く。』
http://www.yomiuri.co.jp/fe…/shinso/20150831-OYT8T50003.html
 
須藤元気がネトウヨの「パラドックス」を指摘 「彼ら自身が弱者」(ライブドアニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/10418598/
 
室井佑月「総理がネトウヨみたいなことをいいだした」(週刊朝日)
http://dot.asahi.com/wa/2015021800072.html
 
総理もネトウヨもみな「虚人」である(島田雅彦/現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45481
 
「ネットデマ」で迷惑している被害者たち。右も左も関係なし!?(日刊SPA!/扶桑社)
『◆無知なネトウヨのせいで右翼まで馬鹿だと思われる
「ネトウヨには、本当に迷惑してます」
 右翼団体職員の川端浩さん(仮名・29歳)は憤りを隠さない。
「『皇居の掃除を手伝わせていただく勤労奉仕に行くと、天皇陛下や佳子さまに会える』というデマが広まったせいで、宮内庁がこれを問題視。申請が厳格になり、我々が割りを食うハメに……。
 また、最近、講演にネトウヨが来るようになったのはいいが、質疑応答で『マスコミは在日に乗っ取られている』とか、デマを本気で信じた発言を繰り返す。我々までバカだと思われるので、お願いだから本当にやめてほしい」』
http://nikkan-spa.jp/962562
 
「ネトウヨ」は「童貞」が多い?その相関とは(新刊JP)
http://www.sinkan.jp/news/index_5454.html
 
芸能人の排外的発言はネトウヨの影響!? デヴィ夫人、たかじん、向井理……ネトウヨ芸能人の危ない系譜(日刊サイゾー/ビジネスジャーナル)
http://biz-journal.jp/2015/04/post_9424.html
 
年収から生活習慣まで 数字で読み解く「ネトウヨ」の平均像(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/169242
 
「自民党議員は『保守』ではなく『ネトウヨ』」安保法案・小林よしのり氏に聞く(弁護士ドットコム)
https://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3381/
 
ネトウヨから「電凸」されたら?(小林直樹/日経ビジネスオンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/…/re…/15/062400008/062500005/
 
自民党勉強会発言 ネトウヨのスポンサー電凸と全く同じ発想(週刊ポスト/小学館)
http://www.news-postseven.com/archives/20150714_334108.html
 
官僚から銀行マンまで…エリート中年ネトウヨが「次世代の党支持」のワケ(秋山謙一郎/デイリーニュースオンライン)
http://news.livedoor.com/article/detail/9817600/
 
イスラム国人質事件が露わにした大新聞「ネトウヨ化」の醜さ(週刊ポスト/小学館)
http://www.news-postseven.com/archives/20150217_303954.html
 
“ネトウヨ受け”を狙った雑誌「スレッド」連載作が、なぜか奇跡の復活!! 究極のネタマンガ『テコンダー朴』(昼間たかし/おたぽる)
http://otapol.jp/2015/07/post-3283.html
 
おごれるものは久しからず……安倍総理、お仲間のネトウヨにまで批判されるとは!(週刊現代/講談社)
『怒り狂う「信者」たち
〈安倍あたまオカシい。完全に歴史を誤った方向に進めた〉
〈マスゴミ批判発言の謝罪とこの件で安倍支持やめるわ。総理辞任しろ、低学歴カス〉
〈安倍が売国奴だと、今の今まで気がつかないで安倍を持ち上げてた〉
〈とりあえず、死ね安倍〉
7月6日、こうした罵詈雑言の数々が、突如、インターネットの掲示板、フェイスブックなどに、いっせいに書き込まれる異常事態が発生した。』
http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/44265
(「信者」というレッテルを貼る事も極めて悪質な差別ですが、安直に「死ね」などと悪質極まりない誹謗中傷をするネットユーザーも全く容認出来ません。)
 
『のび太の日本誕生』は反ヘイト・反ネトウヨ映画!? リメイク決定は陰謀か!?(TOCANA)
http://tocana.jp/2015/08/post_6841_entry.html
 
ネトウヨが社会の真ん中に躍り出る日?(田中龍作/BLOGOS)
http://blogos.com/article/137397/
 
強制連行の世界遺産を我慢するネトウヨ(小林よしのり/BLOGOS)
http://blogos.com/article/121235/
 
「戦争法案」と呼ぶ主婦や若者は真っ当な庶民だ(小林よしのり/BLOGOS)
『自民党の36歳のぼっちゃん顔のネトウヨ議員(略)自民党議員はみんなネトウヨなのだ。ネトウヨとは短絡的な武断主義こそ愛国だと妄信する「劣化した感情」の持ち主のことである。(略)自民党のネトウヨ議員や、自称保守のエセ言論人や、「劣化した感情」のネトウヨよりは、わしは圧倒的に主婦や若者を支持する。(略)当事者意識のない安倍首相や自称保守ネトウヨ議員などより、当事者意識があるからこそ安保法制を戦争法案と呼ぶ主婦や若者の方が、立派な庶民だと、わしは断言する。』
http://blogos.com/article/126355/
 
”ネトウヨ”共感のトランプ氏 米大統領選はどうなる?(土方細秩子/WEDGE Infinity)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5471
 
第2回 この不自然な共闘を喜ぶな(東浩紀) なかがき<戦争する国の道徳>(幻冬舎/BLOGOS)
『本書は結果的に、「ネトウヨ」化する安倍晋三政権に抵抗』
http://blogos.com/article/144712/
 
韓国に10年住んだ新聞記者が見た“反日の真相”とは?(久保樹りん/ダ・ヴィンチニュース)
『ネットの中には「反日」の二文字が溢れている。まるでマジックワードのように、敵と見なした相手に、憎悪の対象に、そしてとにかく気に入らない者を「反日認定」することが、ネットのお約束になりつつある。最近ではいわゆるネトウヨにとどまらず、あの朝日新聞までもが見出しに「反日」と書くまでになってしまった。』
http://ddnavi.com/news/268801/a/
 
 
上述した事ですが念の為にもう一度書きます。何度でも書きます。
「ネトウヨ(ネット右翼)」という、低劣かつ悪質極まりないレッテルを貼る人間は、人種差別主義者(レイシスト)と同じ精神構造をしており、自分が好む結論以外は全く受け付けない「思考停止」に陥っているだけでなく、レッテルを貼って排斥するなど、寛容さの欠片もない非常に危険な人達です。

ニュースサイトの恣意的な情報選別と日本人&思想差別(かず)

反日レイシズムに満ちた記事を配信し続けるダイヤモンドオンライン(週刊ダイヤモンド)にこんな記事がありました。今年の9月に掲載されたものです。
 
ヤフーが嫌韓・嫌中ニュースを排除した事情
『インターネット上で国民感情を煽ったり、韓国や中国とのあつれきを無用に深めたりするような「嫌韓」や「嫌中」のニュースを配信するメディアとは、ヤフーは今後付き合わない──。そんな“絶縁宣言”ともいえるような事態がついに発生した。
ヤフーは9月3日、国内最大級の中国情報サイト「サーチナ」との提携契約を解除することを発表した。これまではヤフーニュースに掲載するための記事配信を定期的にサーチナから受けていたが、今後はそうしたコンテンツのやりとりは、一切なくなるという。
(略)
ではなぜ、10年以上にわたって共存共栄を築いてきたサーチナとの契約を解除したのか。
事情を知る複数の関係者らは、「当初は中国ニュースや金融情報を提供していたが、最近になって嫌韓や嫌中のニュースが増えて問題になっていた」と明かす。
例えば直近では「嫌韓漫画が人気!? 韓国議員が警戒感」(9月11日掲載)というタイトルの記事を掲載。アマゾンジャパンの売り上げランキングにおいて、嫌韓漫画に分類されるコミックなどが上位に並んでいることを紹介。それに対して、韓国の政治家やネットユーザーが怒りと侮蔑をあらわにした反応をつづっている。』
http://diamond.jp/articles/-/78767
 
日本のインターネット界の王者であり、テレビ・ラジオ・新聞と肩を並べるマスコミ権力と言っても過言ではないヤフーが、「嫌韓・嫌中感情を煽る様なニュースを頻繁に配信する」という理由で、サーチナとの契約を解除し、ネットユーザーからそれらの情報を遠ざける一方で、「リテラ(笑)」を始めとする日刊サイゾー系列の各ニュースサイトや、日刊ゲンダイなどの『反日レイシズムメディア』『差別主義マスコミ』によるヘイトスピーチ記事は、毎日毎日数え切れない程配信するという、僕には理解し難い矛盾について、皆さんは理解・容認出来ますか?
 
僕はヤフージャパンが、「日本人や右派・反戦後体制派に対するヘイトスピーチ記事なら、批判されても大した事はないから幾らでも掲載するけど、権力を行使して、あるいは集団で圧力を掛けてくる恐れがある外国(特に中韓)への批判を煽る記事はこれ以上掲載したくない!」と、明言したとしか思えません。
 
僕はサーチナの記事を幾つか読んだ事がありますが、サーチナがレイシズムに満ちた記事や中韓への不当極まりない差別を煽る記事を掲載・配信するニュースサイトだとは思いません。当事者の思惑や日本の立場から考察したライターの補足情報も、幾つか参考になりました(反日レイシストがサーチナのライターや幹部である可能性は十分ありますが)。

マスコミによる日本人差別と言論封殺(かず)

こんな記事を掲載する小学館と産経新聞社こそ、人の事を笑えないでしょう。というか、日本人に対する差別ですね。
 
中国人観光客のマナー 30年前の日本人を思えば笑えないもの
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151118/frn1511181931012-n1.htm
 
>しかし、中国人のマナー違反をただただ嫌悪する風潮に、商社に勤務する50代の会社員女性は、昔を振り返って、こう疑問の声をあげる。
>「仕事柄、若い頃から海外に行く機会は多かった方です。今でこそ、海外ではジャパニーズとチャイニーズが区別されていますが、20年前は、海外に行くと日本人だろうが中国人だろうが、すべて“アジア人”としてひとくくりにされて、欧米人とは別の扱いを受けていました。レストランではっきり“アジア人はお断り”と言われることもありましたよ。むしろはっきりと“日本人お断り”と、店を追い出されたこともありました。でも、それがあったからこそ、今の日本人のマナーがあるんじゃないでしょうか」
>1964年に海外旅行が自由化され、高度経済成長期を迎えた1970~1980年代、日本人は次々と海外旅行に出かけるようになった。敗戦から復興し、お金を持つようになった当時の日本人の振る舞いは、残念ながら、あまり行儀がいいものではなかった。
 
「アジア人お断り」は、黄色人種を「自分達より劣った存在」と見做す白人社会特有の人種差別でしょう。
それを批判せずに、「アジア人(日本人)のマナーに問題があったから、店から追い出されても仕方がなかった」と言わんばかりの主張を展開する、女性セブン(小学館)と、この女性会社員は人種差別主義者です。
白人至上主義に基づくアジア人排斥や「価値観の押し付け」を批判せずに、日本人の行為だけをマナー違反だ何だと槍玉に挙げるのは、差別以外の何ものでもありません。
 
>近年、中国メディアでは、「中国人のマナーが悪いといわれるけど、かつての日本人だって酷かった」「日本人も数多の批判を経て、最も歓迎される観光客になった」などという記事が並んでいる。
>そして中国では、そんな日本にならうかのように、少しずつではあるがマナーを学ぼうという動きもあるようだ。
>30年前の日本人の姿を思えば、大きな声で笑うことはできないのではないか。かくいう私たちも、本当に“国際的なマナー”を完璧に身につけたのだろうか。前出の商社勤務の女性が言う。
>「先日、仕事でイギリスに行きましたが、コーヒーショップで列に並ばないアジア人がいた。あぁ、また中国人かな、と思っていたら日本人の若い女の子のグループでした。店員に注意されておとなしく言うことを聞いていましたが、今でも分別がついていないのか?…と少しドキッとしました」
 
「日本人の事を思えば、中国(外国)人の事を批判出来ない」という、中国(外国)批判を封殺する典型的な記事ですね。
世界の各国は自分達の非を棚に上げて、他国を批判しています。そうしなければ、国際社会では生き残れません。
小学館は人種差別を推進するだけでなく、言論の自由を抑圧する、レイシズム&ファシズム丸出しの出版社です。
 
(追記)
太一さんのコメント
『さらに言えば、日本の銭湯や温泉にタトゥーで入る欧米人のマナー違反について、批判するのは排外的だとか何だと言って、挙句の果てには「外国人にだけ認めるべきでは?」などと日本人差別丸出しの意見を言う人間もいる始末。「郷に入れば郷に従え」を日本人が外国に行った時だけ適用し、外国人が日本に来た時には適応しない(むしろ排外的などと言う)。こういう不公平さ(差別)に、不満を持つ日本人が増えているんですよ。』

日本の自称反戦平和主義者は冤罪を量産する(かず)

被害者と称する人達の「証言」を鵜呑みにする人々は、以下の証言にもきちんと耳を傾けた上で、考える必要があります。
一方の主張だけを聞いて、一方を糾弾するという行為は差別以外の何ものでもありませんし、冤罪を量産する態度に他なりません。
 
【歴史戦WEST】「慰安婦狩りなかった」朝鮮総督府〝100歳生き証人〟が語る「強制」の虚構、事実ねじ曲げに憤怒
http://www.sankei.com/west/news/151116/wst1511160006-n1.html
『慰安婦問題をめぐり韓国が「歴史戦」を仕掛けてくる中、元朝鮮総督府官吏の西川清さん(100)=和歌山県田辺市=が取材に応じ、「強制的に女性を集めることはなかった」と慰安婦募集の強制性を明確に否定した。
(略)
 セピア色の古ぼけた写真。満開の桜の下で肩を組む男性4人が写っている。
(略)
 写真は昭和9年春、朝鮮半島東部にある江原道(こうげんどう)の春川(しゅんせん)で撮影された。職場の同僚と行った花見の際の記念写真で日本人と朝鮮人が2人ずつ納まり、うち1人が西川さんだ。8~20年に総督府に勤めていた。
 「差別感情はなく、同等という雰囲気だった。今、韓国が日本統治時代はすべて悪業として批判していることは、事実としてあり得ないことだ」
 正式に総督府江原道の官吏になった12年当時、朝鮮には日本の県にあたる道が13あり、その下に市にあたる府と郡、さらに町村にあたる邑(ゆう)と面があった。職員の多くは朝鮮人。同僚や上司、知事や部長クラスの重席にもおり、分け隔てなく野球をやったり、飲み会をしたりもした。
 「朝鮮人同士は朝鮮語を話していたし、朝鮮名の職員も多かった。何でもかんでも日本が強制したということはありませんでしたよ。ましてや女性を強制的に慰安婦にしたなんてありません」
(略)
 西川さんは「併合時代の朝鮮は、むしろ治安が良かった。そして何より、女性を強制的に集めることがあれば、当時の朝鮮人が黙っていないでしょう」と韓国の主張を否定。「男性の徴用はあったが、だからといって軍や警察も一緒になって暴力的に連行するということは決してなかった」と証言する。
(略)
 「女子の強制連行があったような兆候を感じたことは一度もありませんでした」。元朝鮮総督府江原道地方課長で、「慰安婦強制連行はなかった」の著書がある大師堂経慰(だいしどう・つねやす)さんは生前、こう述べていた。
 大正6年に朝鮮で生まれ、「戦前・戦時中を朝鮮で過ごした者の体験」として「慰安婦強制連行」を一貫して否定していたのだ。
 「もしも万を数える女性の強制連行があったとすれば、その何倍の目撃者がいるはずだ」。平成15年の月刊誌「正論」3月号の紙面対談で大師堂さんはそう指摘している。強制連行が事実なら、住民の間に深刻な動揺と反発が起きていただろうが、実際は「発生したはずの(抗議運動といった)事象は何ひとつ起きていないのです」と断言していた。
(略)
朝鮮総督府の元警察官僚で、戦後に埼玉県警本部長や大分県副知事を務めた坪井幸生さんも生前、大師堂さんとの対談で韓国側の主張を真っ向から否定していた。「強制連行があれば、必ずトラブルが起き、田舎では日本人はとても普通の生活はできなかったと思う」
 しかも、朝鮮に13あった道の警察部では、トラブルの情報は上がってこなかった。「朝鮮人の警察官も半分以上いたのが実情ですから。しかし、そんなトラブルは全く聞いていない」と語っていた。
(略)
 平成5年の河野談話は、慰安婦問題に「軍の関与」を認め、募集について「官憲等が直接加担したこともあった」とした。日本の軍や警察による強制連行の論拠とされたが、政府が集めた公式資料に強制連行を裏付ける証拠はない。
 元朝鮮総督府官吏、西川清さんは当時の朝鮮に、朝鮮人が経営する「カルボチビ」という売春宿があったことを記憶している。日本でも貧困から女性が遊郭に身売りされていた時代だ。
 「朝鮮でも身売りはあった。こうした女性が朝鮮人の女衒(ぜげん)によって慰安所に連れられたことはあるだろうが、あくまでも民間の話だ。もしも日本の公的機関が関与していれば、絶対に文書で残っているはずだ」』

テロや差別が蔓延る世の中を望まないのなら(かず)

日本のマスコミ権力や言論人、民間人はこういう事実を世界に対して積極的に発信すべきですし、レッテル貼りや差別・偏見に対して、積極的にもっと批判や反論をすべきです。
差別主義者やテロリストが跋扈する世の中を望まないのなら。
 
特攻隊は「テロリストとは違う」「戦友への侮辱だ」 仏報道に88歳元隊員憤り
http://www.sankei.com/west/news/151117/wst1511170080-n1.html
『パリで起きた同時多発テロ事件で、現地メディアが自爆テロ実行犯を「kamikaze」(カミカズ)=カミカゼの仏語風発音=と表現していることに、語源となった神風特攻隊の元隊員から憤りの声が上がっている。命をなげうち、祖国を守ろうとした特攻と、無辜(むこ)の民間人を犠牲にするテロを同一視するような報道に、元隊員は「国のために戦死した仲間は、テロリストとは全く異なる」と反発している。
 「日本をなんとか救おうと、愛国心の一念から仲間は飛び立ち、命をささげた。テロと特攻を一緒にするのは戦友に対する侮辱であり、残念至極だ」
 福岡県豊前市の末吉初男さん(88)は17日、産経新聞の取材にこう語った。
(略)
 末吉さんは、爆弾を積んだ小型ボートで敵艦隊に突入する特攻に旧海軍が「神風」という言葉を用い始め、国内に広がったと記憶している。鎌倉時代の元寇の際に暴風が起きたことから、「日本が最悪の状況に陥ったときには神風が吹く、国を守るために神様が加勢してくれると信じさせてくれる言葉だった」と振り返る。
 戦後70年、亡くなった戦友のことは片時も忘れず、冥福を祈り続けた。
 今回、パリの事件を報道で知り、「無差別に人を狙う、こんな恐ろしいことが起こる世の中になった」と残念な思いでいた。
 ところが、そんなテロの代名詞に「カミカゼ」が、誤って用いられている。
 特攻の攻撃対象は敵艦であり、乗っているのは軍人だ。無差別に一般市民を巻き添えにすることは決してなかった。末吉さんも、敵艦を攻撃するために特殊教育を受けた。
 航空母艦を標的とする際、鉄板の甲板に突っ込んでも空母は沈まない。格納している航空機の昇降口を狙うなど、課せられた任務を遂行するために、むやみな突入をしないことは絶対だった。
 「戦友は上司の命令に従い、国を守るため、天皇陛下のためと死んだ。特攻とテロが一緒にされるとは心外でたまらない。戦友に対して申し訳なく、はがゆい思いでいっぱいだ」』
 
(追記)
太一さんのコメント
『実際に戦争を体験した人の言葉には耳を貸すべきだという話をした張本人の売国権力は都合が悪いと早速忘れたんでしょうか?』
僕(かず)のコメント
『自分にとって都合の悪い事実を黙殺・隠蔽するのが、日本のマスコミ権力、言論人、自称反戦平和主義者、人権派、権威主義者ですからね。ナチズムの継承者ですよ。』

「反差別主義者」とは真逆の「ナチズム継承者」(かず)

これの一体何処が「反差別団体」「反レイシスト集団」「反戦平和主義者」なのでしょうか?
ヤクザというかチンピラというか半グレというか、要するに犯罪者であり、人間の屑としか思えないのですが。
こんな連中を評価する人間の顔が見たいです。
 
【しばき隊】野間易通「特攻と自爆テロ一緒にするなとか必死で主張してるやつなんなの?クール・ジャパンやって堂々と自慢しろよ」 [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447773558/
【話題】有田芳生議員が「しばき隊精神」と「しばき隊行動」を推奨 @aritayoshifu [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446686662/
【ぱよぱよちん】「ガラさらって沈めるぞゴルァ」 「しばき隊」が殺害予告の恫喝を自慢! 業務上の情報も不当に利用か[11/7] [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446897969/
【国内】しばき隊の生協職員が大炎上 ネットで常習的に右派を恫喝し「クソウヨ覚悟決めろ」と手紙 個人情報流出にも加担 @nocchi99 ★6 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447300393/
【話題】しばき隊「ぱよぱよちーんと言った奴はレイシストのネトウヨ。のたれ死ね」★5 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447169328/
【探偵ウォッチ】「しばき隊」幹部、正体判明! 過去の発言に「ヘイトスピーチ」との批判も[11/17] [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447764980/
【話題】しばき隊・元男組の高橋直輝(添田充啓)氏「差別主義者の自宅に遊びに行っちゃおう。‪#‎はすみリスト‬ 」 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446542157/
【しばき隊】野間易通「氏名や勤務先は保護されるべきプライバシー情報ではない」 @kdxn [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446719283/
 
自分達の行為は暴力ではなく、全て正当なものだと思い込んでいるんでしょうね。いや、不安があるからこそ、ネトウヨだ何だと喚き散らしていないと精神が完全に崩壊してしまうのでしょう。
こういう狂人は、殺人をも「レイシズムやナチズムに対する正当防衛」などと正当化する可能性大です。
  
(追記)
太一さんのコメント
『しばき隊とネオナチが一緒ですよね。気に入らない人間を暴力によって排除しようという思想が。』
『こいつら、本気で「ネトウヨなら殺して問題ない。むしろ称賛されるべき。余計な刑法のせいで仕方なく殺していないだけ」と思っているでしょうね。この辺もネオナチそのものです。』

海外の国家権力の犬と化した日本のマスコミ(かず)

【嫌韓・嫌中】 「韓国は未開」「中国は嘘つき」...日本右翼雑誌、嫌韓・嫌中記事ますます過激[11/17] [転載禁止]©2ch.net
『日本の作家、早川タダノリと歴史研究者、能川元一の2人が全国日刊紙に掲載された保守・右翼系列雑誌の広告を分析した結果、韓国や中国に対する嫌悪の表現がますます過激になることが明らかになったと朝日新聞が17日報道した。
(略)
朝日新聞はこの様な内容の雑誌は実発行部数が数万部から十万部余りに過ぎないが、過激な内容を入れた新聞広告は数百万名が見ることになる点で広告の影響力が大きいと憂慮した。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447769407/
 
実に下らない事を憂慮する暇があるのなら、腐りきった自社の報道姿勢や、日本人や右派を差別するヘイトスピーチ記事の数々と、それを喜んで読む差別主義者を分析すべきです。
 
(追記)
太一さんのコメント
『どこが過激なんでしょうか。国家権力に対する穏当な批判ですよね。売国権力はどこまで他国の国家権力の犬にならなければいけないと言うのでしょうか?報道の自由はどこに行ったのでしょうか?』

日本の自称反戦平和主義者は偏狭(かず)

平和安全法制や憲法改正に反対する自称反戦平和主義者の皆さん、朝鮮日報がこんな主張をしていますよ。
批判しないんですか?激怒しないんですか?
 
【社説】仏テロにひるまず欧州を旅行する韓国人の安易な考え
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/17/2015111701163.html
『11月13日にパリで起こったテロをきっかけに、韓国政府と国会、そして韓国国民がテロの脅威に対していかに認識が甘いか改めて明らかになっている。まず14年前に国会に提出されたテロ防止法案は審議も行われず放置された状態で、またテロが起こった欧州向けの旅行やツアーもキャンセルはほとんどないという。「テロは自分と関係ない」という安易な考え方が国全体に蔓延しているのかのようだ。

 与党セヌリ党は今回のフランスでの事件直後、テロ防止法の制定を改めて進めることを決めた。この法律は2001年に米国で起こった9・11テロを受け、国家情報院がとりまとめた法案が基本になっている。ところがその後は提出と廃案を繰り返し、今に至るまで採決が保留されたままだ。9・11テロ後、米国や英国など先進各国は関連する法律を大幅に見直したが、韓国だけは完全に世界の流れに取り残されており、これでは国会の職務怠慢と言われても致し方ない。しかも今回のテロを誰もが目の当たりにしたにも関わらず、この法律が成立するかどうかさえ不透明な状況だ。理由は野党が「国家情報院を超法規的な監視機関にする法律」などと反対の立場を譲らないからだ。ところが実際のところ、この法案は金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の時に最初に提出されたものだ。つまり彼らは自分たちが野党になるとたちまち態度を翻して法案の成立に反対している。その理由については改めて説明を求めたいものだ。

 この法案は国家情報院長直轄の形でテロ対策センターを設置し、テロを実行する疑いのある人物の通信や金融取引などの記録を収集できるようにするものだ。事後の対応よりも事前の備えの方がテロ対策としては絶対的に重要だ。米国も9・11テロ後、それまで中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)などに分散していたテロ対策の仕組みを国土安全保障省に一元化した。もし野党の主張通り国家情報院が信頼できないのであれば、通信や金融関連情報収集の権限を悪用した人物は重い刑罰に処するなど、厳しいけん制や監視の仕組みを設ければ良い。何が何でもとにかく反対し、国の安全保障と国民の安全に何ら関心を示さないのは、どう考えても政治家として無責任と言わざるを得ない。』
 
(追記)
太一さんのコメント
『すぐ隣の国、それも近い人種で日本国内にも在日がいるような民族の国、韓国。それでも「他人様のことは言えない。その前に自国のことを」などと国家・国境にこだわる連中のどこが「世界市民」なのでしょうか?我々の方がよほど世界市民ですよ。日本のことも外国のことも同じ基準で批判しますから。』
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。