スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の大メディアと自称平和主義者の主張は朝鮮日報以下(かず)

朝鮮日報がこんな主張を掲載しています。
軍事力を否定する日本の反戦平和団体や反核団体、人権団体は批判や抗議しないのでしょうか?
 
 
【コラム】日本のように核を落とされた後に千羽鶴を折っても意味はない
『健全な経済力は、国民においしい食べ物と暖かい服をもたらしてくれる。しかし強い軍事力は目・耳・口で楽しめるものを何一つもたらすことができない。このため十分に食べ物のある国民は重要な真理を忘れたまま暮らすことになる。軍事力のバランスが完全に崩壊して敵の足の下敷きになるまで、自分の財産と命を守る軍事力の育成に取り組まないのだ。
 強い経済力も、強い軍事力の前では小さなちりのようにはかない存在だ。経済力の豊かさが軍事力によって守られなければ、反対に国の滅亡を招く原因となるものだ。スペインのピサロが黄金の国・インカ帝国を征服したときがそうだった。ピサロは大砲や銃で武装したわずか180人の兵士で、やりと弓を持って立ち向かう数万人のインカの戦士らと戦った。優れた武器のおかげで簡単に勝負がついたのだ。ピサロはインカの王を捕えると、一つの部屋を金塊で、さらに二つの部屋を銀塊でそれぞれ埋め尽くすよう要求した。
 国を襲った騒乱の中、真っ先に弱ったのはインカの貴族たちだった。ピサロと話し合って合意することが、王を救い国を守る道だと主張した。ピサロの望み通りに金・銀・エメラルドをささげた。貴族たちはピサロが王を殺害し、黄金の国を亡ぼすだろうとは夢にも思っていなかった。
 
 北朝鮮による核の危機が続けば、韓国内部の反発も一層高まるはずだ。進歩勢力や、開城工業団地閉鎖による被害を受けた企業の反発は、当然ともいえる現象だ。しかし決定的な瞬間が来れば、これまで経済成長の恩恵を受けてきた勢力が厄介な存在になってくるだろう。彼らは自分の所有する50階建てビルディングや高級車を守るために北朝鮮と適度に対話し、合意することが懸命だと主張するはずだ。本当に怖いのはこのような内部の敵だ。
 日本の広島平和記念公園には、禎子という名の少女の銅像がある。禎子は2歳のとき原爆によって被ばくし、その後遺症のせいで10年後にこの世を去った。禎子は折り紙で鶴を1000羽折れば願いがかなうと信じていた。しかし644羽折ったところで禎子は他界し、残りは友人たちが涙ながらに折ってひつぎに入れた。禎子は何の罪もないのに犠牲になった原爆被害者の象徴となった。
 当時、日本の海軍と国策研究所も核兵器を開発していたが、米国による核攻撃の可能性については「あり得ない」と考えていた。日本は全てを失い、核の恐怖を味わった。韓国も多くの禎子を生み、折り鶴を折りながら一緒に泣くつもりなのか。』
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/26/2016022602158.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『朝鮮日報の方がはるかにマシな主張をしていて、日本の売国権力はバカでも分かるダブスタですからね。本当にどうしようもない状況ですね。国民が立ち上がるしかないんですけどね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

保守派や日本国民は被害を訴え、敵の痛いところを突くべき(かず/太一)

日本の保守派には、我那覇さんの様に的を射た主張を展開し、尚且つ問題解決に向けて国内外で積極的に行動する人間がどれだけ存在しているのでしょうか。
内輪で保守談議に花を咲かせるだけ、講演会に出席して演説するだけ、「そうだそうだ!」と叫んでいるだけじゃ何も解決しないんですよ?分かってますか?
 
 
「沖縄2紙の偏った報道 沖縄と本土を分断する…」我那覇真子さん講演
『昨年9月の国連人権理事会で、翁長雄志沖縄県知事の政治姿勢を批判した我那覇真子氏の講演会(産経新聞西部本部主催)が27日、山口県防府市のルルサス多目的ホールで開かれた。
 我那覇氏は「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表を務めており、講演でも「沖縄の2紙は、沖縄と本土の間に溝を作って分断しようとする人が、新聞という仮面を被っている。(2紙などの)偏った報道によって、『沖縄は日本の問題児だ』と認識されるが、それは誤りだ」と強調した。講演の詳報は次の通り。
 
平和を口にする人ほど暴力的
 
 みなさん、沖縄のことを、どのように思われているでしょうか。
 「わがままばっかりして、自分の国のことを思っている県民がどれだけいるのか」。あるいは「翁長雄志知事を当選させる県民性は一体どうなっているのか」。そんな怒りの感情が多いと思います。
 実は沖縄県民も、翁長知事には迷惑をしています。
 皆さまがお持ちの情報と、本当の沖縄の姿は違います。しかし、本当のことを口にすると、自由の身でなくなってしまうほど窮屈な社会になっています。沖縄は今、非常に危険な状況に陥っている。
 琉球新報、沖縄タイムスの2紙は「平和を愛する方々が、基地に反対して抗議活動を行っている」と報じます。ですが沖縄では「平和、平和」と口にする方々ほど、非常に危険で暴力的だというのが実態です。
 
新聞という仮面被り活動
 
 基地に反対なら何をしてもよいと、基地のフェンスの外から横断幕の棒で、内側にいる人を串刺しのように突く人もいます。《その様子を動画で紹介すると、聴衆からざわめきが起こる》やりたい放題です。
 昨年、米軍提供区域の内側に不法侵入して逮捕された人もいました。だれが見ても逮捕されて当たり前です。しかし、2紙は不当逮捕だとキャンペーンを打ちました。
 不法侵入の様子を撮影した動画が(ネットなどで)公開されると、「動画が流出したことはけしからん」と問題をずらして批判しました。いつもは「情報を開示しなさい」というメディアがです。
 映像を公開した在沖縄米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長は、解任されてしまいました。このように沖縄の2紙は、権力と化しているのです。
 オスプレイの沖縄配備に反対するために「逮捕されても生活に影響がない65~75歳を募る」と呼びかけた活動家の発言を、そのまま掲載した新聞もあります。《該当する記事を示すと、聴衆から失笑も》
 2紙は新聞という仮面を被って活動家が一緒に行動していると指摘されても仕方ない。
 オール沖縄で基地反対と、よくいわれます。
 しかし、沖縄で開かれる集会は「オール日本左翼集会」なのです。会場には、全国各地の旗が掲げられていたそうです。学生運動などをやっていた方が、沖縄という仮面を被って活動している。
 沖縄の人も(他の地域と同じように)ノンポリが多いのです。基地について頭を抱えて、毎日のように苦しんでいるという報道は真実ではない。
 また、国防のために、経済のために基地は必要だと考えている県民もたくさんいる。沖縄県民の生活にマスコミが入り込み、180度ひっくり返って、沖縄についての話が、みなさまの所へ伝わっているのです。
 だから、「沖縄は日本の問題児だ」と誤った認識をされます。日本を愛している人も、沖縄に対して反感を持っています。
 沖縄と本土の間に溝を作って分断しようというのは、2紙や翁長知事の活動そのものです。
 沖縄の良識が示されたのが、(与党推薦の現職候補が大差で勝利した)宜野湾市長選でした。
 基地反対の人々は今、焦っています。沖縄にとって日本を悪くする人と、さよならをするよいチャンスなのです。私はそういう思いで、活動をしています。』
http://www.sankei.com/west/news/160227/wst1602270064-n1.html
 
 
僕のコメント
『保守派に向けた演説だから仕方ないのかも知れませんが、「左翼」「ノンポリ」という保守派がよく使用する言葉を度々使用している点が若干残念です。こういう主張法だと第三者には伝わり辛くなるかも知れません。』
 
太一さんのコメント
『まあ「左翼」は一般にも使われているから大丈夫だと思います。もっとも奴等のことを私は「左翼」だとは思っていませんが。「ノンポリ」はダメでしょうね。「一般国民」と言っておいた方が、一般人には伝わりやすいでしょう。「家畜国民」が一番的を射た正確な表現ではありますが、それもすぐには伝わらないでしょう(皆心当たりはあるはずなので、説明すれば分かると思いますが)。
我那覇さんの演説は、きちんと被害を訴える、敵の横暴さなど、敵の痛いところを突く、などの、保守派にできていない基本ができている点は素晴らしいと思いますね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

植村隆とその支援者は日本人を差別し、人権を蹂躙するレイシスト(かず)

こういう人達の事を、レイシスト(差別主義者)と言います。
無実の罪で日本を貶め、日本国民に対する人権侵害を継続・強化する植村隆やその関係者、支援者らを、人権侵害や侮辱罪などで訴えるべきです。
 
 
「慰安婦の声伝えたい」 元朝日記者・植村さん招き集会(北海道新聞)
『http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/images/2016/02/27/M16022717213/c44577cc184831dbb0d655a0cf6483b4.jpg
元慰安婦の金学順さんの墓参を報告する植村さん
 
 日本軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者で、3月から韓国カトリック大の客員教授に就任する植村隆さん(北星学園大非常勤講師)を激励する集会(実行委主催)が27日、札幌市中央区のかでる2・7で開かれた。市民ら約200人が参加した。
 植村さんが講演し、昨年8月、かつて取材した元慰安婦の故金学順さんを墓参したことを報告した。「慰安婦問題は、教科書の中だけにある過去の歴史ではない。悲しみやつらい記憶を抱えた人がまだ何人も残っている」と強調。「一人一人と交流し、生の声を伝えたい」と話した。
 韓国の大学では「東アジアの平和」をテーマに講義する。「互いに憎しみを持たず、手を取り合って平和をつくっていけるような若者を育てたい」と話した。
 上田文雄・前札幌市長や田村信一・北星学園大学長らの激励スピーチも行われた。田村学長は「植村さんへの人権侵害や不当なバッシングは二度とあってはならない」と述べた。
 植村さんは日本軍慰安婦報道をめぐり、雑誌などで「捏造(ねつぞう)記事」と書かれて名誉を傷つけられたとして、出版社などを相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こしている。2014年には北星学園大に「(植村さんを)解雇しないと、大学を爆破する」との脅迫が相次いだ。(成田智加)』
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0240000.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『「互いに憎しみを持たず」とは笑わせますね。冤罪をでっちあげ、憎しみを煽っているのは他ならぬ植村な訳ですが。「植村さんへの人権侵害や不当なバッシングは二度とあってはならない」とか、植村の作った冤罪によって海外で言われない差別を受けた日本人の人権侵害こそ二度とあってはなりません。北星大学自体が日本人を差別するレイシストであったことがよく分かるコメントです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

言論弾圧を推進するファシズムメディア(かず)

在日韓国・朝鮮人高校生らの半数、ヘイトスピーチ「恐怖感じた」(TBS)
『特定の民族や人種などへの差別をあおるヘイトスピーチについて、在日韓国・朝鮮人の高校生らおよそ1500人に調査したところ、およそ半数が「恐怖を感じた」と答えたことがわかりました。
 この調査は、龍谷大学の金尚均教授が、去年6月から8月にかけて、全国の朝鮮学校や民族学校などに通う在日韓国・朝鮮人の高校生らを対象に行ったもので、1483人が回答しました。それによりますと、31パーセントが実際に「ヘイトデモ」を見たことがあると回答。「ヘイトデモ」に対して、76パーセントが怒りを、46パーセントが恐怖を感じたと答えました。
 一方、デモ参加者について、「許せないが、いつかわかりあえる」と答えた割合は40パーセントで、「許せないが、絶対に理解し合えない」と答えた38パーセントを上回りました。
 「被害認識をどのように、このマジョリティの日本社会がどう受け止めるかが、この法案がどういう風にとおるか、ないしは、より良いものにできるか、そこにかかっているかと」(龍谷大学 金尚均教授)
 ヘイトスピーチの規制をめぐっては、今年1月、大阪市でヘイトスピーチを抑止する条例が全国で初めて成立しましたが、金教授らは法整備の必要性を訴えています。(27日18:41)』
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2713288.html
 
 
ヘイトスピーチの定義が全く示されておらず、ヘイトスピーチとやらを法律で規制する事に対する批判や問題点を指摘する声を全く取り上げていません。
『意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること』 『政治的に公平であること』などを明記した放送法(http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2)に反する一方的な取り上げ方です。
TBSは報道機関ではありません。言論弾圧を推進する、差別主義全開のファシズムメディアです。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『この大メディア権力という絶対権力が後ろについているんですから、そりゃ彼らは強いですよ。圧倒的強者です。
以前にかずさんも指摘していた記事ですが、このように「自分達に都合の悪い、耳の痛いことは全てヘイトスピーチ」というナチス丸出しの独裁者気質が強すぎるから、こういう法案は絶対に通してはならないんですよね。

『どうして北朝鮮を批判しないのか』と迫るのはヘイト
http://blog.40ch.net/27233.html

キムチチャーハンを食べた後キス拒否はヘイト行為?→女性「完全にヘイト」
http://www.news-postseven.com/archives/20160224_388257.html』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本人を差別するレイシストの狂気に満ちたロビー活動(かず)

国連(連合国)の場で日本人に対する差別意識丸出しのヘイトスピーチを展開した、レイシスト達のおぞましい発言の数々が記されています。
この記事を作成した田北記者の様に「日本政府が~」と御託を並べている暇があるのなら、日本の民間人は国内外で積極的に反撃すべきです。
 
 
【安倍政権考】ジュネーブに押しかけた左派活動家100人は、保守派を「人間の壁」で封じて何を企んでいるのか?
『ジュネーブの国連欧州本部で2月15、16両日に開かれた女子差別撤廃委員会による対日審査と関連会合を取材した。同地を訪れたのは2014年7月の国連自由権規約委員会以来だった。相変わらず、日本政府がいかにひどいかをジュネーブの国連にまで来て訴える左派の人たちのエネルギーには驚かされるが、なぜそこまでやるのか、また、活動資金はどこから出ているのか。疑問は尽きない…。
 日本人の非政府組織(NGO)関係者として今回現地入りしたのは100人近くいたという。自由権規約委員会と同様、これほどの参加者がある国は米国や日本ぐらい。ほとんどが左派系の日本本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)に参加するNGOのメンバーだ。大半は女性で、スーツ姿の弁護士もいれば、チマチョゴリやアイヌの刺繍が入った衣装を着た人もいた。
(略)
 別の女性グループの中には参院議員の糸数慶子氏もいた。杉田氏が自己紹介すると糸数氏は「沖縄に米軍基地があるせいで女性がひどい犯罪に巻き込まれている。そのことを訴えにきた。ランチタイム・ブリーフィングで話した」と誇らしげに報告した。ランチは非公式会合前に行われたもので、特定の資格を持ったNGOのみ参加できる。杉田氏ら「国民運動」は資格がないので参加できなかったのだ。
 対日審査が終ると、ハプニングがあった。JNNCが記者会見を行ったのだが、杉田氏が傍聴しようとしたところ女性グループによる「人間の壁」で動きを阻まれたのだ。杉田氏本人によると、次のようなやりとりがあった。
 
 JNNC側(大勢が杉田氏を囲み)「あなた、杉田さんですよね。こっちに来ないでください」
 
 杉田氏「どうしてですか。多くの人に知ってほしくて記者会見するんですよね。広く広報したいのに一般市民に聞かせないなんて矛盾していませんか」
 
 JNNC側「駄目です! 来ないでください」
 
 JNNCの記者会見は別の事情で場所を変更して行われた。しかし、同じ場所で国民運動の会見が控えていたため、JNNC関係者は杉田氏らの“乱入”を警戒して会見場の外で見張っていた。
 JNNCの永井よし子共同代表は会見で、中国出身の鄒暁巧委員が行った日本批判に反論した日本政府代表の杉山晋輔外務審議官について「鄒さんに失礼な態度を示したという感じがした。やっぱり女性に対する差別が深くあったのかなって気がした」と述べた。杉山氏の反論は鄒氏が女性だったからではなく、むしろ歴史問題に関する中国政府の発言をそのまま代弁したことに対するものだと思ったが、永井氏らの受け止めは違った。
 
 また、永井氏は慰安婦問題について「例えば、いま男女賃金差別とかシングルマザーの貧困とか女性が抱えている状況は性奴隷とされた女性が置かれたあの時代の『社会的に女性は性の対象としていい』とか『拉致されても重みはそれほどのことではない』とか、女性の人権を軽んじる風潮と通底している」と指摘した。共感する女性はどれだけいるだろうか。
 改めて慰安婦の強制連行を裏付ける資料がなかったことを説明した杉山氏の発言について聞くと、「例えば『関東軍指令部発何々令』というものはみつからなかったかもしれないが、業者を呼んでそういう職につくための女性を集めろという要請をしたことは様々な調査で明らかになっているわけです」と返してきた。その上で「女性は軍人の相手をさせられ、戦線の移動についていかされ、工場労働の労働力であるといわれた虚言もあったかもしれない」と語り、こう言い切った。
 
 「彼女たちは強制されたんです。だから強制連行はあったと信じてるわけです、感じているわけです。拘束されたことで苦しんできているわけです。それは否定できないんですよ、書類上のことでは。だから心情的には分かります」
 
 そして、永井氏の隣に座っていた文教学院大学名誉教授の山下泰子氏が「池上彰さんの4時間に及ぶTBSの番組を拝見して、教育の問題がとても重要な要素を占めていたなと思っていたんですね」と切り出した。山下氏は「日本は歴史的な事実の教育があまりにも行われていないことに慄然とする部分があります」と強調し、ドイツの高校生がナチスの強制収容所などを訪問したりすることなどをあげて「事実が何かということを直裁的に若い人に教えていかないと危ないと思いました」と語った。
 再び永井氏が口を開き、「日本政府は性奴隷ではないと申しました。ですけど彼女たちは性の提供をすることによって奴隷的状況に置かれていた。それは実態として明らかな性奴隷です。それを『ない』と言い切ったのは一体どういう感覚でおっしゃったのかと言いたいです」と、怒りをはき出した。
 
 そこに男性記者が「政府は『資料をみたけれど確認できなかった』といっているが、元慰安婦の証言などを直にヒアリングして判断すべきだということか」と質問。永井氏は落ち着きを取り戻して「そうなんですね。一方の当事者ですから。そこを軽視しているから彼女たちの心は救済されないんですよ」と述べ、元慰安婦が立ち直るためには公的謝罪が必要だと指摘。「誠意は通じると思います」と言い切った。記者会見は約45分続いた。
 一方、保守派の会見はわずか10分ほどだった。飛行機の時間が迫っていた記者らに配慮したという。杉田氏は会見で、杉山氏の発言について「しっかりした事実を述べてくださったと感じている」と評価した。
 
 「なでしこアクション」の山本優美子氏も「大きな進歩」と語り、「海外では誤った認識によって(日本人の)子供が学校ですごく嫌な思いをしている。(誤った)事実を覆す一歩として、まずメディアに日本政府の発言を報じていただきたい」と訴えた。しかし、日本のメディアで杉山氏の発言を翌日の新聞で伝えたのは産経新聞だけだった。
 一方、山本氏は「慰安婦問題はこの委員会で話されるものではないと思っている。次回の委員会は恐らく(2020年の)東京五輪の後だと思うが、その時に、この問題があってはいけないし、もっと大切な女性の人権問題に力を注ぐべきだ」と訴えた。
 日本政府は、慰安婦問題は日本が女子差別撤廃条約を締約した1985年以前の出来事であるため、さかのぼって女子差別撤廃委員会で取り上げるべきではないと主張している。本当にそうであるのなら、取り上げられないようにするための動きをさらに加速していくべきだ。東京五輪以降もこの問題が国連で協議される状況が残っていてはいけない。
(政治部 田北真樹子)』
http://www.sankei.com/premium/news/160227/prm1602270020-n1.html
 
>拉致されても重みはそれほどのことではない
 
日本を無実の罪で糾弾する一方で、北朝鮮に拉致された被害者とその家族の事は完全に無視する。
この鬼畜レイシスト達は、日本人の基本的人権をどれだけ蹂躙すれば気が済むのでしょうか。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『日本側の言論の自由だけ物理的暴力で弾圧する、こういう状況を一般国民が見たら、普通の感覚の国民であれば激怒するはずですね。売国権力と外国が結びついて、どれだけ日本人の人権を弾圧しているか。普通の国なら、激怒して、激しい抗議運動をするのが当然の事態ですよ。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

国連(連合国)を盲信する情けない日本人(かず)

世界各国の利害が衝突する場であるだけでなく、欧米や大国の価値観や政治力に基づいて物事が決定される国連(連合国)という組織を、日本人はこれ以上盲信してはいけません。
 
 
【痛快!テキサス親父】左派による洗脳が解けていない国連委 日本の主張を否定する専門家とは誰なんだ?
『国連は依然として、韓国や日本の左派グループによる洗脳が解けていないようだな。杉山氏の発言を受けた、国連側のリポート(抜粋)を読むと、以下のような記述があった。
 《専門家は、慰安婦問題に関する日本代表(=杉山氏)の解答は受け入れ不可能なものであり、矛盾に満ちたものであったと述べた。日本政府は慰安婦の存在そのものを否定しながら、この問題について韓国政府と合意に達したと言っている》
 《専門家によると、人権侵害というものは、被害者が満足を得るまでの間、生じ続けるものとみなされる》
 おいおい、「専門家」って一体誰のことだ? コメントした人物が、本当に専門家なのか分からないじゃないか。慰安婦問題は、政治的に利用しようとしている輩が多いから、きちんと明記してほしい。
 大体、日本政府は慰安婦の存在を否定していない。「強制連行を示す資料が存在しない」と言っているだけだ。これは朝日新聞が大誤報を認めてから、専門家の間では常識のはずだ。
 慰安婦問題を含む日韓の戦後補償問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」している。加えて、昨年末の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意した。その専門家やらは、いつまで引っ張るつもりなんだ? 本当に専門家なのか?
 俺は以前から、国連なんて大して信用していなかった。各国の思惑が渦巻く、国益闘争の舞台だからな。今回の一件で、改めて国連の無価値さを感じたぜ。日本人は「国連=神聖なる機関」と思い込んでいる人も多いらしいが、目を覚ました方がいいぜ。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160226/dms1602261550008-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『これは洗脳だけでなく、元々の自分の利益のために日本を差別するレイシストです。「人権侵害というものは、被害者が満足を得るまでの間、生じ続ける」というのは、我々日本人が満足を得るまで、こうしたレイシストによる人権侵害が生じ続けている、ということです。「国連のような糞組織を信用すべきでない」は全く同感で、何でも他の国、周りの尻についていかないと不安な家畜日本人はいい加減、世界のレイシスト共の悪意をくみ取り、目を覚ますべきですね。
国民は、「冤罪による差別は許さない」と国連その他の場所に抗議すべきです。私は以前、保守派の外務省へ南京関連の抗議に参加したことがありますが、「冤罪」と大きく書いた紙を持っていきましたが、そういう表現をしているのは私だけでした。』
 
 
太一さんのコメント
『あともう1つ、慰安婦問題について何でも政府の失政をバッシングする保守派ですが、政府組織ではない、売国”市民”団体が、国連に金をかけて長年ロビー活動をしてきた訳です。その間、保守派は一体何をやっていたのでしょうか?ライバルはあれだけやっているのに、自分達は何もせず、後ろに隠れて政府に文句ばかり言っている保守派(ネットの右派も含む)は恥を知れと言いたいです。
弱者であることをアピールして戦っていなければならないのに、そういう脳ミソすらないのには呆れます。こういう時他人の尻について政府叩きしている連中は、本当に使えない連中です。自分が普段いじめられているなら、いじめそのものを批判すればいいのに、ネットで隠れて、反撃してこない政府をいじめるというのは糞としか言いようがありません。』
 
 
太一さんのコメント
『おそらく安倍政権も韓国のクネ政権も、お互いに、仕方なく政府間で合意し、あとは自国の民間が頑張ってくれ、と思っているに違いありません。その結果、韓国の民間だけは精力的に行動し、日本の民間は政府に文句をダラダラ言うだけ。情けないにも程があります。2chを見ても、向うは民間があれだけやっていると分かっているのに、こちらは民間は何もせずに「政府はやれ」「国はやれ」ばかりですからね。この「民間の意識の差」こそが、日韓のロビー活動の差ですよ。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

震災復興を妨害するレイシストと反原発原理主義者(かず)

日本を差別するレイシストや、何でもかんでも原発の所為にして、福島県民を差別する放射脳(反原発原理主義者)は、韓国のこういう差別丸出しの対応を全く批判しません。
日本の大メディアも韓国を全く批判しません。
(まあ、不当極まりない差別を展開するのがレイシストや放射脳の習性なので、こういう差別を批判しないのは当たり前ですが。)
 
 
《zak女の雄叫び お題は「冷」》世界に逆行 日本の震災復興を妨げる韓国の不思議
『東日本大震災の発生から間もなく5年。こういったニュースを耳にすると、何ともいえない複雑な気分になる。韓国はやはり、よく分からない。
 震災からの復興などをPRするため、外務省がソウルで予定していたイベントが当日の20日になって中止されたのだ。
 イベントには青森、宮城、福島、鹿児島の4県などが参加し、各地の特産品の紹介などをする予定だった。だが、東京電力福島第1原発事故を理由とした食品の安全性への懸念から、ソウル市城東区が開催許可を出さなかったという。
 もともとこのイベントは韓国の市民団体が「日本産水産物の輸入規制緩和を迫る動きだ」などといって反対していた。計画が明らかになってからは、城東区や警察に抗議が多数寄せられていたといい、開催されれば、数百人規模での抗議デモも計画されていたようだ。
 ただ、こうした動きがあったにせよ、城東区が「公の場所で原発事故発生地の生産物の無料配布や販売は適切ではない」とイベント中止を判断したことには驚く。韓国では未だに、科学的根拠のない風評が根付いていることを如実に示しており、その風評を行政側が“追認”してしまうのもまた不思議でならない。
 韓国は当初、水産物については日本で出荷停止の品目のみを輸入禁止にしていた。だが、2013年9月、福島第1原発で発生した汚染水漏れを受け、福島など8県で水揚げされた全種類の輸入禁止措置を決定した。
 日本はこの措置の撤廃を求め、世界貿易機関(WTO)に提訴。措置が科学的根拠に乏しいとの主張からだ。
 そもそも、国内の水産物は、東北や北海道を中心にモニタリング検査が行われ、食品に含まれる放射性セシウムが基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下と確認した上で市場に流通されている。
 輸出に当たっては、要請があれば、具体的な対象品目の放射性物質検査も実施しており、相手国の安全基準を下回っていることを示す検査証明書なども発行している。
 世界では輸入規制撤廃の動きが広がっており、原発事故直後は54カ国・地域で食品の輸入規制が導入されていたものの、現在は16カ国が規制を撤廃。14カ国・地域では輸入禁止措置を取るが、対象を福島県だけにするなど緩和の流れにある。
 韓国による8県の水産物輸入の全面禁止は、こうした流れに“逆行”するものだった。さらに驚くのは、韓国側が提示してきた条件だ。
 その要求とは、韓国側の検査で微量でもセシウム、ヨウ素が検出された場合、ストロンチウムやプルトニウムなどの検査証明書を追加発行するようにというもの。
 だが、両物質の検査には生鮮食品として致命的な数カ月を要する上、検査コストも高額。そもそも、日本の食品の基準値はストロンチウムやプルトニウムといった放射性核種の影響を考慮して設定されており、水産庁の担当者は「実質的に日本からの輸入をやめることができる措置だ」と話していた。
 取材した専門家は「放射性物質の影響は科学的根拠に基づいて語られるべきで、規制も根拠に基づいて行われるべき」と話していたが、当然だ。
 日本側がWTOに提訴したことで、昨年9月には、WTOに紛争処理小委員会(パネル)が設置された。今月、裁判官に当たるパネリストが公表されており、これから本格審議がスタートする。
 放射性物質に対する過剰な不安は、復興の妨げにもなりかねない。科学的根拠に基づいた議論が韓国で行われることを願いたい。(M)』
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/zkj-news/news/20160226/zkj1602261141001-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『放射脳自体が酷い差別主義者ですからね。奴等はどれだけ福島を差別してきたか。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

『日本死ね』という憎悪表現をも政府叩きに利用するメディア(かず)

大渕愛子さん「長男の保育園入園あきらめました」とブログでつづる
『弁護士の大渕愛子さんがブログを更新し、「自治体に申し込む保育園については、説明を聞きに行ったところ、到底入れないことが分かったので、諦めました。厳しいですね」とつづった。ブログは23日付。大渕さんは昨年3月、長男を出産していた。
 ブログでは「私の住む自治体の待機児童は、減らないどころか、増えているそうです」とも。2月に入って、「保育園落ちた日本死ね!!!」という匿名ブログが話題になっているが、大渕さんの書き込みも待機児童の問題を改めて考えるきっかけとなりそうだ。』
http://www.sankei.com/politics/news/160226/plt1602260037-n1.html
 
産経も酷いですね。
何故、『日本死ね!』という明らかなヘイトスピーチを全く問題視せず、ヘイトスピーカーの主張に沿った記事を配信するのか、僕には全く理解出来ません。日本の全メディア、気が触れてます。
 
まだ、この件については長谷川豊のコラムがマシです。
 
 
【長谷川豊】「日本死ね」と言うコメント主の誤解
『ネット上でのこんな汚い言葉がなぜテレビなどでも延々取り上げられるのか理解に苦しむ点はありますが、一言。
 ネット上で保育園の申し込みをしていたお母さんが落選したようです。そして、そのお母さんが「なんなんだよ日本!」と怒りをあらわにし「日本死ね!」と暴言を吐きました。
 なぜかその言葉が大きくネット上でも取り上げられ、「分かる、分かります」なんて同調のコメントも多数出ているようです。
 あまりにも稚拙で、あまりにも論じるに値しないのですが、冷静にコメントしておきます。
 まず、命を産み・育んでいる母親が「死ね」などという言葉を使うのは論外です。その一点で、このコメント主は批判されるべきです。暴言の類は表現の自由でしょう。しかし、「死ね」という言葉が持つ意味をこの方は理解していらっしゃるんでしょうか? 怒ったんでしょう。イライラしたのでしょう。しかし、あなたは子供を育てる母親ですよ? と問いたい。母親の「自分の思い通りにいかなかったから『死ね』という姿」を子供に見せながら子育てされるおつもりでしょうか?
 「分かる、分かる」とコメントしているすべての方に言いたい。私は一切理解できない。その言葉だけは使うべきではない。
 そして「保育所作れよ!」と言うコメント。あまりに現状の認識が不足しています。現在、日本政府や地方自治体は借金まみれで、ない予算の中からお金を捻出し、全力で保育所も建てています。間違いなく保育所の数は圧倒的な勢いで増えていっています。
 その充実度は、他の先進諸国と比べてもダントツの部類であり、他国では多額のお金を払ってベビーシッターを雇うことが常識の国が当たり前なのです。
 日本の保育環境で満足できないのであれば、ぜひ他国に言って一度見てきなさい、と言うほかコメントできません。日本がどれほど、多くの先人たちのお蔭で住みよい国となり、どれほど充実しているのか、学ばれることをお勧めします。
 イライラをぶつけたくなったんですよね。そこは理解します。
 でも、現状を正確に把握していないことは少々気になります。日本の保育状況で満足できない人間は、他国に行っても間違いなく生活自体が成り立たないことでしょう。日本人はもっとこの日本と言う国を誇りに持つべきです。それくらい、いい国ですよ? 日本って。』
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20160224/wat1602242010005-n1.htm
 
 
待機児童に関する問題について詳しくないので、当て推量になりますが、人口が集中している都市部において、自宅や職場の周囲、自宅と職場を結ぶ通勤ルートの周辺だけ、それも自治体から認可を受けた保育所だけに狙いを定めて入所しようとするから、自然と競争率が高くなり、当然入所出来ない児童が続出するという事態になっているのではないでしょうか。
自宅や職場、通勤ルート周辺に限定せず、また認可保育所に限定しなければ、もしかすると入所出来そうな保育所が見つかるかも知れませんし、何より、公的機関など保育施設に詳しい組織や人物に相談するのが良いと思うのですが、人口過密地帯での入所合戦というのはそんなに生易しいものではないという事なのでしょうか。
 
 
(追記)
僕のコメント
『下らない憶測を書きましたが、兎も角、利便性を追求し、自分の理想と現実とが乖離していれば、「日本死ね!」などとヘイトスピーチを撒き散らすのは、筋違いもいいところです。
構ってもらいたいが為に喚き散らすなんて、図体だけデカくなったガキそのものです。』
 
太一さんのコメント
『それを「日本のせい」という発想にいくのは、大メディア権力と教育による長年の洗脳の成果ですね。人間嫌なことがあれば何かのせいにしますが、それを必ず日本国や政府、総理大臣のせいにするように、長年洗脳している。そして「言いやすい相手」「言っても反撃してこない相手」ばかり叩くのは、自殺者を多数輩出している日本人の「陰湿いじめ体質」に他なりません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

「同権」「差別」…美名を隠れ蓑にした価値観の押し付け(かず)

《zak女の雄叫び お題は「冷」》新聞記者の女性比率は、いまだ2割 育児に冷淡な夫の実態
『男性記者は子供が誕生しても仕事一筋でいられるか? 答えの1つは、それしかできないからだ。卑近な例は、わが夫。「家事も育児も半分半分で」という当初の約束は、育児休業からの復帰後数カ月でほごにされた。保育所の送り迎えはもちろんゴミ捨ても頼めない。家にいないか酔いつぶれて寝ているからだ。少しは父親になろうと努力した。しかし結局、記者の仕事にしか興味を持てず「子育て」「家事分担」「家庭円満」には心も体も動かなかった。当然、夫婦関係は冷え切った。
 夫のように記者しかできない仕事人間が蔓延(まんえん)しているのが新聞業界だ。記者しかできない男性たちの生きる場所。多能で多忙な女性が、同じ土俵で勝負するのは大変だ。
 結婚から10数年。かつての自称“フェミニスト”だった夫は、年を経るごとにだんだんと「女は責任感がない」「女はすぐに逃げる」「大局観がない」などと、公言する、男尊女卑オヤジに変貌した。家庭人になれなかった裏返しだとしたら残念だ。
 科学技術分野だけでなく、新聞・通信各社が男性社会であり続ける弊害は、大きい。夫のような記者が幅を利かせていては、世間感覚と乖離(かいり)しつづける。女性記者の比率は5割になるべきだし、デスクや支局長、部長、役員といった責任ある立場には、少なくとも3割が必要だ。ただ、女性に、男性と同じ働き方は求めてはいけない。仕事に対するスタンスがそもそも異なるのだから。(M)
 できることなら10数年前に戻って、夫教育をやり直したい』
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/zkj-news/news/20160222/zkj1602221141001-n1.htm
 
 
>男性記者は子供が誕生しても仕事一筋でいられるか? 答えの1つは、それしかできないからだ。
 
答えが分かっていながらネチネチ愚痴をこぼす意味が分かりません。
まあ、自分の苦労を分かってほしい、仕事を犠牲にしてまで子育てや家事に縛られたくないというアピールなのかも知れませんが。
「男とは子育てにも家事にも向かない生き物だ」と割り切った上で、旦那を上手くコントロールするのが女性の腕の見せ所だと言ったら、女性差別になるんですかね?
 
 
>科学技術分野だけでなく、新聞・通信各社が男性社会であり続ける弊害は、大きい。夫のような記者が幅を利かせていては、世間感覚と乖離(かいり)しつづける。女性記者の比率は5割になるべきだし、デスクや支局長、部長、役員といった責任ある立場には、少なくとも3割が必要だ。ただ、女性に、男性と同じ働き方は求めてはいけない。仕事に対するスタンスがそもそも異なるのだから。
 
うーん…よく分かりません。
世間感覚とやらは、この記者の主観、もっと言えば願望や希望的観測に過ぎませんし、職場での男女比を画一化する事による弊害など、デメリットが全く考慮されていません。
この記者が『男性記者は子供が誕生しても仕事一筋でいられるか?答えの1つは、それしかできないからだ』と述べている通り、男性と女性の性差、性別による向き不向きがあるのは歴然たる事実で、それを法規制や社会的圧力で修正する事の方が、生物本来の生き方に反している様に思え、また少子化を加速させる要因に思えてなりません。
無論、僕の考えに裏付けはありませんし、男性が築いた社会の弊害に苦しむ女性を差別する気は毛頭ありません。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『私も5割にする必要など全くないと思いますが、あえて違う意見を述べれば、男女共同参画のような綺麗ごとを訴えるならば、政府などに文句を言うよりも、マスメディアがまずそれを率先して見本を見せてみろ、と言いたいです。様々なリスクを乗り越えて上手く達成したなら、多少は他に言う資格もあるでしょう。
男女比云々関係なくとも、マスコミ業界自体が旧態依然とした「会社人間製造所」だったり、官僚的な社風だったりしますからね。そんな組織が、政府などの改革を偉そうに訴えても説得力は皆無です。』
 
僕のコメント
『一番の問題は、腐敗しきっているメディアという権力者が偉そうに国民に対して価値観を押し付けまくっている事ですからね。
上の記事の様に。それも欧米の猿真似。』
 
太一さんのコメント
『欧米の猿真似しか能のない日本人への批判はいつも述べている通りですが、一方の欧米人も、自分達が最近つくった価値観を有色人種に押し付け、従わないと「遅れた未開の国」とレッテルを貼って攻撃する、典型的なレイシスト丸出しですからね。本当に世界中ろくでもない。
そしてこの男女共同参画関連については、安倍政権は、慰安婦問題での欧米による日本人への差別意識を理解し、それに対抗するために仕方なく「日本は遅れた国ではない」とアピールしています。それを安易に猛攻撃する保守派も馬鹿丸出しです。安倍政権が世界情勢をよく見て上手く立ち回っていることもろくに考えず。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本のメディアや野党の政府バッシングはナチスに類似(太一)

日本のメディアや野党の政府バッシングのやり方が、ナチスや中共などのファシズム国家と類似しているという、鋭い指摘が出ています。
 
===================
個人の不正が発覚した際に関係者全員を責め立てるという行為は「連座」と呼ばれ、ユダヤ人を迫害したナチス・ドイツ、チベット人、ウイグル人など少数民族を迫害する中国といったファシズム国家が好んで行う政策です。
 
僕は野党側の対応を見て、諸外国の問題をあげつらい、自国民を団結させようとする中共政府を連想しました。
===================
 
(中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」
中国人は大絶賛? 甘利前大臣辞任問題に見る、日本の政治の潔癖性「まったく恐ろしい国家だ……」
http://www.cyzo.com/2016/02/post_26348_entry.html より)
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。