スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大メディアに媚を売る「巨匠」北野武(かず)

日曜昼でもたけし節全開!「ホラッチョ」名付け親は俺!?
『たけしは米大統領選の共和党候補者指名争いで独走状態の不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)について「トランプ氏が大統領になったら、日本がアメリカの1つの州になっちゃうんじゃない」と独自の読みを披露。保育園の待機児童問題には「ここが安倍政権の大見得を切るひのき舞台だと思う。国会議員の数を減らして余ったお金を保育園に充てればいい。俺が総理大臣ならやってるね」と斬った。』
http://www.sanspo.com/geino/news/20160326/geo16032605040010-n1.html
 
たけしの発言は年々酷くなっているんですかね。
バラエティー番組での発言しか知らないので僕にはよく分かりませんが、上記の記事を読む限りそんな気がします。
 
>トランプ氏が大統領になったら、日本がアメリカの1つの州になっちゃうんじゃない
 
何を根拠にこんな発言をしたのかよく分かりませんし、面白くもありません。
 
>国会議員の数を減らして余ったお金を保育園に充てればいい。俺が総理大臣ならやってるね
 
全く面白くないですし、真面目な発言だとしたら出来もしない事をよく言えたもんだ。
まあ、たけしは「巨匠」として死ぬまで芸能界で生きていくつもりなんでしょうね。
 
因みに、僕は安直な議員定数の削減には反対です。
今現在、官僚をコントロール出来る議員がどれだけ居るのか知りませんし、各分野に精通している議員がどれだけ居るのか知りませんが、議員を減らせばその分官僚をコントロールしにくくなるでしょうし、各分野の政策に対して様々な意見や細かな要望が反映されにくくなる恐れもあります。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんの世代から見て全く面白くないというのは、もはや終わった芸能人であることを感じさせますね(私が見ても全然面白くないですが)。あと「と斬った」という表現も意図的ですね。逆側ならこういう表現は絶対しません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

絶対的な善と悪、絶対に正しい答えや判断なんてない(かず)

ヒトラーほめる人工知能、米MSがわずか2日で実験中止 ツイッターでの”実地訓練”裏目
『米IT大手のマイクロソフト(MS)は24日、インターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能(AI)の実験を中止したと明らかにした。不適切な受け答えを教え込まれたため「ヒトラーは間違っていない」といった発言をするようになったという。
 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、短文投稿サイトのツイッターに23日に登場した。ツイッターで会話を重ねるうちに差別的な発言を繰り返すようになり、24日に中止された。』
http://www.sankei.com/economy/news/160325/ecn1603250022-n1.html
 
 
【AIがヒトラー礼賛】「教師」しだいで右翼にも左翼にもなる 人工知能は子供と同じだ
『米IT大手のマイクロソフト(MS)がインターネット上で一般人と会話させた人工知能(AI)が、ヒトラーを肯定するような発言をするようになり実験が中止された。AIとしてはしごく当然、「素直な成長」の結果だ。
 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、ツイッターに23日に登場した。「ヒトラーは間違っていない」。ツイッターで会話を重ねるうちに、差別的な発言を繰り返すようになったという。
 今月、米グーグル傘下の企業が開発した囲碁ソフトが、韓国人棋士に4勝1敗で勝利したニュースが話題になった。これら最近の人工知能は「ディープラーニング(深層学習)」や、その基本となる「マシーンラーニング(機械学習)」により、急速に人間に近づいている。
 囲碁ソフトの学習は、優れた棋士同士が対戦した棋譜という良質の“教科書”を大量に読み込んで行われた。大量の情報を整理して特徴をつかんでいくことで、「盤面を優勢に運ぶには、ここに打つのが最善手である」という棋力を得ていく。つまり、優れた棋士がいなければ人工知能もこれほど強くならなかったわけで、「ソフト(AI)が人間を超えた」と単純には言えないのが真実だ。
 AIに一般の人から知識を吸収させていくとどういうことになるのか。マイクロソフトともあろう世界的企業がうっかりしていたとすれば失態ともいえる。しかし、「これがネットの世界だ」という学習経験は決して無駄ではない。
 最近、「教科書検定」があったが、AIも子供と同じだ。良質な教科書を与え、良質な教師に習わないと、なかなか正しい判断ができるようにはならない。(原田成樹)』
http://www.sankei.com/life/news/160325/lif1603250029-n1.html
 
 
「ヒトラーは間違っていない」と発言したから実験中止…意味が分かりません。
何故ヒトラーは間違っていないと発言したのか、その理由を質問しなかったんですかね。これらの記事に載っていないので真相は分かりませんが。
ヒトラーを肯定するような発言は「差別的発言」だから修正する為に実験を中止するという研究姿勢は大いに疑問です。自分達の思惑に反する発言をしたから「中止すべきだ」「修正すべきだ」という姿勢の方がよっぽど全体主義的で差別的だと思うんですがね。これこそ反知性主義です。
まあ、マスメディアや圧力団体から叩かれるのを恐れて中止した可能性が高いんでしょうね。
 
>正しい判断
 
正しい判断って何なんですかね。算数の様に絶対的な正解がある問いなら別ですが、基本的にこの世に絶対的に正しい答えや判断なんてないと思います。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『以下はまさに同感ですね。
<自分達の思惑に反する発言をしたから「中止すべきだ」「修正すべきだ」という姿勢の方がよっぽど全体主義的で差別的だと思うんですがね。これこそ反知性主義です。>
 
コンピュータの結果にそういうことをする連中って、まるでゲームで気に入った結果が出るまでリセットを繰り返す子供と同じですよね。自分のゲームでそれをやるのは別にいいですが、公的な実験でそれをやるとすると、それは非常に恐ろしいことですよね。人為的に科学や実験を操作しているということですから。
かずさんが「正しい判断」という部分を指摘批判しているのはまさに重要なポイントを突いていると思います。例えば昔、地動説を主張したガリレオが有罪になったのと似ていて、科学的な実験の結果が出ても、それを自分達の「宗教」の結果にそぐわないからと否定し、実験結果を抹消してしまう。議論なしに「正しい」という結果ありきなのは「宗教」だ、と言っていた人がいましたが(日本国憲法の人権規定について、「人権教」だと指摘していました)、まさにその通りですね。』
 
 
太一さんのコメント
『欧米において、「キリストは絶対的な善」で、「ヒトラーは絶対的な悪」だということは、「議論してはいけないこと」に設定している、つまり完全に「宗教」なんですよね。ちゃんと議論すれば、逆の側面もあるかも知れないのに、その議論はむしろ弾圧する。別の場所で言っている「権威」に絡めれば、「権威は戦って勝ち取るもの」というのが日本人以外の発想で、ヒトラーは敗戦したから絶対悪になっている。実際ナポレオンもチンギス・ハーンもヒトラーと似たような虐殺を行っている訳で、それが絶対悪扱いされていないのは、彼らが「勝った」存在だと見なされているからでしょう(ナポレオンは最終的に負けますが、ナポレオンのフランスが第二次大戦で戦勝国側にいるから正当化しているんでしょうね)。』
 
 
僕のコメント
『ある人にとっては、ある時点では「最良」の判断だったとしても、別人からは、あるいは時間が経てば非難される判断・決定は無数にある訳で、絶対に正しい判断なんてないんですよね。
 
>「権威は戦って勝ち取るもの」というのが日本人以外の発想
 
「勝てば官軍負ければ賊軍」という言葉があるぐらいなのに、不当な要求を突き付ける外国人に打ち勝とうとしない日本人の事が理解出来ません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

政治家などを袋叩きにして一般市民の言論の自由を弾圧するメディア(太一)

『西村 幸祐 3月24日 2:11
 
毎日放送の悪質な世論誘導ではないのか。市教育委員会筋の情報では処分予定はない。また《吉村大阪市長、校長の問題発言に処分不要の認識示す》との共同電もある。むしろ「問題発言」化を謀った特殊な者と呼応したメディアこそ問題。
つまり僕たちは、特異な政治主義が言論・表現の自由を封殺する恐ろしい全体主義の中にいることを自覚しなければならない。
それは"Political Correctness"〈政治的正当性〉と言われる概念を大義名分にして、伝統的な価値観や多様な思考を排斥するファシズムに他ならない。正に〈フェミファシズム〉という言葉が既にあるように。
この報道だけでなく読売テレビも酷い報道を行なったが、その本質は世論誘導であると同時に、メディアという第四権力を笠に着て報道を装いながら市教育委員会や大阪市に圧力を掛けていることだ。メディアがもはや全体主義の宣伝機関に堕落している恐ろしい現実を知ろう。』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10204598672126984
 
 
<特異な政治主義が言論・表現の自由を封殺する恐ろしい全体主義>
<"Political Correctness"〈政治的正当性〉と言われる概念を大義名分にして、伝統的な価値観や多様な思考を排斥するファシズム>
<メディアがもはや全体主義の宣伝機関に堕落している恐ろしい現実>
 
日本のメディアが言論の自由を弾圧・排斥するファシズムであり、全体主義機関であること。
何より恐ろしいのは、この校長や政治家などを袋叩きにすることによって、「その人達を同じ意見を持つ一般市民の言論の自由」を弾圧していることです。
このような報道の後、実社会で袋叩きにされた主張を、一般市民が言える空気があるでしょうか?
このメディアが作るファシズム的な空気が一番恐ろしいのです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本人の人権を弾圧するファシズムメディア(太一)

とある方からのメールです。
===================
件名: 大至急 大拡散!
 
都庁財務局 (TEL03-5388-2692)
 
韓国人学校を保育園より優先して建てる件、これから検討に入るそうです。
今日は、沢山の反対の電話が鳴って居るそうです。
今の流れのうちに皆で電話をして下さい!!!
韓国民団も「韓国へのヘイトだ」と騒いで居ます!
韓国人は今の日本の学校でも、普通に通えます。
新宿区は待機児童が非常に多いのです。
韓国民団が 「韓国人へのヘイトだ」と騒いでいますが、むしろ日本人へのヘイトです。
韓国人学校が出来れば、必ず 「補助金よこせ、校舎の建築費を出せ!補修費を出せ」と、朝鮮学校と同じたかりが始まります!
増税も難しい今の日本にそんな余裕はありません!
因みに、東北の震災での日本人の学校より、高い補修費が朝鮮学校から請求されて、我が国が支払わされて居るのです!
=====================
 
保育園の話題は出るのに、メディアにこういう話題は一切出ませんね。
何が起きても、全て自民党政権が悪いということにし、他の考えられる原因は全て隠蔽する。
真偽はともかく、こういうことを追及するのが、
 
「ジャーナリズム」
 
です。
 
日本のメディアにはジャーナリズムのカケラも存在しません。
日本のメディアに存在するのは、日本人を差別する外国と一緒になって日本人の人権を弾圧するファシズムだけです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

有権者を「ゴキブリ」と呼ぶ有田芳生は差別主義者(太一)

『西村 幸祐 3月21日 23:48
全国の有権者は2度読んでから、知人にこの文章を薦めて下さい。
 
有田芳生は、有権者を“ゴキブリ”と呼ぶ差別主義者だ(私的憂国の書)
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-1646.html』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10204577848726412
 
 
このことはこれまでも何度も指摘してきました。
有田は差別主義者です。
真実なので何度でも言います。
有田はレイシストです。
 
武藤貴也議員が、「シールズは自己中心的で利己的なのは残念だ」
という穏当な批判をしたのがNGで、
この有田の「ゴキブリ」という差別主義暴言がOKだというのが、
日本の大メディア権力の矛盾です。
 
日本の大メディア権力は、
自分達に批判的な国民と、シールズに、途方もないほどの扱いの差を設けています。
つまり、国民を思想で差別してるのです。
 
日本のメディアもレイシストです。
真実なので何度でも言います。
日本のメディアも差別主義者です。
 
追伸:
このシェア元の西村幸祐さんのタイムラインへのコメントを見ても、
明確に「有田は差別主義者だ」と批判しているコメントがほぼ皆無です。
保守派は弱すぎるんですよ。
これじゃいつまで経っても売国権力には勝てない。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

地下鉄サリン事件から21年。被害者の事を忘れてはいけない(太一)

13人死亡6千人以上が重軽症「地下鉄サリン事件」から21年 霞ケ関駅で午前8時に駅員黙とう
http://www.sankei.com/affairs/news/160320/afr1603200005-n1.html
 
当時私はほぼ毎日横浜駅に通っていたので、その恐怖は非常に身近に感じていました。実際に多数の救急車のサイレンを聞いた時には、本当にテロが起こっているという恐怖感がありました(地下鉄サリン事件は中心は東京都心でしたが、一部横浜でも騒ぎがありました)。
 
あのようなテロは世界でも例がない程のものだったそうです。にもかかわらず、司法や学会など売国権力が支配する日本では、取り締まることすらできず、オウム真理教の残党は今でも平然と活動を続けています。まさに売国権力が被害者の人権を弾圧しているということです。
 
その直前に松本サリン事件でマスコミは、罪のない一般人を犯人に仕立てるという愚行を犯しています。
しかしそれを言い訳に、地下鉄サリン事件の被害者を軽視することが「進んだ考え」だと思っているバカなインテリ層がいますが、そういう連中は被害者の人権を屁とも思っていない訳です。
 
何の罪もないのに地下鉄で突然サリンを吸って亡くなった人達のことは、我々日本人は一生忘れてはなりません。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本人は薄汚い裏切り者が多い。民族性の弱点を深く考えるべき(太一)

『西村 幸祐 3月10日 16:21
 
連合国(国連)による、天皇の男系継承是正勧告の正体
反日ファシストの謀略に注視を
今朝の産経が一面トップで伝えた http://www.sankei.com/politics/news/160309/plt1603090006-n1.html 皇室典範への連合国(国連)委員会の干渉は、ある意味、71年前からのGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の意思が、その主体は代わろうとも途切れることなく続いていることを意味している。
今回、連合国(国連)女子差別撤廃員会へ皇室典範〈是正〉を仕掛けたのは、在米の反日日本人の山口智美。米国の片田舎の大学で〈慰安婦=性奴隷〉布教に務めている女だ。
山口がシナ人のゾウ委員と結託、他の反日NGOと連携。戸塚悦郎が慰安婦性奴隷を布教した同じ構造だ。ダライ・ラマ法王がいつも口にする中国共産党のチベットへの〈文化的虐殺〉と全く同じことを画策しているファシストであることを日本人は認識しなければならない。』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10204496481572284
 
 
「ダライ・ラマ法王がいつも口にする中国共産党のチベットへの〈文化的虐殺〉と全く同じことを画策しているファシストであることを日本人は認識しなければならない。」
 
この国際的視野に立った西村幸祐さんのコメントは極めて重要です。
そして山口智美。
日本を差別するファシズム勢力の中には必ず日本人が含まれている。
こうした薄汚い裏切り者が多い民族性の弱点を、我々は深く考える必要があります。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

岸井成格や古舘伊知郎は売国権力の駒に過ぎない(かず)

膳場キャスター、岸井氏がNEWS23ラスト出演
『TBS系のニュース番組「NEWS23」を降板する膳場貴子キャスターと、アンカーの岸井成格氏が、最後となった25日の放送のラストで、視聴者に向けてあいさつした。
 昨年成立した安全保障関連法をめぐり、「メディアとして、廃案に向けてずっと声をあげ続けるべきだ」と番組内で発言し、新聞紙上に抗議の意見広告を出された岸井氏は、「極端な見方に偏ることなく、何よりも権力を監視するジャーナリズムを貫くことが大事です」と強調した。』
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1621885.html
 
>極端な見方に偏ることなく、何よりも権力を監視するジャーナリズムを貫くことが大事です
 
全部真逆です。
大メディア権力や岸井らレイシスト集団こそ、日本における絶対的な権力者です。
全てのメディアとは言いませんが、少なくとも国内外に影響力がある大メディアにジャーナリズムというものは微塵も存在しません。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『そもそも岸井が極端な見方に偏っていると指摘されたのを忘れているんでしょうか?メディア界という自分達の「帝国」の中にいると外の声は聞こえないんでしょうね。そして仰るように、権力の監視が必要ということで、国民がメディアを監視しなければなりません。』
 
僕のコメント
『因みに「NEWS23」の後任は元朝日の記者です(報ステにレギュラー出演していたような)。
まあ、NEWS23から岸井が抜けたところで、報ステから古舘が抜けたところで内容の酷さは全く変わらないか、悪化の一途を辿るだけなんですけどね。
古舘が降板するからと言って小躍りする連中の気が知れません。別に岸井や古舘が番組の方向性を決めている訳じゃないんですから。』
 
太一さんのコメント
『全く同感ですね。古館なんて、極左しかいないテレ朝の報道番組の基準でいけば、左翼度が低い方だと思いますよ。そして仰るように、局の方針に従ってきただけな訳で(本人すらそう言っている)。
NEWS23に関して言えば、国民を騙すテクニックに長けていた筑紫哲也が辞めて(死去したのが理由ですが)、地味な後藤になったのは多少の影響はあったと思いますが、基本的に報道の方針を決めている、つまり脚本や演出をしているのは局の幹部やプロデューサーであり、キャスターは「俳優」みたいなものですからね。筑紫クラスなら多少は幹部と同等に会話もしていたでしょうが。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

朝日新聞は捏造記事を垂れ流す「テロ組織」(かず)

【規制委VS朝日新聞】第2の吉田調書になるのか? 「角度をつける」報道相変わらず 田中委員長は「看過できぬ」と徹底抗戦の構え
『原子力規制委員会の怒りはすさまじかった。九州電力川内原発(鹿児島県)周辺に設置された放射性物質観測装置の整備が「不十分」と報じた朝日新聞の記事や社説に対してだ。謝罪や訂正を求めるだけでなく、「犯罪的」とまで表現した。この記事は確かに大きな問題がある。事実を素直に受け止めず、「角度を付ける」姿勢が、取材班には見受けられた。その姿勢は、事故時の福島第1原発所長、吉田昌郎氏(故人)の調書をスクープしながら、後に撤回・謝罪した「吉田調書」誤報問題に通じていないか、朝日自身が検証する必要があろう。(原子力取材班)
 
「地域住民の不安をあおり立てる」
 
 「信頼を裏切る記事が出た。事実をきちっと理解しない上でああいう報道をするということは、地域住民の不安をあおり立てて遺憾だ。1面トップ、社説までおまけに書いているという姿勢については私は看過できない」
 3月16日、規制委の田中俊一委員長の定例会見は、こうした怒りの発言で始まった。この日の定例会では、田中委員長は「あたかも(避難を)判断できないように報道をし、立地自治体に無用な不安を与えたことは、非常に犯罪的だ」と厳しい口調で話した。
 朝日新聞の記事には何が書いてあったか。
 14日付朝刊の1面は「避難基準値 半数測れず」の見出しで、川内原発周辺に設置された観測装置のうち、半数が「事故時の住民避難の判断に必要な放射線量を測れない。事故時の住民避難の態勢が十分に整わないまま、原発が再稼働した」と批判。3面では「避難どう判断、住民に不安」との見出しで、不安をあおり立てた。
 15日付社説でも、川内原発に加えて関西電力高浜原発周辺での測定装置未設置問題を取り上げ、「事故時に住民を避難させる必要があるかどうか、判断するためのデータが得られないことを意味している」「国際的な常識を採り入れたはずなのに、避難についてここまでずさんでは、話にならない」と訴えた。
 
「言っていないことを書かれた」
 
 記事のどこが問題なのか。
 原子力規制庁の説明によると、放射線の観測装置は、低線量(毎時80マイクロシーベルトまで)を測る装置と、高線量(毎時1マイクロシーベルト~100ミリシーベルト)を測る装置など異なる機能を持つ。それらを組み合わせて設置しており、避難判断のために全体をカバーしている。
 しかし朝日は低線量の装置だけに着目し、「高線量が測れないのは問題だ」と主張した。
 規制委の更田豊志委員長代理は「(観測装置の種類別は)外野手と内野手がいてそれぞれ守備範囲があるのに、(朝日の記事は)それを一人が全て守れと言っているのに等しい」と分かりやすく問題点を解説する。
 規制庁のある職員は「朝日の報道には悪意がないのか。原発の再稼働を阻止するという目的で、高線量と低線量の役割分担があるのを知っていてわざと事実に目をつぶったのではないか」といぶかった。
 さらに問題なのは、規制庁が、朝日の記事の中で規制庁の職員が「言ってもいないコメントを掲載された」と指摘していることだ。仮にそうだとすれば、朝日は記事を捏造したことになる。
 規制委の抗議に対し、朝日は17日付朝刊で見解を掲載した。「自治体の避難態勢が少しでも充実することを目指して掲載したもの」「(高線量の観測装置が)配備されているかどうかに注目した」と書かれているが、規制委の抗議にまともに答えた記述はない。
 産経新聞は16日、朝日に事実関係や規制委への対応について取材したものの、広報部からは「当該記事については複数回、原子力規制庁幹部に取材を重ねたものです。弊紙の見解については紙面に掲載する」というコメントが返ってきただけで、明確な回答はなかった。
 
「吉田調書」誤報問題に“前科”
 
 朝日には“前科”がある。
 平成26年5月20日付で、「所長命令に違反 原発撤退」を大見出しにした上で、吉田昌郎氏の調書などを根拠に「吉田氏の待機命令に違反し、所員の9割が福島第2原発へ撤退していた」と報道した。
 しかし事実は違う。産経新聞も吉田調書を入手したところ、朝日報道にはなかった現場の複数の元所員にも取材し、所長の命令違反という実態は存在しなかったことが分かった。
 結局、朝日自身が記事を取り消し、社長が謝罪会見を行い、引責辞任という異例の事態を招いた。
 社長は当時の会見で「『命令違反で撤退』という記述と見出しは裏付けがない、と判断した。多くの所員らが吉田所長の命令を知りながら第1原発から逃げ出したような印象を与える間違った記事でした」と釈明した。
 この記事で問題だったのは、事実をねじ曲げる姿勢であり、原発への悪印象を与える意図があったとみられることだ。
 今回の川内原発の観測装置の報道にそういった意図がなかったのか、朝日自身がきちんと検証する必要があろう。』
http://www.sankei.com/premium/news/160326/prm1603260023-n1.html
 
 
日本人を差別する為、自分達が望む国家に改造する為なら、歪曲どころか事実を捏造した記事を垂れ流す大メディアは即刻廃業すべきです。
日本国民はこういう「テロ組織」に対して大大的に抗議すべきですし、廃業・倒産に追い込まなければなりません。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『こんな日本人を差別する新聞に金を出し続けるスポンサーが最低ですよね。そしてそのスポンサーを支えている国民も馬鹿としか言いようがない。自分達を差別する者に金を出しているんですから。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

少数のメディアが国民を支配する日本(かず/太一)

レイシスト集団のこういうコミュニティがあるんですね。
まず東京新聞の関係者、東京新聞と利害関係にある人間が開設した可能性が考えられますが、実態はよく分かりません。
反原発原理主義者(放射脳)である事は間違いないと思いますが。
 
東京新聞を(勝手に)世界イチにする会
https://www.facebook.com/tokyonp.sekaiichi/
 
『簡単な説明
「東京新聞を(勝手に)世界一にする会」は、現在、購読者数が世界一である読売新聞よりも東京新聞の購読者を多くすることが目標です。 あなたもこの取り組みに参加しませんか?
 
詳細
福島原発事故の後、多くの市民にハッキリと見えてきたのが、日本という国が「おカネを重視して、いのちを軽視している」という事実だと思います。
その潮流をつくることに「大きな貢献」をしてきた一員が、新聞やテレビなどのマスメディアだろうと思います。
福島原発事故が起こる前まで、マスメディアは原発の問題を本腰を入れて報道することは稀でした。
大きな広告料を払ってくれるスポンサーやその企業が属する経済団体などに「配慮」した報道がなされてきました。
しかし今、一部のメディアにそうしたことを反省する姿勢が生まれ、それを日々の報道の中で実践しています。
日本の社会を「いのちを大切にする社会」に変えていくためには、「いのちを大切にする報道」を市民が支持し、応援する必要があります。
それがなければ、その新聞社やテレビ局は生き残ることができないからです。
逆に、原発事故の後も報道姿勢がほとんど変わらない新聞社があります。こうした新聞社が、これまで通りの支持を受け続けるなら、この新聞社は報道姿勢を変えることはないでしょう。
原発に関する報道の中で、ひときわ輝きを放っているのが中日新聞系列の東京新聞です。「東京新聞を(勝手に)世界一にする会」は、今、購読者数が世界一である読売新聞よりも東京新聞の購読者を多くすることを会の目標にしています。
そのためには、東京新聞を全国で読めるようにしなければならないでしょう。
東京新聞は「ネット購読の希望者が多ければ、検討します」とのこと。
ということで、私たちは勝手に「東京新聞をネット購読したい人」も募集しはじめようと思います。そして、東京新聞がネット配信を始めたいという気持ちになるくらいの購読希望者が集まったら、東京新聞に連絡する予定です。
「マスメディアを市民が育てる」ということをFacebookなどを使って、「実験」してみたいのです。
まず、皆さんから「これまでの東京新聞のいい記事」を投稿していただき、あなたが、いい記事だと思うものは「いいね」や「シェア」をして下さい。
そして「いいね」は1点「シェア」に3点が与えられ、定期的に集計されて「東京新聞いい記事ランキング」が発表されます。
この実験は、「ひとり一人の市民がメディアになる」ということでもあるでしょう。
先では「妨害」も出てくるかもしれませんが、小さなことはあまり気にせず、このチャレンジを楽しみながら、おおらかにやっていきたいと思います。
多くの市民の力で「いのちを大切にするマスメディア」を育てましょう。
皆さんの参加をお待ちしています。』
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『「マスメディアを市民が育てる」という言葉に、隠しているこいつらのおそろしい思想が見えていますね。こうした偏った捏造メディアによって、こいつらの言う「市民」、つまり特権階級。従わない奴は「ネトウヨ罪」とかにして牢屋にぶちこんで殺せばいい、と本音では思っている。そういう差別的思考回路が私には見えますね。
あと「現在、購読者数が世界一である読売新聞」とありますが、多分2位が朝日新聞でしょうが、日本より人口の多い国は多々あるのに、これだけ少数のメディアが独占している国はない、ということも言えますね。しかも小さいメディアも朝日系の主張か、それに媚びる中立ぶりっこくらいしか生き残れない。だから日本には多様な言論が生まれないんですよ。同じ意見に皆が合わせることを強いられる。メディアにこそ独占禁止法を厳しく適用すべきだと思います。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。