スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチスの機関紙・東京新聞の情報隠蔽と日本人差別(かず)

極右軍事国家の犬・東京新聞が、(レイプ)憲法記念日に向けて、安倍政権潰しに向けて、そして日本を隣国の植民地にする為にこういう記事を垂れ流しています。
 
 
海外邦人ら「9条守れ」 「平和憲法」価値、離れてこそ実感
『安全保障関連法施行で戦争放棄を掲げる憲法九条の精神が揺らぐ中、外国人や海外に住む日本人に「九条を守れ」との声が広がっている。「平和を願う九条は真珠のような存在」「平和国家という財産を捨てれば、現地の日本人を危険にさらす」。外国で実際に暮らし、離れて日本を見た立場から、七十年戦争をしなかった国の「平和憲法」に価値を見いだしている。 (寺岡秀樹)
 
 「九条は平和を願う精神が反映され、真珠のようなもの。他に類がなく、光った存在です」
 
 カナダ国籍で、二〇一一年に来日した日本基督教団職員デイビット・マッキントッシュさん(55)=東京都杉並区=は流ちょうな日本語で訴えた。神奈川県座間市の主婦鷹巣直美さん(39)が立ち上げた市民団体「憲法9条にノーベル平和賞を」(相模原市)実行委員会の署名に協力している。
 中学まで日本で育ち、カナダに帰国後、平和問題に関心を持った。〇五年、カナダ人や在住日本人らでつくる「バンクーバー九条の会」の発起人に。移り住んだトロントでも九条の会を立ち上げた。バンクーバーの会員は約二百人を超えている。
 再び来日した後は、平和問題の勉強会での通訳などで九条に関わった。カナダの外相が二月、安保関連法を歓迎したことを受け、バンクーバー九条の会などは発言の撤回を求める抗議声明を出した。「理想だけではいけないが、理想を掲げることなくしては、人類は悪い方向にしか進まない。多くのカナダ人に九条を知ってほしい」
 安保関連法に反対する海外の日本人らが昨年八月に結成した「OVERSEAs(オーバーシーズ)」には、約二週間で八十四カ国、約千二百人から賛同署名とメッセージが集まった。
 「OVERSEAs」は現在、ニューヨークやパリなどで九条の精神を広める活動も行っている。発起人の武井由起子弁護士(48)は中国に赴任した経験などから「いかに自分が『九条の防弾チョッキ』に守られていたのか分かった。アメリカと同類とみなされ、テロのターゲットになるリスクが高まるなど、安保関連法の一番の当事者は海外在住日本人だ」と訴える。
 鷹巣さんは五月三日の憲法記念日を前に「世界の人が九条の精神を支持し、一緒に広めてくれていることは心強い。インターネットが発達し、一人一人が意見や考えを発信できる時代。『外交』はもはや国の専売特許ではなく、市民によって国より強力な『外交』を行うことができる」と話している。
 
◆「OVERSEAs」に寄せられたメッセージ(抜粋)
 
 「戦後、日本が1人の戦死者も出さなかったことを外国の人は知っている(から)私たちは海外で安全に暮らせる。国民を守るという意味で本当の安全保障」(男性・オーストラリア在住)
     *
 「日本人であることに憎しみの目を向けられたことはない。どの宗教、どの国も攻撃しない9条の精神に守られた国だから」(元青年海外協力隊員・中南米在住経験)
     *
 「安倍自民の進める安保法制、憲法破壊を許すわけにいかない。自民党の掲げる憲法改悪・破壊草案は立憲主義という人類が多大な血を流して獲得した智慧(ちえ)に逆行するもの。かつて満州国と呼ばれたこの土地で中国人たちに受け入れられ、支えられている私自身の果たすべき役割」(男性・中国在住)』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016043002000235.html
 
 
>平和を願う九条は真珠のような存在
>いかに自分が『九条の防弾チョッキ』に守られていたのか分かった
 
九条という名の凶器で人権を蹂躙され、命を奪われた日本国民を足蹴にする暴言ですね。拉致被害者家族らの前で同じ暴言を吐けるのでしょうか。
 
>戦後、日本が1人の戦死者も出さなかった
 
戦後、日本の漁民が他国民に虐殺され、多くの日本国民が他国に拉致された、つまり実質的に戦争状態であり、憲法9条により自衛権すら奪われた状態で被害に遭った日本国民、犠牲になった日本国民が少なからず存在しているのですが、そういう事実を全て黙殺するんですね、反戦平和主義者を自称する鬼畜レイシストは。
 
>日本人であることに憎しみの目を向けられたことはない。どの宗教、どの国も攻撃しない9条の精神に守られた国だから
 
日本人であるというだけで、謂れなき差別を受け、犯罪の被害に遭った人々が大勢いるのですが、そういう事実を無視するんですね、護憲派という名のレイプ憲法原理主義者は。
 
>安倍自民の進める安保法制、憲法破壊を許すわけにいかない。自民党の掲げる憲法改悪・破壊草案は立憲主義という人類が多大な血を流して獲得した智慧(ちえ)に逆行するもの
 
これ以上、被害者を出さない為に、自衛権を行使できるようにレイプ憲法を改正する事、我々日本国民の為の憲法にする事を妨害する人々こそ、立憲主義を破壊し、日本国民の基本的人権・生存権を蹂躙する悪辣な独裁者、ファシスト、レイシスト、ナチズムの継承者です。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『海外に行ってはじめて愛国心に目覚めた人や、日本のために何かしようという人も多数いるのに、そういう都合の悪い情報は全て隠蔽。かずさんが仰るように差別や人権侵害を受けた在外邦人も隠蔽。話になりません。自分達に都合の悪いことを隠蔽するナチス機関誌のようなトンキン新聞の記事など、読む気にもなれませんね。
こういう便所紙以下の糞新聞が巨大な力を持っているからこそ、栗原先生も「メディアリテラシー研究会」を立ち上げ、公民館でメディアリテラシーの講義をしたりもしたようですが、圧倒的に数が足りません。メディアという巨大権力に個々人が対抗するのは困難です。』
 
 
太一さんのコメント
『学校でのメディアリテラシー教育も必須なんですけどね。海外では、1つの問題について、異なる立場にグループで分かれて議論する、のような教育も盛んですが、日本ではまずやりません。日本でやるべき教育は、異なる立場から自説を主張するための学級新聞を複数作り、それぞれの新聞が何を取り上げ、何を隠蔽しているかを検証し、実際のメディアを見る際もそういうことを予想して見る訓練をする。本当は、周りの目を気にしやすい日本こそ、欧米より何倍もメディアリテラシー教育が必要なのに、メディアと日教組のマッチポンプで自分達の主張を洗脳しようとしているために、メディアリテラシー教育から逃げていますからね。本当に「この国を売国権力がファシズム支配している」というのは、何の誇張もなく、現実をそのまま表しています。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

レイシストの悪質なテロ&日本のメディアは全て売国権力の犬(かず)

資金が豊富な売国権力(レイシスト集団)のやる事は非常に悪質です。
利用できるものは何でも利用し、平気で犯罪に手を染める。
逮捕されないケースが大半で、逮捕されても有力な弁護士や大弁護団がつき、最終的に不起訴あるいは起訴猶予処分になる。余りにも理不尽です。
 
以下のケースは、易々と実行できる犯罪(テロ)ではありません。
相当手が込んでいて極めて悪質です。
金が無尽蔵にあり、奸智に長けた売国権力の手下なら、こういうテロを実行する事は容易いでしょうね。
 
 
 
川柳がプロパガンダにすり替わり 地下鉄内の広告で複数見つかる 「産経、読売は政党機関紙」 精巧ないたずらか
『地下鉄のドアなどに貼付された広告を加工しそっくりに似せた上で、「産経新聞は権力べったり」などと政治的な主張を載せた「偽広告」ともいえる印刷物が東京メトロで複数枚見つかっていたことが、分かった。東京メトロは「4月になって1枚見つかった」としており、悪質ないたずらとして対応を検討している。(三枝玄太郎)
 不審な「偽広告」は、4月25日午後1時過ぎ、記者が地下鉄半蔵門線大手町~神保町間を走行中の地下鉄車両に乗っていた時に見つけた。
 東京メトロによると、広告は大手化粧品会社「資生堂」(東京都中央区)が平成24年ごろから始めたという。地下鉄の出入口ドアの左右にピンクを基調としたステッカー広告で、左に資生堂が発売している化粧品「エリクシール」を、右側に「大人女子のあるある川柳」が掲載されている。
 川柳は公募し、当選したものを広告に掲載している。今年は3月から応募を開始しており、6月に締め切られる。小型サンプルセットや体感サンプルセットなどが賞品として当たる。
 「よく寝ても 寝不足なのと 気遣われ」「疲れてる?直訳すると顔ヤバイ」など、女性の肌の悩みなどをウイットに富んだ言い回しで表現したものが多い。
 ところが、本来は「5・7・5」の字数であるべき川柳が、一部の広告には「最近の読売や産経のように、あまりにも権力べったりになるなら“政党機関紙”でいい。新聞は『アベノミクスで景気が良くなる』と言うが、ウソばっかりだ。報道ではなく、政権の応援だよ」という、およそ川柳とは言えない政治的プロパガンダにすり替えられていた。
 カラーコピーして本物の広告そっくりに似せて作られ、本物のステッカー広告の上に別のものを貼ったとみられる。「ELIXIR」「エリクシール体感 検索」といった細かい部分まで酷似していた。
 東京メトロは「これまでにもたまに見つかっていた。4月に入ってからは東西線で1件見つけた」としており、複数枚あるとみられる。
 一方、資生堂広報部は「当社が政治的な主張を化粧品の広告に掲載することはあり得ません」と答え、悪質ないたずらとみて警察や東京メトロと対応を検討することにしている。
 弁護士は「選挙ポスターの上に政治的プロパガンダを書いたシールを貼り、公職選挙法違反に問われたケースがある。メトロの場合は、選挙ポスターではなく広告なので、酷似させてその会社の広告の価値を減殺させたことが立証されれば、偽計業務妨害の罪に問われる可能性がある」と話している。
 ネット上でも、これまでに「地下鉄内にて広告テロ発見」として、短文投稿サイト「ツイッター」の一部にこの「偽広告」を取り上げた投稿もある。』
http://www.sankei.com/affairs/news/160428/afr1604280034-n1.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『産経や読売のような、売国権力、隣国、国際機関に媚びへつらうヘタレが政党機関紙とか、こういう馬鹿の脳ミソにはウジが沸いているんでしょうか?朝日や毎日なんか、完璧なる隣国の機関誌だと言うのに。この問題は徹底的に追及すべきです。
「酷似させてその会社の広告の価値を減殺させたことが立証されれば、偽計業務妨害の罪に問われる可能性がある」って、司法が公平なら100%立証されるはずですが、何せ売国寄りの差別司法ですから、判決は「いたずらは問題だが、広告の価値を減殺させたとまでは言い切れない」などと言って売国権力を勝たせる可能性は十分ありますね。日本の司法っていつもそんな感じです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

メディアという独裁者に対し抗議運動が展開できない国民はただの家畜(太一)

https://scontent.fitm1-1.fna.fbcdn.net/v/t1.0-9/13095963_566554493516820_2593674311528429017_n.jpg?oh=aad22edede58b61d5e3673fa2e260fe1&oe=57AC5B9D
 
画像は、「放送法遵守を求める視聴者の会」の声明文の一部ですが、このように明確に、
 
「国民の知る権利と自由、民主主義を守るため」
 
と示されています。
岸井らはこの声明に対して、散々罵倒した訳ですよね。
つまり
 
「岸井らは、国民の権利・自由・民主主義を罵倒した」
 
ということです。
 
このようなヒトラーにも劣る悪辣な独裁者に対し、
大規模な抗議運動が展開できない日本国民は、
民主主義の市民でも何でもなく、ただの家畜ということになります。
 
いい加減、日本国民は立ち上がらなければいけないのではないでしょうか?
それが民主主義を標榜する市民の義務ではないでしょうか?
 
(リンク先は声明文全体)
http://housouhou.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/459f829cdea7c2252d093c2743c4a4e4-1.pdf
 
 
 
(追記)
かずさんのコメント
『>ヒトラーにも劣る悪辣な独裁者に対し、大規模な抗議運動が展開できない日本国民は、民主主義の市民でも何でもなく、ただの家畜ということになります。
 
日本を支配する大メディア権力に抗議もしない日本人は、悪辣な独裁者に怒りの声を上げる支那の市民以下ですね。あらゆる権利のみならず、生きる事すら放棄している感じです。』
 
 
私のコメント
『同感です。支那の市民の方が民主主義を理解し、求めているような気がしますね。「生きることすら放棄」も同感で、以前紹介したツイッターのGrunesheimさんも近いことを言っていましたね。例えば、「差別と言われるのを恐れ、良い人ぶって、在日の悪事を見て見ぬ振りをし、自分の子や孫の未来を守らない日本人は、自分の子を命をかけて守る動物のお母さんに比べて非常に恥ずかしい存在だ。禽獣に劣る。生きる事に不真面目であり、人間で有る前に生命として恥ずかしい歪んだ存在だ。」など。』
 
 
かずさんのコメント
『生きる為にやるべき事をしない人間は生物とは言えず、他の動植物を犠牲にしてまで生き延びる権利なんかないと思います。』
 
 
私のコメント
『本当に植物も含めて沢山の生物の貴重な命を食して奪っていながら、他者の目ばかり気にしていい人ぶって生物として真面目に生きない日本人は、命を奪った生物たちに申し訳ないですよね。
Grunesheimさんのツイートにも、こういうものがありますね。
「日本を乗っ取ろうとする在日より、日本を売り渡す売国奴の方が、生物としては数段気持ち悪い。自分が気持ち良くなる為に自分の子や孫の未来を売り渡せる連中の方が遙かに生物として気持ち悪い。そんな連中が肉を食って他の生き物を犠牲にしているかと思うと、気持ち悪さも更に数倍だ。」』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

東南アジアを蔑視する岡田克也。日韓は本当に民主主義国家?(かず)

【民進党】岡田克也代表「アジアで(民主主義国家は)日本と韓国しかないのでは」「日韓両政府は慰安婦合意を履行すべき」★2[4/29] [無断転載禁止]©2ch.net
『[インタビュー]岡田克也・民進党代表「日韓両政府は慰安婦合意を履行すべき」 (ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00024012-hankyoreh-kr
 
合意内容の詳細は把握せず 自衛権拡張の改憲は阻止
 
 日本の野党第一党である民進党の岡田克也代表(62)が28日、韓国特派員との懇談会で「安倍首相が推進する憲法9条改革に反対する」として、今年の夏に行われる参議院選挙で安倍首相の改憲の試みを阻止する意を明確にした。 しかし、日本軍「慰安婦」問題に対する12・28合意に関しては、日本国内での肯定的評価を反映してか「両国政府が努力して履行しなければならない」という認識を明らかにした。
 
-夏に(7月予想)参議院選挙が行われる。民進党の目標は?
 
 「(自民党などの改憲勢力に)3分の2以上を許してはならない。 これが最低限の目標だ」
 
-日本の安保政策で安倍政権と民進党の違いは何か?
 
 「我々の主張は専守防衛(専ら防御のためのみに武力を使用するという概念)だ。 安倍首相も専守防衛を主張しているが、集団的自衛権の行使を認めることは専守防衛ではない。 安倍首相はそれに加えて、憲法9条を改定して集団的自衛権を幅広く行使しようとしている。 戦後70年間維持してきた考え方が変わることであるので、日本の大きな分岐点だ」
 
-改憲阻止を今回の選挙の公約として掲げるか?
 
 「憲法9条の改定に対しては明確に反対だ。 安倍首相の憲法観はやや歪んでいる。『日本の憲法は米国に対する謝罪文だ』という認識だ。 日本の憲法は根本的に誤っているので変えなければならないというのが安倍首相の立場だが、我々は憲法が過去70年間日本にとって重要な役割を果たしてきたと考える」
 
-日本政府が韓国に対して「基本的価値を共有する国家」という表現を2年連続で外交青書から除いたが?
 
 「アジアで(民主主義国家は)日本と韓国しかないのではないか。(最近になって)他の国家にも民主主義が浸透しているけれど、日本と韓国がリードして行く他はないと考える。 両国間で相互信頼を積み上げることが重要だ」
 
-12・28(慰安婦交渉)合意に対する評価は?
 
 「日韓両国政府が合意したものだ。 詳細内容は分からないからコメントしない。 基本的に合意した内容を両国政府が努力して実現すれば良い」
 
-現在日本では「ヘイトスピーチ」(憎悪集会)を防ぐための法案が国会で議論されているが?
 
 「今国会の会期内に通過する可能性が高い。 多数の合意を得なければならないので、罰則規定は含まれていない。 (そのために実効性を疑う指摘もあるが)ヘイトスピーチが差別だということを明確に世の中に知らせる内容なので法案の意味はあると考える」』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461920388/
 
 
>アジアで(民主主義国家は)日本と韓国しかないのではないか
 
体制に都合の悪い主張を展開する人々を拘束して裁判にかける韓国は、果たして民主主義国家なのでしょうか?
また岡田は、日本と韓国以外のアジア諸国は民主主義国家ではないと断言していますが、これはアジア諸国を蔑視する発言に他なりません。「日本と韓国以外のアジア諸国は劣っている」と明言したも同然です。
 
>我々は憲法が過去70年間日本にとって重要な役割を果たしてきたと考える
 
日本国民が他国に拉致され、日本国民が他国民に殺され、犯罪被害者の人権が悉く踏み躙られてきた戦後日本。
レイプ憲法が果たしてきた重要な役割とは、日本国民から基本的人権・生存権を奪い、日本を外国の実質的な植民地にする事だったとしか思えません。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『韓国はもちろんのこと、巨大メディア権力と外国・国際機関が支配し、一般国民の言論の自由のない日本も民主主義国家とは言えないでしょう。あと岡田は東南アジア諸国を軽視し、蔑視していますね。東南アジア諸国の中には、韓国はおろか、日本よりも民主主義が進んでいる、つまりメディアに支配されない言論の自由の進んだ国もあるかも知れません。
ちなみに、「民主主義とは何か、という理解度」に限って言えば、日本人より韓国人の方が進んでいるような気がします。日本人と違ってちゃんと主張しますから。ただし韓国人は「理解していながらあえて実行しない」感じですね。メディアと政府が作る日本人差別全体主義に、進んで乗っかって、皆で日本人差別に熱狂し、楽しんでいる感じです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

メモ。リベラルという名のファシスト(かず)

メモ。同感です。
 
 
【痛快!テキサス親父】米国型リベラルの行く末が恐ろしいゼ そのうちペットとの結婚を要求するんじゃないか
『俺はずいぶん前から、「米国型のフェミニズム」や「米国型のリベラリズム」を痛烈に批判し、将来を予測する警告動画を制作してきた。だが、思ったよりも早く、わが祖国は最悪の状況になってきているようだ。
 米国の大手ディスカウント・ストアが先日、トランスジェンダー(性同一性障害)の来店客と従業員に対して、「トイレと試着室は、自らの性別認識に一致する方を利用していい」という発表をしたんだ。
 これには驚いたぜ。
 性同一性障害は先天性のもので、当人はさまざまな場面で苦しむと聞いている。医療分野でのケアや、彼らが生きやすい社会をつくることは必要だろう。差別も侮辱もよくない。だが、法律などを変えて、社会の価値観を抜本的に変えることには反対だ。やはり区別はするべきだ。なぜ、俺が彼らに合わせなきゃならないんだ? 俺は強制されたくないぜ。
 ディスカウント・ストアの方針だと、俺がトイレに入っているときに、「私の心は男性」という女性が入ってくるわけだ。俺は嫌だぜ。逆に、「今日の俺は女の気分だから、女性トイレに入ろう!」って輩も出てくる。放置すれば、プールの更衣室や温泉でも同様のことが起きるな。
 同社は、今回の決定に正当性を与えるために「包括性」という言葉を使っていた。わざわざ、普段使わない曖昧な言葉を持ち出してきて、正当化しているとしか思えないな。
 リベラルの連中は、どこまで行っても満足することがない。次々に要求をつり上げていく。
 米国ではすでに、お互いに愛し合っているのだから他人が干渉すべきではないとして、男性同士、女性同士の婚姻が法律で認められた。
 次に起こり得ることは、「お互いに愛し合っているんだから親子での婚姻も認めろ」「兄弟姉妹での婚姻も認めろ」「私はペットの犬を誰よりも愛してるから、動物との結婚も個人の権利だ!」となるだろう。
 日本のみんなは「そんなこと、あるわけない」と思うだろうが、彼らの考えは、常識では到底理解できないところまできている。
 現に、米国では、水族館のシャチや動物園のオランウータンにも人権を与えろと活動している人たちもいるんだ。もし、ひとたび堤防が決壊すれば、人間社会は悲惨なことになるぜ。
 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。日本にもリベラルが侵食しつつあるようだから、気を付けてくれ。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160429/dms1604291550006-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『米国型リベラルも酷いですが、日本型リベラルはそれに加え、自分達への批判を全て隠蔽し、反対者の言論の自由を徹底弾圧するなど、より全体主義的だと思いますね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人種差別丸出しで言論規制を推進するナチス朝日新聞(かず)

【朝日新聞/社説】 ヘイト法案 反差別の姿勢を明確に [4/27] [無断転載禁止]©2ch.net
『乱暴な言葉で特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチを、どうなくしていくか。
 自民、公明の両与党が国会に出した対策法案の審議が、参院法務委員会で続いている。
 野党側はすでに昨年、独自案を出しており、少なくとも与野党は、法整備の必要性では一致したことになる。
 運用次第では「表現の自由」を脅かしかねないとして、法学者らの間には慎重論も根強い。確かに、何を対象にどう規制するか難しい問題をはらむ。
 だが近年、ヘイトスピーチは収まる気配がない。高松高裁は一昨日、朝鮮学校に寄付をした徳島県教組を攻撃した団体の活動を「人種差別的思想の現れ」と認め、賠償を命じた。
 少数派を標的に「日本から出て行け」といった差別をあおる言説は各地でみられる。人権侵害をもはや放置するわけにはいかない。何らかの立法措置も必要な段階に至ったと考える。
 与野党両案ともに罰則規定はなく、理念法にとどまる。社会の最低限のルールとして差別は許されないことを明記すべきだが、一方で「表現の自由」を侵さないよう最大限の配慮をする姿勢は崩してはなるまい。
 国連は、人種差別撤廃条約を21年前に批准した日本で国内法が整っていないことを問題視している。
人種や国籍を問わず、差別に反対する姿勢を明示するのは国際的な要請でもある。
 与野党は、狭い政治的利害を超え、普遍的な人権を守る見地から透明性のある議論を重ね、合意を築いてほしい。
 今後の審議は与党案が軸になるだろうが、問題点がある。
 与党案は差別的言動を受けている対象者を「本邦外出身者とその子孫」としている。だが、これまでアイヌ民族なども標的となってきた。ここは「人種や民族」と対象を広げた野党案を採り入れるべきだ。
 また、与党案が「適法に居住する(本邦外)出身者」と対象を限定しているのも理解に苦しむ。在留資格の有無は本来、差別と無関係であり、難民申請者らに被害がおよびかねない。
 自民党ではこれまで、ヘイトスピーチを本来の趣旨とは異なる形で利用しようとする言動があった。脱原発デモや米軍基地への反対運動への法の適用を示唆するような発言があった。
 懸念されるのは、まさにそうした政治や行政による乱用である。人種や民族に対する差別行為をなくす本来の目的のために、恣意(しい)的でない的確な運用をいかに担保するか。その監視のあり方も十分論議すべきだ。
朝日新聞デジタル 2016年4月27日(水)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12330171.html』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461755178/
 
 
>少数派を標的に「日本から出て行け」といった差別をあおる言説は各地でみられる。人権侵害をもはや放置するわけにはいかない
>自民党ではこれまで、ヘイトスピーチを本来の趣旨とは異なる形で利用しようとする言動があった。脱原発デモや米軍基地への反対運動への法の適用を示唆するような発言があった
 
朝日新聞が、米軍関係者へのヘイトスピーチは人権侵害でも人種差別でもないと公言した訳ですね。凄まじいダブルスタンダードです。
 
また、朝日新聞は『乱暴な言葉で特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ』と書いていますが、レイシスト(外国人・日本人問わず)による日本人を標的にした謂れなき差別や、日本人に対する攻撃を煽るレイシストの言動はヘイトスピーチに該当しないのでしょうか?
該当しないというのなら、朝日新聞は米国人に対するヘイトスピーチや人種差別、そして日本人に対するヘイトスピーチや人種差別を肯定する人種差別主義新聞社、レイシズムメディアという事になります。
 
朝日新聞などの大メディアが主張するヘイトスピーチとやらの定義は明確ではなく、寧ろ非常に曖昧です。
「人権擁護」「人種差別根絶」という美名を盾に取り、ヘイトスピーチとやらの規制を推進する朝日新聞などの大メディア権力は、大義名分を振りかざして、体制にとって都合の悪い主張を悉く弾圧する、中国や北朝鮮の様な手前勝手な独裁国家や、ナチスドイツと大差ありません。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『全て同感です。「本来の趣旨とは異なる形で利用」って一体何?こんないい加減な表現で逃げるのは、あきらかに都合の悪いことを誤魔化しているとしか言いようがありません。朝日の言う「本来の趣旨」とは、「自分達に都合がいいかどうか」のようにしか聞こえません。』
 
 
太一さんのコメント
『コメント欄にこういうものがありました。
 
【法案の簡単比較】
 
▼野党案
民進党は広範囲に差別言動を禁じる法案を提出  
→ 与党は「差別の定義が曖昧すぎで表現の自由を侵害する」と反対。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1459472706/
 
自民が対案で食い止めた民進党の「人種差別撤廃施策推進法案」は、
『 在日擁護組織=しばき隊の公的支援法案 』だったことが判明![4/2]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459555236/
 
▼与党案
自民・公明のヘイト抑止法案は憲法が保障する表現の自由に配慮し、
禁止事例の項目や罰則規定がない理念法だと判明
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459866779/
 
その他の反応
【在日】民団、自民党の対案に失望感 「ヘイトスピーチが違法という明確な規定がない」
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460601670/
市民団体が与党のヘイト法案に抗議 「不法滞在者への差別を促す可能性がある」
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460197048/
 
民進・有田芳生 「ヤンキーゴーホームはヘイトスピーチではない」
自民・長尾たかし 「米国軍人への排除的発言も与党ヘイト法案の対象です」
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460026794/
 
有田のレイシストぶりには反吐が出ます。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本人差別を煽る外国特派員協会の人種差別記者たち(太一)

外国特派員協会の内部告発(『メディアの権力』を監視する)
http://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/2817453.html
 
(一部引用)
福島原発事故報道に関する元ワシントンポスト記者の告発
【要約】
・福島の恐怖を煽る報道は”journalistic malpractice”(捏造報道)だ
・アルジャジーラが「東京がゴーストタウンになる」などと報じた際、外国特派員協会の記者(マクニール)が関与した
・菅直人政権が東京からの避難を検討しているという情報を日本再建イニシアティブが発表。NYT(ファクラー)が中心になって報じ、他紙も追随。
・その後、Foreign Affairsが放射能危機を否定する米政府の見解を報じたがメディアの多くが黙殺
・過去の誤報を否定する事実を報じたがらない「ジャーナリスト症候群」を目撃した。
(以上)
 
 
そして「日本政府が東京からの避難を検討している」などという、放射能捏造危機を煽る福島差別記事を書いたファクラーという人間が、ピュリッツァー賞の候補になったそうです。
 
「ザ・コーヴ」を選んだアカデミー賞と同じく、ピュリッツァー賞もまた、抗議してこない弱い立場の人達を平気で差別する差別主義の塊であることが分かります。
 
こういうインチキの「世界的権威」に、日本人はいい加減に騙されないようにしなければなりません。
外国の尻を追いかけるブランド至上主義を含め、欧米の”権威”に常に疑惑の目を向けることこそが、差別に反対し、白人至上主義から脱却する自由主義民族としての義務です。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

東京新聞は極右軍事国家の犬(かず)

豪潜水艦共同開発に日本選ばれず 武器輸出拡大は継続
『オーストラリアのターンブル首相は二十六日、記者会見し、次期潜水艦共同開発の相手をフランスの企業に決めたと発表した。日本は海上自衛隊の潜水艦をベースにした共同開発を提案したが、選ばれなかった。安倍政権は今回の事例を検証し、今後の武器輸出拡大につなげたいとしている。日本の武器が国際紛争を助長することへの懸念は、置き去りのままだ。 (金杉貴雄)
 安倍政権は二〇一四年四月に防衛装備移転三原則を制定し、武器輸出を原則解禁した。オーストラリアが建造費五百億豪ドル(約四兆三千億円)を投じ、潜水艦十二隻を調達する共同開発は初の大型案件だった。
 中谷元・防衛相は二十六日、記者団に「今回選ばれなかった理由についてオーストラリア側に説明を求めて、その結果を業務に反映していきたい」と、武器輸出拡大路線は変わらないと強調した。
 オーストラリアの次期潜水艦選定は安倍晋三首相と対日関係強化に積極的だったアボット前豪首相との関係で検討が始まった。仏独との競合になった後も「通常動力型では日本製が静粛性など世界最高の性能」(防衛省幹部)と自信をみせていた。
 だが、仮に日本の潜水艦が選定されていた場合、日本の防衛に直接は関係ない地域での「力による対立」を日本の武器があおることにもなりかねなかった。
 日本が潜水艦輸出に力を入れた最大の理由は、日豪が共同開発・生産し米国の戦闘システムを導入することで、南シナ海に進出を強める中国を軍事的にけん制、抑止することだった。
 ところが、日豪には対中国で隔たりがあったとの見方もある。防衛省の研究機関である防衛研究所も「日豪の対中姿勢は常に一致しているわけではなく、豪政府は問題意識を感じている」と分析している。中国はオーストラリアの重要な貿易相手だからだ。
 中国の王毅外相は二月に「日本は戦後、武器輸出に関し平和憲法や法律で厳しい制約を受けている」とけん制。日本が「安全保障」を強調するほど、オーストラリアは中国との対立を懸念し、日本を選定しづらくなったとの指摘もある。』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201604/CK2016042702000132.html
 
 
>日本の武器が国際紛争を助長することへの懸念は、置き去りのままだ
 
自国の防衛力を向上させ、更には同盟国との連携を強化して武力衝突のリスクを低下させる為、それに加えて、大国の軍事的脅威にさらされている国々の防衛力向上に貢献する為に、それらの国々に武器を輸出する事のどこが問題なのでしょうか?
それを問題視するのなら、東京新聞は以下の記事に出ている国々、特に武器を大量に輸出している大国を積極的に批判する必要があるのですが、何故、積極的に批判しないのでしょうか?
東京新聞は国家権力の犬なんですか?
 
 
中国、武器輸出量3位に 世界の取引報告書
『【ロンドン=共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は22日、兵器の国際取引に関する報告書を発表した。2011~15年の5年間に中国が輸出した兵器の量は、06~10年の88%増で、国別のシェアで3位となった。
 中国の輸出シェアは、06~10年の3.6%から5.9%へ拡大。首位は米国(33%)、2位はロシア(25%)でともに3~4%増えた。フランス、ドイツがそれぞれ4位と5位だった。
 中国の輸出は主にアジア・オセアニア向け。最多はパキスタンで、バングラデシュとミャンマーが続いた。
 輸入では、インドがシェア14%でトップ。06~10年の90%増で、報告書は国産武器の製造能力の乏しさを理由に挙げた。中国は4.7%で3位。インドと逆に輸入依存度は下がっているが、大型輸送機や航空機エンジンなどの特定分野でなお輸入比率が高いという。
 アジア・オセアニアはオーストラリア、パキスタン、ベトナム、韓国も上位10位に入り、輸入全体の46%を占めて地域別トップ。06~10年と比べて26%増えた。
 地域別輸入シェアは政情不安が続く中東が25%で2位。債務危機に見舞われた欧州は11%と3位だった。米州とアフリカは10%未満で、大きな変化はなかった。』
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H2I_S6A220C1EAF000/
 
アジア軍拡競争で独走する中国…軍事費アジアの4割超、武器輸出が88%増と技術力も向上
http://newsphere.jp/world-report/20160224-1/
 
 
>日本の防衛に直接は関係ない地域での「力による対立」を日本の武器があおることにもなりかねなかった
 
日本の防衛に直接は関係ない地域での力による対立とは、具体的にどの地域の、どういう事態を指しているのでしょうか?
 
 
>中国の王毅外相は二月に「日本は戦後、武器輸出に関し平和憲法や法律で厳しい制約を受けている」とけん制。日本が「安全保障」を強調するほど、オーストラリアは中国との対立を懸念し、日本を選定しづらくなったとの指摘もある
 
東京新聞が外国の権力者の犬であり、特にどの国の国家権力の犬なのか一目瞭然です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『だからトンキン新聞と言われる訳です。中共という軍事国家権力の犬であり、極右軍国主義新聞だからですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

一方は強制謝罪、一方は隠蔽 ナチス売国権力の差別主義(かず)

「あほ」発言 足立康史議員が謝罪 民進党は受け入れ
http://mainichi.jp/articles/20160426/k00/00m/010/031000c
 
レイシズム全開の政党に対する「あほ」発言は強制的に謝罪させられる一方で、有田芳生が日本国民を「ゴキブリ」呼ばわりした事実は大メディア権力も、「人権擁護」「弱者の味方」を標榜する政党・団体等々も批判しないばかりか、その事実すら黙殺・隠蔽する始末。
ダブルスタンダードというレベルではない、恐るべき差別です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『本当に、日本のメディアの大半が差別主義者であり、レイシストです。こんな悪辣な絶対権力者を野放しにしている日本人は、民主主義国家の国民とは呼べません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

日本の司法はナチス。日本国民は革命を起こすべき(かず/太一)

(かず)
朝日新聞を始めとする大メディアや、この国の法曹界、教育界、学界などの売国権力は、言論弾圧・思想統制を推進するナチスそのものです。
この国の大メディア権力も法曹権力も、日本人に対する悪質極まりない差別やヘイトスピーチは一切批判しません。いや、差別やヘイトスピーチの事実すら隠蔽・黙殺しています。
日本人の言論を弾圧し、日本人に対する差別やヘイトスピーチを放置する、恐るべき極右レイシズムです。
 
 
(太一)
<高松高裁はナチス>

大事なことなので、何百回でも何千回でも、私は死ぬまで言い続けます。
 
高松高裁はナチスです。
日本の司法はナチスです。
 
「北朝鮮のスパイ養成機関」

は100%正当な批判です。
それを
 
在特会の発言であれば全て人種差別といういわれないレッテルを貼って差別する
 
と宣言した訳です。
 
「いわれのないレッテル貼り」
「リンチ行為」
 
などと言っていますが、それはまさに、高松高裁が在特会に対してしていることじゃないですか?
 
司法というのは国家権力の一部です。国家権力が公然と差別を行うのは、ナチズム国家だとしか言いようがないのです。
日本国民は、言論の自由を持つ民主主義国家の国民だと自負しているなら、このような差別主義丸出しの司法に対して、革命を起こすのが義務ではないでしょうか?
 
 
 
在特会の県教組抗議は「人種差別の現れ」 高松高裁判決
『「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが6年前、徳島県教職員組合で罵声を浴びせた行動をめぐり、県教組と当時の女性書記長(64)が在特会側に慰謝料など約2千万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、高松高裁であった。生島弘康裁判長は、「人種差別的思想の現れ」で在日朝鮮人への支援の萎縮を狙ったと判断。女性の精神的苦痛を一審より重くとらえ、倍近い436万円の賠償を命じた。
 判決によると、在特会の会員ら十数人は2010年4月、日教組が集めた募金の一部を徳島県教組が四国朝鮮初中級学校(松山市)に寄付したことを攻撃するため徳島市の県教組事務所に乱入。女性書記長の名前を連呼しながら拡声機で「朝鮮の犬」「非国民」などと怒鳴り、その動画をインターネットで公開した。
 判決は、在特会の行動を「人種差別的」と訴える原告側が、その悪質さを踏まえて賠償の増額を求めた主張を検討。在特会側が朝鮮学校を「北朝鮮のスパイ養成機関」と呼び、これまでも同様の言動を繰り返してきた経緯から、「在日朝鮮人に対する差別意識を有していた」と指摘した。
 さらに、一連の行動は「いわれのないレッテル貼り」「リンチ行為としか言いようがない」とし、在日の人たちへの支援活動を萎縮させる目的があり、日本も加入する人種差別撤廃条約上の「人種差別」にあたるとして強く非難。昨年3月の一審・徳島地裁判決が、攻撃の対象は県教組と書記長であることを理由に「差別を扇動・助長する内容まで伴うとは言い難い」とした判断を改めた。
 そのうえで、監禁状態の中で大音量の罵声を浴び、性的暴力まで示唆された女性の苦痛や県教組が受けた妨害の大きさも考慮し、一審の賠償額(230万円)を増額。賠償命令の範囲も一審より2人増やし、在特会と会員ら10人とした。
 在特会をめぐっては、09~10年の京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)周辺での抗議行動を京都地裁が「人種差別にあたる」と認定。1200万円余の賠償を命じる判断を支持した大阪高裁判決が14年に最高裁で確定している。
 
■一歩進んだ判決
 《表現の自由に詳しい曽我部真裕(まさひろ)・京都大教授(憲法)の話》 判決は、人種差別的行為は直接の対象が在日の人たちでなくても、支援活動を萎縮させる効果をもたらすとし、非難に値すると指摘した。支援者が対象でも人種差別にあたるとした点は新しく、京都でのヘイトスピーチをめぐる大阪高裁判決を一歩進めた感じがする。また、在特会の言動は「レッテル貼り」「リンチ行為」などと評し、表現活動と呼べるものではないと判断した。「表現の自由」を念頭に、慎重に検討したことの表れと評価できる。
 
■拡声機・動画…激しい中傷
 「人種差別行為を許さない判断が司法の場で定着したと高く評価したい」
 判決後、原告弁護団事務局長の篠原健(たけし)弁護士=徳島弁護士会=は会見でそう語った。控訴審では、京都での在特会の行動を「人種差別的」と認定した判決を勝ち取った弁護士らも加わり、総勢46人で闘った。京都事件を手がけた冨増四季(しき)弁護士は「続く司法判断の意義は大きい」と話した。
 裁判では、徳島県教組と当時の女性書記長への激しい攻撃が明らかになった。
 十数人の在特会会員らが事務所に突然なだれ込む。「募金詐欺じゃ」「反日教育の変態集団」。拡声機を手に罵声を浴びせ続けた。徳島県庁前では、女性書記長への性的暴行を示唆するような発言もあった。一連の行動はネットに動画配信され、視聴者からおびただしい数の中傷コメントが書き込まれた。県教組には嫌がらせの電話も相次いだ。
 女性書記長は当時の話をするたびに体調が悪くなり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。会見では声を震わせ、裁判を振り返った。
 「言いたい放題、したい放題の社会を認めるのか。民族差別を認めるのか。そのことが何より許せないという気持ちで闘ってきました。駆けつけてくれた一人ひとりの思いが、この判決を導いたと思います」(田中志乃)』
http://www.asahi.com/articles/ASJ4P6QCWJ4PPLXB00V.html
 
 
 
(追記)
かずのコメント
『ズブズブの関係です。
 
【話題】東京新聞記者「在特会が全面敗訴の判決、朝鮮学校のオモニもうれし泣きしていた。ホントよかった」 [無断転載禁止]
「佐藤 圭 @tokyo_satokei 18時間前
徳島県教組襲撃事件の控訴審判決報告集会。「全面勝訴」と弁護団。拍手、また拍手。
 
佐藤 圭 @tokyo_satokei 18時間前
徳島県教組襲撃事件の控訴審判決報告集会。ヘイトクライムを受けた元書記長の女性は「百点満点の判決」。良かった。本当に良かった。
 
佐藤 圭 @tokyo_satokei 15時間前
在特会の徳島県教組襲撃事件の控訴審判決、原告側完全勝利。元書記長も支援者も、朝鮮学校のオモニも泣いていたなぁ。ホント嬉し泣きで良かった。私なんか遅ればせながら事前にちょろっと記事を書いただけで感謝されたりして、かえって申し訳なかった。
https://twitter.com/tokyo_satokei」
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461626805/』
 
 
太一のコメント
『我々が売国「権力」と呼んでいるのは、このように組織的でズブズブの関係だからです。まさに絶対権力です。』
 
 
かずのコメント
『あと、東京新聞にこんな記事もありました。
 
【特報】「慰安婦」で嫌がらせ? 右派勢力が懸念あおる
「「歴史問題で暴言などの被害に遭われた方、ご連絡ください」。こんな呼び掛けが、ワシントンの日本大使館や一部在米総領事館のホームページ(HP)に掲載されている。外務省の念頭にあるのは、日本軍慰安婦問題だ。米国各地では、韓国系団体の働き掛けで、慰安婦の碑や像が次々と設置されている。日本の右派勢力は「韓国ロビーのせいで在米日本人へ暴力や暴言が増えている」といったストーリーを流布させているが、外務省では今のところ被害を把握していない。 (林啓太、三沢典丈)」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2014082902000164.html
 
まさに権力の犬であり、日本人を差別するレイシストそのものです。』
 
 
太一のコメント
『さすが日本人の人権を屁とも思わない人権無視主義、そして差別主義者トンキン新聞。一方日本人もあまりにも差別を受けたことを訴えなさすぎるのも大問題ですね。だから差別され続けるんです。』
 
 
かずのコメント
『以下、産経と日経(共同通信)の記事です。
売国権力(日本人を差別するレイシストと法曹権力)の主張を全く批判せず、そのまま垂れ流しています。
 
在特会側の賠償増額 徳島県教組関係者に暴言 「人種差別的行為があった」と高松高裁
http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250056-n1.html
在特会の暴言、二審は賠償増額 高松高裁
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25HDV_V20C16A4CC1000/』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。