スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗戦国(被害者)に罪を擦り付ける日本のメディア関係者(かず)

日本のメディア関係者は日本人にありもしない罪を擦り付ける、レイシズム丸出しの人間の屑が非常に多いですね。
 
 
安倍首相は中国南京で献花を、韓国従軍慰安婦への直接謝罪も必要=次は中韓との和解が急務―『オバマ大統領がヒロシマに献花する日』著者
『オバマ米大統領の広島訪問を前に、『オバマ大統領がヒロシマに献花する日』を7年前に刊行した松尾文夫・元共同通信ワシントン支局長が日本記者クラブで講演した。戦争で亡くなった人たちのために、お互いに祈るという鎮魂の儀式を行うべきだとして、同大統領の広島訪問を評価。「日本が率先して韓国、中国など和解することが急務であり、日本外交のチャンスでもある」と強調した。その上で、安倍晋三首相は甚大な被害を与えた中国の南京や重慶を訪れ、献花するとともに、韓国の従軍慰安婦に直接謝罪すべきだと訴えた。松尾氏は共同通信で論説委員なども務め、2002年からフリージャーナリスト。
(略)
韓国ではオバマ広島訪問について「日本が加害者という立場を覆い隠す結果につながる可能性がある」という警戒論も出ている。私が日米で提案したときも、米国のアジア系の学者が「一瞬でも日本人が被害者の顔をするのは許せない」と真顔で私に語ったこともある。安倍晋三首相にとって、「広島の花束」に「真珠湾の花束」でこたえることは、今も東アジア情勢の根っこに残る日米間の「トゲ」を取り除くために、大きなチャンスとなる。
 
日本が広島にオバマ大統領招き「被害者の顔」をすることに対し、太平洋戦争で日本軍に侵略された国々は納得していない。日本が率先して韓国、中国など和解することが急務であり、安倍外交のチャンスでもある。安倍首相は甚大な被害を与えた中国の南京や重慶を訪れ、献花すべきだ。韓国にいる元従軍慰安婦の方々にも直接会って謝罪することも必要だ。それで遺恨がすぐに消えるわけではないが、未来に向けた大きな一歩となる。(八牧浩行) 』
http://www.recordchina.co.jp/a139274.html
 
 
因みにこの記事を作成した八牧浩行という人物は、この記事を掲載しているレコードチャイナの社長です。
この記事を始め、日本人に無実の罪を背負わせようとするレイシストや、安倍政権や保守派を罵るレイシストの主張(特に記者会見での妄言やヘイトスピーチ)を記事にして垂れ流しています。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『被害者に対して、「加害者」というレッテルをどんな場面でも一生貼り続けるのはまさしく「差別」であり、レイシズムですね』
 
 
僕のコメント
『【大前研一のニュース時評】安倍首相は真珠湾に行ってはいけない オバマ大統領の広島訪問とは別問題だ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160522/dms1605220830003-n1.htm
>真珠湾は日本人が永遠にかぶっていかなければならない汚名の象徴
 
何故、日本人が汚名とやらを永遠に被らなければならないのでしょうか?
日本が攻撃すると分かっていながら敢えて防護策を取らなかった、というか、わざと日本に真珠湾を攻撃させた当時の米政府を批判せず、「日本人は永遠に汚名を被らなければならない」という差別丸出しの主張を展開する大前研一はレイシストです。』
 
 
太一さんのコメント
『敗戦国に全てを擦り付ける。まさに「いじめ」であり「差別」です。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

TBSによるナチス張りの情報操作・情報隠蔽(かず)

ナチズム全開の情報操作。知る権利の侵害。
 
 
【話題】TBSひるおび、都庁への苦情1位の「韓国学校」問題を隠ぺい [無断転載禁止]©2ch.net
『都庁への問い合わせ(ソース:産経新聞)
 
韓国学校:7450件
高額出張費問題:4200件
公用車使用:1800件
政治資金疑惑:480件
http://www.sankei.com/politics/news/160513/plt1605130061-n1.html
 
都庁への問い合わせ(ソース:TBS「ひるおび!」)
 
高額出張費問題:4200件
公用車使用:1800件
政治資金疑惑:480件
http://i.imgur.com/4VWJt7l.jpg
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1463844367/
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『本当にこの国はメディアというナチスが支配しています。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

メディアによる思想差別と印象操作(かず)

この記事を掲載したライブドアニュースは、メディアのしきたりを破り、メディアの談合そっちのけで舛添を追及した水島氏を問題視しているのでしょうか。
水島氏が保守系の人物だから、態々取り上げたのではないかと勘繰ってしまいます。
 
 
舛添要一都知事の定例会見中に「チャンネル桜」の水島総氏が声を荒らげる
『すると、別の記者席から突然「ハッキリいいます」「当事者として説明してもらいたいんです!当事者として!」という声が響いた。これには、幹事社であるTOKYO MXの記者がすぐさま「ダメです!ちょっと黙ってください。止めてください」と制止した。
しかし、この人物は発言を止めずに「チャンネル桜の水島と申します。記者会見にならないですから!説明責任をきちっと、公人として果たしてもらいたい」「厳しい、第三者も大事ですけれども、両方やっていただきたいのが、今日の記者会見ではないですか?」と訴えた。
舛添氏は、この発言に一切返答することなく、その後も自身の口から、各記者からの疑惑に関する質問には明確に答える場面がなかった。』
http://news.livedoor.com/article/detail/11546729/
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『水島氏の態度こそが、「ジャーナリスト」ですね。それを思想を理由に記事を削除するナチズムが恐ろしい。
「声を荒らげる」「勝手に発言してしまう」などの表現1つ1つでそれぞれの人物の印象操作をずっとやっている。これが売国側の記者なら、水島氏の倍の大声を出してもそうは表現しないでしょう。「バッサリ」「手厳しかった」とか、発言者の印象をよくしようとするでしょうね。その辺の用語の1つ1つを検証すべきでしょうね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

ヘイトの塊・室井佑月(かず)

室井佑月氏が過度な舛添要一都知事叩きに苦言「バランスの悪さが気持ち悪い」
http://news.livedoor.com/article/detail/11540145/
 
ネトウヨという差別語を使用してまで安倍政権バッシングを展開するなど、ヘイトスピーチを撒き散らす室井佑月の存在自体が気持ち悪い。
ヘイトの塊。ヘイトの体現者。ヘイトの権化。
香山リカや有田芳生も然る事ながら、室井の屑っぷりも相当なものです。
 
 
>そんな舛添氏を、室井氏は「病的にセコい」と評し
 
室井自身も舛添叩きに加勢しています。
 
 
>ただし室井氏は、この一件に限らず、同じような「政治とカネ」の問題がいたるところで勃発していると指摘し、「舛添さんだけを生け贄に(している)。『コイツをどうしてもいいよ』っていうふうに与えられて、みなで盛り上がっているようにしか見えなくて」と、過度な「舛添叩き」の風潮に苦言を呈したのだ。
 
要は「安倍政権叩きが足らねーんだよ!もっと安倍を叩けや!」と絶叫したいんでしょ?
安倍政権の閣僚や、自民党など右派政党の保守系議員に対するバッシングなら、「もっと追及すべき」と室井は主張するでしょう。
 
 
>室井氏は、「週刊文春」が舛添知事の疑惑を追及するのなら、他のマスコミは他の政治家が抱える疑惑を取り上げなければならないといい、「そのバランスの悪さがすごく気持ち悪い感じがしてみています」と指摘していた。
 
自分が気に入らない日本国民に対して「ゴキブリ」というレイシズム丸出しのツイートをしたにも拘らず、大メディアが批判はおろか、その事実すら取り上げなかった有田芳生の様なレイシズム議員による、日本人に対する不当極まりない差別や犯罪の数々を徹底的に取り上げるべきです。
 
差別や犯罪の事実を取り上げないのは「バランスが悪い」の一言で済む話ではありません。
大メディアが報道すべき事実を隠蔽し、日本国民の知る権利を侵害。更には人権侵害や人種差別を肯定している事に他ならないからです。
 
 
(追記)
僕のコメント
『ヘイトスピーチを撒き散らす室井の屑っぷりには我慢ならないです。
室井・有田・香山のヘイトスピーチを纏めたサイトを立ち上げた方が良いんじゃないかと思えてきます。(室井の場合、思想差別は多いでしょうが、日本人という民族に対する明らかな差別発言が多いかは疑問です。)』
 
太一さんのコメント
『私も今までたまたま書きませんでしたが、「TVに映った途端チャンネルを変える」筆頭格がこの室井です。こいつがあのもったいぶった喋り方で話し始める度に、「一体何の理由でこいつをテレビに出すんだ?一体何の理由でこいつが偉そうに発言してるんだ?」と言いながらチャンネルを変えていました(笑)。もし「舛添だけでなく山尾も叩け」と言っているなら賛成ですが、間違いなくそうではないでしょうね。仰るように、そういう悪辣なコメンテーターの失言集はあっていいでしょうね。ネットにも度々奴等の失言はあがりますが、一か所にまとめた方がより効果的かも知れません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

やらせという名の悪質な情報操作(かず)

サイゾーが運営するウェブサイトであるビジネスジャーナルの情報なので安易に信用できませんが、ニュース番組において、やらせという名の極めて悪質な情報操作を実行している大メディアなら、こういう事をしても不思議ではありません。
 
 
清原初公判、なぜ嵐ファン集結?フジテレビ、番組観覧をエサに裁判傍聴「並び屋」に利用
『5月17日、覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手・清原和博被告の初公判が東京地裁で開かれた。この日は朝から公判の傍聴を希望する人々が殺到し、その様子はさまざまな番組で放送されたが、実はその多くがマスコミの雇った“並び屋”だという。そのなかには、人気ジャニーズグループ・嵐のファンが大量に紛れていたというのだ。
(略)
「当然、彼女たちは清原被告に興味があるわけではありません。抽選の列に並んでいたうちのひとりに話を聞いたところ、もともとはフジテレビ系の人気バラエティ番組『VS嵐』の観覧を希望していたようです。すると、同局から東京近郊に住む観覧希望者に対して『清原被告の初公判傍聴券の抽選に参加してくれた方は、次回以降の番組の観覧に当選しやすくなります』といった案内があったのだそう。そこで彼女たちは『VS嵐』を観覧したいがために、傍聴抽選に殺到したというわけです」(芸能記者)
 
 嵐ファンのバイタリティは凄まじく、当日はフジの“並び屋”となったファンが大勢集まった。なお、フジは彼女たちに対してしっかり報酬を用意していたという。抽選に参加するだけで日当1500円、もしも傍聴券をゲットできれば1万円と説明があったようだ。ちなみに交通費はすべて実費だったとのこと。
 
「彼女たちが知る限りでは、参加した嵐ファンのなかで当選した人はいなかったそうですが、『本当に次回の観覧が当たりやすくなるのかわからない』と不安の声も多く出ていたそうです。報酬はしっかりと支払われたようで、抽選終了後に東京地裁のある霞が関周辺の飲食店では、フジテレビから貰った1500円入りの封筒を持つ嵐ファンが大量に目撃されていました。しかし、同じ並び屋でも雇い先によって金額にバラつきがあり、同じ仕事内容で2000円以上の報酬を受け取った者も。嵐という人参をぶら下げられては、彼女たちも文句は言えないのでしょう」(同)』
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15186.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『そのくらいのことはできるでしょうね。もっとも嵐ファンを傍聴に入れる利益がよく分かりませんが。都合の悪い傍聴人を締め出すために、無関係な人間を多数入れたということでしょうか。』
 
僕のコメント
『とにかく多くの傍聴希望者が居る事を演出したかっただけかも知れませんが、太一さんの指摘は十分考えられますね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

「人権」など世界的に威力のある言葉を使用して反撃すべき(かず)

【ソウルから 倭人の眼】韓国はオバマ米大統領の広島訪問になぜ黙っていられないのか
『米国の雰囲気を知りたくて、米ワシントンに住む知人の日本人に聞いてみた。中立的な視点で見ている彼によれば、安倍首相の米議会合同演説(昨年4月)への妨害まがいの韓国の動き、特に慰安婦問題などで米国国内で反日活動を展開する在米韓国人団体の行動に対し、米政府周辺では「眉をひそめていた人々が現におり、少なくはなかった」という。
 慰安婦問題など、日本との「歴史認識」がからむ問題では、直接関係のない米国にまでしゃしゃり出て、慰安婦の像や記念碑を設置する。日本海の表記をめぐり、他国の教科書にまで韓国が主張する「東海」と表記、併記させようとする。米国の一定層は、こうした韓国および、韓国系米国人のわがもの顔での振る舞いに、正直、うんざりしているというのだ。
 ただし、煙たがってはいても、「人権」、特に「女性の人権」を前面に押し出されては何も言えない。そうした米国民の情緒を分かった上で、韓国人の団体は米国で反日活動を思うがままに続けているようだという。』
http://www.sankei.com/premium/news/160521/prm1605210012-n1.html
 
>煙たがってはいても、「人権」、特に「女性の人権」を前面に押し出されては何も言えない。
>そうした米国民の情緒を分かった上で、韓国人の団体は米国で反日活動を思うがままに続けているようだという。
 
歴史冤罪を晴らす為、日本人に対する人種差別や憎悪犯罪をなくす為に、日本の民間人も「人権」など欧米人らが重きを置く事柄、反論に躊躇する言葉を利用して、国内外で積極的にロビー活動を展開すべきです。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『煙たがってはいても、「人権」、特に「女性の人権」を前面に押し出されては何も言えない。そうした米国民の情緒を分かった上で、韓国人の団体は米国で反日活動を思うがままに続けているようだ
======================
 
このように国際的に力のある用語、反論しにくい用語を使って戦うべきなんです。日本の保守派も右派も。
それができないうちは、いつまで経っても外国や売国権力には勝てません。
 
「恥」「潔さ」「矜持」なんか重視して、負け続けていいんでしょうか?
敵はなりふり構わず攻撃してきているのに、そんなことではどうやっても勝ち目はありません。
 
鎌倉時代の「元寇」の時も、元の集団戦法に対し、日本軍は正々堂々と一騎打ちを申し込んで全く歯が立たなかったそうです。その時と同じではないでしょうか?
あの時は神風が助けてくれましたが、交通手段の発達した今日、そんなものは期待できません。
自らの力で、敵に集団戦法に、集団戦法で立ち向かうしか、勝ち目はありません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

メモ。震災を利用するピースボートなどの左翼団体

メモ。
 
 
【杉田水脈のなでしこリポート(4)】熊本地震で懸念されるのはピース・ボートなど左翼団体の暗躍です
『宮城県石巻市に視察に行ったとき、案内をしてくださった自民党の市会議員さんから聞いた話です。ピースボートという団体が仮設住宅の自治会に入り込んで、自立しようという被災者に対して「いや、自治体にこんな要求をしたら、お金がもっと取れますよ」とレクチャーしており、現地の良識ある被災者や行政担当者はとても迷惑しているというのです。
 
 阪神淡路大震災の事例も引っ張り、「神戸の仮設住宅に入っていた被災民の話を聞きに行きましょう」とお金を出して神戸まで連れて行っているそうです。
 
 阪神淡路大震災が起きた頃は、生活支援法が無かったので、自立再建するしかなかった。自己資金でみんな再建したのです。今は支援法もあって、お金も貰っているのに自立しようとせず、被害者利権を振りかざす。交通事故の時に最初はそうでもなかったのに周りの人からいろいろ入れ知恵されてどんどん要求がエスカレートするなんてことがあります。それに似ています。その指南を左翼団体が行っているのです。生活保護の受給をあっせんするなどというこれまで培ったスキルを駆使して、言葉巧みにお金を貰うことだけを吹き込むのが左翼です。
 
 このピースボートとは、全国の店舗などにポスターを貼っている地球一周船の旅のピースボートです。私は、衆議院議員時代、震災復興委員会でこのことを取り上げて質疑を行いました。このピースボートという団体の欺瞞性を暴き、その上で石巻の現状を問いました。すると「このピースボートとそのピースボートは違います」みたいな答弁が返ってきたんです。民進党の辻元清美氏が学生時代に始めたというみなさんおなじみの世界一周のピースボートと、石巻に入り込んだピースボートとの関連性は認められませんという答弁です。
 
 同じ名前を使っているし、そもそも船旅のピースボートのホームページを見たら、石巻へボランティアに行きましょうと記されています。それなのに「別団体で登録されています」といって、うまく逃げられました。
 復興庁としては、こちらの追及も交わしたいわけです。私の言っていることを認めて「これはそうですね」と言ったら次は「なんとかします」となる。そんなこと言ったら、自分の仕事が増えるだけだから「なんとかします」という答弁はしたくないわけです。
 
 その結果、どうなったか?
 
 すでに熊本にピースボートが乗り込んでいます。自然災害に対する左翼の動きはとても速いです。西宮市職員時代、水害が出た地域に泥出しボランティアで行ったことがありますが、いち早く共産党の議員が来ていました。本当に共産党は一番に現地入りします。何をしているかというと一軒一軒とインターホンを押して「何か困ったことないですか。困ったことがあったらここに来てください、電話してください」ってビラを配っているのです。別に長靴履いて泥出しをしているわけではありません。人の不幸につけこんで政治活動やっているわけですが、共産党をはじめとする左翼の人たちはそれを徹底的にやります。』
http://www.sankei.com/premium/news/160506/prm1605060027-n6.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『薬害エイズの時も左翼団体が散々入り込んでいて、それが理由で小林よしのりが一度反左翼になりました。小林は幼稚なので、近くにいる人間何でも敵に回しますけどね。それはともかく、左翼団体は金と権力を持っています。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

メディアの幼稚なトランプ批評(かず)

【視線】米大統領選はベイダー卿VSレイア姫? トランプ氏とヒラリー氏 ワシントン支局長・青木伸行
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160519/frn1605191201007-n1.htm
 
>トランプ旋風が吹き荒れ続ける中で、こうしたパロディー写真は、善と悪という2極でとらえた場合、トランプ氏を「悪」と見なす世論が確実にあることを思い起こさせてくれ、笑い交じりにホッとする。
 
支配者側が被支配者側の人々に対して行う差別やいじめ、ヘイトスピーチを、パロディーや風刺とは言いません。
また、様々な価値観があるにも拘らず、善か悪かという極端な二元論を持ち出して、トランプを支持する人々を否定し、メディアの主張や論調を正当化する余りにも幼稚な姿勢には虫唾が走ります。
 
>「ダース・トランプ」が次の大統領になれば、米国と国際社会は果たしてどうなるのだろうか-。予測不能だが、「アメリカ・ファースト」(米国最優先)を掲げるトランプ氏が、孤立主義の道を歩もうとしていることだけは間違いない。
 
トランプ以外の候補者も米国を優先する姿勢は同じなのですが、どうしてトランプだけを槍玉に挙げるのでしょうか?
戦後の国際秩序や日本の戦後体制を揺るがしかねない人物であり、メディアや支配者にとって都合の悪い人物だから?
 
>それではクリントン氏は「レイア姫」か、と尋ねられると「ハイ」とも言えないのだが、「暗黒卿」よりもはるかに良いのではなかろうか。
 
それはあなた(メディア)の独断と偏見に過ぎません。価値観を読者に押し付けないでください。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『全く同感ですし、そういう戦法は、トランプ支持のアメリカ国民には一切通用しないどころか、むしろ結束力を増す結果になりそうですね。トランプ支持者はなぜ彼を支持しているのか。その理由は主にメディアや芸能人の横暴にある訳で、やればやるほど、支持者は結束するでしょうね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

ジャーナリズムの精神が微塵もない植村隆と朝日新聞(かず)

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆氏が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”(デイリー新潮)
『植村氏は、閉廷後に行った会見でこう述べている。
 
「櫻井さんは(脅迫の)あおり行為をしている」
 
「『植村バッシング』は、私だけの問題ではない。リベラルなジャーナリズムに対する不当な攻撃である。未来の記者たちがいわれのない攻撃を受けないための戦いです」
 
 しかし、前者について、早稲田大学名誉教授の重村智計氏が言う。
 
「言論の世界で生きているのであれば、言論には言論で答えれば良い。もし脅迫を受けたのであれば、警察や司法に対応を求めるべきであって、公権力で相手の主張を封じ込めようとするのは、ジャーナリストとしての役割をわかっていないと言わざるをえません」
 
 そもそも、植村氏は訴訟提起から1年余り、ニューヨークや韓国なども含めて講演活動に出ずっぱり。とても脅迫に萎縮しているお方とは見えないのである。
(略)
■論理のすり替え
 
 その道化師、もとい植村氏は、
 
「私が『捏造記者』でないことを、法廷でも、証明していきたいと思っています」
 
 とのみコメント。
 
 しかし、前出の重村氏は喝破する。
 
「植村君の取材が甘かった、というのがこの問題の本質なのです。そんなごく単純な問題を、櫻井さんなどの保守の論客から非難されたことで、“正しいことを言っているのに、右派にとっては、都合が悪いから攻撃されている”と、左対右の構図にしてしまった。要は、問題の本質を認識することなく、論理をすり替えているだけなのです」』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00508290-shincho-soci
 
 
>脅迫を受けたのであれば、警察や司法に対応を求めるべきであって、公権力で相手の主張を封じ込めようとするのは、ジャーナリストとしての役割をわかっていないと言わざるをえません
 
脅迫とやらが実際にあったのか、自作自演ではないのかという疑惑はさておき、既に大量の弁護士や支援者、そして大メディア権力が、植村に対する批判や異論を述べる国民を弾圧する為に活動しています。
また、この記事にジャーナリストやジャーナリズムという言葉が出てきますが、歴史冤罪で日本国民を徹底的に苦しめてきた植村はジャーナリストではなく極右レイシストですし、歴史冤罪を量産し、植村のヘイトスピーチを垂れ流し、植村に対する批判を弾圧する朝日新聞などの大メディアに、ジャーナリズムは一切ありません。あるのはレイシズム・ファシズム・ナチズムだけです。
 
 
>植村君の取材が甘かった、というのがこの問題の本質なのです。そんなごく単純な問題を、櫻井さんなどの保守の論客から非難されたことで、“正しいことを言っているのに、右派にとっては、都合が悪いから攻撃されている”と、左対右の構図にしてしまった。要は、問題の本質を認識することなく、論理をすり替えているだけなのです
 
取材が甘かったのではなく、日本人に対する差別を煽動する為の記事を垂れ流してきたのが植村や朝日新聞などの大メディアです。
問題の本質を認識していないのは、こういう馬鹿な保守派や右派メディアです。
訴訟対策の為かも知れませんが、わざと本質から逸れた結論を書いている可能性も否定出来ません。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『以前紹介した、元ロシア支局員以外にも、いくらかまともな記者はいるんですね。
元海外支局員ばかりですね。やはり外国で真のジャーナリズムが何かを少しでも触れていれば、植村が明らかにジャーナリズム精神のかけらもないことに気が付くんでしょう。
 
===============
元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司氏が言う。
 
「古巣から漏れ聞いたところによると、朝日の心ある若い記者は、植村さんが表でこのような主張をする度にガックリきているそうです。間違いをおかしたのであれば、反省する。これは子どもでもわかること。若い記者が植村さんの態度を真似て、間違っても開き直ればいいんだ、と思ってしまったら、それこそジャーナリズムの自滅です」』
 
 
太一さんのコメント
『韓国にしろロシアにしろ、国内には報道の自由などない訳ですが、外国人特派員として世界中のジャーナリストと交流があり、日本国内の、「報道の自由があると皆が言っているのに、実は、日本を擁護する報道の自由はないという特殊な空気」に囚われていないからこそ、植村にすぐに疑問を抱くのでしょう。これが最初からずっと日本で勤務している朝日社員なら、「そこは聖域だから当然」と洗脳され、刷り込まれているのではないかと思います。
それにしても、こんな酷い国民への脅迫に積極的に参加する弁護士連中というのは、本当のこの世の究極の悪と言っていい存在ですね。法律は国家権力の一種ですが、それを悪用して弱者を弾圧するその姿はまさに「悪魔」です。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

ジャーナリズムなき日本メディアのトランプバッシング(かず)

【社説検証】トランプ氏の「米軍撤収」 内向き志向に懸念広がる 「根本的な間違い」と産経
http://www.sankei.com/column/news/160518/clm1605180004-n1.html
 
>日韓など同盟国に駐留米軍費用の全額負担を要求し、応じなければ、撤収を検討する-。米大統領選の共和党候補の座を確実としてなお、トランプ氏の言いたい放題が止まらない。「トランプ大統領」も現実味を帯び、社説は、同氏と共和党への注文のほか、日本政府にも反論を促す言及が目立った。
>産経は「トランプ氏のような主張は、米国が中心となって築き上げた戦後の国際秩序に混乱をもたらす」と厳しく批判した。
 
反米や自立を叫ぶ一方で米国に依存しようとする日本メディアの事を、西村幸祐さんは「共依存」と表現していましたが、まさにその通りです。
まあ、日本人を徹底的に差別する大メディアの場合、米国に依存するというより、戦勝国(連合国)が築き上げた戦後秩序、売国権力が築き上げた戦後体制を死守したいだけなのですが。
 
 
>毎日は「米国の負担のみを声高に言い立て、同盟国の対米支援を軽く見るのは不当であり、支持者に幻想を与えることにもなる。同盟をカネで測るような態度では、米国が長年かけて築いた地位と信用を、米国の価値そのものを失わせるからだ」と指摘した。
 
特定の外国人やレイシストの言い分のみを声高に言い立て、日本人の人権を軽く見るのは不当であり、日本国民に幻想を与えてミスリードしている。日本国民を差別する態度は、日本国民の基本的人権を、著しく侵害している
 
 
>日本政府に苦言を呈したのは日経である。「日本は在日米軍のために毎年1900億円を支出する。全経費の2割超を占めるが、それを知る米国民はまずいない。だから、トランプ氏の演説に熱狂するのだ。日本政府の外交努力が不足してきたといわざるを得ない」と論じた。
 
噴飯物の戯言ですね。
米国民に日本の負担額などを説明したところで、真剣に耳を傾ける人間は殆ど存在しないでしょう。
日経は米国民がトランプを支持する理由が全く分かっていません。というか、日経を始めとする大メディアは米国民がトランプを支持する理由を隠蔽し、事実を歪曲して読者に伝えています。
 
 
>「メキシコ国境に壁をつくる」「イスラム教徒は入国禁止」など、問題発言を連発するトランプ氏。政治経験のない「不動産王」のなすがままを許した共和党への批判は米国内外で強い。
 
「メキシコ国境に壁をつくる」という主張が何故問題発言になるでしょうか?
また、不動産王や政治経験者でない事を執拗に強調する姿勢、つまりは不動産王や政治経験者でない者は大統領として不適格だとする論調は、差別以外の何ものでもありません。
 
 
>朝日
>共和党は正念場にある。本当に国家元首の候補に立てるのなら、トランプ氏を現実的な政策へ誘導する義務がある。
 
現実的な政策に誘導?
一日も欠かすことなく日本国民を誘導している大メディア権力にとって都合のいい政策を提言・実行するように誘導しろという事ですね。ナチズム丸出しです。
 
 
>国民を分断する扇動を黙認するようでは、責任ある政党とは言えない
 
一日も欠かすことなく日本国民を分断する扇動を展開している朝日新聞を始めとする大メディアは、責任ある報道機関とは言えない。売国権力や外国の権力者たちの宣伝組織であり、工作機関だ
 
 
>トランプ氏が勝ち上がった背景として、懸念とともに指摘されるのが、米国の「内向き志向」である。外交、経済の分野で孤立主義、保守主義的傾向を強めている。民主党でも、民主社会主義者を自任し、自由貿易に反対するサンダース氏が本命のクリントン氏を苦しめる。
 
米国の事をある時は「軍事大国」「覇権主義」だと非難し、ある時は「内向き志向」「孤立主義」「保守主義」「保護主義」と非難する、支離滅裂な日本メディア。
米国に対しては、米国民の意向そっちのけで負担を要求する日本メディア。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『>戦勝国(連合国)が築き上げた戦後秩序、売国権力が築き上げた戦後体制を死守したいだけ
 
この短い言葉に見事に集約されていますね。
あと日本のメディアのトランプ批判は、米メディアがやっているからその尻についてやっているだけで、米メディアがトランプを一切批判していなければ、日本のメディアも一切批判していないでしょう。
これがつまり、「日本のメディアにジャーナリズムがない」証拠ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。