スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆」~リベラル・平和主義者を名乗る日本の極右レイシストたち(太一)

あけましておめでとうございます。
 
昨年をあらわす一文字を選ぶとすれば、「逆」です。これは以前にも書いたことがありますが、日本においてはほぼ毎年「逆」がふさわしい。おそらく今年もそうでしょう。
 
いつも述べているように、日本でリベラルを自称する人達が実際には差別主義者であり、極右的な思想を持っている。そして日本で右翼だネトウヨだとレッテルを貼られている人達が、実際に世界基準で見ればリベラルに近い。
言論権力から右翼のレッテルを貼られている西村幸祐氏も、自分は実はリベラルに近いと発言していますが、まさにその通りです。
日本ではこうした矛盾した言論空間が続いています。まとめますと、
 
A メディア権力、学会・法曹権力などの自称リベラル・自称平和主義者の立場
・中国共産党のナチス並の民族浄化や軍事侵略を擁護
・韓国等の日本人差別を擁護
・差別主義的観点から、日本には他国と同じ権利を持ちことを許さない
・犯罪被害者の人権を軽視
 
B 我々、西村幸祐氏、安倍首相など、右翼とレッテルを貼られている側の立場
・中国共産党のナチス並の民族浄化や軍事侵略に批判的
・韓国等の日本人差別に批判的
・平等の観点から、日本に他国と同じ平等な権利を持つことを求める
・犯罪被害者の人権を重視
 
どこをどう見ても、Aの自称リベラルが実はレイシスト・極右であり、Bがリベラル・平和主義者です。
 
にもかかわらず、日本ではA側がマイクを独占し、絶対権力を握っているため、Aに都合のいい、嘘の言葉の定義、印象操作が国民にも強要されています。
そうした言論強制から、我々日本国民は自由になるべきです。
嘘は嘘だと、王様は裸だと勇気を持って訴えるべきです。
 
 
メディア権力というのは世界で徒党を組んでいる側面があり、海外メディアも日本については日本のレイシズムメディアの情報を鵜呑みにするケース(元々敗戦国日本への差別意識があるために飛びつきやすい)が多いのですが、そうした色眼鏡のない自由な海外の論者が、実際に私に近いことを発言しています。
 
 
米国人学者「安倍氏は全く右翼に当てはまらない。むしろリベラル。」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48781612.html
 
========================
キンモンス教授はとくに米側の一部評者の「日本は憲法9条を改正すると軍国主義になる」という趣旨の主張をレイシズム(人種差別主義)に等しいと断ずる。
 
「自国の防衛をも制約する世界でも類例のない9条の規定を保たないと、日本人は侵略戦争を始める、という示唆は、日本人が世界でも例のない好戦的な遺伝子を持っていると主張するに等しい。日本人の間にもこの主張があるのは奇異な限りだ」
=========================
 
 
日本人の中にも日本人を差別するレイシストがいる。そしてそれに乗っかる欧米人がいる。
私がこれまで何度も言ってきたことです。
 
この記事に関する、かずさんのコメントもご紹介します。
 
記事===========================
「普通の意味なら米国を含め、どの国でもナショナリストではない政府の長はいない。だが安倍首相にはその言葉の負の意味だけを押し出してレッテルを貼る。オバマ大統領をナショナリストとは決して呼ばない。偏向といわざるをえない」
===========================
 
(かずさん)
これも同感です。これこそレイシズムです。
 
大半の日本国民が怖気づいて反論すらできない事に付け込み、欲求不満を解消する為、そして戦勝国としての地位や権益、自国や自分達の陣営に有利な秩序を維持する為に、日本に悪の大国、安倍政権に極右歴史修正主義独裁政権というレッテルを貼ってヘイトをぶつける。まさにレイシズムです。特定アジアや日本のリベナチも全く同じ。
 
記事===========================
最近でも「日本会議が日本の政治を支配する」「日本政府は言論を弾圧している」「日本の改憲の動きは軍国主義の復活だ」「安倍首相は1930年代への復帰を狙う」など、ゆがんだ報道や論評が横行する。
============================
 
(かずさん)
日本のレイシズムメディアと米国(海外)のレイシズムメディアが結託している証拠、日本のレイシズムメディアが垂れ流すヘイトをジャーナリズムなき米国(海外)のレイシズムメディアがそのまま垂れ流し、日本に対するいじめを煽っている証拠です。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。