スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人を差別する弁護士と日弁連(かず)

日本の法曹界って凄いですね。こんな差別主義者でも弁護士を続けられるんですから。
いや、「差別主義者だからこそ弁護士になれる」「差別主義者だからこそ弁護士を続けられる」という見方も出来ますね。
これもまた「日本人の敵は日本人」であるという具体例です。
 
「『日本人を殺せ』と国内で言っても差別でない」発言で大論議 在日訴訟の女性弁護士ツイートに異論も続々
http://www.j-cast.com/2015/12/03252307.html?p=all
 
>ヘイトスピーチ関連訴訟で在日韓国・朝鮮人側の代理人をしている弁護士が、「『日本人を殺せ』と国内で言っても差別でない」とツイッターで発言して、大きな論議を呼んでいる。
>発言したのは、京都市内に事務所がある上瀧(こうたき)浩子弁護士だ。上瀧氏は、ヘイトスピーチ問題で朝鮮初級学校側の弁護団に加わったほか、在日韓国人のフリーライター女性が名誉棄損だとして起こした訴訟で代理人をしている。
 
どう考えても「日本人を殺せ」は、レイシズムが源になったヘイトスピーチであり、日本人殺害を煽動する行為、つまり「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」に他なりません。
少数者だからという理由で日本人殺害を煽動しても「差別でない」という、とんでもない言い訳は通用しません。
社会的影響力を有する弁護士が、人種差別やテロを容認するツイートをする事自体、大問題です。
 
>きっかけは、あるツイッターユーザーが2015年11月24日、マイノリティからマジョリティへの攻撃は単なる罵倒で差別でないという反レイシスト側からの発言に疑問を呈したことだった。
>これに対し、上瀧氏は、人種差別撤廃条約にある人種差別の定義で、マイノリティがする攻撃は差別でないと解釈できる内容が書いてあるとツイッターで説明し、「重要なのは、被支配的地位にあるということだ」と指摘した。
 
いやいや、本来なら本国へ帰って生活するのが当然である外国人に、特別な在留資格を与えている事自体、特権以外の何ものでもないでしょう。
日本の最高権力と言っても過言ではないマスメディアが批判しない、批判出来ない在日韓国・朝鮮人は、マスメディアと同様に特権階級と言わざるを得ません。
在日韓国・朝鮮人など、日本社会において表立って批判されない特権階級の人達が、「マイノリティ(少数派)」だからという理由で、日本人に対してどんな罵倒をしても問題がないという考え方は、明らかに人種差別的発想ですし、テロリストの発想と言っても過言ではありません。
 
この様な考えを公言する弁護士は懲戒処分されて然りですし、日本国民はこの様な差別主義丸出しの弁護士に対して懲戒請求しなければなりません。
日本弁護士連合会(日弁連)が、こういう差別主義弁護士を懲戒処分しないという事は、個人名を挙げて「殺せ」というのは問題だが、日本人という民族全体に対して「殺せ」と書くのは問題ないという、これまた差別主義に満ち満ちた考えを日弁連という巨大権力が有している事になります。
 
>そして、差別は、社会的な集団間での非対称が前提となって行われるとしたうえで、次のようにツイートした。
>「日本国内で『日本人は誰でも殺せ』との内容は、日本人という優位にある集団に対するものであり、差別にはあたらないと思います。例えば、『日本人女性をレイプしろ』との内容は日本人であることについては差別とはなりませんが女性差別であると考えます」
 
はぁ? 女性差別ではあるが日本人差別ではない?
上瀧という弁護士の考え方だと、「日本人男性をレイプしろ」という発言や煽動であれば、何の問題もないという事になります。思考回路がぶっ飛んでいて訳が分かりません。
 
>上瀧氏は、「日本の朝鮮半島に対する植民地支配以降、差別されてきたのは在日であり、日本人は差別する側にいたという歴史的事実に基づいております」と説明した。
 
朝鮮併合は条約に基づいて行われたものであって、植民地支配ではありません。
戦後の日本では、特権階級にいる在日韓国・朝鮮人による犯罪や暴挙の被害に遭った日本人が数え切れない程存在するのですが、上瀧弁護士は、自分勝手な歴史認識や価値観に基づき、「在日韓国・朝鮮人は被害者なのだから、日本人に対してどんな事をしても何ら問題がない」という、とんでもない考えを示したとしか思えません。
 
>もっとも、「『殺せ』という発言を容認してはおりません」とは言っている。
 
言い訳にすらなっていません。
 
> 上瀧氏のツイートは、ネット上で次々にリツイートされて反響を呼び、批判や疑問が相次いでいる。
>「これこそ日本人差別でありヘイトに当たる」「そもそも優位に立つ人間に何言ってもいい訳じゃない」「少数派が言おうが関係なく人種差別」
 
同感です。
 
>中には、「差別という概念まで加わるかというのは疑問」と上瀧浩子氏に理解を示す声もあるが、ネット上では、異論の方が多い。
 
上瀧を擁護する連中の気が知れません。差別主義者なのでしょうか?
上瀧の一連のツイートが日本人に対する差別やヘイトスピーチでなければ、日本人の事を幾ら差別しても、侮辱しても全く問題ないという事になります。
 
>上瀧氏は、「帰って、pc開いたらネトウヨだらけであった。。。。」と11月28日にツイッターでつぶやいた後、アカウントが非公開設定にされてしまった。
 
「ネトウヨ」という低劣極まりない蔑称を使用する差別主義丸出しの弁護士達は、弁護士資格を剥奪すべき人間の屑だと思います。
 
>人種差別については、人種差別撤廃条約の第1条で次のように定義されている。
>「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう」
 
日本人を差別するレイシストはこの条約を無視、あるいは曲解しています。条約について詳しい筈の弁護士が、この条約を無視あるいは曲解して日本人を差別する事は許されません。
この条約に問題があると考えるのなら、国連(連合国)に働き掛けたり、条約からの脱退を主張すべきです。
そもそも、「日本人を殺せ」などとヘイトスピーチを撒き散らし、日本人を差別して良い訳がありません。条約云々以前の問題です。
 
>マイノリティがする攻撃は差別でないというのは、この条文をどのように解釈して生まれたのだろうか。
>上瀧氏に取材しようとしたが、本人からは取材は受けられないという回答だった。
 
都合の悪い質問は受け付けないという事ですか。
自分が気に入らない人間に対して散々罵声を浴びせる癖に、自分にとって都合の悪い質問や批判は一切受け付けませんね、日本人を差別するレイシスト達は。
 
>外務省の人権人道課では、一般論として、マイノリティがする攻撃は条約でどう解釈されるのかについて、「個々の状況によりますので、何とも言えません」と取材に答えた。
>ただ、同課では、日本国内においては、在日外国人が日本人を攻撃した場合、裁判で名誉棄損だとされ、結果として差別的言動とされる可能性がある、としている。
 
当たり前の話ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「ヘイト」が蔓延する日本

昨日書き込ませていただいたばかりですが、また書き込ませていただきます。
この上瀧の件は、昨日話題にさせていただきましたが、「ヘイトスピーチ」を容認する暴論です。
にもかかわらず弁護士を「プロのハゲとして生きろ」などと「ヘイトツイート」していた新潟日報の元報道局長と併せて、各メディアはこの件には及び腰です。

>いやいや、本来なら本国へ帰って生活するのが当然である外国人に、特別な在留資格を与えている事自体、特権以外の何ものでもないでしょう。

よく、「在日米軍への『思いやり予算』こそ本当の『在日特権』」だ、という声が多いですが在日米軍は日本を守ってくれているという使命があります。
使命も何もないのに、そういう資格が与えられているからこそ在日外国人へは「在日特権」などと言われるのだと思います。

「在日米軍への権利こそ本当の『在日特権』」という、私から見て代表格が↓の記事だと思います。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1573.html

↑のブログで、

>ネトウヨ用語に「在日特権」というのがありますが、日本人には認められていないものが在日アメリカ兵に認められているというのは、言葉本来の意味で「在日特権」です。

と語っていますが、ここでも「ネトウヨ」などと偏見と悪意に満ちた表現をしています。
さらに同ブログのトップのリードには、

>日本の政治は消費税増税・震災復興増税を福祉にも被災者にも使わず、雇用と社会保障を弱体化させるだけ。

と出ていますし、右リンク欄には、

>国民主権と基本的人権と平和主義を自民党が縮小廃止中。「改憲」は総仕上げ。反対を。

などと悪意に満ち満ちたフレーズが出ています。
同ブログには、自民党やその関連者・賛同者に対する「ヘイト」的表現や、その他偏見と悪意に満ちた表現に満ち満ちています。
この他問題にしたいこともありますが、後々追い追い語らせていただきたいと思います。

昨日書き忘れたことですが、東京新聞・中日新聞の「ネトウヨ内閣」の記事に、「識者」からの以下のコメントが寄せられました。

「『敗者復活』の『逆戻り』」
「『改憲』狙いの『厚化粧』」
「まぐれ敗者復活内閣」
「期待度ゼロ内閣」
「福島圧殺内閣」

。。。。。

また、記事の安倍総理の写真を取り囲むように「ネトウヨ」「国防軍オタク」「極右はしゃぎすぎ」「学力低下」「逆戻り」「福島圧殺」などと、安倍総理に対する「ヘイトフレーズ」がこれでもかこれでもかと並べられていました。
この記事に、中日新聞社には読者からのクレームが殺到したらしいですが、こんな「ヘイトスピーチ」満載では殺到して当然でしょう。

http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1149.html

さらには、↓のようなブログもあります。写真に掲げられている反安倍総理デモのプラカードにも「消費税お前が払え」などとのフレーズが並びます。

http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-052b.html

以上、もはや「正気の沙汰ではない」といって良いと思いますし、メディア・公人・私人を問わず、「安倍総理には何を言っても構わない」という「空気」が「蔓延」していると思います。

コメント有難うございます

>成田あいるさん
>にもかかわらず弁護士を「プロのハゲとして生きろ」などと「ヘイトツイート」していた新潟日報の元報道局長と併せて、各メディアはこの件には及び腰です。

日本のマスメディアは身内の不祥事や、日本人を差別するレイシスト達の犯罪行為は悉く隠蔽・黙殺しますね。
この点だけを見ても、日本のマスメディアにはジャーナリズムがなく、「報道機関」と呼ぶに値しない事が分かります。

>「在日米軍への『思いやり予算』こそ本当の『在日特権』」だ、という声が多いですが在日米軍は日本を守ってくれているという使命があります。
使命も何もないのに、そういう資格が与えられているからこそ在日外国人へは「在日特権」などと言われるのだと思います。

同感です。

>同ブログには、自民党やその関連者・賛同者に対する「ヘイト」的表現や、その他偏見と悪意に満ちた表現に満ち満ちています。

そのブロガー自身がレイシストなんでしょうね。

>この他問題にしたいこともありますが、後々追い追い語らせていただきたいと思います。

僕は現在のところ、主張や情報を発信するのに手一杯なので、成田さんのコメントには対応出来ない可能性があります。その点ご了承願います。
無論、コメントは全て目を通します。

因みに成田さんは、フェイスブック(FB)に登録されていますか?
アカウントがあるのなら、FBを通じて色々とやり取りが出来ますし、ご自身で記事を作成し、主張を発信する事も可能です。
もし成田さんご自身に時間的な余裕があるのなら、ブログを立ち上げて主張を発信する、という事も考えてみてはどうでしょうか。

>メディア・公人・私人を問わず、「安倍総理には何を言っても構わない」という「空気」が「蔓延」していると思います。

一体何歳児なんでしょうね、こいつらは。
自分が気に入らない相手には何を言っても良い、何をしても良いという発想は、テロリストの思考回路そのものです。
プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。