スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターを増長させた大マスコミ(かず)

この人間の屑の暴走を日本国民は止められるのでしょうか。
今のところ、選挙で落選させる以外に方法はないのでしょうか。(それで暴走が止まるとは思えませんが。)
 
民主・小西洋之氏「自衛隊員は他国の子供を殺傷する使徒」→ツイッター削除し「自衛隊員を救わなければ」に変更
http://www.sankei.com/politics/news/151002/plt1510020020-n1.html
 
>民主党の小西洋之参院議員は9月30日、自身のツイッターに「自衛隊員の母親の望みも虚しく、自衛隊員は他国の子供を殺傷する恐怖の使徒になるのである」と記した。
 
この人間の屑は本当に日本の国会議員なのでしょうか?
日本国民の生命を護る為に命懸けで任務を遂行している自衛隊員を侮辱、差別しています。
 
>小西氏は1日のツイッターで、首相発言の紹介をそのまま残した上で、「安倍総理の安保法制により、自衛隊の集団的自衛権行使を受ける国の子供達は自衛隊員を『恐怖の使徒』と思うだろう。違憲立法から自衛隊員を救わなければならない」との投稿に差し替えた。
 
この人間の屑は本当に日本人なのでしょうか?精神病院に措置入院させなくて大丈夫なのでしょうか?
平和安全法制(戦争抑止法)も、集団的自衛権も、こいつが崇拝している憲法も、何もかも理解していない事が丸分かりです。
 
平和安全法制は、日本の周囲やシーレーン(エネルギー補給の生命線)の防衛力を高め、武力衝突を未然に防ぐ為、日本の存立を脅かす可能性が高い事案、急迫不正の侵害に対処する為に必要な法律であり、現行憲法の範囲内で歴代内閣の見解から僅かばかり変更したに過ぎません。
平和安全法制を合憲だという学者も存在する一方で、この法律を違憲だと主張する学者が大勢居るのは事実ですが、そういう学者の中には日本国民の生命を護る為に存在している自衛隊をも違憲だと唱える学者が少なくありません。
 
尤も、大東亜戦争で日本が敗戦した後、日本がGHQ(連合国軍総司令部)に占領統治されている期間に、占領軍主導で作成された日本国民不在の非民主的憲法を、絶対視・神聖視していること自体、日本国民を差別し、民主主義を蔑ろにしているも同然ですし、平和安全法制を問題視するのなら、自衛権すら放棄していると解釈出来る、現実を度外視し、更には日本国民の基本的人権を軽視している現行憲法こそ、改正、もしくは廃止して新憲法を制定すべきだと主張するのが筋です。
 
話を元に戻して、そもそも「集団的自衛権行使を受ける国の子供達」というのがよく分からないのですが、これは武力攻撃や侵攻してきた国の兵士を指しているのでしょうか?
でなければ、自衛隊員を侵略者扱いしている事になります。
日本国民や自衛官の生命を蔑ろにし、自衛官を徹底的に侮辱する一方で、日本や、同盟関係を結んでいる米軍に対して武力攻撃・侵攻してきた鬼畜の肩を持つ(=侵略肯定とも解釈出来る)様なツイートをするって、どれだけ頭が逝かれているのでしょうか?
自衛官を差別しながら、自衛官を救わなければならないという矛盾に満ちたツイートをする、こいつの脳味噌は一体どうなっているのでしょうか?
 
何度でも書きますが、小西洋之は議員失格というレベルではなく、人間失格です。
小西も、こんな気狂いに投票して今尚積極的に支持している有権者も、小西の暴挙を黙殺している大マスコミも、小西の暴挙に沈黙する人権派や自称反戦平和主義者も、万死に値します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。