スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別主義丸出しのNGOと国連(連合国)による価値観の押し付け(かず)

夫婦別姓論議にも、やはり差別主義&アナーキズム丸出しのNGOと、これまた差別主義丸出しの国連(連合国)が関与していたようです。
人種差別的偏見に基づいた、国連による執拗な内政干渉を許してはいけません。
また、国連を操る悪質極まりないロビイスト達に、日本人は対抗すべきです。
 
【夫婦別姓】国連委勧告は公平か? 関係者が熾烈なロビー活動
『夫婦別姓の推進派が民法改正の根拠に挙げるのが、国連女子差別撤廃委員会による日本への勧告だ。過去、日本に複数回出された勧告では、別姓導入や再婚禁止期間撤廃などを求めた。ただ、「国連は関係者や団体による熾烈(しれつ)なロビー活動の現場」(外務省関係者)との指摘も多く、どの程度公平な視点で結論が導き出されたのか、冷静な分析が必要となりそうだ。
 同委員会は女子差別撤廃条約締約国から選出された専門家23人で構成。うち22人は女性だ。今年2月には林陽子弁護士が日本人としては初めての委員長に就任したが、来年2月に予定されている日本の審査からは規定により外れる。林弁護士によると、審査は委員から選出した調査担当者が中心となり、対象国政府の報告や関連NGO団体の調査、国連機関のデータなども踏まえて、結論を出す。
 日本への勧告にあたっては、別姓導入に向けて活動する複数の団体が積極的に資料提供してきた。資料には、かつて民主党政権が閣内の反対で別姓導入に向けた民法改正を断念したとの趣旨が記され、「政治不信を深め、別姓導入を求める訴訟を起こした」などの表現が盛り込まれている。
 国連や関係者による調査・報告などについて、外務省関係者は「偏った内容が散見されることは確か。そうした情報を後ろ盾に日本について間違ったイメージを植え付けようとする動きもあり、精査が必要だ」としている。』
http://www.sankei.com/affairs/news/151216/afr1512160044-n1.html
 
そもそも、衆院選や参院選の様に当落が明確で、日本国民の関心が非常に高い選挙とは異なり、国民の関心が極めて低い「最高裁判所裁判官国民審査」で、「罷免すべき」とする票が集中しなかったという、たったそれだけの理由で、最高裁裁判官を継続する事になった人物が下した判決に、重い価値はあるのでしょうか。
まして、「裁判所が下した判決を国政に反映しなければならない」という不文律や大義名分に正当性はあるのでしょうか。
僕には司法の越権行為、司法を使った政治への介入に思えてなりません。
 
因みに、原告の女性達は、自分の事しか考えていないように見えます。子供の事を全く考えていません。
 
【夫婦別姓】「自分の名前で死ねずつらい」 訴訟の原告ら
『夫婦別姓訴訟の原告、塚本協子さん(80)は「合憲判決を聞き、涙が止まらなかった。(戸籍上は別の姓のため)自分の名前で死ぬこともできなくなった。これから自分で生きる方向を見つけなければならず、つらい」と声を震わせた。』
http://www.sankei.com/affairs/news/151216/afr1512160046-n1.html
 
僕は以下の記事の方に共感を覚えます。
僕が女性なら相手の姓になる事を嬉しく思います。両性愛者だからこそ余計そう思うのかも知れませんが。
 
【夫婦別姓】結婚控えたカップルは…「好きな人と同じ姓になれることがうれしい」 世論調査でも夫婦別姓求める声は限定的
『いくつもの結婚式場が立ち並び、結婚を控えたカップルが行き交う東京・表参道。「どちらの姓になっても困ることはない。むしろ、好きな人と同じ姓になれることがうれしい」。式場の下見に来たという千葉市中央区の会社員、安丸瑛太さん(36)と公務員の清田恵さん(35)は、夫婦別姓について問われると、こう話して笑顔を見せた。
 来春に挙式を予定しているという東京都立川市の会社経営、石川恵美さん(35)は既に入籍を済ませ、「当然のように夫の石川姓を名乗るようになった」と説明する。社内では旧姓の近田で呼ばれることの方が多く、「日常生活に不便は感じていない」という。「(民法は)男女どちらかの姓を選べ、としているのだから、女性蔑視だとは思わないし、法律上の不備もないと思う」』
http://www.sankei.com/affairs/news/151216/afr1512160045-n1.html
 
(追記)
太一さんのコメント
『原告も国連も子供の人権を無視していますね。』
『(日本は)欧米の三権分立を猿真似しただけです。三権作るにしても、現状の司法関係者は信頼に値しません。司法試験に合格しただけで強大な権力を持つのは明らかに不当です。日本人が権威に弱い点に付け込んでいるだけです。付け込まれる国民性を持つ日本人にも問題は多いですが。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。