スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論弾圧を推進する自称反戦平和主義者(かず)

国会議事堂前で行われたヘイトスピーチデモで、『安倍に言いたい。お前は人間じゃない!たたき斬ってやる!』などと絶叫した、法政大学教授の山口二郎が、今度はこんな暴言を吐いたそうです。
 
【「慰安婦」日韓合意】政府に言論弾圧要請? 民主ブレーン山口教授「公式見解に反したら処断を」
『民主党のブレーンとされる山口二郎法政大教授が29日、日韓両政府が合意した慰安婦問題に関し、自身のツイッターに「安倍政権が自民党右派及びその背後の右翼の無知、偏見を的確に批判し、日本政府の公式見解に反することを厳しく処断することができるかどうかが問われる」と投稿した。民間の言論をも「処断」するよう政府に求め、言論の自由への抑圧を主張したとも受け止められかねない発言だ。
 山口氏は、日韓外相が慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決される」ことを確認した内容について、「日本の右派が韓国女性を誹謗中傷することも、不可逆解決に反する」との解釈も披露した。
 山口氏は、政権から陥落した民主党が再生を目指して設置した「改革創生会議」の議長代行として報告書策定の中心的な役割を担った。党の勉強会などでも講師として呼ばれることが多い。
 山口氏は6月、次世代の党(現・日本のこころを大切にする党)の和田政宗参院議員が沖縄の地元2紙を批判した作家の百田尚樹氏に非難が殺到したことをツイッターで「評論家の自由な言論活動を封じるもの」と記したところ、ツイッターで「バカ。言論の自由が何を意味するか、少しは勉強しろ」と批判していた。
 山口氏は安全保障関連法に反対する国会周辺でのデモなどにも積極的に参加し、「安倍(晋三首相)をたたき斬ってやる」などと主張してきた。来年夏の参院選に向け、安保関連法廃止を訴える「野党統一候補」を支援するために複数の市民団体が今月20日に結成した「市民連合」の中心メンバーにもなっている。』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20151230/plt1512301046001-n1.htm
 
山口二郎は日本を中国や北朝鮮の様な独裁国家、言論弾圧国家にする気満々です。
「反戦平和」「反差別」を謳う人物や団体の中には山口二郎の様に、自分が気に入らない人物に対して散々罵声を浴びせる一方で、自分にとって都合の悪い主張に対して「誹謗中傷」「ヘイトスピーチ」といったレッテルを貼って弾圧しようと躍起になっている人物や団体が少なからず存在します。
こういう全体主義&差別主義丸出しの人達が「ヘイトスピーチ規制法」の制定に向けて尽力していますが、日本を中国や北朝鮮の様な悲惨極まりない言論弾圧国家にさせない為に、我々はヘイトスピーチ規制法という名の「言論弾圧法」「日本人差別法」の制定を断固阻止し、尚且つ上記の様な、美名を隠れ蓑にした差別主義者達を徹底的に批判する必要があります。
 
(追記)
太一さんのコメント
『じゃあこれまで山口は、政府のあらゆる外交合意に従ってきたとでも言うんでしょうか?「権力には屈しない」などと言って、一切合意を無視した発言しかしてこなかったのではないでしょうか。こちらも同じですよ。国家権力の合意など、我々市民には一切関係ありません。自分に都合がいい時だけ、国家権力の犬になって言論弾圧するような人間こそ、逮捕すべきです。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。