スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交は政府だけがやる事だと思い込んでいる病的な御花畑日本人(かず)

【正論】日本的な「気配り外交」は国益を損ねる 袴田茂樹(新潟県立大教授)
http://www.sankei.com/premium/news/160118/prm1601180015-n1.html
 
>控えめの表現や気配りは、国際的には通用しないどころか、しばしば誤解を生む。つまり、相手の気分を害さないようにという「気配り外交」は、国益を損ねる場合が少なくない。
>日本側の対応の背後には、相手のナンセンスで低劣な発言に対して、同じレベルで相撲をとるのは品がなく、はしたないとか、われわれはもっと大人の態度で臨む、といった気持ちがあるのではないか。また日本のこのような対応は、プーチン訪日を実現しようとして、相手の気分を害するような発言は控えようという「気配り外交」なのではないか。
>国際社会では、日本が10の非難を受けたら、それが嘘だらけの低劣な非難であるとしても、懇切丁寧に15の説明と反論が必要である。同じ低レベルの土俵では相撲はとらないという「大人の態度」は、国際的には通用しない。ロシアの強硬な対日政策に対しても、日本は対露政策で「気配り」ばかりを優先させないで、もっと分かりやすい言葉と論理で国際発信すべきである。
 
この大学教授にしろ、こういう記事ばかり掲載してきた産経新聞にしろ、最も重大な事を見落としています。というか、それを認識出来るだけの能がないのでしょう。
 
まず第一に、外交は政府だけがやるもの、あるいは政府が主導するもので、「一民間人は関与出来ない」「自分達には関係のない事」だと多くの日本国民が思い込み、戦後一貫して、一般国民が広報活動・ロビー活動・工作活動など民間レベルでの外交を怠ってきたが故に、政府レベルでの外交に多大な悪影響を及ぼしている。
 
第二に、戦勝国史観や大国が築き上げた国際秩序に、正面から挑む様な主張や反論をするには、対日禁輸措置など経済・貿易上の孤立化や、軍事力を用いた日本制圧を覚悟しなければならない。
つまり連合国や大国に勝てるだけの武力や諜報機能、戦争に耐え得る経済力、エネルギー資源・物資を確保し、何よりも重要なのは日本国民全体が覚悟し、苦境に耐え、日本に対して価値観を押し付けるだけでなく、理不尽極まりない対応をとる、非常に差別的で残酷非道な諸外国に勝つ為の努力をする必要がある。
 
日本国民全体がこれらの覚悟と努力をしない限り、政府は諸外国に対して気兼ねなく思い切った外交を展開出来る訳がありません。
 
こういう事にすら気付く事が出来ず、文句を並べてばかりの日本人の事を、僕は再三再四「引き籠もりと大差ない」と評しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。