スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別主義メディアに怒りの声を上げた拉致被害者家族(かず)

蓮池透氏や講談社というレイシズムメディアに対して、遂に拉致被害者家族から怒りの声が上がりました。
 
【拉致問題】蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!「救出運動の邪魔しないで」「明らかにうそ。講談社も責任を!」
『北朝鮮による拉致問題に関する安倍晋三首相らの姿勢を批判した著書を出版した拉致被害者、蓮池薫さん(58)の兄、透さん(61)に対し、1月28日に東京都内で開かれた集会で、ほかの拉致被害者の家族から怒りや悲しみの声が上がった。ある家族の怒りは発行元の出版社にも及んだ。
 
本のタイトルにある「冷血な面々」は蓮池透さんと講談社
 
 著書は『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)。安倍首相に関し、拉致問題を政治利用したなどと批判し、1月12日の衆院予算委員会では、民主党の緒方林太郎氏が、著書を元に「拉致を使ってのし上がったのか」などと問い、安倍首相が激怒したことで話題を集めた。
 1月28日の集会で、まず声を上げたのは、拉致被害者、有本恵子さん(56)=拉致当時(23)=の父、明弘さん(87)だった。
 「蓮池透氏が講談社の本の中に、安倍首相の批判を書いて、その批判を拉致家族を見殺しにした安倍晋三というタイトルで書いてきた。私はこのことに対し、ものすごく怒りを覚えている一人で、家族会は団結してこれにものをいわなければならないという思いがあって、私の考えを書類にしてもってあがりました」
 そう話すと、明弘さんは用意してきた文書を読み始めた。まず批判の対象となったのは、透さんの著書のタイトル。明弘さんは「表紙は、安倍首相のイメージを下げるための表紙であって全くの虚偽の表紙であります」と話した。
 1月12日の衆院予算委の様子を明弘さんはテレビで見ていたという。「首相は、講談社が販売したこの本に策謀と声を荒げて発言しました。私もその通りだと思っています。そこに講談社が入っていることは明白であります」
 透さんの著書では、拉致問題に対する安倍首相の姿勢を批判しているが、明弘さんは「安倍首相は、交渉の入口にいて、今から解決していこうとしてくれているのであり、罪作りは蓮池透氏である」と主張した。
 さらに、衆院予算委で安倍首相が「国論を二分しようという策謀にひっかかっていてはだめ」と発言したことに触れ、「講談社幹部は、この現実をどう見ているのか、憲法に保証された言論の自由と思っているのか明らかにするべきです。本は、明らかにうその蓮池透氏の思いであり、講談社、蓮池透氏、その協力者には責任の取り方も知っておくべきであります」と訴えた。
 
著書に「お金を払う価値はない」
 
 拉致被害者、増元るみ子さん(62)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(60)はまず、「面白おかしく書かれるのが嫌だったので、無視しようという話になっていた」と被害者家族が沈黙を守っていた理由を説明。そのうえで透さんの著書についてはまだ読んでいないとして、「お金を払って買うだけの価値はないと思っておりますので買いません」と語った。
 透さんは現在、家族会とは距離を置き、北朝鮮への強い制裁を訴える家族会とは異なる主張をしている。照明さんは「被害者を取り戻したご家族がもうこれ以上、外部にいろいろなことをしゃべらないでほしい。救出運動を邪魔してほしくないと思っています」と話した。』
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n1.html
 
(追記)
太一さんのコメント
『ようやく出ましたか。こういう声明を出さなきゃ家族会もダメだと思っていたところです。確かに蓮池の本は売国権力が家族会内の分裂を狙ったものでもあるので、「無視しよう」という戦略も理解はできますが、そのままでも売国権力の思うツボです。
蓮池がここまで暴走する前にも、「家族会に共産党支持者がいて、家族会内も意見の対立がある」という話は聞いたことがありました。確かに蓮池以外にも、「右翼に支持されるとイメージダウンにつながる」などと言っていた馬鹿がいて、そういうのが拉致問題の解決を大幅に遅らせてきた訳ですが、少なくても対立を表に出さないようにはしていたので、それらと比べて蓮池は明らかに売国権力の策謀に自ら乗っかった悪党と言えますね。』
 
僕のコメント
『差別されている人間が「私達は差別されている!」「私達は被害者だ!」という事を積極的に訴えなければ反転攻勢出来ません。
日本人は欧米白人から価値観を押し付けられている被害者であり、特定アジアなど諸外国から人権を蹂躙されている被害者なのですが、多くの日本人はその被害を訴えようとはしません。
差別主義者というレッテルを貼られて自分の評価が下がる事に対しては非常に敏感でも、自分が差別される事に対しては非常に鈍感であり、差別されていると感じても、孤立を恐れたり、後々の苦労を考えてそれを訴えようとはしません。
しかし、被害者である我々日本国民が、特に家族会の様な誰が見ても明らかな被害者が、レイシストによる被害を積極的に訴えない限り、問題解決は疎か、現状を打破する事すら出来ません。
その事を日本の保守派はいつになったら分かるのでしょうか。』
 
太一さんのコメント
『全く同感です。主張しない限り、今後も差別され続けることになります。以下の分析も非常にまとまっていて分かり易いですね。<差別主義者というレッテルを貼られて自分の評価が下がる事に対しては非常に敏感でも、自分が差別される事に対しては非常に鈍感であり、差別されていると感じても、孤立を恐れたり、後々の苦労を考えてそれを訴えようとはしません。>』
 
僕のコメント
『リテラ(笑)などのレイシズムメディアやレイシストはこれに対してどういう反応を示すんですかね。無視するか更に発狂するか。多分、前者だと思うのですが、リテラ(笑)やゲンダイ(笑)は蓮池透や、この集会には参加していない他の拉致被害者家族から、安倍政権や家族会叩きのコメントを引き出す可能性も十分ありますね。
講談社は国民から批判される可能性や、イメージダウンを懸念して、家族会を名誉毀損で訴えるなんてことはしないでしょうね。』
 
太一さんのコメント
『私も前者だと思います。奴等は都合の悪い情報は全て耳を塞ぐ悪党ですからね。仮に触れるとしても、有本氏や増元氏を攻撃すると自分の立場が悪くなるので、産経新聞叩きでお茶を濁すと予想します。
(講談社は)産経新聞だけを訴える、という作戦ならあり得るかも知れませんが。』
 
太一さんのコメント
『売国左翼もずる賢いので、家族会をバッシングするようなことは、自分の身を危うくするのでしません。家族会を明確に敵に回したのは田原総一朗だけでしょう。あれも訴訟され、確か売国司法は田原に勝たせたものの、田原のイメージダウンにつながりました。もっとも田原の発言で唯一賛成だったのは、「可哀想とだけ言ってもらえればいいんでしょ?」という部分で、家族会が安易にアメリカ高官の涙に騙されて日本政府批判をしたことの愚かさと関連がありますからね(田原はそのつもりで言ったのではないかも知れませんが)。』
 
僕のコメント
『講談社やゲンダイ(笑)、リテラ(笑)などを運営するサイゾーの様なレイシズムメディアを訴える事が出来たらいいんですけどね。金がないので何ともなりませんが。』
 
太一さんのコメント
『この件なら家族会がやってくれればいいんですが、家族会も各地の講演の旅費などがかかり、それほど余裕はないでしょうしね(年齢的に体力面の不安もありますし)。
それにしても金持ちしか訴訟できないということは、この訴訟という欧米由来のシステムは酷い差別を生むシステムですよね。こんなものを盲信している法曹も差別主義者ですね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。