スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論の自由を抑圧しながら、日本人差別を助長するマスメディアと言論人(かず)

差別主義丸出しの記事をマスメディアや言論人が大量に発信していますが、それこそが日本人の言論の自由を抑圧する最大の原因です。
以下の記事は原発、政治家、戦争、靖国云々について持論を述べた末に、「ホモマゾ社会」という差別的な造語を用いて、日本社会や日本人男性を非難しています。
レイシズムを助長する、こういう一方的で差別的な記事が大量に配信され続ける限り、日本人に対する不当極まりない差別が減少する事はありませんし、こういう偏狭な見方の記事が持て囃されているうちは、日本が世界と対等に渡り合う事は出来ません。
 
なぜ日本の男は苦しいのか? 女性装の東大教授が明かす、この国の「病理の正体」(現代ビジネス/講談社)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47501
 
(追記)
太一さんのコメント
『「ホモマゾ」のような用語の使い方はまさにマイノリティーを差別するレイシストそのものですね。これが日頃弱者の味方とうそぶいている売国権力の正体と言えるでしょう。
ちなみに日本人が実社会とネットでの二面性が強いというのは当たっている面がありますが、それは「実社会での言論の自由の委縮、弾圧が他国より強い」ことを示しています。つまり諸悪の根源は売国メディアな訳です。「日本以外には存在しない」などと暴論を吐いていますが、実際には外国にも存在します。ただ日本ほどメディアによる言論弾圧が激しい国は少ないので、その割合に応じて、各国の二面性は多かったり少なかったりするということでしょう。この馬鹿が言っているように100か0かの単純な問題ではありませんし、ましてマイノリティー性が原因などという差別主義丸出しの結論など論外です。
そのように言論の自由をメディアに弾圧されている日本人は、実社会では政治的な発言は極力避けますが、仮に実社会で発言する場合に、身を守る手段としての「中立ぶりっこ」というものがあります。大人がそれに苦労しているのを見ているから、若い連中ほど中立ぶる傾向がありますね。具体的には、現政権には批判的だが、共産党も支持しない(民主党政権以降は民主党も支持しない)、とにかく自分が批判されることだけは回避したい、そんな立ち位置ですね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。