スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民は『自称平和主義者=ファシスト』だと抗議運動を展開すべき(かず)

【痛快!テキサス親父】『オキナワ論』販売を活動家が妨害? 「言論には言論で」がフェアなやり方だぜ
『エルドリッヂ氏によると、この本は彼が現在も暮らす、沖縄の書店では、ほとんど販売されていないという。日本の友人は「書店などに対し、左翼活動家らの圧力がかかっているようだ」と話していた。最も関係がある沖縄の人々の目に届かないよう、卑劣な工作活動が行われたのなら残念だ。
 そういえば、俺の日本での活動をサポートしてくれる友人で、漫画家のはすみとしこ氏が昨年発売した風刺イラスト集『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』(青林堂)にも、出版前から書店に圧力がかかった。この妨害工作に、国会議員まで参加していたことにはあきれた。
 はすみ氏は今月半ばに、都内の書店でサイン会&トークショーを開く予定だったが、一部の左翼活動家らが反対運動を展開して、一部の人間は「放火」までほのめかしたようだ。このため、書店側は「お客さまに迷惑がかかる」としてイベントを中止したという。
 エルドリッヂ氏と、はすみ氏への妨害工作は、日本の憲法でも保障されている「表現の自由」への侵害というしかない。「放火」をほのめかしたのは、完全な犯罪行為だ。一体、日本はどうなっちまったんだ?
 書籍の内容に異議があれば、違った意見を書いた書籍を出版したり、ネット上で持論を公開すればいい。「言論には言論で」「出版には出版で」というのが、フェアなやり方だぜ。
 民主主義の日本で、このような言論弾圧が許されるのか。左翼活動家は通常、「憲法を守れ」「人権を守れ」と主張しているが、自分たちが都合が悪いと、平気で憲法や人権を破る。まさにファシストだ。彼らは、日本を中国のような「言論の自由」のない国にしたいのだろうか。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160205/dms1602051550014-n1.htm
 
>民主主義の日本で、このような言論弾圧が許されるのか。左翼活動家は通常、「憲法を守れ」「人権を守れ」と主張しているが、自分たちが都合が悪いと、平気で憲法や人権を破る。まさにファシストだ。彼らは、日本を中国のような「言論の自由」のない国にしたいのだろうか。
 
全く同感です。自称反戦平和主義者や自称人権派、「表現の自由」「反権力」を常日頃叫んでいる人物や団体こそ、言論の自由を抑圧するファシストであり、ナチズムの継承者です。
 
>書籍の内容に異議があれば、違った意見を書いた書籍を出版したり、ネット上で持論を公開すればいい
 
ナチズムの継承者は既に、自分の著書やSNSで「ネトウヨ」というお決まりの蔑称(差別語)を気が狂ったように何度も使用し、「レイシスト」「ネオナチ」というレッテル貼りを繰り返し、ヘイトスピーチを書き連ねています。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『(トニーさん)
民主主義の日本で、このような言論弾圧が許されるのか。左翼活動家は通常、「憲法を守れ」「人権を守れ」と主張しているが、自分たちが都合が悪いと、平気で憲法や人権を破る。まさにファシストだ。彼らは、日本を中国のような「言論の自由」のない国にしたいのだろうか。
 
(かずさん)
全く同感です。自称反戦平和主義者や自称人権派、「表現の自由」「反権力」を常日頃叫んでいる人物や団体こそ、言論の自由を抑圧するファシストであり、ナチズムの継承者です。
=================
日本国民はこの一点で大規模な抗議運動を展開すべきです。
少なくても保守派や右派はやるべきです。
どうもこのような効果的な批判ができる保守派や右派が少ないようですが。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。