スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンチを繰り返す自分の醜さに気付かない日本の大人たち(かず)

こういう発言を寄ってたかって叩く方が、明らかに狂っています。
 
冗談とはいえ…宮崎議員に自民・溝手氏「うらやましい人がいるのでは」
『自民党の溝手顕正参院議員会長は12日、ゲス不倫疑惑が直撃した同党の宮崎謙介衆院議員について「うらやましい人がいるのではないか」と記者団に語った。発言直後、「冗談だ。われわれには想像できない世界だ」といい、辞職表明については「仕方ない。理解を超えた世界だ」と話した。
 丸川珠代環境相も同日夜、自身の失言を認めて「事実と異なるものであり、発言をすべて撤回する」と表明した。
 長野県松本市で7日に行った講演で、東京電力福島第1原発事故後に、国が除染の長期目標に掲げた「年間1ミリシーベルト以下」について、「何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言していた。
 安倍政権に緩みが出てきているのではないか。』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160213/plt1602131536001-n1.htm
 
 
民主党政権時代の閣僚や与党議員は、これらの発言とは比べ物にならない暴言を吐き(http://www.sankei.com/premium/news/160210/prm1602100007-n1.html)、尖閣諸島で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した時は、中国漁船の暴挙を捉えた映像を隠蔽し、国民の知る権利を侵害しました。
 
また現在、民主党・社民党・共産党・生活の党などに所属する議員や関係者が、国民をゴキブリ呼ばわりしたり(http://getnews.jp/archives/621204)、個人を脅迫したり、平気で思想差別したり、言論の自由を抑圧するなど、犯罪というべき暴挙を繰り返しているのですが、日本のマスメディアはそれを批判しないどころか、その事実すら取り上げません。
 
メディアは気に入らない人物や組織、勢力を徹底的に吊し上げて、潰しにかかる一方で、上記のような差別主義者・ファシスト・レイシストによる犯罪の数々を黙殺・隠蔽しています。
情報操作・情報隠蔽・思想差別・言論弾圧を展開する日本のマスメディアは、現代版ナチスそのものです。
 
>安倍政権に緩みが出てきているのではないか
 
レイシストに追従して特定の人物や組織を吊し上げたり、寝惚けた事ばかり書く一方で、報道すべき事実をきちんと報道しないのなら、産経新聞社も朝日新聞や毎日(変態)新聞のようなレイシズムメディアと共に廃業すべきです。
 
 
序にもう一つ取り上げますが、以下のコラムにも僕は憤りを覚えます。
 
【甘口辛口】育休不倫議員のゲスの罪は重い せっかく芽生え始めた社会の機運もつぶしかねない 森岡真一郎
http://www.sanspo.com/etc/news/20160214/amk16021405000001-n1.html

ゲスだ何だと理由を付けて誰かを何かを叩く、このコラムの筆者の様な人間こそ下衆の極みです。
第三者から批判されにくい綺麗事や建前を振りかざして、特定の人物・組織・勢力に集団でリンチを加えるこういう卑劣な人間達が居るから、いつまで経ってもイジメがなくならないんです。
この国の大人は本当に情けない。
 
(追記)
太一さんのコメント
『「同じものを皆で叩かなければ仲間外れになる」というのは、多数の自殺を生んでいる「いじめ」と全く同じ構造ですね。日本では「いじめっ子の見本、先生」がマスメディアですね。学校でも「お前は宮崎謙介!」とさえ言えばいくらでもいじめができます。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。