スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイトスピーチを推奨し、言論弾圧や思想差別を推進する朝日新聞(かず)

右派に対する迫害や、日本国民に対する言論弾圧を強化する事を目的にした記事だというのは明白ですが、意味不明な部分もあります。
 
 
【朝日新聞】ヘイトスピーチの現場では「朝鮮人を叩きだせ」などの差別言動に対し「くたばれレイシスト」など厳しい抗議が行われている [無断転載禁止]©2ch.net
『愛知)ヘイトスピーチ考える学習会 名古屋で30人参加
黄澈
2016年2月18日03時00分
 
学習会で、ヘイトスピーチへの抗議活動の意義を話す林晃佑さん=名古屋市の中生涯学習センター
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160217002493_comm.jpg
 
 特定の人種や民族などへの憎悪をあおる「ヘイトスピーチ」の問題を考え、抗議の必要性を学ぶ学習会が16日夜、名古屋市中区の中生涯学習センターであった。これまで活動に参加したことのない人も含め、約30人が参加。主催者は「差別を許さない名古屋を実現しよう」と訴えた。
 路上の抗議活動を続けてきた市民団体「Antifa758(アンティファナゴヤ)」が主催。ヘイトスピーチは、在日コリアンが多く住む東京・新大久保や大阪・鶴橋でのデモなどで注目されたが、名古屋市や三重県四日市市など東海地方でも、毎月のように行われている。代表の林晃佑さん(30)は「多くの市民に、自分の街で反対の意思を示してもらおうと企画した」と話す。
 ヘイトスピーチの現場では、「朝鮮人をたたき出せ」などの差別的言動に対し、「カウンター」と呼ばれる人々も拡声機を使い、「くたばれレイシスト」などの強い表現で対抗する。
 林さんは「抵抗を感じる人もいるかもしれないが、抗議には弱者の人格を傷つけるヘイトスピーチをかき消すとともに、攻撃の対象をマイノリティーからカウンターに向けさせる意図があることを理解してほしい」と説明。
 厳しい抗議にはどうしても抵抗があるという人には、現場周辺でプラカードや横断幕を掲げたり、差別街宣の問題点を穏やかな口調でアナウンスしたりするなど、様々な意思表示の方法があることを紹介した。
 林さんは「『これなら私にもできる』という方法は必ずある。抗議活動に加わってほしい」と訴えた。(黄澈)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2K4V8XJ2KOIPE01Q.html
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1455752092/
 
 
>くたばれレイシスト
 
この発言は、どう考えてもヘイトスピーチですよね?
本当に不当極まりない差別を嫌う人間なら、こういう憎悪表現をする人間を支持する訳がありません。もし支持するなら、その人は紛れもない差別主義者です。
 
>林さんは「抵抗を感じる人もいるかもしれないが、抗議には弱者の人格を傷つけるヘイトスピーチをかき消すとともに、攻撃の対象をマイノリティーからカウンターに向けさせる意図があることを理解してほしい」と説明
 
『くたばれレイシスト』というヘイトスピーチが、ヘイトスピーチとやらをかき消す?
目には目を、歯には歯を、ヘイトスピーチにはヘイトスピーチをという事ですか?
それが何故、ヘイトスピーチをかき消す事になるのでしょうか。意味不明です。
 
まあ、朝日新聞社がヘイトスピーチを推奨し、不当極まりない差別や言論弾圧を推進する現代版ナチスである事は間違いありません。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『そもそもレイシストでないものにまで「レイシスト」というレッテルを貼っている連中に正当性などありません。仮に穏やかに抗議しているフリをしても同じですね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。