スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童を「洗脳」するレイシズム&ファシズム丸出しの人権侵害教師(かず)

【日教組の授業(下)】日本は日清戦争から50年戦争を続けた! 東京裁判「15年戦争」史観をも超えるトンデモ歴史を教える先生がいた
『日本教職員組合(日教組)の教研集会では毎年のように、反日・自虐史観のイデオロギーが色濃い授業実践が報告されているが、岩手県で2月5~7日に開催された今大会でも、日清戦争から先の大戦の終結まで戦争が継続されたする“50年戦争”史観が飛び出した。旧日本軍が満州事変から先の大戦の終結まで計画的に戦争を遂行したとする“東京裁判史観(15年戦争)”でさえこじつけなのに、それをも上回るトンデモ史観が一部の教室の中で流布している実態が浮かび上がった。(花房壮)
 “50年戦争”史観が示されたのは、三重県の男性小学校教諭が発表したリポート「6年生の子どもたちと『戦争の半世紀(1894年から1945年)』と『これから』を考える」。
 男性教諭は平成26年度の社会科の授業で、日清戦争以降の出来事について、児童たちが当時にタイムトラベルする形で考えさせるアプローチを採用した。
 男性教諭が「戦争の恐ろしさを一つ書いて下さい」との指示に、ある児童は「一度勝ったら、負けるまで止まらないことが恐ろしい」と回答。さらに男性教諭が「いつから」と問うと、「1894年の日清戦争から」と答え、男性教諭も「そこから考えたら、51年続いたんだよね」と応じた。
 日清戦争は下関条約で、日露戦争もポーツマス条約でそれぞれ終結しており、その後は第1次世界大戦で日本がドイツに宣戦布告するまで戦争はしていない。ロシア革命後のシベリア出兵、昭和初期の山東出兵、満州事変なども起きているが、戦争が続くのは昭和12年の日中戦争以降のことであり、日清戦争から先の大戦が終結した昭和20年8月まで半世紀にわったって戦争が続いたとの見方は乱暴すぎる。
 にもかかわらず、男性教諭は一部の歴史学者が日清戦争から先の大戦の終結までを“50年戦争”と呼んでいることを引き合いに出し、「6年生の子供たちの見方も、歴史学者に迫るものがあると思う」と評価しているのだ。』
http://www.sankei.com/premium/news/160219/prm1602190005-n1.html
 
 
これって、どこの独裁国家の話ですか? どこのカルト教団の話ですか?
この男性教諭(=ファシスト・レイシスト)は児童の事を、自分の思想を広める為の道具だと思っているのでしょう。
この教師に洗脳された児童は、明らかに犠牲者、被害者です。
こういう卑劣な「洗脳」を実行する教師や、それを称賛・推進する日本教職員組合(日教組)などの差別主義団体を、我々日本国民は積極的に批判すべきです。
 
>反日・自虐史観
 
既存の価値観から脱却出来ない大多数の日本国民と同じで、日本の保守派も既存の言葉、それも核心から逸れた言葉しか使いませんね。本当にアホです。
反日・自虐ではなく、戦勝国史観や奴隷史観、レイシズムと言うべきです。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『こういう教師に対しては、憲法違反で訴訟すべきですよ。誰もそれをできない程に、売国権力以外は金がないという恐ろし状況があるとも言えますが。要は金と権力をほしいままにしているのがナチスである売国権力です。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。