スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別されている保守派や日本国民が見習うべき戦術、その1(かず)

安倍首相は在野の保守派とは比較にならないほど上手です。
第三者には全く伝わらないか、場合によっては拒絶される様な言葉ばかり使用する在野の保守派は見習うべきでしょう。
レイシストがよく使う言葉である『人権』。それを逆手にとって反転攻勢に出る戦術です。
 
 
【衆院予算委】安倍首相ブチ切れ 民主党の「睡眠障害にしてやる」発言に激怒「人権問題だ」
『安倍晋三首相は19日午前の衆院予算委員会で、民主党の中川正春元文部科学相が「安倍首相の睡眠障害を勝ち取りましょう」と発言したことについて「人権侵害だ」と激怒した。
 民主党の西村智奈美氏は、平成24年の衆院選で初当選した自民党議員に相次ぐ不祥事や、丸山和也参院議員の「米国は黒人、奴隷が大統領」などとする発言を取り上げ、「自民党のおごりの体質そのものだ」と批判した。
 首相は当初「国民の信頼をなくすことのないよう、政治家一人一人が自らを律していかなければならない」などと冷静に答弁していたが、重ねて丸山氏の発言を追及されるうちにボルテージを上げた。
 首相は「睡眠障害」発言を持ち出し「睡眠障害に悩む人にとって大変な発言だ。しかも、私をそういう状況に陥れようと考えているんですか、民主党のみなさん。これは人権問題だ。私にだって家族がいる。『お前を病気にしてやろう』と民主党で決意している。文科相をしていた方が発言しているというのは、非常に驚いた」とまくしたてた。
 すっかりおなじみになった民主党の「ブーメラン現象」に、西村氏は「問題をすり替えないでほしい。睡眠障害の件はおわびいたします」というのが精いっぱい。首相は「与野党を問わず、みなさんも胸に手をあてながら一人一人が律していくことが大切だ」と締めくくった。』
http://www.sankei.com/politics/news/160219/plt1602190016-n1.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『本当に上手いと思いますよ。その点も前回首相をやった時から成長したところで、おそらく前回は保守派を信じていたのが、それを見限ったことで、今回の政権運営が巧みになっているんだと思います。
上の私のコメントの1つの例としては、初回政権時に掲げた「美しい国」。
この表現だって保守派よりははるかに上手いですよ。当たり障りのない表現にしていますから。
しかし売国メディアに日々抑圧されている日本国民にとって、自国を「美しい」と表現するだけで抵抗がある程に洗脳されています。
安倍首相は初回政権時、そこまで洗脳が進んでいると思っていなかったか、思っていたとしても、自分を支持してくれる保守派が喜びそうな用語を考えた側面もあると思います。ところが前回政権時も、安倍総理は味方だと信じていた保守派の裏切りにあった。それがキツかった、と後で言っていましたね。
 
今回は大メディア権力による圧倒的なファシズム支配の現状を前回以上に強く認識すると共に、頼りにならず、むしろ足を引っ張る保守派と付かず離れずの冷静な関係を維持することを考えていると思います。同時に、歴史や外交は関係なく、経済で結果を出せば家畜国民は支持する、とことも強く認識していると思いますね。』
 
 
僕のコメント
『今回の「人権侵害」という発言や戦法は、在野の保守派に精神面で依存していたとしたら決して出来ないものですからね。
 
>経済で結果を出せば家畜国民は支持する、とことも強く認識していると思いますね。
 
今はそこを大メディアは必死で叩いていますね。支那経済・原油安・ドイツ銀などが問題の発端なのですが、それを全て安倍政権や日銀の所為にしようとしています。』
 
 
太一さんのコメント
『家畜国民と言えども、以前よりは、メディアや野党の幼稚な揚げ足取りで支持率を大きく下げるような愚行は減ってきたような気がしますね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。