スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争賛美者・村山富市(かず)

僕は日本人の基本的人権・生存権を徹底的に踏みにじり、平気で思想差別し、ヘイトスピーチを撒き散らし、挙句の果てに領土を侵略して少数民族を虐殺し、自国民を弾圧し、核実験を繰り返し、幾つものミサイルなどの兵器を配備し、領空・領海侵犯を繰り返し、周辺諸国に多大な軍事的脅威を与える隣国の肩を持ち、軍事パレードにまで出席しようとする、こういう鬼畜レイシストを絶対に許す事が出来ません。
どこからどう見ても、平和主義者ではなく「戦争賛美者」です。
政界を引退しても尚、差別主義丸出しで影響力を発揮しようとする、醜悪極まりない、万死に値する人間の屑です。
 
 
【社民党大会】村山元首相、シールズを「シリーズ」と言い間違え? 「安倍ごときが勝手に憲法解釈変えて…」
『3月に92歳の誕生日を迎える村山富市元首相が20日夜、都内で開かれた社民党大会関連行事の「社会民主党20周年 交流の夕べ」であいさつし、存在感を示した。村山氏は「平和憲法が守れたらいつ死んでもいい」などと訴えた。
(略)
 憲法をねえ、安倍ごときが勝手に解釈を変えてねえ…。私どもはどんなことがあっても平和憲法だけはしっかり守っていこうというんでねえ、これまで歯を食いしばって頑張ってきたんですよ。それで今日の日本は築かれているんですよ。どこに変えなきゃならん理由があるんですか? なんにもないですよ。
 日本の周辺に不穏な空気があると言うんならね、不穏な空気をなくす努力をすればいいじゃないですか。それが日本が平和憲法を持って初めてできることですよ(拍手)。相手は強化しよると。それに対抗して強化しなきゃいかんと言ってやっていけば、昔と同じじゃないですか。そんなことは平和憲法を持っている日本にはできませんよ。
 私は総理の時にアジアの国を回りましたよ。みんな言うんですから。「日本の国はありがたい」と。「紛争があり、戦争があっても一方に加担をしない」と。「中立を守って、しかもね、国民の暮らしに関するような援助をしてくれる。日本の国はありがたい」と(拍手)。
 私はそういう日本の国を勝手に変えていこうなんていうねえ、しかも国民の意思を無視してですよ、なんですかあの国会の状況は。問答無用じゃないですか。総理自らが「まだ国民には周知していない」と言いながらねえ、質疑を打ち切って強行採決をやったんでしょ? しかも憲法違反の法律ですよ。あんなことをねえ、国民が認めるわけにはいきませんよ、これは(拍手)。
 第一ねえ、53条によってねえ、議員の皆さんが署名をしているんですよ? 国会の開会を要請した。これ、憲法にあるんだから。憲法を無視してですよ、国会が開かれなかったじゃないですか。都合の良いことはやるけど、都合の悪いことはしない。そんなことを国会で堂々とやるような政権でしょ?
 私は言っているんです。先は短いかもしれんけども(笑)。死ぬわけにはいかん!!(拍手)。どんなことがあってもねえ、平和憲法だけは守るぞ!!(拍手)。私はねえ、そのことだけをねえ、声を大にして叫びたいと思うんです。もうねえ、それがうまくいったらいつ死んでもいい(笑)
 もう私は92歳ですよ? だけど死ぬわけにはいかんから(拍手)。皆さん、どんなことがあったってねえ、憲法だけは譲っちゃいけませんよ。その決意をしっかり固めていただく。そして、参院選で敵(かたき)をとる。それくらいの決意でお互い頑張ろうじゃないですか。』
http://www.sankei.com/politics/news/160220/plt1602200035-n1.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『村山ごときが勝手に日本人を隣国の植民地にしようとするなと言いたいですね。あと、「日本人の基本的人権・生存権を徹底的に踏みにじり、平気で思想差別し、ヘイトスピーチを撒き散らし、挙句の果てに領土を侵略して少数民族を虐殺し、自国民を弾圧し、核実験を繰り返し、幾つものミサイルなどの兵器を配備し、領空・領海侵犯を繰り返し、周辺諸国に多大な軍事的脅威を与える隣国」は上手くまとまっていますね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。