スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論弾圧を推進する弁護士と市民団体(かず)

反ヘイトスピーチや人権擁護という名の、恐るべき言論弾圧・人権侵害が進行しています。
 
 
ヘイトスピーチする恐れの団体、個人の市施設利用「取り消しを」大阪、反ヘイト団体が要望
『ヘイトスピーチ(憎悪表現)をする恐れがある団体や個人が大阪市の施設の利用を予定しているとして、ヘイトスピーチの規制を求めている弁護士や在日コリアンらでつくる市民団体が19日、利用許可の取り消しなどを求める要望書を市に提出した。
 市民団体によると、2月に同市西区の靱公園で、3月には同市平野、東住吉両区の市の施設で、それぞれヘイトスピーチをする恐れがある団体などによる集会や講演会が企画されている。
 要望に対し、市の担当者は「憲法上に表現の自由があり、事前規制は限界がある。正当な理由がない限り拒めない」と応じた。また、これまで不許可を求める内容の電話が市に約80件かかってきたことを明らかにした。
 NPO法人「多民族共生人権教育センター」の理事で、要望書を提出した文公輝氏は「利用の許可を受けた人物に対しヘイトスピーチはすべきでないことをしっかり啓発してほしい」と求めた。
 平野区での集会には、部落解放同盟大阪府連合会平野支部も施設の利用許可を見直すよう市に申し入れている。
 大阪市では1月、全国で初めてヘイトスピーチを抑止する条例が成立。今夏の全面施行後は、市長がヘイトスピーチと認めた団体・個人の名前を公表し、動画や画像は削除などを要請する。
 一方、利用の取り消しを求める動きに対し、講演会のため施設利用を申し込んだ男性(44)は「言論弾圧をする残念な行動。自由な発言を認めるのが憲法の趣旨だ」と反発している。』
http://www.sankei.com/west/news/160219/wst1602190039-n1.html
 
 
何を根拠にヘイトスピーチをする恐れがある団体・個人だと断定しているのでしょうか。
そもそも、大阪市や市民団体、人権団体とやらが主張するヘイトスピーチの定義自体が僕には全く分かりませんし、暴力を振るうなど誰が見ても明らかな犯罪行為や反社会的行為に手を染めている人物・団体、犯罪や反社会的行為に使用される恐れが高い申請に対して、施設の使用許可を認めないというのならまだしも、『ヘイトスピーチをする恐れがあるから利用許可を取り消せ』という主張はどう考えても暴論です。
 
>市の担当者は「憲法上に表現の自由があり、事前規制は限界がある。正当な理由がない限り拒めない」と応じた。
 
これは当然の回答です。
 
>これまで不許可を求める内容の電話が市に約80件かかってきたことを明らかにした
>NPO法人「多民族共生人権教育センター」の理事で、要望書を提出した文公輝氏は「利用の許可を受けた人物に対しヘイトスピーチはすべきでないことをしっかり啓発してほしい」と求めた
>部落解放同盟大阪府連合会平野支部も施設の利用許可を見直すよう市に申し入れている
 
行政に対する圧力であり、半ば恫喝ですね。
言論統制・言論弾圧の布石と言っても過言ではありません。
 
>講演会のため施設利用を申し込んだ男性(44)は「言論弾圧をする残念な行動。自由な発言を認めるのが憲法の趣旨だ」
 
同感です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『選挙も経ずに、自分達の傲慢な主張だけで言論弾圧をしようとしている権力者を、国民は許してはならないと思いますね。』
 
僕のコメント
『「憲法を守れ!」と主張している筈の弁護士が、言論弾圧を推進するなど、憲法に背く主張や行動を積極的に展開しています。まさにファシストです。』
 
太一さんのコメント
『奴等はファシズム言論権力者なので、どんなに横暴で矛盾した主張でもやりたい放題ですからね。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。