スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアが国民を委縮させている(かず/太一)

「安倍政権が~」「政府が~」「官邸が~」「自民党が~」…
 
「反権力」「表現の自由」という美名を盾に取って、放送局からネットメディアに至るまで、発狂した人間の様に同じ事を繰り返し喚き散らしています。
 
メディアはこの国の最高権力者であり、外国の権力者やレイシストに隷属する一方で日本人を差別し、言論の自由を抑圧している加害者であるにも拘らず、被害者を装い、権力の不正を糾弾している様に見せ掛けて、思考停止状態の国民を煽動している現状には、猛烈な怒りと憎悪と殺意が込み上げてきます。
 
 
『阿比留 瑠比 2月22日 23:18
 新聞各紙の記事をスクラップしていて思うのは、本当に「萎縮」という単語がよく出てくるなあということです。やれ安倍政権の圧力に萎縮だとか、文科省の通知に萎縮だとか何だとか。まるで各紙が萎縮マニアであるか、萎縮依存症のようで、気持ちが悪いです。
 で、私や同僚がそんなことあるはずないと主張し、現に民主党政権のときもこうだったではないかと書くと、だいたい、「民主党政権のときと同じだからといって、現政権のすることを許すわけにはいかない」というピント外れな反論がくるのです。
 私は、現政権と民主党政権が同じことをやっているという気なんかこれっぽっちもありません。私が言っているのは、民主党時代の方がメディアに対してはるかに高圧的、強権的、威圧的、恣意的であり、とんでもなく国民の知る権利と表現の自由を軽視し、国民をバカにしきっていたということです。
 比較になるようなレベルではないのです。何度か書いたかもしれませんが、それこそ当選一回の若いろくな社会経験もないような議員まで横柄に、私がブログで書いたことを取り消せだの、同僚記者は出入り禁止だのといろいろあり、上司らが呼び出されることも多々ありました。
 私にしても、至らない人間であることは重々、承知していますが、寝耳に水のような形で二回も民主党議員に裁判に訴えられましたし、言論に圧力をかけているのはどこだろうかと思う次第なのでした。そういうことに平気な連中が、報道機関が萎縮うんぬんなんて、へそで茶を沸かすしかありません。』
https://www.facebook.com/rui.abiru/posts/1126458900732093
 
 
『小川 榮太郎 2月21日 23:00
溜息。そもそも安倍政権が放送局に介入してゐる事実はなく、したがつて躊躇してゐない事実もない。最初から嘘。
その上、放送事業者の精神的自由の優越など人権思想からも立憲主義からも出てこない。国民はこの人たちの「精神的自由」の発揮に、何らの正当性も、国民一般に優越する表現の権利も与へてゐない。政府vs表現の自由の図式を本当にやめてほしい。政治家および政府に対しては、どんな不満があらうと国民は当然委任権と解任権を持ち、かつ一定レベルでそれを行使してきた。が、国民に直接的で激甚な影響を与へる放送事業者に対して、我々は何らの委任も制限もしてゐないしできる制度が一切存在しない。さうした連中の精神的自由なるものが政府および政治家の権限行使を上回る根拠が私にはわからない。もういい加減放送事業者の独善から、放送を国民のものに取り戻すべきだ。』
https://www.facebook.com/eitaro.ogawa/posts/1003152119777609


(追記)
太一さんのコメント
『何度も指摘しているように、本当に委縮しているのは国民です。メディアによって国民の言論の自由が委縮させられている。このことを訴えていく必要があると思います。
「政府vs表現の自由の図式」から、「メディアvs(国民の)表現の自由の図式」に変えてアピールすることが重要だと思います。そこが分れば、国民がさらにメディアに批判的になります。現状では表現の自由を侵害するのは政府だけ、というメディアや学者などの権力が作る用語のマジックに洗脳されているかわ分からないだけで、ちょっと考えれば、自分達国民の方がメディアによって委縮させられていることは必ず分かるはずです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。