スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何の協力もせずに矢面に立つ選手に負担ばかりかける日本人(太一)

(以下は2年程前、ソチ五輪期間中に書いた記事です。)
 
モーグル・上村4位の採点に疑問の声続出「なぜカーニーより下?」
http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140209-00000067-dal-spo
 
案の定、日本の協会は事前に何のロビー活動もやっていなかったということでしょう。まあ報道でこうはっきり出るというのは、相手国が韓国ではなかったからでしょうけど。
 
事前のロビー活動だけでなく、競技後の抗議も必須です。それをしないで格好ばかり付けているから、日本の選手は損ばかりするのです。
 
日本だけこのようになる原因は、
 
・抗議するのは「言い訳がましくてみっともない」という恥の文化
・抗議をすると他国に嫌われるのではないかと怖がる
 
などが影響しています。
しかしこんなことをしているのは世界で日本だけです。
日本のこういう特性が、日本の選手に損をさせている。
 
にもかかわらず、一部日本人(特に年配の男性に多い気がする)が、負けた日本人に対して「情けない」などと罵倒するケースが多い。
自分達が何の援護もしていないくせに、身内ばかりに内弁慶な文句を言うそういう日本人こそ、私は一番恥ずかしい存在だと思いますね。
 
今回の上村選手に対してそのようなことを言っている人は少ないでしょうけど、他の選手に対してでも同じことです。まずは格好ばかり付けて身内のために何もしない自分達日本人が反省し、懺悔すべきです。日本以外の国では、他国から嫌われようがみっともなかろうが抗議をしたりロビー活動したり、自国選手のために何かやっているんですよ、日本人と違って。
 
 
それに加え、日本人はスポーツ選手に対して、やたらと「潔さ」を求め、わずかな言い訳も許さない。だから大半の選手は「自分の力不足だった」としか言えない。恐ろしく窮屈な空気。
どこまで矢面に立つスポーツ選手に負担をかければ気が済むのか。先ほど述べましたように、選手以外の見ている側がロビー活動や抗議など何の努力もしていないことこそ言い訳せずに反省すべきなのです。楽な立場から矢面に立つ選手ばかりに負担をかける風潮こそ恥ではないでしょうか。
 
 
こういう日本人の姿勢は、実は政治にも共通していると思います。自分は何の抗議もせず、努力もせず、矢面に立っている人だけに負担を課し、一切の言い訳を許さず、無責任にバッシングばかりする。だから政治家も育たないのです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。