スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民の生命を危険に曝し、徹底的に差別するレイシスト(かず)

中国人漫画家が語る反日デモ団体への違和感「命と引き換えに自国を貶める」
http://dailynewsonline.jp/article/1092800/
 
『こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年2月14日、東京の渋谷〜原宿間でSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)主催による1万人規模(主催者発表)のデモ活動が開催されました。
 デモには民主党の菅直人元首相をはじめとする各野党議員、リベラル派を自称する精神科医・香山リカ氏ら多数の著名人が参加し、参加者たちは口々に安倍政権退陣、安保改正法案破棄、野党の共闘を訴えながら街中を行進したそうです。
 しかし、この日は日曜のバレンタインデー、しかも場所は若者が集まる繁華街ということもり、デートを楽しんでいたカップルも多かったはずです。その最中で行われた「アベハヤメロ!」などといったシュプレヒコールには多くの方が迷惑に感じたと思います。
 訪日後、僕は様々な行事を見学、または参加したのですが、高い確率で市民団体によるデモ活動に遭遇しました。大まかに語ると昨年9月に米軍横田基地で開催された日米友好祭の周辺では、沖縄米軍基地撤廃、オスプレイ導入反対を訴える街宣運動が行われており、基地見学に訪れていた家族連れが興ざめしていたことを記憶しています。
 同年の文化の日に開催された航空自衛隊入間基地の航空祭時には「戦争法案反対」の街宣、12月8日の皇居解放日には東京駅周辺で天皇の戦争責任を訴えるスピーチ、2016年の成人式会場の周囲では民主党による安保改正法案反対の街宣活動が行われていました。祝い事に水を差すようなこれらの行為に僕は悪印象を持ったのですが、特に成人式の街宣に関しては、むしろ民主党に対する反感を新成人たちに与えたと思います。』
 
 
>2016年の成人式会場の周囲では民主党による安保改正法案反対の街宣活動が行われていました
 
5年以上前の事ですが、僕が成人式に出席する為に式典会場に向かっている途中、会場の入り口近くで民主党の市議だか県議だかが、自分をアピールする為に、新成人とその家族に向かってマイクを使用し、「新成人の皆さん~」などと「応援演説」していたのを思い出しました。
成人式を思い出す度にこの記憶も蘇ってきます。
大袈裟かも知れませんが、僕の人生を汚された様な気持ちです。
 
 
『デモ活動を行う市民団体や野党は、時に「反日」としか思えないような活動を行います。2016年2月に北朝鮮がミサイル発射実験を宣言したことを受け、沖縄県の宮古島市に地対空ミサイル「PAC3」の設置が決定した際、沖縄の市民団体から反対声明が防衛大臣宛てに送付されました。
 また、実際にミサイル発射後、軌道が地球周回にのったことを受け、「人口衛星である可能性のほうが高い」、「ミサイルと報道しているのは日本だけ」と北朝鮮側を擁護したり、「『日本の原子力発電は原爆製造のためのカモフラージュで、種子島のロケット打ち上げは事実上のミサイル開発』と言われたとしても日本は反論できないことになる」などと、論点を日本批判にすりかえてしまう意見がSNS上に多数寄せられたのです。』
 
そんな差別主義丸出しのコメントを投稿する人間は全て、日本国民の基本的人権・生存権を蔑ろにする、とんでもないレイシストです。
 
 
『このように彼らは日本側の主張や防衛行為は批判する一方、近隣諸国の主義や行為は全面的に擁護するのです。自分たちが住む土地に対する防衛行為すら否定する人々の意見を聞くと、彼らは命と引き換えに自国を貶めたがっているとすら感じます。
 デモ活動参加者たちは、外国人犯罪に抗議する人々を「レイシスト」(差別主義者)と断定し、彼らの意見を「ヘイトスピーチ」(憎しみの演説)と呼びます。しかし、国防、建国日、自国の象徴など日本のアイデンティティーを否定し、近隣諸国に媚びへつらうかのような意見を主張する彼らこそが、日本を「差別」し、「憎んでいる」のではないでしょうか。』
 
同感です。こういう人々こそ、まさに「ヘイトスピーカー」「レイシスト」です。
 
 
『「平和活動」と称し、露骨な与党批判や反日活動に終始する左派系政党を見ていると、僕は彼らが本当に必要であるか疑問に感じます。さらに沖縄米軍基地撤廃、国税による生活保証の拡大など、SEALDsら安保反対団体の主張は左派系政党の政策をほぼなぞったものなのです。
 文化大革命時、中国共産党は無垢な若者たちを洗脳し、「紅衛兵」と呼ばれる自分たちの尖兵に仕立て上げました。僕は左派系政党により日本の若者たちが「現代の紅衛兵」となることを危惧しています。』
 
>「平和活動」と称し、露骨な与党批判や反日活動に終始する左派系政党を見ていると、僕は彼らが本当に必要であるか疑問に感じます。
 
不必要です。日本人を差別する政党、日本国民の基本的人権・生存権を蹂躙する政党は全く必要ありません。日本人に害を及ぼすだけですから。
 
>SEALDsら安保反対団体
>僕は左派系政党により日本の若者たちが「現代の紅衛兵」となることを危惧しています
 
少なくとも、平和安全法制や憲法改正に反対するSEALDs(志位るず)の様な団体に賛同する若者は、紅衛兵・尖兵同然です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『「現代の紅衛兵」というのは上手い表現です。使っていきたいですね。やはり外国人の視点を取り入れることは必要ですね。売国権力はいつもは「外国の声を聞け」と言うくせに、自分達に耳の痛いことを言う外国人の声は、ケント氏、トニー氏、石平氏などについてもそうですが、一切耳を貸さないダブルスタンダードですからね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。