スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民を舐めきった大メディア権力と言論人(かず)

こいつら、日本国民を完全に舐めきっています。
こういうファシストが日本を牛耳っているにも拘らず、日本国民は大大的な抗議も批判もしない…。自分達の事を情けないとすら思わない、メディアの家畜・奴隷と化した日本国民。
ここまで遣りたい放題されて、暴虐の限りを尽くされて、何も言わないんですか?何も反撃しないんですか?
 
 
【高市総務相電波停止発言】「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見
『田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。
 呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。
 声明では、高市氏の発言が「放送による表現の自由の確保」を定めた放送法1条や「表現の自由」を保障する憲法21条の精神に反していると主張。その上で「現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく『息苦しさ』を増していないか」として、「自主規制、忖度、萎縮が放送現場の『内側から』拡がることになっては、危機は一層深刻だ」と訴えた。
 会見で、岸井氏は「高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。仮に曲解しているのであれば、『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない」と高市氏を批判。田原氏は「非常に恥ずかしい発言。全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念ながら多くの番組は何も言わない。高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない」と訴えた。
 また、鳥越氏は「安倍政権からの恫(どう)喝(かつ)、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。「メディア内部に(政権への)遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない」とも訴えた。
 会見で配布された声明文の全文は次の通り。

 「私たちは怒っている--高市総務大臣の『電波停止』発言は憲法及び放送法の精神に反している」
 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断するということになると存じます」と明言している。
 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第1条)の精神に著しく反するものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。
 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。
 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。
 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。
 〈呼び掛け人〉(五十音順 2月29日現在)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎』
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290021-n1.html
 
>高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない
 
高市氏に票を投じた有権者、高市氏を支持する有権者を完全に侮辱しています。侮辱罪などで訴えるべきです。
 
>「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」
>『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない
>非常に恥ずかしい発言
>戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない
  
これは我々が大メディア権力や、岸井・田原・鳥越・大谷・田勢・金平・青木の様なナチズムの継承者に対して、積極的に言わなければならない事です。
 
>放送による表現の自由を確保すること
>国民の「知る権利」
 
以前から繰り返し述べていますが、国民の知る権利や表現の自由を奪っているのは他ならぬ大メディア権力です。
 
>鳥越氏は「安倍政権からの恫(どう)喝(かつ)、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。
 
これは我々日本国民に対するナチスからの脅しであり、挑戦状です。
 
 
 
岸井成格氏「品性、知性のかけらもない」「恥ずかしくないのか」 自身への批判に反論
『田原総一朗氏らジャーナリスト有志が高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議した29日の記者会見では、TBS系報道番組「NEWS23」アンカーを務める岸井成格氏が安保報道をめぐる自身の発言への批判について、「低俗」「品性のかけらもない」と語気を強めて切り捨てる場面もあった。
 岸井氏は会見で、番組編集に当たっての政治的公平などを定めた放送法4条に絡み、「公平・公正という言葉にみな、だまされてしまう。でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」と主張。「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」として、「政治的公平を判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」と訴えた。
 岸井氏は昨年9月の同番組で、国会審議が大詰めを迎えていた安保法案について、「メディアとして廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と発言。これに対し、作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」が、政治的公平を定めた放送法違反の疑いがあるとして岸井氏らに公開質問状を送ったが、岸井氏は回答しなかった。
 岸井氏は同会からの批判について、「低俗なあれにコメントするのは時間の無駄だ。だが、安保法制については、憲法違反で、自衛隊のリスクが一気に高まり、戦後の安保体制が180度変わる。それをあんなに反対の多い中で形で強行採決していいのか。誰が考えたって、批判するのは当たり前のこと。それがダメだと言われたら、メディアは成り立たない」と主張した。
 また、同会が産経新聞や読売新聞に発言を問題視する意見広告を出したことについては、「最初は何の広告か、さっぱり分からなかった。本当に低俗だし、品性どころか知性のかけらもない。ひどいことをやる時代になった。恥ずかしくないのか疑う」と、痛烈に批判した。
 一方、鳥越俊太郎氏は「日本の社会が戦後70年たち、全体として右側に保守化している事実は認めなければいけない。その空気の中で、日本会議という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告が出ている、ということがある程度分かってきている」などと発言。その上で、「メディアが政権をチェックするのではなく、政権がメディアをチェックする時代になっている。そこから戦っていかなければいけない。戦いですよ。負けられない戦い。負けたら戦前のようになる。大本営発表のようになる」と強調した。』
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290021-n1.html
 
>「低俗」「品性のかけらもない」
>権力は絶対に腐敗し、暴走する
 
大メディア権力や、岸井・鳥越の様なナチズムの継承者の事です。
発言が全てブーメラン状態なのですが、ブーメランだという事を表立って主張する人間が殆ど存在しない事が異常です。
 
>ジャーナリズムの役割
 
日本のメディアにはジャーナリズムというものが微塵も存在しない事は今まで再三再四述べてきました。
反権力やジャーナリズムという言葉は、メディアの圧政を正当化する為にある言葉ではありません。
 
>負けられない戦い。負けたら戦前のようになる
 
日本国民が大メディア権力や、メディアに隷属する岸井・鳥越ら言論人というナチズムの継承者に負けたら、この国から言論の自由が完全に消滅し、大メディアや、メディアを操るレイシスト達の完全なる奴隷と化します。
 
>大本営発表のようになる
 
外国の権力者や日本人を差別するレイシストの見解を都合よく切り取って垂れ流しているのが、現在の日本のメディアです。
 
 
 
(追記)
僕のコメント
『産経新聞もここまで馬鹿にされているにも拘らず、ナチズムの継承者である大メディアや言論人を積極的に批判しないなんて、相当狂っています。現代版ナチスである大メディアや言論人という絶対的な権力者に対する「反権力報道」を展開すべきです。』
 
太一さんのコメント
『10年近く前から私は、「なぜ保守は左翼を批判しないのか」と言ってきました。栗原先生も最初は私のこの発言に「なるほど」と言っていましたが、途中からはやや及び腰になっていた記憶があります。日本の保守派って、何かの病気にでもかかっているんでしょうかね。』
 
僕のコメント
『こいつらは左翼どころではなく、完全にファシスト、レイシスト、ナチスですよ。他の国なら大規模なデモや革命が起きているでしょう。横暴を極める大メディア権力や言論人に抗議も批判もしない国民は、メディアの家畜奴隷です。
家畜と化した国民には我々が訴えていく以外に方法はないんだと思います。安倍政権自体いつまで続くか分かりませんし、メディアやレイシストのバッシングが功を奏して政権交代が実現してしまったら、ヘイトスピーチ規制法や人権擁護法などの言論弾圧法・人権蹂躙法が可決されるのは目に見えていますから、そんな最悪の結果を招かないように、我々が訴える、行動するより他ないのでしょう。
我々は「当事者」であり「プレイヤー」です。それを忘れてはいけないと思います。』
 
太一さんのコメント
『家畜国民の思考回路というのはどうなんでしょうかね。今のように、安倍政権に対して発狂したファシストメディア権力の姿を少し垣間見て何か感じるか、あるいは民主党政権時代のように、散々メディアが持ち上げて誕生した政権で上手くいかないのを目の当たりにした方が効果があるのか、どちらかというとおそらく後者の方が効果があるんでしょうね。物事をきちんと考えることをしない家畜国民の場合。もっとも後者についても、大メディア権力は、民主党をトカゲの尻尾切りにして責任逃れしていますが、国民がそれをどう感じるか。多分そこまで考えていない、となると、もはや国民が大メディア権力のファシズム支配から脱することは不可能になるかも知れません。かずさんが言われるように、国民の中から変革の動きが起こらないと、難しいですよね。』
 
僕のコメント
『こんな記事もあります。
「青木理こそ差別主義者だ!ファシストだ!」と積極的に訴えるべきですね。
 
【メディア裏通信簿】最高裁がファシスト擁護だって? 夫婦別姓論者のご乱心にあんぐり…
『最高裁で夫婦同姓に「合憲」判決が出たとき、マスコミの多数派は不満げだっただろ。ジャーナリストの青木理なんか、サンデー毎日1月3日号で同姓主義者を「ファシスト」だって、書いたんだぜ。
《いわゆる『選択的夫婦別姓』に反対する連中の心性をどう評すべきか。自己の偏頗な主張を他人に強制して平然顔のファシスト。それが言いすぎなら、少数者の意見や多様な価値観を認めない反人権主義者。いずれにしても、ろくなもんじゃない》
まあ、最高裁は選択的夫婦別姓の導入が違憲といったわけじゃなく、同姓か選択的別姓かは国会の判断だといったわけだから、青木もさすがに最高裁を「ファシスト」とは言ってなかったが、でも悪口だったよ。「現実逃避ともいえるこの判決は、偏頗な国家主義者に口実を与えかねないという意味でも、多数決ではすくいきれない少数者の人権を救済するのが司法の役割だという観点からも、ただただ虚脱するだけの残念な結論だった」と書いたんだ。』
http://www.sankei.com/entertainments/news/160226/ent1602260023-n1.html』
 
太一さんのコメント
『青木自身がファシストだからこそ、そういう発想が出るんでしょうね。
「現実逃避ともいえるこの判決」という言い方は、要は「欧米諸国がファシズム的に押しつける価値観に合わせずに独自の文化を尊重することが現実逃避」と言っている訳で、まさに全体主義者、ファシストですよ。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。