スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者を馬鹿にしたメディアの決まり文句(かず)

「○○が反発する恐れがある」「○○の反発を呼ぶ可能性がある」というレイシズムメディアの常套句、聞き飽きました。
「読者は権威や権力に服従する、思考停止に陥った馬鹿しかいないから、繰り返し使用しても問題はない」という考えが根底になければ、非主体的で、外国に対して隷属的な決まり文句を多用しないでしょう。
 
 
日米印 海上訓練へ…フィリピン海域 中国反発の恐れ(毎日新聞)
『【ニューデリー金子淳】米太平洋軍のハリス司令官は2日、ニューデリーで、日米印の海上共同訓練「マラバール」が今年、フィリピン北方の海域で実施されるとの見通しを明らかにした。ロイター通信などが伝えた。同海域は中国が実効支配を強めている南シナ海に近く、中国の反発を呼ぶ可能性がある。
 マラバールは1992年、米印両国の共同訓練として始まり、日本の海上自衛隊もこれまでに4回参加した。
 ハリス司令官は「航行・飛行の自由は豊かで力のある国の特権ではなく、全ての国の権利だ」などと述べ、暗に中国を批判。マラバールについては「(今年は)フィリピン北方の海域で開催できると思う。日本も参加する」と述べ、「3カ国の海軍の能力を増強する重要な要素となる」と強調した。
 南シナ海では、米国が中国の人工島付近に軍艦を派遣する「航行の自由」作戦を実施し、中国側が反発。先月には中国が西沙(英語名・パラセル)諸島にミサイルや戦闘機を配備したことが確認されている。 』
http://mainichi.jp/articles/20160304/k00/00m/030/065000c
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『そういう考えと同時に、やはり「他国の反発を病的に恐れる日本人の特性」があってこそ、それを利用しているんでしょう。日本人自体がこの特性を顧みない限り、外国による心理的支配は続きます。』
 
僕のコメント
『話は逸れますが、レイシズムメディアのみならず産経などの保守系?メディアもそうですが、「…」という三点リーダーの使い方にイラッとします。メディアが世の中の出来事を否定的に取り上げたい時に、見出しに三点リーダーを使用する傾向が強いのですが、読者を誘導する気満々で反吐が出ます。』
 
太一さんのコメント
『そういう印象操作で国民を洗脳する表現は数多く存在しますね。ナチスのゲッベルスと同じです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。