スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットに匿名性は必要(かず)

下らない記事ですが一応コメントします。
 
【長谷川豊】釈由美子ちゃんに対して非難している人々は、自分が恥ずかしいとは思わないのか?
『あまりにも気の毒な気がしたので擁護します。
 釈由美子ちゃん。私が司会を務める番組『未来展望』のパートナーです。去年、素晴らしい出会いをして結婚をし、念願だった新しい命も授かり、現在、妊娠安定期を過ぎ、きっと素晴らしい未来を描いている時期でしょう。
 そんな彼女を悲劇が襲いました。
 愛犬が不慮の事故で無くなったのです。
 原因がなんと、釈ちゃんたち夫婦の……過失と受け取らざるを得ない状況だったため、彼女はショックを受けたようです。ファンに向けたブログに
 
 「筆舌に尽くしがたい悲しみがあった」ことを報告。多くのファンが心配し、彼女のブログには多くの応援コメントが寄せられました。
 
 その後、少し落ち着きを取り戻したのでしょうか。彼女はその悲しみが「愛犬の死」であったこと、その状況から強いショックを受けたことなどを綴り、最後は前向きな記述で未来へ向けての思いを綴っていました。そんな彼女に向けて……妊娠中で、しかも愛犬を失った彼女に対して……
 あまりにも多くの心無い言葉がネット上を駆け巡りました。
 
 「それなら最初から言えよ!」
 「紛らわしい!」
 「もう犬なんて飼うなw」
 「売名だろ」
 
 これらの言葉をもし見たとして、彼女がどんな思いに至るのか、全く想像もできないのでしょうか? 妊娠中の、しかも愛犬を失ったばかりの彼女に、こんな言葉しか投げかけられないのが「ネット上の自由な言論空間」とでもいうのでしょうか?
 昨日、私の番組で俳優の梅沢富美男さんが「ネット上で自由に発言するのは結構だよ。でも、自由には責任があるんだよ。全部、記名式にすりゃあいいじゃないか。誰が何を話してるか、全部公開にすればいい。自由なんて言うのはそこからだ」
 と発言してらっしゃいましたが、深く頷きました。言論の自由はあっても構わないと思います。でも、今回の釈由美子ちゃんを口汚くののしる方々は、本当にそれで自分が恥ずかしくないのでしょうか? そんな言葉を書き込んでいる姿を、他の方に見られて胸を張っていられるのでしょうか?
 ほんの少しの思いやりと想像力さえあれば、あんな書き込みはしないと思います。書き込んだ人々はどうかもう一度冷静になってほしい。心から思います。』
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20160305/wat1603052110006-n1.htm
 
 
>「筆舌に尽くしがたい悲しみがあった」ことを報告
 
多分ブログは所属事務所の命でやらされているのでしょうが、そのブログを自分をアピールする為の道具として利用している事は疑いようがなく、ネットユーザー、換言すると客の気を引く為にこういう記事をアップロードしたのは間違いないでしょう。
それに対して、「死ね」など誰が見ても明らかな侮辱コメントや犯罪予告を除き、どのようなコメントを投稿しようがネットユーザーの自由です。
『それなら最初から言えよ!』『紛らわしい!』というコメントは名誉毀損や犯罪予告には該当しない、至極当然のコメントです。
 
 
>梅沢富美男さんが「ネット上で自由に発言するのは結構だよ。でも、自由には責任があるんだよ。全部、記名式にすりゃあいいじゃないか。誰が何を話してるか、全部公開にすればいい。自由なんて言うのはそこからだ」と発言してらっしゃいましたが
 
権力側らしい発想ですね。実名だと指摘出来ない事が匿名で指摘出来るという点がインターネットの価値の1つです。
犯罪予告や「死ね」という侮辱コメントは論外ですが、実社会で発言した場合、不当な社会的制裁を受ける可能性のある有益な指摘や主張はごまんとあります。
例えば「外国人に対する批判=人種差別・排外主義」というレッテルを貼る人間や空気がある以上、匿名でコメントを投稿出来るネットに価値があるんです。
 
 
>今回の釈由美子ちゃんを口汚くののしる方々は、本当にそれで自分が恥ずかしくないのでしょうか? そんな言葉を書き込んでいる姿を、他の方に見られて胸を張っていられるのでしょうか?
>ほんの少しの思いやりと想像力さえあれば、あんな書き込みはしないと思います。書き込んだ人々はどうかもう一度冷静になってほしい。心から思います。
 
それを言うべき相手が他に存在していますよね?
大メディア権力やそれに隷属する言論人、そしてレイシストに対しては同様の主張を展開しないんですか?
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『この長谷川豊という人間は、よく覚えてはいないけど、毎回くだらない記事ばかり書いているような記憶がなんとなくあります。「アンチネット住人」に囚われ、凝り固まっているようですね。一番「恥ずかしい」のは、長谷川自身です。
ちなみに、最近2chなどの芸能関係を覗くことがないので分かりませんが、かつては釈由美子のことは割と叩きたがる2chねらーが多かった気がしますが、そういう場合に空気に乗って一緒に叩く、「みんな叩いてるから、一緒に叩くと楽」みたいな動機で叩く連中は、私は嫌いです(その芸能人がはっきりと売国レイシストと分かっているなら別にして)。
その結果だけ見れば、私は長谷川と近い立場のようにも見えますが、長谷川の場合は、メディア権力側から、自分達に都合の悪い批判をするネット住人を憎悪し、事あるごとにネット住人をバッシングし、いずれは言論弾圧したいと考えている。そういう権力側によるネットバッシングは、もっと許せません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。