スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理だけはいくら叩いてもいいという「いじめの構造」(太一)

(以下は2007年7月、第一次安倍内閣時代に書いた記事です。)
 
産経新聞でクライン孝子氏が言っていましたが、戦後ドイツの首相の人数は8人なのに対し、日本の首相は安倍総理でなんと28人目だそうです。
 
サミットでも、首脳がコロコロ変わるのは日本だけです。
そのせいで他の先進国は、日本の首脳を覚えられず、ひいては日本への信頼感もなくなっています。
 
振り返れば安倍総理や小泉総理の以前から、日本では首相をマスコミや世論がバカにするように袋たたきし、何人も辞任させてきました。
 
この理由は何でしょうか?
先進国の中で、日本で総理大臣になる人だけが、特別にバカばかりなのでしょうか?
 
私は違うと思います。
原因は日本人とマスコミの特質にあります。
 
身近な集団を考えてみてください。生徒会とか町内会とか。
日本では代表者になろうとする者が少なく、誰かにやらせては、他のメンバーは無責任に陰からその代表者を批判する、そういう状況が非常に多い。
 
自分が矢面には立たないこと、そして、その他メンバーが「みんな同じ考え」という状態を作ることを好みます。
他メンバー内にも、放っておけば対立点は多いのですが、誰か1人叩く対象を見つければ、皆でその人を叩くことで、「みんな同じ考え」という状態を作れ、平和が保たれます。
 
この現象は「いじめ」に似ています。
いじめ研究ではこのように1人攻撃対象になる人を「いけにえ」に例えます。
 
政治というのは、
「あっちを立てればこっちが立たない」
といった性質のものなので、現役総理大臣に対する不満というのは必ずあるでしょう。
中には現役総理大臣の至らなさのせいで、腹立たしいことも多いかもしれない。
 
しかしそれでも普通の国では、そんなにコロコロと首脳を変えることはありません。
批判しながらも、ある程度の期間は我慢してやらせてみる。
そうしなければ何も始まらない。
 
「みんな一緒だね」という確認をしたいがために、やみくもに発展性のない総理叩きを繰り返し、短期間でコロコロ変えるようなことは、そろそろやめにした方がいいと思います。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。