スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気」を読んだ選挙広告は?(太一)

(以下は2007年7月、第一次安倍内閣時代に書いた記事です。)
 
さて、今日は趣向を変えまして、このブログが相対的に見ている日本の「空気」を上手く読んだ選挙広告はどの党のものか、というお話です。結論から言えば国民新党の「正々堂々、抵抗勢力」は上手いと思います。もちろん私はこの党の政策は全く支持しませんけどね(笑)。あくまで選挙広告の話です。
 
 
近年マスコミの作り上げた空気として、「政治家が全て悪い」というものがあります。この空気のせいで、何も知らない小学生が、将来なりたくない職業として「政治家」を挙げていました。このことは、日本での政治家批判の一定部分は正当な批判ではなく、空気に流されているのに過ぎないことが分かります。
 
さてそのような時代に、政治家はどう国民にアピールすればよいのでしょうか?
私はそれは、まず
<自分たちを叩く空気を読んで、それを逆手にとること>
だと思います。
「空気」に直接反発しても無駄です。マスコミの権力は政治家よりも
はるかに強力ですし、一度いじめをはじめた国民は、批判された事実を
弁解する政治家を許さず、さらにいじめるからです。
 
 
 
かつて上手かった例として思い出すのは、小泉総理の郵政解散です。
あの時もマスコミは小泉総理を叩いていました。
「もうあのいい加減な人柄は飽きた」
という空気が、国民の間にも充満していました。
極端に飽きやすい日本人は、5年間同じ首相が勤めることに我慢できないのです。
(5年くらい、普通の国では決して長い期間ではないのですが。)
 
そんな中小泉総理は、郵政民営化法案が参院で否決されたことを利用し、
 
「私はこんなにいじめられ、孤立している。しかしガリレオのように、
私は味方がいなくても、正しいことしていると信じている。」
 
という孤独な姿勢をアピールして国民の共感を呼び、勝利を収めました。
 
またあの時は、敵側の攻撃を逆手に取っていましたね。
例えば小林興起が郵政法案反対票を喜々として高く掲げてアピールしたシーンが
メディアでも報道されました。メディアはそれだけ小泉総理が孤立している
ことを国民に見せたかったのでしょうが、それさえも小泉総理は逆手にとって
利用しました。正に天才ですね。
 
 
 
そういう意味で、今回の選挙広告で上手いと思うのは、国民新党の、
 
「正々堂々、抵抗勢力」
 
です。
 
いくらマスコミが反自民でも、「抵抗勢力」を応援するのは難しい。
国民新党は、小泉総理から抵抗勢力の筆頭として挙げられ、
自民党から追放された面々の党です。
彼等には「我々は抵抗勢力ではない」と主張する選択もありましたが、
それでは弱いんです。なぜなら彼等は明らかに古い体質を守る人達だからです。
 
そこで自分たちについてしまったマイナスのキャッチフレーズである「抵抗勢力」
を逆手にとったんでしょう。そして「抵抗勢力」はみんなから批判されるけど、
自分たちは信念を持って抵抗勢力を続けると。
ある意味、自分たちを滅ぼした小泉総理の戦略に学んだと言えると思います。
 
また自分たちが「古臭いオヤジ」であることを利用したCMを作っていました。
いかにも古臭い顔の綿貫党首が若者のところへ行って熱弁する。当然若者はシラ
けた顔で綿貫を見ます。ここも自分たちの欠点を逆手に取っていると思います。
 
ちなみにもう一度言いますが、私は国民新党のことは支持していません(笑)。
単に広告が上手いと言っているだけです。
 
もっともそれが選挙結果に結びつくかどうかは大いに疑問です。
国民新党は立ち位置が中途半端だからです。
マスコミの作るトレンドに乗っていないと思います。
 
 
それ以外の党の選挙広告で、上手いと思えるものは少ないですね。
民主党のテレビCMは、視覚に訴える意味ではまあまあだと思いますが、
キャッチフレーズはマスコミに乗っただけの平凡なものです。
それでも今はマスコミが民主をバックアップしているので、無難なやり方で
守りに入った方が得策なのかも知れませんが。
 
 
そして自民党はやはり、責められる者としての弱味を感じます。
あの広告では、マスコミや国民による「安倍いじめ」を跳ね返すことは
できないでしょう。
個別の候補を見ても、東京の丸川候補の選挙ポスターに
「日本に生まれてよかった」とありましたが、
いいフレーズなのですが、今回の選挙では何の効果もないでしょう。
 
もし私が自民党のCMを考えるなら、まず安倍総理がいじめられているのを
逆手に取ります。
 
パターン1
 
(拉致問題に必死で取り組む安倍総理)
(それを袋叩きにするマスコミ)
 
安倍「それでも私は拉致被害者を救いたい・・・」
(と一生懸命外交をやる)
 
・・・自民党
 
パターン2
 
国民A「安倍って、グズグズして何言ってるか分かんねーよな。」
国民B「前の小泉さんはイケてたのにな。安倍ってイケてねーよな。」
国民C「年金問題は全部安倍が悪いってテレビで言ってたよ。」
国民D「ああいう奴は痛い目に逢わせてやろうぜ!」
(国民10人以上が安倍総理へペットボトルなどを投げつける)
 
安倍「それでも私は拉致被害者を救いたい・・・」
(と一生懸命外交をやる)
 
・・・自民党
 
 
あるいはもっと逆手に取るのなら、最後に
「さあ、みんなで安倍総理をいじめよう!」
で終るとか(笑)。
「はなわ」が雪国まいたけを「高いから買うな」と言ったCMに近いですね。
 
 
もっとも日本最高権力者であるマスコミが、安倍総理を袋叩きにしている
現状では、どんなCMを作ろうとそれをまた袋叩きにされるので、
何をやっても無駄な面があるでしょう。
 
例えば私が例に挙げたCMですと、マスコミは散々低次元な「いじめ」を
やっておきながら、「正当な批判をいじめに矮小化しようとする卑怯なCM」
などと言って袋叩きにするでしょうね。
 
とにかく小泉氏のような「世紀のカリスマ」でないと総理が務まらないような
異常な国が、今の日本だと思います。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。