スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不当極まりない日本差別をする自由はない(かず)

【iRONNA発】左翼マスコミの暴走を監視せよ!
http://www.sankei.com/column/news/151012/clm1510120006-n1.html
 
>インターネットの質問投稿サイトで、興味深いやりとりを見つけました。
>投稿主の問いは「日本のメディアに左翼が多いのは何故ですか?」というものですが、この質問のベストアンサーに選ばれた内容が簡潔にまとめてあって、とても分かりやすかったので紹介いたします。
>《発端は、戦後の公職追放です。日本を占領したGHQは戦争の指導者を追放するという理由で、あらゆる業界から一定以上の役職にいた人間を職場から追放しました。その空いた席に入り込んできたのが、戦前戦中の反体制派だった「左翼」なのです。GHQは戦後統治の一環として、先の大戦は日本が悪い日本人が悪いという意識を植え付けるために、マスコミや教育界を利用しましたが、この2つの業界が予想以上に拡大してしまったのです》
 
GHQの占領政策が日本人に絶大な効果を発揮した原因は、日本人の民族性にあります。
「井の中の蛙大海を知らず」「長い物には巻かれろ」「寄らば大樹の陰」という諺通りの、視野が狭くて権威や大勢に従属する性質が多大なる悪影響を及ぼし、日本の国益を毀損し、日本に対する不当極まりない差別が国内外で展開される結果を招きました。
その事を日本国民は認識しなければいけません。
 
>確かに、戦後日本のマスメディアを統制したGHQの影響が、今も色濃く残っているという指摘は一般的によく知られた話です。
 
一般的によく知られているのなら、マスメディアが垂れ流す情報を妄信する国民はもっともっと少ない筈ですし、GHQを含む外国勢力や、共産社会主義勢力などからの影響を受けまくっているマスコミ業界や教育界などに反発する国民が、今以上に大勢居て当然だと思います。というか、朝日新聞社や毎日(変態)新聞社などの反日売国全体主義メディアが廃業、あるいは瀕死状態に追い込まれていて然りです。
 
>先の通常国会で成立した安保法制をめぐる報道を振り返ってみると、左派メディアの偏向ぶりは本当に酷いものでした。
>SEALDsのような都合の良い民意だけを取り上げ続けた挙げ句、法案が成立すれば今度は「権力の暴走」とまくし立てていました。
 
マスコミという最高権力の暴走に対して、全ての日本国民は立ち上がり、マスコミ権力に「NO」を突き付けなければなりません。
 
>メディアには日本国憲法で保障された「報道の自由」があります。
 
マスコミ権力には不当な差別をする自由や、日本国民の言論の自由を抑圧・弾圧する自由はありません。
 
>iRONNAは今後も左翼マスコミの暴走をしっかり「監視」し、権力とは是々非々で向き合うジャーナリズムを目指していきたいと思っております。(iRONNA編集長、白岩賢太)
 
日本の真の権力は、大マスコミであり反日売国ファシストなのですが、それを全く理解せず、反日売国ファシストを利する記事、安倍政権や右派・反戦後体制派をバッシングする記事を次々と配信し、反日売国ファシストに加担する「iRONNA」は、日本に必要の無いサイトです。
一方で我々日本国民は、マスコミ権力の暴走をしっかり監視し、出来れば告発していく必要があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。