スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権力者の「言論の自由」(太一)

(以下は2007年7月に書いた記事です。)
 
「言論の自由」は、憲法でも絶対不可侵なものとされています。
 
私も一般国民の言論の自由は、絶対に保障すべきだと思っています。
当ブログもそうですが、ネットには無数のブログや掲示板があり、そこではメディアでは報じられない様々な視点からの意見が語られており、それは絶対に貴重なものです。
 
一方、「言論の自由」の変形バージョンである「報道の自由」を、各社マスコミが声高に主張することに、私は違和感を覚えます。
また同様に、左翼系の大物(大物弁護士や各種団体・企業)が「言論の自由」を大声で叫ぶことにも抵抗を感じます。
 
なぜなら、果たして総理大臣などの「言論の自由」は保障されているのでしょうか?
 
森総理が「神の国」と言えば袋叩きになり、
石原都知事が「三国人、シナ人」と言えば袋叩きになり、
小泉総理が「人生いろいろ」と言えば袋叩きになり。
とても言論の自由が保障されているとは思えません。
 
それは彼等が「権力者」だから保障されないのだ、という意見が一般的でしょう。
 
しかし私は、政治家よりも、マスコミや左翼系の大物こそが一番の権力者だと思っていますので、政治家の言論の自由が制限されるのなら、マスコミなどの言論の自由も制限されるべきだと思っています。
 
「政治家には政策の実行力があるが、マスコミや左翼系の大物にはないから権力者ではない」
 
と言う人もいるでしょう。
 
しかし実際は、政府の一存で政策は決められません。
いつもマスコミや左翼系の大物の目をうかがっています。
 
例えば、国民の8割以上がその廃止に賛成している少年法。
なぜ廃止にならないのでしょうか?
あるテレビ番組で、カンニング竹山氏が「少年法は廃止すべき」という政策を発言したところ、約9割の視聴者が賛成したそうです。これは今まで真面目な報道機関で調査しても、近い結果が得られました。
 
廃止にならない理由は、政府が大物左翼(法曹界など)に配慮しているためです。
国民の8割以上が賛成する政策は本来必ず実行すべきですが、
ここでは大物左翼が政策を実行をしていることになります。
つまり大物左翼には、「実行力を伴った権力」がある訳です。
 
 
もう一つ言えることは、マスコミの「報道の自由」が拡大すると、
必ず一般国民の「言論の自由」が侵害されるということです。
 
放送権力を一方的に握っているマスコミが声高に主張すると、
一般国民はそれに反論しにくい空気が作られます。
周りの空気を重んじる日本人の場合は、特にその傾向は顕著です。
 
また日本の新聞は自らの意見と異なる反論文を掲載しませんし、
日本人は一部の団体を除き、デモ行進なども行いません。
 
つまり、国民の言論の自由を守るためにも、
マスコミの報道の自由は控えなければならない面がある、と私は思っています。
 
 
一般化すれば、権力・影響力の大小によって、「言論の自由」は変化する。
つまり権力・影響力の大きい者ほどその言論の自由は制限されるべきで、
権力なき一般国民の言論の自由は制限すべきではない、ということです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。