スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから政権を担当する人達(太一)

(以下は2009年4月、麻生内閣時代に書いた記事です。)
 
さて今日は、私にとっても最も興味のある部類の話題ではないのですが、
小沢秘書事件関連の話題を書いておきます。
 
主に小沢一郎氏と石井一氏について取り上げますが、
これから政権を担当する人達のことは、よく見ておかなければなりません。
 
 
<これから総理になる野党党首の疑惑は追及すべきでない?>
 
「国策捜査だ」
 
この発言は小沢氏の秘書への捜査に関してのものですが、
まず小沢氏や民主党幹部から出たもので、それ自体失言ですが、
愚かなことにマスコミからも出ました。ここが考えられません。
 
今の時期というのは、アメリカで言えば大統領選の時期です。
小沢氏は次期首相の最有力候補です。
アメリカなら、野党の勢力が有力になった時点で、
次の政権を担う可能性の高い野党の政策を厳しく追及する時期です。
そういう時期にその人物の疑惑が出ることの、どこが「時期が問題」なのか?
それも漢字の読み間違いとか酔っ払いとか、そういう次元の話ではないのです。
 
「これから総理になる人だから疑惑を追及すべきでない」
とでも言うつもりなのでしょうか?
これはかつての「椿事件」を思い出さずにはいられません。
 
(参考)椿事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 
 
小沢氏はもし本当に自分に問題ないと思っているならば、普通に、
「これから誠実に私が無実であることを示していきたい」
とだけ答えるべきでしょう。
それが次期総理最有力候補としての答え方です。
 
それを、次期総理最有力候補の人間が「国策操作」などという言葉を
平気で吐くというのは、明らかな「失言」といわざるを得ません。
彼が総理なら絶対に言ってはならない発言であり、
総理を目前としている立場の政治家
としては、そのことを十分に意識するのが当然です。
そしてもちろん、そうした小沢の態度を批判しないマスコミの失態でもあります。
 
日本の、「いじめの対象以外には馴れ合い談合体質」という
悪癖が出ていると思います。
こんな状況では「二大政党制」など夢のまた夢でしょう。
全マスコミが片方の政党ばかりエコヒイキするのでは、二大政党制は成立しませんし、
まして政権政党でも党によっては甘いのでは話になりません。
 
 
<民主党副代表・石井一のガキのような矛盾言動に笑止千万>
 
先日、民主党の石井一副代表がテレビに出演した時に、興奮気味に、
「小沢代表を叩くマスコミはいい加減にしろ」
のような言葉を吐いたようです。
 
普段からマスコミの政治報道のあり方の本質に異議を唱えている人物の発言なら、
発言に賛成はしないまでも一定の評価はできますが、
石井一は麻生総理に、何と言っても悪名高いあの漢字テストを行った
政治家です。
麻生いじめに熱狂する日本国民さえも、
さすがに石井のこの幼稚な行為に対しては批判が多かったそうです。
 
マスコミの最も愚かな政治家叩きに真っ先に便乗した人間に、
マスコミの小沢批判を批判する資格は一切ありません。
しかも興奮気味に言っていたとは、
この男は感情のみで動く、物事の分別のつかない「クソガキ」でしょうか?
そんな人物が副代表を務めた民主党という党に、政権担当能力など存在するのか?
またこういう政治家を厳しく批判しないマスコミは、
マスコミとしての責務を放棄していると言わざるを得ません。
 
 
ところで、小沢代表の秘書が逮捕された日が、
ちょうど野球のWBC日本代表優勝の日と重なったために、
小沢代表への負のアナウンス効果が減殺されたようです。
この辺は小沢の悪運の強さを示していると思います。
 
「一郎がイチローに救われた」などの声もありましたが、
ネットで小沢とイチローの面白い比較がありましたので、掲載してみます。
 
 
<イチローと小沢一郎>
 
「心・技・体のイチロー、審・疑・逮の一郎」
 
「ヒットが話題になるのがイチロー、秘書が話題になるのが一郎」
 
「投手の隙をつくのがイチロー、法律の隙をつくのが一郎」
 
「試合の流れを変えたイチロー、資金の流れがバレた一郎」
 
「野球の神おりるのがイチロー、厄病神が一郎」
 
「壁を越えたイチロー、金で肥えた一郎」
 
「世界の一位を奪ったのがイチロー、政界の地位を失ったのが一郎」
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。