スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送メディアによる悪質極まりない「捏造」を不問に付すBPO(かず) 

日本国民を足蹴にする大メディア権力。
 
 
「やんのかコノヤロー」老人に若者暴言の映像は「ヤラセ」? 水戸市がTBSに訂正求め、BPOに意見書出す騒ぎに
『バラエティ番組で若者らが高齢者に暴言を吐くシーンを意図的に作られ、イメージが悪くなった――。茨城県水戸市がこう訴えてTBSに抗議したことが、ネット上で論議になっている。
「水戸なら今でも印籠の効果あるんじゃないか説」。水戸市が問題にしたのは、「水曜日のダウンタウン」で2016年2月3日に放送したこんな企画だ。
 
放送後「水戸こわすぎ」との声が相次ぐ
 
番組では、水戸黄門に扮する高齢者男性がJR水戸駅周辺にいるマナーの悪い人に次々と注意していった。反抗的な態度に出られれば、助さん格さんに扮したスタッフ2人が黄門の印籠を示し、その効果を確かめるという設定だ。
高齢者はまず、歩きスマホの人に注意したが、反論されることはなく、迷惑な場所でタバコを吸っている「ヤンチャそうな人」に狙いを定めた。
3番目に注意した若者の男性4人組は、「何?」などと初めて反抗的な態度を示した。
“「やんのかコノヤロー! 警察でも何でも呼ばれコノヤロー!」
タバコをふかしながら怒り出したため、助さん格さん役2人が若者らの前に立ち、「控えおろう」「この紋所が目に入らぬか!」と印籠を差し出した。ところが、若者らは、「バカにしてんのかコノヤロー!」とさらに凄み、2人に詰め寄って突き飛ばすなどした。映像にはなかったが、暴力を振るわれているかのような音も聞こえていた。
高齢者が若者らにお詫びしてその場を収めたが、高齢者は「危ないとこでした」とつぶやいていた。スタジオで笑いが起こると、番組で「ちょっとドキュメントをお見せしてしまいました」と説明があり、ダウンタウンの松本人志さんが「2度と止めてね」と発言して終わった。
放送後には、このシーンがツイッターなどで大きな話題になり、「水戸こわすぎでしょ」「やっぱガラが悪いわ」「ヤンキーDQNすぎて腹立たしい」といった声が相次いだ。
 
「ヤラセがあったとは考えておりません」
 
これに対し、水戸市は、市のイメージダウンになるとしてTBSに説明を求め、3月1日になって、番組内での謝罪や訂正を求めた。放送倫理上の問題があるとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)にも意見書を提出する事態になっている。
市の「みとの魅力発信課」では、J-CASTニュースの取材に対し、TBSから提出してもらった番組の企画書には若者4人組はTBSが手配したエキストラとされてあったとして、「ドキュメントとして放送したのはおかしい」と批判した。TBSは、4人組に駅に来てほしいと言っただけだとして、暴言が演出であることは否定したというが、4人組には、水戸市民でない人もいたという。
市では、取材に対し、「番組は、ヤラセではないかと考えています。梅まつりの直前だったのに、これで観光客が来なくなることは困ります」と話している。
TBSの広報部では、「BPOへの意見書を十分に検討した上で、今後も誠意をもって対応してまいります」と取材にコメントした。若者らが暴言を吐くようにヤラセをしたかについては、「そのようには、考えておりません」と答えた。
ネット上では、番組について、「放送禁止レベルだった」「水戸のイメージが悪くなる」と批判が出ている一方、水戸市の対応についても、「そんなんだからテレビが詰まらなくなる」「騒げば騒ぐほどイメージ下がる」といった冷ややかな声も出て、論議になっている。
過去にも、「水曜日のダウンタウン」の番組では、14年7月30日の放送で兵庫県尼崎市のイメージダウンになるようなシーンがあったとネット上で騒ぎがあった。このときは、尼崎市がTBSに抗議することはなかったが、市の都市魅力創造発信課では、「面白おかしく取り上げられただけで、事実と違うという内容ではありませんでしたので、抗議には値しないと考えました」と言っている。』
http://www.j-cast.com/2016/03/02260204.html?p=all
 
 
>放送後には、このシーンがツイッターなどで大きな話題になり、「水戸こわすぎでしょ」「やっぱガラが悪いわ」「ヤンキーDQNすぎて腹立たしい」といった声が相次いだ
>市の「みとの魅力発信課」では、J-CASTニュースの取材に対し、TBSから提出してもらった番組の企画書には若者4人組はTBSが手配したエキストラとされてあったとして、「ドキュメントとして放送したのはおかしい」と批判した
 
幾らバラエティ番組と言えども、世の中の事象や仮説を調査・検証するというのが番組の主旨であるにも拘らず、興奮した若者がエキストラであるという事実を伏せて放送。
その興奮した若者がエキストラだと知る事なく、放送内容を事実だと思い込み、水戸に対してマイナスイメージや嫌悪感を抱いた視聴者が居たという事実は、「ヤラセ」という言葉で決して片付けてはいけない問題です。
これは、放送メディアによる「捏造」「情報操作」であり、電波という公共財を使用する放送事業者として責任を問われなければならない程の大問題です。
 
 
>水戸市の対応についても、「そんなんだからテレビが詰まらなくなる」「騒げば騒ぐほどイメージ下がる」といった冷ややかな声
 
テレビ番組が詰まらなくなるとか、騒ぐほどイメージが下がるとか、そんな次元の問題ではなく、民主主義の根幹を揺るがす程の極めて重大な問題だという事が馬鹿には分からないのでしょうか。
放送メディアは事実を伝えるものだと多くの日本国民が思っている以上、放送メディアを多くの日本国民が信用している以上、その信用を裏切る悪質な捏造や情報操作は糾弾されなければなりません。
 
 
 
BPO、『水曜日のダウンタウン』は「放送倫理上の問題ない」
『放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は11日、内容に虚偽があったとして茨城・水戸市が意見書を出したTBS「水曜日のダウンタウン」を審議対象にしないと決定。「番組を通して見ればバラエティーそのもので放送倫理上の問題はない」とした。番組は時代劇「水戸黄門」の印籠が今も水戸で効果があるかを、黄門役の男性が喫煙する若者らを注意して検証する内容。水戸市は、注意に反発し、興奮した若者らがエキストラであることを番組で伝えていないことを問題視していた。』
http://www.sanspo.com/geino/news/20160312/geo16031205010013-n1.html
 

『番組を通して見ればバラエティーそのもので放送倫理上の問題はない』と、放送権力の防衛組織であるBPOは抜かしていますが、視聴者が番組やそのコーナーを全て視聴するという大前提が僕には全く理解出来ません。
放送権力を庇う為の言い訳にしては酷過ぎます。
 
そのコーナーや番組を始めから終わりまで視聴しても、事実だと思い込んでいる視聴者が1人でも存在する時点、エキストラだという事実を伏せて、さも現実の出来事であるかのように放送する時点で、放送事業者としての責任を問われなければならない程の、極めて悪質かつ重大な問題です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『なにせ香山リカのようなレイシストが委員を続けてきた訳ですからね。こんな連中の好き嫌いで適当に何でも判断するBPOの判断など、価値はゼロどころかマイナスです。こんな組織は無視し、国民によるテレビ監視組織が急務なんですけどね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。