スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイシストの主張を垂れ流し、批判を悉く隠蔽する大メディア(かず)

シールズ新宿集会詳報 「保育園落ちたの私だ」コールも飛び出すが、笑顔で記念撮影に余念のないメンバーも 野党幹部は「徴兵制」で政府批判
『志位氏は「政府・与党は野党共闘に危機感を燃やし、いろんな攻撃を早速始めているが、事実認識をただしたい」として、対決の構図は「『自公対民共』ではなく、『自公対5野党プラス市民・国民』だ。決して負けるわけにはいかない」と述べ、協力を求めた。
 志位氏ら4人はその後にそろって登壇し、がっちり握手。野党共闘をアピールした。
 集会では主催者であるシールズのメンバーらもあいさつした。最初にマイクを握ったシールズの中心メンバーである奥田愛基氏は「安保法制の施行に抗議するため」と集会の目的を語った。大音量で音楽を流す中、奥田氏らは新たに考案したコールを披露。「自衛隊を派遣するな」や「誰も殺すな」「自衛隊の命を守れ」「みんなの暮らしに税金使え」
(略)
 シールズ関西の寺田ともか氏は「個人を尊重しない政党に、これ以上この国のことを決めてほしくはない。命の価値を理解できないむなしい価値観の人々に、これから生まれ来る子供たちの大切な命や未来を預けるわけにはいかない」と呼び掛けた。
 「安保関連法に反対するママの会」の西郷南海子氏は原発の話題に終始し、「すぐそこで世界最悪レベルの原発事故が起こっているのに、安倍政権はオリンピックのエンブレムやら競技場に何億円もつぎ込んでいる。もはや人が生きることをバカにしているとしか思えない」「安倍政権は妄想の中で見たいものだけを見ている。現実から目を背け続ける政権は、もういりません!」と訴えた。
 若者以外にも、精神科医の香山リカ氏は「国民をマシンのように1億総活躍などといって、とことん働かせようとする安倍政権は、絆分断政権だ」と非難。作家の落合恵子氏は、米大統領選の共和党候補者指名争いをリードしているトランプ氏を持ち出し、「トランプの暴言と差別意識を笑うなら、この国も同じことをしているということをちゃんと報道しろ。この国にもいるじゃないか、同じような差別主義者が」とマスコミに訴えた。』
http://www.sankei.com/politics/news/160313/plt1603130038-n1.html
 
>共産党の志位和夫委員長
>自公対5野党プラス市民・国民
 
志位和夫(共産党)は安倍政権や平和安全法制を支持する日本国民を徹底的に差別・侮辱していますね。侮辱罪などで訴えなければならない程、極めて悪質です。
 
 
>シールズの中心メンバーである奥田愛基氏
>「自衛隊を派遣するな」や「誰も殺すな」「自衛隊の命を守れ」「みんなの暮らしに税金使え」
 
自衛官を含む日本国民の生命を守る為、戦争のリスクを下げる為に平和安全法制が必要なのですが、自衛官や日本国民の生存権・基本的人権を微塵も尊重しないばかりか、実質的に隣国の軍備拡張や侵略行為に加担している自称反戦平和主義者(レイシスト)からすれば、安倍政権や平和安全法制の存在は迷惑千万でしょうね。
 
 
>シールズ関西の寺田ともか氏
>個人を尊重しない政党に、これ以上この国のことを決めてほしくはない。命の価値を理解できないむなしい価値観の人々に、これから生まれ来る子供たちの大切な命や未来を預けるわけにはいかない
 
正しく、民主党・共産党・社民党・維新の党・生活の党の事ですね。日本国民に対する差別全開のレイシズム政党です。
 
 
>「安保関連法に反対するママの会」の西郷南海子氏
>もはや人が生きることをバカにしているとしか思えない
>妄想の中で見たいものだけを見ている。現実から目を背け続ける政権は、もういりません!
 
そのセリフ、そっくりそのままあなた方にお返しします(笑)。
レイシストによる暴言の大半はブーメラン発言ですね。自己紹介するのが大好きな哀れな人達。
 
 
>精神科医の香山リカ氏
>国民をマシンのように1億総活躍などといって、とことん働かせようとする安倍政権は、絆分断政権だ
 
日本国民の絆どころか日本という国そのものを分断しようと必死になっているレイシストが何を抜かしているのでしょうか?
 
 
>作家の落合恵子氏
>トランプの暴言と差別意識を笑うなら、この国も同じことをしているということをちゃんと報道しろ。この国にもいるじゃないか、同じような差別主義者が
 
我々の主張を態々代弁していただき有難うございます(笑)。
落合恵子や香山リカの様なレイシストによるヘイトスピーチや犯罪行為の数々を、日本の大メディアは隠蔽せずに隈なく報道すべきです。
まあ、レイシスト集団と結託していると言っても過言ではない大メディアが報道するとは思えませんが。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんのコメント1つ1つに全く同感です。産経はどうしてそういう鋭い批判ができないのか。権力批判ができないメディアにジャーナリズムを名乗る資格はありません。大手新聞の中で一番マシな産経がこの程度ですからね。
だいたい何が「詳報」だって話ですよ。こんな糞発言だけ延々と流し、反対側の批判は隠蔽するのか。本当に別の意味で私も「日本死ね!」と言いたいです。こんな糞ファシストが支配する日本なんて。
朝日の靴の裏をなめないと、新聞社としてやっていけないくらい、朝日の絶対的支配体制があるんでしょう。一般には知られていませんが、メディアの世界で朝日の権威は絶対的ですからね。その朝日を支配しているものを、「売国権力」と私は呼んでいます。
例えば映画界で俳優でも監督でもやっていくためには、山田洋次や崔洋一に逆らっては絶対にやっていけないのと同じで、とにかく一部の売国権力者がファシズム的に支配しているのが、この国の特徴です。システムがそうなっていますからね。逆らう者は絶対に金を稼げないで追放されるシステムが。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。