スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際機関」には何も言えない日本のマスコミ(太一)

以下は5年以上前に書いたものですが、
「世界の中で日本のマスコミ”だけ”が国際機関を批判できないヘタレ」
であるという内容で、5年後の今日も全く同じです。
日本人の国連崇拝(あんな糞委員会の慰安婦勧告でさえ不必要に恐れる)
にも関わる、大きな問題です。


http://blog.goo.ne.jp/ta…/e/26dca16c85c5ba4107b0a66d94976e6c
(リンク先の5年前の新聞記事は既に削除されています)。
=======================
2010年12月2日に行われた、W杯開催地を決めるFIFA理事会
に関する記事をご紹介します。
英紙「八百長」!投票は「仕組まれていた」
ttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/04/01.html
イギリスの有力紙が、FIFA理事会の投票を八百長だと批判したのです。
FIFAは国際的な機関です。
それを、例えば日本の朝日新聞や読売新聞が批判することなど、あり得るでしょうか?
あらかじめ言っておきますが、私はサッカーW杯の招致自体に興味はありません。
この時2回分のW杯の投票を行い、日本も1つの方に立候補して落選していますが、
2002年でしたっけ?国内で悪名高い日韓共催W杯が行われたばかりですし、
私はサッカーの応援自体さほど熱心ではありませんので、
正直どうでもいい、というのが実感です。
しかし問題はそこではありません。
一応日本のマスコミは、建前上、日本に決定して欲しいという態度でいました。
あるいは今回は別にしても、本当に招致したい競技があるかも知れません。
そんな時、国際機関の不透明な投票で日本が落選した場合、
日本のマスコミはちゃんとその国際機関を批判できるのか?という指摘です。
間違いなくできないでしょう。
前に書きましたフィギュアスケートの際も、日本選手に不利なジャッジがありながら、
国際スケート連盟に対してまともな批判記事1つ書けなかったのが日本のマスコミです。
私は世界で日本ほどマイナス思考に凝り固まった国はないと思いますが、
それ以外に比較的日本に似た思考回路を持つ国として、ドイツとイギリスがあると思っています。
ドイツは日本同様、先の大戦の敗戦国として国際的にいじめられている国ですし、
イギリスはそうではないが、日本に少し似た島国で、
歴史上の数多くの侵略行為を批判されている国です。
両国とも発展はしているが思慮深い国民なので、繊細でマイナス思考な人が多いようです。
ドイツでは、サッカー選手のカーンが「ドイツ人はいつも悲観的で嫌だ」と言っていましたし、
イギリスは日本の次に「いじめ学」が発達した国です。
そんなイギリスでさえも、マスコミはこのような「大胆な」記事を書くのです。
大胆と言っているのはあくまで日本的感覚で見た話で、
世界のマスコミからすれば当然の記事でしょう。
しかし日本のマスコミは、日本政府に対してはいくらでも厳しい批判記事を書きますが、
相手が外国、特に国際機関となると、途端に批判記事を書きません。
こういうメディアは、マスコミとは呼べません。
なぜこれが問題なのかと言うと、これが「国連崇拝主義」と密接に関わっているからです。
例えば特定の国が国連に働きかけ、日本の利益を奪うような議決が行われても、
日本のマスコミは何1つ批判できない。
すると国民も大人しく従い、よって政府も国連の言いなりになるしかない。
そういうことが現実に起きています(いずれ一例を記事にしたいですが)。
このことを指摘している人はネット住人
(レッテル主義者がネトウヨと呼んでいる人たちも含め)にも少ないと思います。
逆に、今回の英紙のFIFA批判について「みっともない」と言っている人の方が多いでしょう。
しかしそういう日本国民の感覚もまた、私に言わせれば問題です。
いかにも他国の評判ばかり気にして島国根性丸出しで、国際社会では通用しない感覚です。
日本以外の全ての国はマスコミも国民も、世界から「みっともない」と思われようが、
きちんと自国の利益を主張しているのです。
国民もいちいち「みっともない」の大合唱などしません。
だから政府もきちんと自国の利益を主張できるのです。
中国が劉暁波氏のノーベル平和賞にあれだけ過激に抗議するのもそうです。
私は中国の主張は間違っていると思いますが、ここでは正しい間違いは関係ありません。
国際機関相手でも、国際的な評判をいかに落としても、主張ができるかどうかの話です。
むしろ、これほど私のような他国の人間から「間違っている」と思われていても、主張する。
日本の及び腰とは正反対です。
(もっとも中国のようにノルウェーをバッシングするのは八つ当たりであり、愚かです。
相手はあくまでノーベル賞委員会であって、ノルウェーではありません。)
オバマ大統領、大差で落選に不満「誤った判断」
ttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/04/05.html
オバマと言えば、歴代アメリカ大統領の中でも、国際社会の評判に敏感な大統領ですが、
それでもこのようなことを言っています。
日本の総理大臣にこんなことが言えるでしょうか?
仮に言ったとして、マスコミや国民は「みっともない」などと言わないでいられますか?
いくら国民が日本政府に、「国益を主張すべきだ」と表面的に言ってみたところで、
このように国際機関に何も言えず、他国の評判ばかり気にしているうちは、
いくら言っても政府は国益を主張することなどできないでしょう。
決して民主党政権を擁護している訳ではありません。
とにかくマスコミも国民も変わらないと、国際社会で日本が損をし続けるでしょう。
そのことに、いい加減早く気が付いて欲しいだけです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。