スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人を差別して喜ぶ朝日新聞などの大メディア(かず)

朝日新聞というレイシズムメディアは、どこまで日本人を差別すれば気が済むのでしょうか。
朝日新聞社の幹部や、朝日新聞社に勤務する記者や社員は、外国権力と一緒になって日本人を徹底的に差別し、人権を蹂躙し、日本人が苦しむ姿を見て心底喜んでいるんでしょうね。
その快感が忘れられないから、そして戦後体制(売国権力の支配下)で築き上げた既得権益を失いたくないから、こういう差別意識丸出しの記事を毎日欠かす事なく垂れ流すのでしょう。
 
 
(社説)朝鮮学校補助 子どもらに責任はない
『全国各地にある朝鮮学校は、在日コリアンの子どもたちが通っている。日本の学習指導要領に準じた各教科のほか、民族の言葉や文化も学ぶ。
 どの学校も財政的に運営は厳しく、所在地の自治体の多くが他の私学や国際系の学校と同じように、補助金を出している。これに対し、自民党などから補助を打ち切るよう文部科学省に求める声が出ている。
 拉致問題に加え、核実験などを繰り返す北朝鮮への制裁の一環だという。いくつかの自治体はすでに補助を止めている。
 だが、朝鮮学校に通う子どもたちには、核開発や拉致問題の責任はない。北朝鮮の国に問題があるからといって、日本で暮らす子どもの学びの場に制裁を科すのは、お門違いの弱い者いじめというほかない。
 そもそも地方自治体が権限を持つこの問題について、文科省が介入するのは適切ではない。
 日本では、民主党政権だった6年前から高校の無償化が始まったが、これも朝鮮学校には適用されていない。民主党政権は適用を保留し続け、その後の安倍政権は発足後すぐに無償化対象からはずしてしまった。
 政治的理由による除外は違法だとして、朝鮮学校の生徒らが国を相手どり、東京や大阪など各地で裁判に訴えている。
 国際的にも、人種差別撤廃委員会など国連の場では、高校無償化の適用除外は「差別だ」と認めたり、日本政府に対し、無償化の適用や、地方自治体に補助の維持を勧めるよう求めたりする見解が相次いでいる。
 国内でも、埼玉弁護士会が昨年、補助を止めている埼玉県の上田清司知事に「極めて重大な人権侵害」と警告した。
 朝鮮学校では、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が運営にかかわっているケースは多い。だが、政治と教育は別だ。神奈川県の黒岩祐治知事は「子どもたちに罪はない」として、学校ではなく、生徒たち個人への補助を続けている。
 歴史観の違いはともかく、教育内容に問題があれば話し合いで解決すべきだ。実際、朝鮮学校の教育も変化してきている。
 在日コリアンの社会は多様化しており、多くの朝鮮学校で、韓国籍の子どもが過半数となりつつある。北朝鮮の体制を崇拝している人々の子どもだけが通うと考えるのは誤りだ。
 何より朝鮮学校の子どもたちも私たちの社会の一員だ。日本と隣国の懸け橋になりうる子どもたちを排除しようという思想であれば、逆に日本に反感を持つ人々を増やすだけである。』
http://www.asahi.com/articles/DA3S12268692.html
 
 
>子どもらに責任はない
 
「子どもらに責任はない」と言いながら、日本の子供達に無実の罪を背負わせようとしているのは一体どこの新聞社でしたっけ?
 
 
>全国各地にある朝鮮学校は、日本の学習指導要領に準じた各教科のほか、民族の言葉や文化も学ぶ
>朝鮮学校では、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が運営にかかわっているケースは多い
>自民党などから補助を打ち切るよう文部科学省に求める声が出ている
>拉致問題に加え、核実験などを繰り返す北朝鮮への制裁の一環だという。いくつかの自治体はすでに補助を止めている
 
日本の法律に従って文部科学省が認可した学校法人であり、尚且つ文部科学省の指導に従う、透明性の高い組織だと言うのならいざ知らず、透明性の欠片もなく法令に従う姿勢もない学校もどき、もとい工作組織と言っても過言ではない外国の組織、まして日本国民など諸外国の人間を大量に拉致し、国民を徹底的に弾圧し、ミサイルを乱射し、核開発を推進する独裁国家の下部組織に対して日本国民の血税を支出するなんて、日本人に対する差別どころか、拉致や核開発など戦争行為を繰り返してきた独裁体制を支援する事に他ならないのですが、この社説を読む限り、朝日新聞社は戦争行為を繰り返す独裁体制を積極的に支援すべきだと主張しているも同然です。
 
 
>お門違いの弱い者いじめというほかない
 
権力を不当行使し、日本人に対する不当極まりないイジメを繰り返す、朝日新聞社の社長や記者、社員に対して言うべきセリフですね。
 
 
>文科省が介入するのは適切ではない
 
政治に対する介入を繰り返してきた朝日新聞社が存続するのは適切ではない。極めて不適切。
 
 
>政治的理由による除外は違法だとして、朝鮮学校の生徒らが国を相手どり、東京や大阪など各地で裁判に訴えている
 
裕福な朝鮮学校関係者が政治的理由に基づいて、全国各地で訴訟を起こしていると指摘すべきでしょう。
そういう事実すら指摘せず、外国権力の側に立った記事を垂れ流し続ける朝日新聞社は、「反権力」「ジャーナリズム」という言葉とは真逆のメディアです。
 
 
>国際的にも、人種差別撤廃委員会など国連の場では、高校無償化の適用除外は「差別だ」と認めたり、日本政府に対し、無償化の適用や、地方自治体に補助の維持を勧めるよう求めたりする見解が相次いでいる
>国内でも、埼玉弁護士会が昨年、補助を止めている埼玉県の上田清司知事に「極めて重大な人権侵害」と警告した
 
これらの不当極まりない要求こそ「差別」であり、「極めて重大な人権侵害」以外の何ものでもありません。
 
 
>歴史観の違いはともかく、教育内容に問題があれば話し合いで解決すべきだ
 
話し合いすら拒否する朝日新聞社が何を抜かしているのでしょうか?
 
 
>日本と隣国の懸け橋になりうる子どもたちを排除しようという思想であれば、逆に日本に反感を持つ人々を増やすだけである
 
日本に反感を持つ人々を量産する記事を垂れ流してきたのは一体どこの新聞社でしたっけ?
大人だけでなく日本の子供達に価値観を押し付け、その価値観に異論を唱える子供や批判する子供に対しては「ネトウヨ」というレッテルを貼って悉く排除してきたのは一体どこの新聞社でしたっけ?
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんのコメントの1つ1つに全く同感ですね。こういう反論をする論者が一切メディアに出てこないのが、この国のメディア支配の現状です。』
 
僕のコメント
『家族会はこういう記事を垂れ流す朝日新聞社に抗議しないんですかね?』
 
太一さんのコメント
『マスコミを敵に回すと拉致問題自体が取り上げてもらえず、拉致問題の解決が遠のくと考えているのか、マスコミには何も言えないようですね。せいぜい田原総一朗個人を訴えた程度です。その辺からも、マスコミこそがこの国の最高権力者であることが分かります。被害者すら逆らえない絶対権力ということですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。