スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大メディアは不動の権力者(かず)

この記事が、現在の保守派や保守系?メディアの視野の狭さを物語っています。
 
 
【朝日新聞研究】マスコミも政治と同じ権力であり、悪いことをする 慰安婦報道はその代表
『このところ自民党議員の不祥事や失言が頻発し、安倍政権に批判的な人々が、盛んにこれを利用しようとしている。中でも、高市早苗総務相による放送法を根拠とした放送局の「電波停止」(停波)発言は、言論の自由に関するものとして、問題視されている。
 朝日新聞はもちろん高市発言批判に熱心だ。
(略)
 マスコミは、すぐに政治権力の規制や威圧、それによる萎縮を問題にするが、そもそも、マスコミはそんなに弱体な存在なのであろうか。
 現在の日本において、マスコミも1つの巨大な権力である。なぜなら、マスコミの報道によって、明らかな権力者である大臣や議員が何人も辞任しているからである。最近の事例ばかりでなく、過去の歴史問題に関する大臣の発言など、実に枚挙にいとまがない。
 2009年の民主党による政権交代にも、マスコミによるキャンペーンが影響したと感じる。1993年の細川連立政権誕生時には、テレビ朝日の報道局長が「反自民の連立政権を成立させる報道をした」という趣旨の発言をして大問題となった。待機児童問題もインターネットが発端だが、それを拡大して大宣伝した、朝日新聞などのマスコミの力が大きいことは前回述べた通りである。
 マスコミは巨大な情報発信力を有して、政治と国民の意識に大きな影響を与えている。朝日新聞だけで700万部という驚くほどの部数を持つ。さらに、朝日的情報が、高市発言批判の記者会見を行ったテレビキャスターのような人々によって、あまねく拡散されてゆくわけである。
 政治権力がマスコミ権力を批判しても、権力同士の相互批判であり、それは単純に言論弾圧とはいえないと思う。
 政治権力は悪いことをするかもしれないが、マスコミ権力も悪いことをする。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160324/dms1603241550005-n1.htm
 
 
>このところ自民党議員の不祥事や失言が頻発
 
安倍政権を崩壊させ、自民党を下野させる為に、メディアが勝手に不祥事や失言と見做して自民党バッシングを展開しているに過ぎないのですが、この文章はそういうメディアによる自民党バッシングに、筆者が少なからず影響を受けている事を示しています。
 
>朝日新聞はもちろん高市発言批判に熱心だ
 
言い掛かり・難癖を批判とは言いません。
 
>政治権力は悪いことをするかもしれないが、マスコミ権力も悪いことをする
 
メディアによるテロ行為や政治に対する介入の実例を挙げておきながら、日本における不動の絶対的権力者であるメディアと、政治(政府など)が同等の権力であるかのように論評する愚かさ。
まあ、これでも保守派の中ではマシな部類の論者なんだと思います。
メディアが垂れ流す情報を盲信し、特定の論者を盲目的に信奉し、自説に固執し、必死で政府や政治家叩きを展開する保守派やネットユーザーに比べれば。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『そこらの保守派と変わらないアホさ加減も持っているでしょうけど、これでもかなりマシな部類ですよ。一度でも「マスコミこそ権力」という発想が出たということは。ろくな人材がいないので、減点法ではなく、加点法で見ていくしかないですね。
少なくても、保守派の大勢の賛成を得ても、それは一般国民から窓際に追い込まれているコミュニティーで支持されるだけで、何の効果もないでしょうね。選挙でも保守派の票がごくわずかなのは何度も結果が証明しています。だから家畜国民に働きかけることを考えなければいけませんね。個々の問題で左翼を批判するだけでなく、根本的な思考回路を問うことも必要でしょうね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。