スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甚大な被害を演出する日本のメディア(かず)

2月の上旬に掲載された記事です。
 
台湾在住の日本人が日本のマスコミに苦言「大きな被害を作りたがっている」
『8日、台湾在住の日本人ブロガーが、台湾南部地震を報道する日本のマスコミに苦言を呈し、風評被害を危惧するブログ記事を更新した。 
台湾南部の台南市に在住しているというこのブロガーは「日本の報道や友人からのメッセージでぼくは違和感を覚えた」と訴えている。
記事では「台南の地震の被災状況って、東日本大震災と比べ物にならないくらいの微弱な影響」「たまに日本で起こる震度5くらいの地震だった」と、現地の様子を明かしている。
被害状況についても、「ビルの崩壊映像は台南市のごく一部」「今回の震災で亡くなられた被災者というのは、一つのビル『だけ』の影響です」と説明している。しかもこの崩壊したビルは「違法建築で、手抜き工事」なのだとか。
さらに、ブロガーは、日本のマスコミ取材について「『もっと大きい被害であってほしかった』と望んでそうな様子がうかがえます」「日本のマスコミは大きな被害を作りたがってるんじゃないの?」と、苦言を呈している。
また、記事によると、生活で本当に困っているのは3日間断水が続いていることだそうで、これも8日の午前には復旧しているのだという。そして記事では、こうした台南の実情と、日本での報道の違いによる「風評被害」を危惧している。
このブロガーによると、台湾のゲストハウスではキャンセルが相次いでいるそうで、募金による「日台交流のイメージ」ではなく、実際に台湾まで足を運んだほうが「よっぽど深い台湾人との交流ができるハズ」と主張している。そして「台南人が日本人にしてもらって喜ぶのは、募金ではなく台南への観光だと思います」と綴っている。』
http://news.livedoor.com/article/detail/11158980/
 
 
>『もっと大きい被害であってほしかった』と望んでそうな様子がうかがえます
>日本のマスコミは大きな被害を作りたがってるんじゃないの?
 
地震などの自然災害だけでなく事件・事故もそうですが、被害が大きければ大きい程、犠牲者の数が多ければ多い程、視聴率や販売部数が上がり、行政や為政者を叩く口実になるだけでなく、長時間に亘って視聴者や読者の関心を特定の自然災害や事件・事故に集められれば、メディアにとって不都合な出来事を取り上げずに済む余地が増えるなど、被害が大きくて犠牲者が多い方が日本のメディアには色々と好都合です。
この記事がどこまで事実なのかは分かりませんが、『日本のマスコミは大きな被害を作りたがってるんじゃないの』という指摘は、メディア関係者の思惑を言い当てていると思います。
 
 
>台南の実情と、日本での報道の違いによる「風評被害」を危惧している
 
日本メディアの報道姿勢は東日本大震災発生時から変わっていないどころか、悪化の一途を辿っています。
現実の出来事を脚色せずに報道するのではなく、事実を都合よく切り取って歪曲した上で、視聴者や読者に情報という名のプロパガンダを発信するメディアが圧倒的多数です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『これが韓国だったら日本の大メディア権力の対応も違っていたんでしょうね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。