スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少数のメディアが国民を支配する日本(かず/太一)

レイシスト集団のこういうコミュニティがあるんですね。
まず東京新聞の関係者、東京新聞と利害関係にある人間が開設した可能性が考えられますが、実態はよく分かりません。
反原発原理主義者(放射脳)である事は間違いないと思いますが。
 
東京新聞を(勝手に)世界イチにする会
https://www.facebook.com/tokyonp.sekaiichi/
 
『簡単な説明
「東京新聞を(勝手に)世界一にする会」は、現在、購読者数が世界一である読売新聞よりも東京新聞の購読者を多くすることが目標です。 あなたもこの取り組みに参加しませんか?
 
詳細
福島原発事故の後、多くの市民にハッキリと見えてきたのが、日本という国が「おカネを重視して、いのちを軽視している」という事実だと思います。
その潮流をつくることに「大きな貢献」をしてきた一員が、新聞やテレビなどのマスメディアだろうと思います。
福島原発事故が起こる前まで、マスメディアは原発の問題を本腰を入れて報道することは稀でした。
大きな広告料を払ってくれるスポンサーやその企業が属する経済団体などに「配慮」した報道がなされてきました。
しかし今、一部のメディアにそうしたことを反省する姿勢が生まれ、それを日々の報道の中で実践しています。
日本の社会を「いのちを大切にする社会」に変えていくためには、「いのちを大切にする報道」を市民が支持し、応援する必要があります。
それがなければ、その新聞社やテレビ局は生き残ることができないからです。
逆に、原発事故の後も報道姿勢がほとんど変わらない新聞社があります。こうした新聞社が、これまで通りの支持を受け続けるなら、この新聞社は報道姿勢を変えることはないでしょう。
原発に関する報道の中で、ひときわ輝きを放っているのが中日新聞系列の東京新聞です。「東京新聞を(勝手に)世界一にする会」は、今、購読者数が世界一である読売新聞よりも東京新聞の購読者を多くすることを会の目標にしています。
そのためには、東京新聞を全国で読めるようにしなければならないでしょう。
東京新聞は「ネット購読の希望者が多ければ、検討します」とのこと。
ということで、私たちは勝手に「東京新聞をネット購読したい人」も募集しはじめようと思います。そして、東京新聞がネット配信を始めたいという気持ちになるくらいの購読希望者が集まったら、東京新聞に連絡する予定です。
「マスメディアを市民が育てる」ということをFacebookなどを使って、「実験」してみたいのです。
まず、皆さんから「これまでの東京新聞のいい記事」を投稿していただき、あなたが、いい記事だと思うものは「いいね」や「シェア」をして下さい。
そして「いいね」は1点「シェア」に3点が与えられ、定期的に集計されて「東京新聞いい記事ランキング」が発表されます。
この実験は、「ひとり一人の市民がメディアになる」ということでもあるでしょう。
先では「妨害」も出てくるかもしれませんが、小さなことはあまり気にせず、このチャレンジを楽しみながら、おおらかにやっていきたいと思います。
多くの市民の力で「いのちを大切にするマスメディア」を育てましょう。
皆さんの参加をお待ちしています。』
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『「マスメディアを市民が育てる」という言葉に、隠しているこいつらのおそろしい思想が見えていますね。こうした偏った捏造メディアによって、こいつらの言う「市民」、つまり特権階級。従わない奴は「ネトウヨ罪」とかにして牢屋にぶちこんで殺せばいい、と本音では思っている。そういう差別的思考回路が私には見えますね。
あと「現在、購読者数が世界一である読売新聞」とありますが、多分2位が朝日新聞でしょうが、日本より人口の多い国は多々あるのに、これだけ少数のメディアが独占している国はない、ということも言えますね。しかも小さいメディアも朝日系の主張か、それに媚びる中立ぶりっこくらいしか生き残れない。だから日本には多様な言論が生まれないんですよ。同じ意見に皆が合わせることを強いられる。メディアにこそ独占禁止法を厳しく適用すべきだと思います。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。