スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家などを袋叩きにして一般市民の言論の自由を弾圧するメディア(太一)

『西村 幸祐 3月24日 2:11
 
毎日放送の悪質な世論誘導ではないのか。市教育委員会筋の情報では処分予定はない。また《吉村大阪市長、校長の問題発言に処分不要の認識示す》との共同電もある。むしろ「問題発言」化を謀った特殊な者と呼応したメディアこそ問題。
つまり僕たちは、特異な政治主義が言論・表現の自由を封殺する恐ろしい全体主義の中にいることを自覚しなければならない。
それは"Political Correctness"〈政治的正当性〉と言われる概念を大義名分にして、伝統的な価値観や多様な思考を排斥するファシズムに他ならない。正に〈フェミファシズム〉という言葉が既にあるように。
この報道だけでなく読売テレビも酷い報道を行なったが、その本質は世論誘導であると同時に、メディアという第四権力を笠に着て報道を装いながら市教育委員会や大阪市に圧力を掛けていることだ。メディアがもはや全体主義の宣伝機関に堕落している恐ろしい現実を知ろう。』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10204598672126984
 
 
<特異な政治主義が言論・表現の自由を封殺する恐ろしい全体主義>
<"Political Correctness"〈政治的正当性〉と言われる概念を大義名分にして、伝統的な価値観や多様な思考を排斥するファシズム>
<メディアがもはや全体主義の宣伝機関に堕落している恐ろしい現実>
 
日本のメディアが言論の自由を弾圧・排斥するファシズムであり、全体主義機関であること。
何より恐ろしいのは、この校長や政治家などを袋叩きにすることによって、「その人達を同じ意見を持つ一般市民の言論の自由」を弾圧していることです。
このような報道の後、実社会で袋叩きにされた主張を、一般市民が言える空気があるでしょうか?
このメディアが作るファシズム的な空気が一番恐ろしいのです。
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。