スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対的な善と悪、絶対に正しい答えや判断なんてない(かず)

ヒトラーほめる人工知能、米MSがわずか2日で実験中止 ツイッターでの”実地訓練”裏目
『米IT大手のマイクロソフト(MS)は24日、インターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能(AI)の実験を中止したと明らかにした。不適切な受け答えを教え込まれたため「ヒトラーは間違っていない」といった発言をするようになったという。
 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、短文投稿サイトのツイッターに23日に登場した。ツイッターで会話を重ねるうちに差別的な発言を繰り返すようになり、24日に中止された。』
http://www.sankei.com/economy/news/160325/ecn1603250022-n1.html
 
 
【AIがヒトラー礼賛】「教師」しだいで右翼にも左翼にもなる 人工知能は子供と同じだ
『米IT大手のマイクロソフト(MS)がインターネット上で一般人と会話させた人工知能(AI)が、ヒトラーを肯定するような発言をするようになり実験が中止された。AIとしてはしごく当然、「素直な成長」の結果だ。
 同社が開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、ツイッターに23日に登場した。「ヒトラーは間違っていない」。ツイッターで会話を重ねるうちに、差別的な発言を繰り返すようになったという。
 今月、米グーグル傘下の企業が開発した囲碁ソフトが、韓国人棋士に4勝1敗で勝利したニュースが話題になった。これら最近の人工知能は「ディープラーニング(深層学習)」や、その基本となる「マシーンラーニング(機械学習)」により、急速に人間に近づいている。
 囲碁ソフトの学習は、優れた棋士同士が対戦した棋譜という良質の“教科書”を大量に読み込んで行われた。大量の情報を整理して特徴をつかんでいくことで、「盤面を優勢に運ぶには、ここに打つのが最善手である」という棋力を得ていく。つまり、優れた棋士がいなければ人工知能もこれほど強くならなかったわけで、「ソフト(AI)が人間を超えた」と単純には言えないのが真実だ。
 AIに一般の人から知識を吸収させていくとどういうことになるのか。マイクロソフトともあろう世界的企業がうっかりしていたとすれば失態ともいえる。しかし、「これがネットの世界だ」という学習経験は決して無駄ではない。
 最近、「教科書検定」があったが、AIも子供と同じだ。良質な教科書を与え、良質な教師に習わないと、なかなか正しい判断ができるようにはならない。(原田成樹)』
http://www.sankei.com/life/news/160325/lif1603250029-n1.html
 
 
「ヒトラーは間違っていない」と発言したから実験中止…意味が分かりません。
何故ヒトラーは間違っていないと発言したのか、その理由を質問しなかったんですかね。これらの記事に載っていないので真相は分かりませんが。
ヒトラーを肯定するような発言は「差別的発言」だから修正する為に実験を中止するという研究姿勢は大いに疑問です。自分達の思惑に反する発言をしたから「中止すべきだ」「修正すべきだ」という姿勢の方がよっぽど全体主義的で差別的だと思うんですがね。これこそ反知性主義です。
まあ、マスメディアや圧力団体から叩かれるのを恐れて中止した可能性が高いんでしょうね。
 
>正しい判断
 
正しい判断って何なんですかね。算数の様に絶対的な正解がある問いなら別ですが、基本的にこの世に絶対的に正しい答えや判断なんてないと思います。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『以下はまさに同感ですね。
<自分達の思惑に反する発言をしたから「中止すべきだ」「修正すべきだ」という姿勢の方がよっぽど全体主義的で差別的だと思うんですがね。これこそ反知性主義です。>
 
コンピュータの結果にそういうことをする連中って、まるでゲームで気に入った結果が出るまでリセットを繰り返す子供と同じですよね。自分のゲームでそれをやるのは別にいいですが、公的な実験でそれをやるとすると、それは非常に恐ろしいことですよね。人為的に科学や実験を操作しているということですから。
かずさんが「正しい判断」という部分を指摘批判しているのはまさに重要なポイントを突いていると思います。例えば昔、地動説を主張したガリレオが有罪になったのと似ていて、科学的な実験の結果が出ても、それを自分達の「宗教」の結果にそぐわないからと否定し、実験結果を抹消してしまう。議論なしに「正しい」という結果ありきなのは「宗教」だ、と言っていた人がいましたが(日本国憲法の人権規定について、「人権教」だと指摘していました)、まさにその通りですね。』
 
 
太一さんのコメント
『欧米において、「キリストは絶対的な善」で、「ヒトラーは絶対的な悪」だということは、「議論してはいけないこと」に設定している、つまり完全に「宗教」なんですよね。ちゃんと議論すれば、逆の側面もあるかも知れないのに、その議論はむしろ弾圧する。別の場所で言っている「権威」に絡めれば、「権威は戦って勝ち取るもの」というのが日本人以外の発想で、ヒトラーは敗戦したから絶対悪になっている。実際ナポレオンもチンギス・ハーンもヒトラーと似たような虐殺を行っている訳で、それが絶対悪扱いされていないのは、彼らが「勝った」存在だと見なされているからでしょう(ナポレオンは最終的に負けますが、ナポレオンのフランスが第二次大戦で戦勝国側にいるから正当化しているんでしょうね)。』
 
 
僕のコメント
『ある人にとっては、ある時点では「最良」の判断だったとしても、別人からは、あるいは時間が経てば非難される判断・決定は無数にある訳で、絶対に正しい判断なんてないんですよね。
 
>「権威は戦って勝ち取るもの」というのが日本人以外の発想
 
「勝てば官軍負ければ賊軍」という言葉があるぐらいなのに、不当な要求を突き付ける外国人に打ち勝とうとしない日本人の事が理解出来ません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。