スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本死ね」「保育園作れ」と叫ぶヘイトスピーカーの本性(かず)

保育所をツブして韓国に媚びる舛添都知事に「日本死ね」ママの一派はなぜ怒らない?
『東京都が新宿区の住宅街にある都有地(注1)を、韓国人学校増設のため韓国政府に貸し出す方針を発表。とたんに抗議の声が都庁に殺到した。それら意見を代表するものが、都議・柳ケ瀬裕文氏のブログ。主張をまとめてみると、
 
 「東京では保育所や特養老人ホームが足りず、待機児童・待機老人が問題化。が、まとまった土地が無く、解決にほど遠い。都有地は都民の福祉や教育に最優先して使用されるべき」
 
 「なぜ他の外国人学校(注2)ではなく、すでに同区内に存在する韓国人学校の増設が優先されるのか? 他の国からも要請が来たらどうする?」
 
 「そもそも都が、国に断りなく(注3)勝手に韓国と約束しているのが、外国に利用される危険性の高い‟二重外交”ではないか」
 
 「韓国人学校だから問題にしているのではない」
 
 正論、としか言いようが無い。しかも、この土地近辺は新宿区内でも待機児童が多く、区から「保育所などで使用したい」と継続使用が都に打診されたことがあった。それを断ったあげくの韓国への媚びへつらい(注4)だ。だが抗議の声にも、舛添都知事は冒頭のコメントのように、どこ吹く風。
 
「保育園落ちた日本死ね」の正体
 
 この問題が多くの人々の激憤を呼んだ背景には、間違いなく「保育園落ちた日本死ね」騒動がある。 匿名ブログから国会での政局にまで発展し、賛否さまざまな意見が飛び交ったが、<保育所が足りない>現状は知れ渡った。
 しかし、である。今回、あの「保育園落ちた日本死ね」を書いたママブロガー界隈から何も聞こえて来ない。そもそも待機児童の4割は東京に集中しているのが現実。本来は「日本死ね」ではなく「東京死ね」と書いた方が、まだ筋が通っていた。国ではなく地方自治体に訴えるべき問題だったのだ。
 
「あのママブロガーは都内在住らしいですから、都知事の暴挙に怒り狂ってもいいはず。それが何とも大人しく、ネット上で“なぜ舛添死ねって怒らないの?”“前回大騒ぎして、今回は無視って矛盾している”と突っ込まれてますが、ほぼ無回答。今のところアクションを起こしてない」(ネットニュース編集者)
 
 彼女の発言に乗っかって国会前でわめいていた「保育園落ちたの私だ」デモの人たちが、東京都庁前に殺到することも無い。
 さらに直言居士で知られるエジプト人タレントのフィフィは、
 
「『保育園落ちたの私だ』『日本死ね』の方々は、舛添都知事にはダンマリ?だから<単なる政権叩き>って言われちゃうんだよ」
 
 と切って捨ててみせた(注5)。
 前回、筆者は内心「怪しいなぁ」と思いつつも、このママブロガーの実在と問題意識を信じて見解を述べた——。「表現に気を付けるべき」「特定勢力に利用されないように」と。が、事ここに至っては待機児童問題の解決より、「最初から政権叩き、政治問題化が主目的だった」と疑わざるを得ない。
 狙った暴言、政局化する野党議員、飛びつくデモ隊、煽るマスコミ…そして、貴重な土地を売り渡す舛添都知事。それぞれの権益を声高に叫ぶ音で、子どもたちの泣き声がかき消されている。
 
(1) 都有地…閉校した都立市ヶ谷商業高校の跡地。約6,000㎡。
(2) 外国人学校…ほとんどの国が自前で土地を確保している。
(3) 国に断りなく…外交と安全保障は国の専権事項。
(4)韓国への媚び…舛添都知事が「パク・クネ韓国大統領に頼まれたから」という理由でトップダウンした。
(5)フィフィ発言…カッコなど、多少表記を変えた。』
http://dailynewsonline.jp/article/1107649/
 
 
>待機児童問題の解決より、「最初から政権叩き、政治問題化が主目的だった」と疑わざるを得ない
>狙った暴言、政局化する野党議員、飛びつくデモ隊、煽るマスコミ…そして、貴重な土地を売り渡す舛添都知事。それぞれの権益を声高に叫ぶ音で、子どもたちの泣き声がかき消されている
 
同感です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『大メディア権力が取り上げる一般人の発言とされるものは、大半は「やらせ」によるプロパガンダですね。そもそも日本のメディアはやらせの前科が多数ある訳で。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。