スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の大メディア権力に対する中国人漫画家の鋭い指摘(かず)

左派勢力が台頭する日本メディアの“マスゴミ”化に中国人が警鐘
『こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年3月1日、国会上で高市早苗総務大臣による放送局が偏向的な報道を繰り返した場合、電波停止の可能性もあり得るという発言を受け、田原総一郎、岸井成格ら7人のジャーナリストが記者会見を行いました。彼らは高市大臣の発言は放送法に反すると述べ報道の自由を訴えました。
 今回の記者会見に参加したジャーナリストたちは、いずれも現在の安倍晋三政権に対し批判的な立場をとっていることは、以前からネット上などで指摘されています。公共の電波上で偏向的な意見を述べる彼らが報道の中立性を求める姿に、僕は大きな矛盾を感じました。
 
■意図的に一部の発言を抜き出し悪印象を植え付ける手法
 
 他にも日本の報道番組を見ていると違和感が生じることが多々あります。2016年3月13日、参議院選挙に向けた自民党の大会上で安倍首相が「選挙のためなら何でもする、誰とでも組む民主党・共産党の選挙協力。こんな無責任な勢力に負けてはいけない」と、選挙対策のために統合を繰り返す野党を批判しましたが、当日に日本テレビ系で放送された「NNNストレイトニュース」では、「選挙のためなら何でもする」という部分のみが大きなテロップで表示されました。
  発言の真意を知らない人は、まるで安倍首相が強硬な選挙対策を行っているかのような印象を持ったでしょう。今回の報道に対し日本テレビ側は、後番組で安倍首相の言葉を正確に描写したテロップを流し謝罪を行いましたが、当然の対応だと思います。
 このような自民党議員の発言の一部を抜き出し、悪印象を植え付ける手法は各メディアで行われます。例えば16年2月に丸山和也参院議員が、アメリカのオバマ大統領に対し「奴隷の子孫」と発言したことは大きな問題となりましたが、あの発言の真意は「差別階級の子孫が大統領まで上り詰めた」というアメリカ社会の可能性を賞賛するものだったのです。
 
 メディア側の偏向的な報道は時に大きな矛盾を生み出します。テレビ朝日系「報道ステーション」16年2月11日放送回では、日本で円高、株安が進行している原因をマイナス金利の導入と断定し、将来的な経済破綻を予想していましたが、この時の円高、株安は中国や欧州の経済低迷が原因となったもので、日本国内の金融政策はなんら関係がなかったのです。
 しかも報道ステーションは、日本の円安、株高が進行している時期に「実体経済とは無縁」、「急激な円安は経済低迷を招く」という内容の放送を行ったことがあります。この番組は現政権を批判するためなら、論理の破綻すらいとわないのでしょうか。
 
 2011年7月、中国の温州市で高速鉄道の衝突事故が発生した際、国内メディアは事実隠蔽のために事故を伝える報道をほとんど行いませんでした。当時中国に住んでいた僕は、ネットを利用し日本の報道番組を視聴することにより、重機が車両を埋める様子や正確な被害者数を知ったのです。当時の僕は日本のメディアの透明性に大いに感心し、「マスゴミ」などというメディア報道を揶揄する日本のネットスラングは、偏狭的な一部の右派層だけが使っている言葉だと思っていました。
 しかし、訪日後に日本の新聞や報道番組を長時間閲覧するうちに、特定の政党に対する執拗な批判、安保改正法案における偏向的な報道体制、市民団体に対する過剰な擁護など、一見中立的立場に見える日本のメディアの多数が、左派・リベラル的な姿勢をとっていることを悟ったのです。
 
 例を挙げると、著名人が発する安直な平和理論は新聞やテレビで大々的に紹介されますが、愛国、保守的な著名人の言動は積極的に取り上げられません。2015年に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」では、「SEALDs」、「戦争法案」、「アベ政治を許さない」、「自民党感じ悪いよね」など、現政権に対し批判的な言葉が候補として数多く選ばれました。流行語大賞の選考委員に3月1日の記者会見に参加した鳥越俊太郎、徹底した護憲派で知られる政治学者の姜尚中ら左派系言論人が多数参加していることから、この賞の思惑は明らかです。
 記者会見で自分たちが迫害されていると訴えたジャーナリストたちですが、新聞や報道番組を見ると、日本のメディアは彼らの意見に支配されているとしか思えません。僕は日本のメディア関係者には、単純な反戦思想や政権批判ではなく、政治的中立性を持った報道を行うことを期待します。』
http://dailynewsonline.jp/article/1105134/?page=all
 
 
>公共の電波上で偏向的な意見を述べる彼らが報道の中立性を求める姿に、僕は大きな矛盾を感じました
>記者会見で自分たちが迫害されていると訴えたジャーナリストたちですが、新聞や報道番組を見ると、日本のメディアは彼らの意見に支配されているとしか思えません
 
全く同感です。絶対的な権力で日本を支配する現代版ナチスが被害者を装っています。
孫向文氏の様に、日本国民はその事実にいい加減気付かなければなりません。
 
 
>日本テレビ系で放送された「NNNストレイトニュース」では、「選挙のためなら何でもする」という部分のみが大きなテロップで表示されました
>発言の一部を抜き出し、悪印象を植え付ける手法は各メディアで行われます
 
極めて悪質な情報操作であり放送法違反は明白です。
本来であれば放送免許を剥奪すべきなのですが、現在の日本はメディア(売国権力)が支配しているので放送免許の停止は不可能です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『彼らは法律すら守らなくていい訳ですから、各国の独裁者並の絶対権力ですよね。』
 
 
 
 
 
 
 
 
NHKが反体制思想を助長?報道番組の”偏向ぶり”を中国人が指摘
『こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年2月21日、NHK総合テレビで「新・映像の世紀第5集−若者の反乱が世界に連鎖した」という報道番組が放送されました。
 番組内では中国の「六四天安門事件」、旧チェコスロバキアの改革運動「プラハの春」、ルーマニアのチャウシェスク政権打倒など、一般市民による民主化運動の歴史を紹介され、おおまかな番組内容は、「平和・民主化のために国家権力に立ち向かう市民たち」というものでした。中国の民主化を願う僕としては興味深い番組ではあったのですが、実は試聴中に違和感が生じていました。
 
■印象付けられた「公権力=悪、市民=正義」
 
 番組内では世界中の民主化運動が紹介されるとともに、文革時の紅衛兵による迫害運動や、六四天安門事件時の中共政府による武力行使など、国家側による市民に対する弾圧が描かれていました。番組内容をそのまま受け取ると、まるで「公権力=悪、市民=正義」と印象付けているようです。もちろん、独裁国家である中共政府は悪ではありますが、この印象付けの裏には何かしらの作為的なものも感じてしまったのでした。
 実は番組が放送された同日、安保反対団体「T-ns SOWL」主催による市民デモが東京の渋谷で開催されていました。その活動を見た後に番組を視聴した方は、デモ参加者たちの活動に共感するような気持ちを抱いたかもしれません。僕はNHK側が印象操作のために、あえてデモ開催日に番組を放送したのではないかと勘ぐってしまったのですが、これは考えすぎでしょうか? 当然のことながら、中国共産党に抵抗する市民と、安保改正法案を推し進める安倍政権に反対する市民デモは、全くの別物です。
 
 僕は中国在住時から動画サイトなどを利用して、NHKの報道番組を視聴していたのですが、番組内容が反日、反体制的とも思えるものが存在していたのが印象に残っています。例えば日本で2010年に放送された「プロジェクトJAPAN」という番組では、1910年の日韓併合から続く両国の歴史が語られていたのですが、番組内では併合時代に日本が韓国に行った数々の迫害行為が語られ、伊藤博文を殺害した「安重根」に対しては、彼の子孫にインタビュー取材が行われるなど、あたかも「正義の使者」のように紹介されていました。
 安の信念がどうあれ、彼の行為は他国の政治家を殺害したというもので、テロ活動と断定できるものです。しかも伊藤博文は日韓併合に反対したという説もあり、安の行為が併合を促進した可能性もあります。しかし、「プロジェクトJAPAN」内では、無計画なテロリストにすぎない安重根が肯定的に紹介され、伊藤博文の暗殺、そして現在まで続く韓国側の反日活動は日本側の「報い」であるかのように論じられていました。
 
 この番組内容に共感する中国人は多く、ネットの掲示板を閲覧したところ、「安重根は偉大だ!」、「やはり日本人は侵略民族だ!」「日本のマスコミは客観的で素晴らしい」などと、皮肉じみた論調で賞賛されていました。
 しかし安の行為は、当時朝鮮の人々に圧政を行っていた李氏朝鮮王朝を保護しようとするものであり、いわば中世の封建制度を認める行為です。1900年の中国で発生した「義和団の乱」は、当時滅亡寸前だった清王朝の防衛を目的とした外国人排斥運動でしたが、現代の中国では、「旧体制の保持」として愚行とみなされています。安重根を賞賛する中国人は、知らず知らずのうちに自分たちが否定する封建制度を容認していることになります。
 
 また、2016年2月13、14日に放送された「司馬遼太郎思索紀行−この国のかたち」では、日本を「辺境の島国」と呼称し、神道、神仏習合など日本の宗教観を中国、朝鮮など大陸伝来の宗教の影響とし、他国の文化を吸収し誕生した日本文化の特性を「無思想の思想」と呼ぶなど、日本人は想像力が欠如した民族のように印象付けていました。
 確かに日本の文化や宗教が他国の影響を受けているのは事実でしょうが、中国伝来の漢字がひらがなやカタカナになったように、他国の文化を学び独自の文化を形成するのは日本人の大きな利点です。それを「日本文化は外国文化のモノマネ」といった論調で語る番組内容に違和感を覚えました。
 さらに2集目の番組終盤、司馬遼太郎が憲法学者にあてた今後の日本を不安視する内容の手紙が紹介されていた点も疑問に感じます。番組の製作陣は司馬遼太郎を借りて、実際は日本の現体制を風刺していたのではないでしょうか。
 
 公共放送局という立場上、NHKが放送する番組には政治、思想的に中立的な内容が求められるはずです。しかし「新・映像の世紀」の内容やネット上の中国人の声を聞けばわかるように、実際は「左派」、「反体制」と捉えられるものが多いのです。
 NHKがそのような番組を放送する理由は不明ですが、僕は日本の負の歴史を紹介したり、自国の文化を自虐的に語る番組よりも、日本の歴史や文化を誇り賞賛する番組を放送し、日本人を鼓舞することが、公共放送局がとるべき姿勢だと思います。』
http://dailynewsonline.jp/article/1103537/?page=all
 
 
>まるで「公権力=悪、市民=正義」と印象付けているようです。もちろん、独裁国家である中共政府は悪ではありますが、この印象付けの裏には何かしらの作為的なものも感じてしまったのでした。
>番組の製作陣は司馬遼太郎を借りて、実際は日本の現体制を風刺していたのではないでしょうか
 
同感です。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『普段から外国人の声を聞けと言っている大メディア権力なのに、この孫氏やケント氏の声は一切聞きませんね。矛盾ここに極まれりです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。