スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後体制を死守する売国権力(レイシスト)こそ「保守派」「体制派」(かず)

古舘伊知郎が報ステ降板前に大言壮語! ナチス引き合いに改憲批判 原発事故と甲状腺がんの因果関係も強調 「偏ってるんです、私」
『フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏が3月末、12年にわたってキャスターを務めたテレビ朝日系「報道ステーション」を降板する。ここ最近の放送では、「(東京電力福島第1原発事故と甲状腺がんの)『因果関係がない』とするのは甚だ疑問」と訴えたり、ナチスを引き合いに出して緊急事態条項を盛り込んだ自民党の改憲草案に懸念を示したりと、「キャスターは反権力」と語った“古舘カラー”を色濃くにじませた報道が相次いでいる。
 「もちろん日本で、ナチ、ヒトラーのようなことが起きるなんて、到底考えておりません。しかし、将来、緊急事態条項を悪用するような想定外の変な人が出てきた場合、どうなんだろう、ということも考えなければという結論に至り、私、1泊3日でワイマールに行ってきました」
 18日の番組では、「憲法改正が徐々に視野に入ってきた」として、「独ワイマール憲法の“教訓” 『緊急事態条項』に警鐘…」などと題した古舘氏のドイツリポートを放送。ワイマール憲法とナチスの全権委任法を引き合いに出し、自民党の改憲草案に盛り込まれている緊急事態条項に警鐘を鳴らす内容だった。
 
「令状無しに身柄拘束」
 
 古舘氏は現地から、「ワイマール憲法の『国家緊急権』の条文が、ヒトラーに独裁への道(全権委任法)を与えてしまった」「ヒトラーの国家緊急権行使を後押ししたのが、保守陣営と財界だった」などと、熱っぽくリポート。
 途中、「強いドイツを取り戻す」「この道以外にない」と演説するヒトラーの映像や、強制収容所の様子、死体映像などを織り交ぜながら、ドイツのイエナ大教授が、自民改憲草案の緊急事態条項を「内閣の一人の人間に利用される危険性があり、とても問題」などと語るインタビューも放送された。
 さらに、スタジオでは、早稲田大の長谷部恭男教授が「(自民草案の)緊急事態条項発動の要件が甘すぎる」「場合によっては、令状無しに怪しいと思われれば身柄を拘束されることも、理屈としてはありうる」などと自説を展開。特集は30分近くに及んだが、東日本大震災時の混乱を受けた議論の推移や、条項の必要性を説く識者の意見は紹介されなかった。
 
「因果関係があるんじゃという前提で…」
 
 一方、東日本大震災から5年を迎えた3月11日には、福島の子供の甲状腺がんの現状を特集。福島県の大規模調査で166人に甲状腺がんか、悪性疑いという判定が出たことについて、古舘氏は「異常に多い」と指摘した。
 番組では、手術を受けた女性や家族のインタビュー、複数の識者の話、チェルノブイリ取材などを交えながら、甲状腺がん患者の増加が「放射線の影響とは考えにくい」としている福島県の調査検討委員会の見解を疑問視。古舘氏は「(原発事故との)因果関係がないというのは甚だ疑問だ」と述べ、特集の終盤には「因果関係が分からないのであれば、因果関係があるんじゃないかという前提で、じっくり探っていくプロセスが必要ではないか」などと訴えた。
 こうした報道に対し、「週刊新潮」は3月24日号で「いたずらに不安をあおるばかり」と批判。インターネット上では、がんが原発周辺の市町村で特に多く発見されているわけではないことや、がん発見が「異常に多い」とする見解には異論も根強いことなどを掘り下げていない番組内容を疑問視する声も上がっている。
 
「偏ってるんです、私」
 
 24日の番組では、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議するため、ジャーナリストの田原総一朗氏らが外国特派員協会で開いた記者会見を報道。古舘氏は「(番組編集に当たっての政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた)放送法4条は『倫理的規範』と認識している。現在の政権の考え方に沿う放送をやることが、放送法上の公平公正かというと、違うと考える」と述べ、田原氏らの訴えに同調する姿勢を示した。
 昨年12月の降板会見で、「ニュースキャスターが意見を言ってはいけない、ということはないと思いますし、あるいはまた、偏っていると言われたら、偏ってるんです、私。人間は偏っていない人なんていないんです」と述べた古舘氏。卒業まで残りわずかとなり、その“舌好調”ぶりも、ラストスパートを迎えているようだ。果たして「もの申す」古舘氏の卒業企画の数々は、視聴者の共感を得られているだろうか。』
http://www.sankei.com/premium/news/160326/prm1603260019-n1.html
 
 
>もちろん日本で、ナチ、ヒトラーのようなことが起きるなんて、到底考えておりません
 
大メディア権力こそナチス、ヒトラーそのもの。
 
 
>緊急事態条項を悪用するような想定外の変な人が出てきた場合、どうなんだろう
 
「表現の自由」を声高に叫んでいる癖に、悪用される危険性しかないヘイトスピーチ規制法や人権擁護法という名の言論弾圧法・人権蹂躙法・全体主義国家法を推進する大メディアはどうなんだろう。
歪曲した情報や捏造した情報を垂れ流し、日本人を差別し続ける絶対的権力者である大メディアを放置するのはどうなんだろう。
 
 
>ワイマール憲法とナチスの全権委任法を引き合いに出し、自民党の改憲草案に盛り込まれている緊急事態条項に警鐘を鳴らす内容だった
 
これのどこが「メディアの委縮」なんですか?
公共財である電波を使用し、好き勝手にプロパガンダを垂れ流している放送局のどこが委縮していると言うんですか?
今後も電波を使って日本人を操縦する為に、日本人を差別し続ける為に、既得権益や特権的地位を死守する為に、「委縮」や「圧力」などの言葉を連呼して被害者を装っているだけです。
メディアこそ日本国民や、国民が選出した国会議員に思いっきり圧力を掛け、委縮させています。
 
 
>ヒトラーに独裁への道(全権委任法)を与えてしまった
 
メディア権力というナチス、ヒトラーに日本国民は全権を与えてしまっています。
 
 
>ヒトラーの国家緊急権行使を後押ししたのが、保守陣営と財界だった
 
古舘やテレビ朝日が主張する「保守陣営」というのは、自称リベラルや左派、そして大メディアの事ですね。
もっと言えば、外国と一緒になって日本人を差別し、委縮させ続ける事で利益を得る売国権力(大メディアや法曹界、学界、教育界、「反戦平和」「反権力」「反差別」「反核」「反原発」を声高に叫ぶ勢力、レイプ憲法を崇拝する人々など)の事です。
戦後体制とは、そういう売国権力が支配する戦後日本の事であり、その戦後体制を死守する勢力こそ、悪しき「保守派」「体制派」です。
 
 
>早稲田大の長谷部恭男教授
>場合によっては、令状無しに怪しいと思われれば身柄を拘束されることも、理屈としてはありうる
 
まさに人権擁護法やヘイトスピーチ規制法の事ですね。
 
 
>特集は30分近くに及んだが、東日本大震災時の混乱を受けた議論の推移や、条項の必要性を説く識者の意見は紹介されなかった
 
完全に放送法違反です。
 
『(国内放送等の放送番組の編集等)
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。』
http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2
 
 
>(原発事故との)因果関係がないというのは甚だ疑問だ
>因果関係が分からないのであれば、因果関係があるんじゃないかという前提で、じっくり探っていくプロセスが必要ではないか
 
『私を含むマスメディアの人間は「因果関係がある」という結論以外は求めていない!』と、はっきり言ったらどうですか?
散々、放送法違反のVTRを垂れ流し、情報操作や捏造、そして福島県民に対する差別を繰り返してきたんですから。
 
 
>偏っていると言われたら、偏ってるんです、私。人間は偏っていない人なんていないんです
 
偏っていない人間はいないというのはその通りですが、古舘はそれを盾に取って自分の言動を正当化しています。
キャスターどころか人間として最低最悪です。
 
 
>果たして「もの申す」古舘氏の卒業企画の数々
 
売国権力に媚を売る事、売国権力の片棒を担ぐ事が「もの申す」?
訳の分からない事を書くな。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんのコメント1つ1つに同感です。自分達がナチスのような支配を実際にやっているからこそ、その批判を逸らすためにこういう言い方をするんでしょうね。
あとかずさんがされているように、自称革新こそが保守派だ、という指摘は、どんどんやっていくべきですね。護憲をはじめ、「守る」というのは圧倒的に売国権力側が多いです。要はそれだけ守りたい既得権益を持っているということです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。