スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犠牲を顧みない傲慢な人々(かず)

産め産め言うけれど… 山口智子さんの「産まない人生」
『「少子化を解決せよ」の大合唱、これから産みたい女性にとっては追い風が吹いているようだが、何かモヤモヤする。外野から「産め産め」言われると、産みたい気持ちもなえそうだ。
 2月、大阪市立中学の校長が全校集会で「女性にとって子どもを2人以上産むことは、仕事でキャリアを積む以上の価値がある」と発言、「価値観の押しつけだ」「正論だ」と賛否両論が起きた。昨年9月には菅義偉官房長官が芸能人カップルの結婚に際し、「この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子どもを産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれたら」と発言し、波紋を呼んだことも記憶に新しい。
 安倍政権は「1億総活躍社会」を掲げ、「希望出生率1・8の実現」を打ち出している。そんな中、女性誌「FRaU」3月号に、女優の山口智子さん(51)が子どもを産み育てない人生を選んだことに「一片の後悔もない」と語ったインタビューが掲載されると、大きな反響があった。編集部に届いた声は「子がなくても夫婦で幸せに生きていけると勇気づけられた」など支持が多かったが、ネットでは「日本は少子化で滅亡寸前なのに」とたたく人もいた。
 都内でトークイベント「女は子供を産まなければ一人前と扱われないのか?」を企画した美術作家の柴田英里さん(31)は、冒頭で山口さんの言葉を紹介。「産まない女は産む女に見合う特別な仕事をしないといけないのか」と投げかけた。』
http://www.asahi.com/articles/ASJ450P5LJ44UCLV00K.html
 
 
>産みたい気持ちもなえそうだ
 
産みたい気持ちを萎えさせているのは、人間が動物であり生物である事を否定する生き方を推奨しているのは、他ならぬ大メディアであり、売国権力(レイシスト集団)です。
「日本人は子供を産むな!」という差別主義全開のファシズムそのものです。
 
 
>ネットでは「日本は少子化で滅亡寸前なのに」とたたく人もいた
 
売国権力の意向に反する主張は「たたく」などと否定的な言葉を使用して弾圧する大メディア。
 
 
>女は子供を産まなければ一人前と扱われないのか?
>産まない女は産む女に見合う特別な仕事をしないといけないのか
 
はっきり言って、こういう主張を展開する人々は浅ましいを通り越して、非常に悍ましい存在です。
自分達がどれだけの動植物を犠牲にして生きてきたのか、どれだけの人々を蹴落として今その地位にいるのか全く理解していません。
子供を産みたくても産めない女性がこの世にどれだけ存在しているのか、環境が劣悪な所為で生まれても直ぐに死んでしまう子供達がこの世にどれだけ存在しているのか、知ろうともしていません。
 
自分達が犠牲にしてきた動植物に感謝する事なく、必死で生きようとしている人々を蔑ろにし、次の世代に遺伝子を繋ぐという生物の本能を喪失してしまったかの様な、傲岸不遜な生物擬きに生きている価値があるとは思えません。
必死で生きようとしている動物(人間含む)や植物が、今後もこういう生物擬きの犠牲になる。そんな理不尽さが僕は心底許せません。
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『こういう主張はどんどんしていくべきですね。<子供を産みたくても産めない女性がこの世にどれだけ存在しているのか、環境が劣悪な所為で生まれても直ぐに死んでしまう子供達がこの世にどれだけ存在しているのか、知ろうともしていません。>』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。