スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民に対する大メディアの宣戦布告(かず)

これは日本国民に対する大メディアの宣戦布告です。
日本の大メディアは、外国の権力者やレイシストの要望には応える一方で、日本国民の要望に応える気は微塵もありません。
放送法を遵守する気も、言論の自由を尊重する気も全くありません。
 
 
「表現の自由への重大な挑戦」 TBSが「視聴者の会」に反論、回答は拒否
『テレビ報道を検証している任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」がTBSテレビの報道を「放送法違反」とする声明を出した問題で、TBSは6日、放送法違反を否定した上で、声明について「弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない」などとするコメントを発表した。
 「放送法遵守を求める視聴者の会」は1日の記者会見で、安保法制を扱ったTBSの昨年9月13~20日の全番組が、法制への「反対」意見の報道に大半の時間を費やしていることを問題視。番組編集に当たっての政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた「放送法4条違反」を指摘し、TBSの見解を求めた。同時に、TBSから「誠意ある」回答を得られなかった場合、スポンサーに調査報告書や提言書を送るなどの注意喚起運動を検討する考えも示していた。
 TBSは「自律的に公平・公正な番組作りを行っている」とした上で、スポンサーへの呼びかけを示唆した同会の声明を問題視。同会は8日までの回答を求めているが、TBS広報部は「回答する考えはない」としている。
 TBSが発表したコメント全文は以下の通り。

 「弊社スポンサーへの圧力を公言した団体の声明について」
 2016年4月6日 株式会社TBSテレビ
 
 弊社は、少数派を含めた多様な意見を紹介し、権力に行き過ぎがないかをチェックするという報道機関の使命を認識し、自律的に公平・公正な番組作りを行っております。放送法に違反しているとはまったく考えておりません。
 今般、「放送法遵守を求める視聴者の会」が見解の相違を理由に弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為であると言わざるを得ません。
 弊社は、今後も放送法を遵守し、国民の知る権利に応えるとともに、愛される番組作りに、一層努力を傾けて参ります。以上』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160406/dms1604061937014-n1.htm
 
 
>TBSは「自律的に公平・公正な番組作りを行っている」とした上で、スポンサーへの呼びかけを示唆した同会の声明を問題視。同会は8日までの回答を求めているが、TBS広報部は「回答する考えはない」としている。
 
放送法の遵守を求める日本国民の声を聴く気は微塵もないという事を、高らかに宣言したという事ですね。
 
 
>弊社は、少数派を含めた多様な意見を紹介し、権力に行き過ぎがないかをチェックするという報道機関の使命を認識し、自律的に公平・公正な番組作りを行っております
 
凄まじい大嘘ですね。
横暴を極める大メディアこそが日本の絶対権力に他ならず、数多の日本国民から「多様な意見を紹介すべき」という声が上がるぐらい、外国の権力者や売国権力(レイシスト)の要望に沿った番組作りしかしていません。
日本の大メディアは報道機関ではなく、外国の権力者や売国権力(レイシスト)の宣伝部隊であり工作組織です。
 
 
>表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為であると言わざるを得ません
 
これは我々日本国民が、大メディア権力に対して声を大にして言わなければならない事です。
 
 
>弊社は、今後も放送法を遵守し、国民の知る権利に応えるとともに、愛される番組作りに、一層努力を傾けて参ります
 
全て真逆です。
放送法を完全に無視し、国民の知る権利を侵害しまくり、報道姿勢や番組制作の問題点を改善するように求めている日本国民の声に全く応えていません。
こういう腐りきった大メディア権力を、日本国民総出で解体しなければなりません。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『コメントは全て全く同感です。
あとこのニュースを見て、「馬鹿が言うことは無視すればいい」とか、「自由自由とばかり言っているが規制が必要だ」などと的外れで敵に攻撃材料を与えるようなことしか言えない保守派は本当に戦力にならないというか、不要な存在ですよ(売国権力にとっては、そういう弱い保守派の存在こそ有難い)。これを「国民への宣戦布告」と表現したかずさんはまさに現状をクリアに理解していますよね。』


太一さんのコメント
『「表現の自由への重大な挑戦」をしているのはどっちの方ですか?
 
一点の曇りもなく、100%TBS側ですよ。
今回は弱者たる国民から巨大権力たる大メディア権力への批判ですよ?
情報発信手段を全て独占し、異論を排除するTBSら大メディア権力こそが
国民の言論の自由を委縮させ、侵害している。
 
そして今回のように、「弱者たる国民の声」すら一切耳を貸さない。
回答も拒否?さすがヒトラーの手段です。
民主主義社会の国民であれば、このようなヒトラー相手には大規模な革命で処刑するのが義務ではないでしょうか?
それが奴等がいつも言っている「国際常識」ですよ。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。