スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強かな白人に隷属する東アジア人(かず/太一)

これは不当極まりない内政干渉であり、価値観の押し付けに他なりません。
 
 
国連特別報告者「政治的意図が反映されている」 慰安婦問題の教科書記述で
『国連人権理事会が「表現の自由」の特別報告者に任命したデービッド・ケイ氏(米国出身)は19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、一部の中学校で使用される歴史教科書から慰安婦問題の記述が削除されたことについて「政治的な意図が反映されていると感じた」と述べた。安倍政権の歴史認識が教科書検定の審査に影響したとの見方を示したものだ。
 また、「日本の報道の独立性は深刻な脅威に直面している」として、特定秘密保護法など政府の圧力がメディアを萎縮させているなどと批判した。
 ケイ氏は12日から調査のために来日。外務省や文科省、総務省のほか、非政府組織(NGO)関係者や報道関係者に会い、情報収集したという。結果は来年の国連人権理事会で報告される。
 ケイ氏は会見で配布した文書の中で「政府の圧力は慰安婦のような重要問題の議論にも悪影響を及ぼしている」と指摘。その上で中学校の日本史教科書での慰安婦問題の取り扱いについて「政府の介入によって教科書が第二次大戦中の犯罪の実情を扱わないことは、国民の知る権利と過去のことを把握し理解する能力に悪影響を及ぼす」とした。
 報道への政治圧力については、自身が聞き取りした記者ら報道関係者が匿名を条件にしたことや記者が有力政治家から間接的に圧力を受け、沈黙させられたなどと説明している事例を紹介。また、政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた放送法4条については「政府は4条を無効にし、報道規制から手を引くべきだ」と強調した。
 表現の自由をめぐり、国連の特別報告者が日本を調査するのは初めて。ケイ氏の訪日は当初、昨年12月上旬の予定だったが、日本政府の要請で再調整されていた。
 国連人権理事会では、関連機関の女子差別撤廃委員会などでも安倍政権の歴史認識を批判する発言などが相次いでいる。慰安婦問題に関するクマラスワミ報告書を書いたクマラスワミ氏も、ケイ氏と同じ特別報告者だった。』
http://www.sankei.com/politics/news/160419/plt1604190052-n1.html
 
 
>政治的な意図が反映されている
 
国連(連合国)の下部組織から派遣されたあなたこそ、政治的な意図しかありませんよね?
 
>日本の報道の独立性は深刻な脅威に直面している
 
日本国民の言論の自由や思想信条の自由は大メディア権力によって深刻な脅威に直面している。
それを全く指摘しないこの報告者はファシストであり、権力の犬です。
 
>特定秘密保護法など政府の圧力がメディアを萎縮させている
 
その主張の根拠を明示してください。
ケント・ギルバート氏の様に、放送法すら遵守しない大メディアを批判する人々の声を全く聴こうとしないこの報告者の主張に、微塵も正当性はありません。
 
>政府の介入によって教科書が第二次大戦中の犯罪の実情を扱わないことは、国民の知る権利と過去のことを把握し理解する能力に悪影響を及ぼす
 
慰安婦強制連行が事実だとする明確な証拠は何一つありません。
それよりも、この報告者や国連(連合国)は、「欧米諸国の教科書が、広島・長崎への原子爆弾投下(=核攻撃)や、東京大空襲を始めとする民間人への無差別爆撃など、第二次大戦中の連合国による国際法違反の大罪を扱わないことは、国民の知る権利と過去のことを把握し理解する能力に悪影響を及ぼす」と、欧米諸国や世界に対して声を大にして主張する必要があります。
 
>報道への政治圧力については、自身が聞き取りした記者ら報道関係者が匿名を条件にしたことや記者が有力政治家から間接的に圧力を受け、沈黙させられたなどと説明している事例を紹介
 
ジャーナリズムがあるのなら、ジャーナリストを自負するなら、社会の公器であるなら、国内外に多大な影響を与え、実質的にこの国を支配しているメディアという絶対権力に従事する人間なら、匿名ではなく実名で圧力とやらを公表すべきです。
因みに、この報告者は以下の事実を知っているのでしょうか。
 
民主議員「書いた記者を外せ!」 政権担当時にも“報道圧力”
http://www.sankei.com/politics/news/150630/plt1506300004-n1.html
【酒井充の野党ウオッチ】高市総務相「電波停止」発言に反発の民主党 政権時の数々の圧力はお忘れのようで…
http://www.sankei.com/premium/news/160210/prm1602100007-n1.html
 
>政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた放送法4条については「政府は4条を無効にし、報道規制から手を引くべきだ」と強調
 
これは露骨な内政干渉であり、主権侵害と言っても過言ではありません。
 
>国連人権理事会では、関連機関の女子差別撤廃委員会などでも安倍政権の歴史認識を批判する発言などが相次いでいる
>慰安婦問題に関するクマラスワミ報告書を書いたクマラスワミ氏も、ケイ氏と同じ特別報告者
 
国連人権理事会は、事実や明確な証拠、反論、批判を悉く無視し、戦勝国や日本人を差別するレイシスト達を利する為の仕事しかしない、最低最悪の人種差別主義者の集まりですね。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『もう産経もこんなレイシストのくだらない発言をいちいち記事にすること自体が愚行ですよ。もう私も血圧が上がるだけなので、正直見たくないです。これ以上日本の報道機関にファシズムをやれとかいうナチスみたいな人間を批判せずにその発言を垂れ流すこと自体が、ナチズムへの共謀と言われても仕方ありません。』
 
 
僕のコメント
『特派員協会での国連関係者の会見であり、他の大メディアが取り上げる以上、産経だけが取り上げないのは不自然だという同調圧力があるんでしょうね。ありもしない政府からの圧力ではなく、こういう圧力こそ問題だと指摘しなければなりません。』
 
 
太一さんのコメント
『全く同感です。それこそが「報道の自由の侵害」ですよ。』
 
 
太一さんのコメント
『普通の国であれば「内政干渉」という用語が妥当なんでしょうけど、日本の特殊な現状からして、その用語では生ぬるい感じもします。問題は、「放送法4条は日本国民の言論の自由を守る規定」だという日本特有の事情です。日本人が報道の主張に合わせなければならない同調圧力がある。だから国民の人権を守るためにこの規定が必要。これを破ることはすなわち、国民の言論の自由の侵害にあたる。つまりこの糞委員会の発言は、日本国民の言論の自由弾圧を推進しようとしているということが大問題です。そこを日本国民が強く抗議する必要があります。』
 
 
太一さんのコメント
『この国連人権理事会(笑)とやらの疑惑は、日本政府さえも掴んでいて、だからかつての政府にない程、明確に反論もしています。雁字搦めの政府ができることを、報道の自由が保障されているメディアができないというのが異常ですよ。まあたまにその疑惑に触れる記事(産経や夕刊フジなどで)もありますが、少なすぎるんですよ。民主(民進)批判の記事と比べるとあまりにも少ない。』
 
 
僕のコメント
『批判すべき強大な支配者に対する本質を突いた批判が少ない一方で、民進党の様な批判しやすい対象にばかり批判が集中するというのは、本当におかしいですね。狂っています。』
 
 
太一さんのコメント
『それが日本人なんでしょうね。叩きやすいものを叩く。いじめやすいものをいじめる。ろくでもない民進を批判することはもちろん賛成です。ただそれと同じくらいかそれ以上に、外国、特に欧米・国連の権威権力に対して批判すべきなんですよ。それこそが反骨精神です。日本人は反骨精神が足りな過ぎます。
あと産経は同じ民進でも、有田ヨシフのことは叩きませんよね。有田の後ろ盾に隣国や国連があり、叩くとレイシスト呼ばわりされるのを恐れているように見えます。そこにジャーナリズム精神のなさを感じるんですよね。
国連ではなく国連人権理事会(笑)ですが、産経には「国連を敵に回したくない」という日本人的な弱い感覚が根強いんでしょう。』
 
 
太一さんのコメント
『あとおそらく右派に多い感覚として、欧米を利用して中韓を叩こう、というものがあるんでしょう。だから欧米に強く言えない。
ネットにも、「中韓以外の世界中と日本は仲良し」みたいなくだらないお花畑の右派の書き込みをたまに見ますが、甘すぎますね。お花畑な日本人に対しては、「基本的に外国は全て日本の敵」と念入りに教育しないとダメなんでしょうね。日本以外の国の人は、わざわざそんなことを言わなくても状況が分かっているんですけどね。
細かく言うと、「敵」「味方」の定義が、日本と日本以外では全く違うんですよね。とにかく味方同士では事なかれ主義で絶対に議論すら避けようとする日本人にとって、ちょっとでも叩いてくる相手は「味方ではない」と感じてしまう。だから自分達も、「敵」と思われたくないから、外国に対して一切批判しない。その病的な潔癖症を持っているのは日本だけなので、日本は全く言い返さず、言われる一方の状態になり、ますます外国のしもべとなる。言葉の定義ってなかなか変えられませんから、だから「日本人の言う敵味方の定義」で言うと、「日本以外は全て敵」としか言いようがなくなる訳です。日本人の考えるような「味方」の国は、絶対にあり得ません。』
 
 
太一さんのコメント
『国連や外国による日本差別を無批判に乗せる記事について、私がいつも以上に血圧を上げて激怒する理由というのは、それはネット住人の反論が弱いことが挙げられます。民主党や朝日新聞など、国内で有名な売国権力については、ネット住人は非常に鋭く厳しい批判を展開することが多いので、それほど私が怒る必要性もない場合もあるのですが、国連や外国に対すると、ネット住人も多少は批判するものの、すごく甘いんですよ。やはり外国の声を病的に恐れる日本人の悪癖が、メディア批判をしているネット住人にさえ強く残っている。皆が厳しく批判しない状況を見て、私はなおさら怒りが収まらなくなります。』
 
 
太一さんのコメント
『震災関係でも、メディアの横暴とか、民主の東日本大震災の対応のまずさとか、そういうものに対する批判は、ツイッターとか見ていても、結構気の利いた鋭い批判が多いんですよ。私がFBでアップしたものもそうですが。そういうレベルの批判を外国に対しては全くできていないんですよ。「反日勢力に騙されている」とかじゃ弱いんです。もっと直接的に厳しく叩かないと。
結局、外国に嫌われたくないとか、日本の恥を出したくない、のような感覚があり、それがなぜか、外国の善意をどこかで信用してしまう(正しい情報が分れば、ちゃんと理解してくれるはず、のような甘い考え)ことにつながる。それが売国側だけでなく、反売国側にさえもあるという。これが日本人の病気としか言いようがありませんね。』
 
 
僕のコメント
『中韓嫌いが集まる掲示板ですら、日本のマイナス面や落ち度、失態、失策とやらを殊更気にして、特亜への批判を抑えたり、場合によっては日本側を糾弾する馬鹿が無数に存在しますからね。日本人は異常過ぎます。潔癖とかそういうレベルじゃないです。』
 
 
太一さんのコメント
『確かにそういうキレイごと馬鹿はネットにすら多いですね。それでもまだ特亜に対してはいくらか厳しい批判もできる空気がありますが、欧米に対する批判はあまりにも弱い。未だに白人の精神的支配下にあるんでしょうけど、見ていてイライラします。
中韓に目を転じると、彼らは日本人よりは欧米への反骨精神はあります(自国に関することは欧米に対しても強く反発する)が、ただ欧米の権威権力を利用して日本叩きを繰り返す様子を見ると、東アジア人は永遠に白人には勝てないだろうな、と感じます。心のどこかで白人が自分達の上位に位置する人種だと思っている。その感覚を変えない限りは、東アジア人はどんなに経済発展しても、永遠に白人のしもべであり続けるだろうなと思います。そうした東アジア人の限界がある上、さらに日本人は病的に外国の目を気にする島国精神病を患っているので、見ていてイライラが収まりません。
私も中韓は大嫌いですが、しかし例えば捕鯨問題なんかでは、やろうと思えば日中韓で共闘できるはずなんですよね。別に他の問題で対立していても、そこだけは共闘できるはず。それをできない東アジア人の愚かさを見ていて、本当に情けないです。そのアホさ加減を見ると、やはり劣った人種なのかと感じてしまいます。
韓国の場合は完全に日本差別レイシズムに支配されているんでしょう。国内には冷静な韓国人というのもいることはいるんですが、韓国内の全体主義的な空気に勝てない。東アジア人は全体主義的傾向が強いのかも知れません。』
 
 
僕のコメント
『空気に支配されやすいのが東アジア人なんでしょうね。
また、東アジア人は感情的で目先の事で直ぐに足の引っ張り合いをする。これでは強かな支配者に勝てません。』
 
 
太一さんのコメント
『黒人などと違い、なまじ勤勉なものだから、中途半端に経済発展だけはしますが、仰るように感情的で目先のことしか見えない視野の狭さがあり、足の引っ張り合いしか能がなく、だからこんなに勤勉なのにしたたかな白人には勝てないんですよね。
その点だけで言えば、黒人の方がつまらない足の引っ張り合いが少なく、団結して白人に対抗しようとする反骨精神はありますよね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。