スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「報道の自由度ランキング」は人種差別と政治的思惑の塊(かず)

今年も「国境なき記者団」が、報道の自由度ランキングとやらを発表したそうです。
大メディア権力が毎年、「この紋所が目に入らぬか!」と言わんばかりに取り上げる、審査方法などの詳細が不明な、取るに足らないランキングです。
 
全世界の人間が票を投じて選び出した人間が審査した訳ではなく、審査そのものに透明性がある訳でもない、まさに恣意的で幼稚な格付けなんか、取り上げるだけの価値があるとはとても思えません。
取り上げるにしても、不透明で恣意的な審査方法や国境なき記者団の主張を全く批判せず、そのまま垂れ流し、政権バッシングに利用する時点で報道機関とは呼べません。
 
朝日新聞などの大メディアは、ジャーナリズムが全くないばかりか、少数の人間の価値観を世界中に押し付けようとする欧米人の人種差別的な評価を礼賛し、それを政治利用する、極めて悪質なレイシズムメディアです。
 
 
 
報道の自由度、日本は72位 国際NGO「問題がある」
『国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は20日、2016年の「報道の自由度ランキング」を発表した。日本は、対象の180カ国・地域のうち、前年より順位が11下がって72位だった。特定秘密保護法の施行から1年余りを経て、「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」と指摘した。世界的にも報道の自由は損なわれつつあるという。
 日本は10年には11位だったが、年々順位を下げ、14年59位、15年は61位だった。「国境なき記者団」はかねて、取材の方法しだいで記者も処罰されかねない特定秘密法に疑問を呈してきた。14年12月に同法が施行された後、メディアが自主規制に動くのは、「とりわけ(安倍晋三)首相に対してだ」とした。
 「良い状況」「どちらかと言えば良い」「問題がある」「厳しい」「とても深刻」の5段階では、日本は「問題がある」に位置づけられた。
 ランキングは、インターネットへのアクセスなども含めた「インフラ」や「メディア環境と自主規制」といった独自の指数に基づいてつくる。世界全体で、テロの脅威とナショナリズムの台頭、政治の強権化、政治的な影響力もあるような富豪らによるメディアの買収などを背景に、「報道の自由と独立性に対する影響が強まっている」という。
 国・地域別の自由度では、最上位にフィンランドなどの北欧諸国が目立ち、北朝鮮、シリア、中国などが最下位グループに並ぶ傾向に変わりはなかった。(パリ=青田秀樹)
■報道の自由度ランキング(カッコ内は前年順位)
1 フィンランド(1)
2 オランダ(4)
3 ノルウェー(2)
4 デンマーク(3)
5 ニュージーランド(6)
16 ドイツ(12)
18 カナダ(8)
38 英国(34)
41 米国(49)
45 フランス(38)
72 日本(61)
77 イタリア(73)
148 ロシア(152)
176 中国(176)
177 シリア(177)
178 トルクメニスタン(178)
179 北朝鮮(179)
180 エリトリア(180)』
http://www.asahi.com/articles/ASJ4N0SHDJ4MUHBI02M.html
 
 
 
(追記)
僕のコメント
『報道の自由度が急落 日本61位→72位に
「【パリ=共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は二十日、二〇一六年の世界各国の報道自由度ランキングを発表、日本は特定秘密保護法などの影響で「自己検閲の状況に陥っている」として、前年の六十一位から七十二位に大幅に順位を下げた。
 RSFは「特に(安倍晋三)首相に対する批判などで、メディアの独立性を失っている」と指摘した。
 RSFは二〇〇二年から百八十カ国・地域を対象にランキングを作成。日本は一〇年の十一位から毎年順位を下げ、一二年に二十二位、一四年は五十九位だった。
 日本が順位を下げた背景として、一一年三月の東日本大震災後、外国メディアやフリーランスに対する情報開示が不十分だったとの指摘がある。各国メディアから批判の声が上がった秘密保護法の施行に踏み切ったことも悪影響を与えたという。」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201604/CK2016042102000130.html
 
>日本は特定秘密保護法などの影響で「自己検閲の状況に陥っている」
>RSFは「特に(安倍晋三)首相に対する批判などで、メディアの独立性を失っている」と指摘
 
売国権力の受け売りですね。日本の大メディア権力と国境なき記者団が同じ穴の狢である事を示しています。
 
>各国メディアから批判の声が上がった秘密保護法の施行に踏み切ったことも悪影響を与えた
 
各国メディアが非難した法律は施行すべきではない? 主権侵害も甚だしい差別的な主張ですね。
つまり、国民や政府に主権はなく、各国のメディアにこそ主権があり、メディアに全ての物事を決定する権利があると。メディアが国民、国家、そして世界を支配しているという事ですね。 
また、特定秘密保護法を非難したという各国メディアとやらは、日本の大メディアの主張をそのまま垂れ流しているという事ですね。ジャーナリズムがなく、報道機関と呼ぶに値しないメディアです。』
 
 
太一さんのコメント
『この調査がいかにインチキで詐欺であるか、別のところで取り上げたブログに詳しく書かれています。こうしたもの全てが、日本差別超レイシストのマクニールと、日本の鳥越や田原、その他団体などの売国権力が関わっているようです。そういう肝心な権力による疑惑を日本のメディアは権力の犬なので一切報じませんけどね。
http://togetter.com/li/964886』
 
 
太一さんのコメント
『リンク先のブログに書かれたツイートを少し。
まずこうした低次元な誤解というのは、白人による典型的な有色人種への差別意識が見え見えですね。
 
CatNA @CatNewsAgency 2016-04-20 09:33:49
国境なき記者団は見境なき記者団ですね。
「福島原発事故も皇室の話題も防衛情報も全て国家機密だからメディアが自由に報道できない」って、滅茶苦茶なこと書いている。このフランスのNGOは日本のことを何も知らない。誰が書かせたんでしょうね。』
 
 
太一さんのコメント
『意図的に韓国と順位調整した感じですね。
あとこのツイートのように、「エセ国際権威を疑う」姿勢が日本人に今最も必要なものです。
 
CatNA @CatNewsAgency 2016-04-20 12:19:40
「国境なき記者団」報道の自由ランキング【韓国】
60位(2015年)→70位(2016年)
産経の加藤記者を名誉棄損で訴えるような国が、日本より2つ順位が上。「国境なき記者団」と外国特派員協会の信用は地に落ちるでしょうね。(笑)』
 
 
太一さんのコメント
『その他のツイートを。
 
CatNA @CatNewsAgency 2016-04-20 13:00:17
報道の自由ランキングや民主主義指数など、この種のランキングは欧米メディアが有力国に圧力をかけるために利用されることが多い。その結果、欧州弱小国→英米仏→日本などアジア、の順になり、外国人記者の居住者が少ない、旅行者に人気のない国が意外に上位に入ったりするもの。
 
漫がじろー @mangajiro 2016-04-20 13:43:32
しかし、自国の女性が移民に集団レイプされてても、右派系に有利になるからと事実を自国民に隠蔽してたヨーロッパ各国がトップ10って、中國の出す指標より盛ってるな。
 
CatNA @CatNewsAgency 2016-04-20 15:09:58
外国特派員協会元副会長マイケル・ペン(新月通信社)
「国境なき記者団が報道の自由ランキングで安倍の日本を落としてやったぜ。右翼ども、せいぜい誇りにしやがれ!」
 
本性丸出しですね。(笑)』
 
 
僕のコメント
『素人でさえこれだけ情報を収集して批判する事が出来るんですから、産経などにジャーナリズムがあるのなら、特派員協会や国境なき記者団の醜悪極まりない実態を記事にすべきですね。それが出来ないなら、産経は報道機関ではありません。』
 
 
太一さんのコメント
『それ、本当同感ですよ。CatNA氏にできることを産経ができない訳がありません。』
 
 
太一さんのコメント
『見ていて感じるのは、欧米人は元々メディアリテラシーがあるので、こういう薄汚いレイシストの自称ジャーナリストのことを最初から信用しない。「一個人の偏った意見に過ぎない」と知っている。だからこういう連中の「報道の自由」とやらを最重視しても問題ないんでしょう。
しかし日本は違います。海外、特に国際機関のことを病的に恐れる日本人の場合、このような詐欺師であっても、日本のファシズムメディアがあたかも国連の権威ある人間のように報じれば、簡単に信じて意気消沈し、その発言に逆らう日本人はまずいません。詐欺師が巨大権力になる訳です。
だからこそ、日本でのメディアリテラシー教育は急務なのですが、周りに流されやすい日本人の国民性に加え、メディアと日教組が組んで洗脳を続けるためにはメディアリテラシー教育は都合が悪いと隠蔽されてきたので、遅々として進みませんね。』
 
 
僕のコメント
『政府がメディアリテラシー教育を実施しようとしても、教職員組合などの圧力団体や、現場の一部教職員、文科省に巣食う戦後体制派、そしてメディア等々が、「教育現場への露骨な政治介入」「戦前・戦中の全体主義体制への回帰」「安倍自民党を支持・称賛する子供ばかり育てようとしている」などと必死で抵抗するのは目に見えています。
また、メディアリテラシー教育の実施に漕ぎ着けたとしても、抵抗勢力(教職員組合、声の大きいレイシズム全開の教師、一部の父兄、文科省の一部役人など)の影響を受けて、教育現場で、売国権力にとって都合のいいメディアリテラシー教育もどき、売国権力へのダメージが少ないメディアリテラシー教育もどきに捻じ曲げられる可能性が高い気がします。』
 
 
太一さんのコメント
『実際に大メディア権力や学校でごくごく一部行われるメディアリテラシー教育は、戦前の日本とナチスドイツの2つだけを例とし、現在自分達がやっていることを隠蔽・正当化するものになっているようですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。