スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異論弾圧、誹謗中傷、人権無視…ナチス売国権力の暗黒独裁(かず)

元祖電脳アイドル千葉麗子さん“パヨク”の実態暴露 反原発デモ痛感した独善的体質
『元アイドルで、ヨガ講師の千葉麗子さん(41)が、「左翼」の実態を暴露する本を出版した。福島県出身の千葉さんは、2011年の東日本大震災後、反原発デモに参加したが、運動を取り仕切っていた左翼グループの“排他的な体質”に嫌気がさし、2年前に決別した。こうした動きは、熊本地震でも見られるという。千葉さんを直撃した。
 インターネット上で話題騒然なのは『さよならパヨク チバレイが見た左翼の実態』(青林堂)。千葉さんによると、劣化した左翼を揶揄する意味を込めた言葉が「パヨク」だという。
 「今年から選挙権年齢が18歳に引き下げられますが、若い人には、横文字の学生グループなどにカッコ良さを感じて、デモに行かないでほしい。左翼に近づくのは本当に危険。見せかけの美しい言葉で人々をおかしな方向に誘導し、国や社会、他人の人生を破壊するのが『パヨク』です」
 千葉さんは5年前、国会前の「反原発デモ」に飛び込んだ。その運動を指揮していたのが、左翼グループだった。
 IT会社を経営し、「元祖電脳アイドル」として知名度の高かった千葉さんは当初、「故郷・福島のために」と思って活動の先頭に立った。だが、科学的根拠も示さず「福島には住めない」などと風評被害をまき散らしている実態を目の当たりにした。「むしろ、この人たちが福島県民を傷つけている」と感じるようになった。
 本書では、運動体の知られざる実態も詳細に描かれている。一部の人間が運動を先導し、誰も意見できない空気ができていたというのだ。
 「国会前などのデモが、共産党関係者ばかりになるのに気づき、私は『やり方がおかしくない?』と疑問をぶつけました。でも、誰も聞く耳を持たない。異なる意見には一切耳を傾けないのが彼らの本性です。それで約2年前、私は国会前でマイクを握っている最中に『もうやってらんねぇよ!』と叫び、マイクを投げ捨てました」
 「パヨク」と決別した千葉さんだが、その後、執拗(しつよう)な嫌がらせに遭った。ネット上の誹謗中傷はもちろん、仕事で渡米する際、左翼グループの関係者に「彼女は危険人物だから入国させるな」と、米国の入国管理局に通報されたこともあったという。
 今回の熊本地震でも、「パヨク」は、被災者支援に参加した在日米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの活動を批判し、九州電力川内原発(鹿児島県)の停止を求めて運動している。
 千葉さんは「彼らはこういう非常時に、首相官邸に電話して『原発止めろ』と妨害することにエネルギーを使うんです。被災者よりも、自分たちの活動が優先なのです。そして、日本には彼らを持ち上げるパヨク新聞社、パヨク放送局があるんです。一体、どこの国の報道機関なのでしょうか」と指摘する。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160422/dms1604221140015-n1.htm
 
 
>見せかけの美しい言葉で人々をおかしな方向に誘導し、国や社会、他人の人生を破壊するのが『パヨク』です
 
自称リベラル、自称反戦平和主義者、そして大メディア権力は、耳障りの良い言葉、批判されにくい綺麗事を並べて、国民を煽動してきました。
 
>科学的根拠も示さず「福島には住めない」などと風評被害をまき散らしている実態を目の当たりにした。「むしろ、この人たちが福島県民を傷つけている」と感じるようになった
 
全く同感です。
万事、原発のせいにする反原発原理主義者(放射脳)が、福島に関する事実無根の悪評を振りまくなど、福島県民に対して不当極まりない差別を繰り返してきました。
 
>一部の人間が運動を先導し、誰も意見できない空気ができていた
 
これはレイシズム全開の左翼系団体だけではなく、日本全体にも当てはまる事です。
国内外に多大な影響力を有する大メディア権力や権威が押し付ける価値観に対して、国民が異論を唱えにくい空気があります。大メディア権力が醸成する空気に、仲間外れを恐れ、「寄らば大樹の陰」「長い物には巻かれろ」を地で行く国民は、抗う事が出来ません。
 
>「パヨク」と決別した千葉さんだが、その後、執拗(しつよう)な嫌がらせに遭った。ネット上の誹謗中傷はもちろん、仕事で渡米する際、左翼グループの関係者に「彼女は危険人物だから入国させるな」と、米国の入国管理局に通報されたこともあった
 
これらは紛れもなく犯罪です。
これらの犯罪を、警察や法曹界、そして大メディアが黙殺する事は絶対に許されません。
 
>彼らはこういう非常時に、首相官邸に電話して『原発止めろ』と妨害することにエネルギーを使うんです。被災者よりも、自分たちの活動が優先なのです
 
被災者の事は全く眼中になく、自分達が全権を掌握してこの国を完全に支配する為なら、必死で災害対応・被災地支援を妨害する。
基本的人権や人命を無視するどころか平気で蹂躙する、凶悪な非人道主義者、差別主義者、テロリストです。
 
>日本には彼らを持ち上げるパヨク新聞社、パヨク放送局があるんです。一体、どこの国の報道機関なのでしょうか
 
報道機関ではありません。この国を支配する絶対権力です。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『千葉氏がパヨク批判の本を出すというのは聞いていましたが、どの程度まで考えが変わったのか疑問を抱いていましたが、これを見る限り、少なくても売国権力に対する疑問を持ったのは間違いないようですね。
こういうファシスト団体を無批判に称賛する日本のメディア自体がファシズムの代表であることがよく分かります。
またこの部分は特に重要だと思います。
 
>その後、執拗(しつよう)な嫌がらせに遭った。ネット上の誹謗中傷はもちろん、仕事で渡米する際、左翼グループの関係者に「彼女は危険人物だから入国させるな」と、米国の入国管理局に通報されたこともあったという。』
 
 
太一さんのコメント
『>「約2年前、私は国会前でマイクを握っている最中に『もうやってらんねぇよ!』と叫び、マイクを投げ捨てました」
 
多分この発言を大メディア権力が記事にする場合、
「千葉麗子、安倍政権に『やってらんねぇ!』」
とでっちあげるでしょうね。日本のメディアってそのくらい、黒を白に、白を黒に捏造しますからね。』
 
 
太一さんのコメント
『あと植村についてあれほど嫌がらせがあったと大騒ぎした連中が、千葉氏については隠蔽。日弁連などの人権屋権力が、自分達の気に入るイデオロギーの人間の人権しか守らない「人権無視」「差別主義者」である証拠ですね。ここを徹底的に批判しなければなりません。
左は金も権力も欲しいままですから、左に裏切った人間には利益がもたらされ、逆に右に行った人間には不利益しかもたらされません。この国が左が支配するファシズム国家である証拠です。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。